イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ピエモンテ州 > カッシーネ

P1270966
ロンバルドの工芸家作「銀製聖具」(18世紀中頃)


P1270977
次の部屋です。


P1270996
司教座聖堂参事会の間(14世紀)


P1270979
17世紀のピエモンテの逸名画家の作品


P1270981
交唱唱歌集


P1270982
磔刑像が2つ展示されてます。


P1270983
16世紀のアレッサンドリアの逸名彫刻家作「磔刑像」


P1270985
15‐16世紀のアレッサンドリアの逸名彫刻家作「磔刑像」


P1270988
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)
この画家については全く存じ上げません。


P1270989
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1270990
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1270991
16世紀のアレッサンドリアの逸名彫刻家作「聖アントニオ・アバーテ」


P1270993
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1270995
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1270997
詳細不明


P1270998
詳細不明


P1270999
詳細不明


P1280003
教会に戻りました。


P1280004
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1280006
詳細不明


P1280007


P1280008


P1280010
右側廊


P1280012
14世紀のアレッサンドリアの逸名画家のフレスコ画


P1280013
14世紀のアレッサンドリアの逸名画家のフレスコ画


P1280015
左側廊の第1礼拝堂


P1280016
第1礼拝堂天井


P1280018
詳細不明


P1280020
柱に描かれたフレスコ画


P1280021
左側壁第2礼拝堂


P1280022
左第2礼拝堂のスタッコ?


P1280023
左第3礼拝堂


P1280024
左第4礼拝堂


P1280025
左第4礼拝堂の天井  
フレスコ画の痕跡が認められます。


P1280027
右側壁の礼拝堂


P1280028


P1280029


P1280030
左側廊


P1280031
有名な画家や彫刻家の作品がありませんが、十分に鑑賞に値します。


P1280032


P1280033
詳細不明


P1280035
外に出ました。
(おわり)

P1270893
カッシーネのヴィットリオ・ヴェネト広場です。
広場に面して建っているのがサン・フランチェスコ教会です。


P1280038
1232年、フランチェスコ会修道士によって、この場所に小さな祠が建てられましたが、それが教会修道院の前身です。


P1270898
13世紀後半、カッシーネにおけるフランチェスコ会の活動が活発拡大するとともに、祠では手狭となったので、新たに建物を建設することが決められ、1291年創建、1327年に完成した、ロンバルディア・ゴシック様式のサン・フランチェスコ教会修道院です。
建物は現在に至るまでに2回修復されましたが、いずれも小規模なもので、現在の姿はほぼ創建時の姿をとどめています。
奉献式は、1327年に執り行われました。


P1280122
サン・フランチェスコ修道院は、1802年、ナポレオンの修道院抑圧政策によって閉鎖されましたが、1830年に活動が再開されました。一旦閉鎖されたことで多くの修道士が去り、修道院が再開されても散り散りになった修道士の多くが戻らず、その活動は低迷したままでした。
1858年、カッシーネ村が修道院の建物を買い取り、学校の校舎として使用することになりました。
2011年、修道院のキオストロ回廊にカッシーネ村立Museo di San Francesco "Paola Benzo Dapino"が設けられました。
カッシーネ村の他の教会にあった作品は僅か数点にしかすぎず、展示作品の殆どがサン・フランチェスコ教会修道院だったものです。
教会の入り口付近にボランティアの女子高校生が待機していて、入館希望者が現れると美術館入り口を開錠して、館内を点灯してくれます。入館無料です。


P1280039
サン・フランチェスコ教会修道院を取り囲んで、サン・ベルナルディーノ祈祷所、サンティッシマ・トリニータ教会、サンタントニオ・アバーテ祈祷所があります。
写真左はサン・ベルナルディーノ祈祷所で、祈祷所の後に灰色の鐘楼が写ってますが、サンティッシマ・トリニータ教会の鐘楼です。


P1270905
三廊式、ラテン十字形、ゴシック様式の教会内部です。


P1270908
左側廊方向


P1270907
右側廊方向


P1270906
中央ナヴァータ


P1270910
主祭壇


P1270911
後陣の交差ヴォールト


P1270912
教会と美術館は一体化されてます。


P1270914
先ず礼拝堂のフレスコ画を見ます。


P1270916
Maestro del Tomba Fissiragaによって15世紀に制作されたフレスコ画


P1270917
Maestro del Tomba Fissiragaは初めて聞く画家で、調べましたが分かりませんでした。


P1270919
Maestro del Tomba Fissiragaのフレスコ画(14世紀)


P1270920
Maestro del Tomba Fissiragaのフレスコ画(14世紀)


P1270921


P1270922


P1270922
ジョヴァンニ・モネーヴィ(ヴィソーネ、1637‐トリノ、1714)の「聖母子と聖マッテオと聖ボナヴェントゥーラ」(1712‐13)


P1270925
ピエモンテの逸名画家作の、「1532年にピエモンテの逸名画家によって制作された『聖母子と聖マッテオと聖ボナヴェントゥーラ』の複製画」(1713)


P1270927
これは何でしょうか?


P1270928
聖具保管庫?


P1270963
説明板がありません。


P1270929
この作品だけ説明プレートがあります。
ルキーノ・フェラーリ(カステラッツォ・ボルミダ、16世紀前半活動)の「聖母子と聖マッテオと聖ボナヴェントゥーラ」(1532)
聖マッテオは前の写真の右にあります。


P1270932
17世紀のピエモンテの逸名彫刻家作「この人を見よ」


P1270935
ジョルジョ・ソレーリ(ピエモンテ、16世紀後半活動)の「聖母子と聖フランチェスコと聖ビアージョと2信者」(1573c)


P1270937
ピエモンテの逸名画家(複数)たちによって描かれた「使徒」の油彩画(17‐18世紀)
全部で11作品ありますが、一部を除いて描かれた使徒が特定されてません。


P1270938


P1270940
聖バルトロメオ?


P1270941
聖マリア・マッダレーナ?


P1270943
聖パオロ?


P1270944


P1270945
聖ピエトロ


P1270946


P1270947


P1270948
聖アンドレア


P1270949


P1270952
詳細不明


P1270954
ピエトロ・ファンチェッリ(ボローニャ、1764‐ペーザロ、1850)の「カルヴァリオへの上り」(1796)


P1270955


P1270956


P1270957


P1270958


P1270959


P1270960


P1270961
(つづく)

P1280074
サン・ロレンツォ教会はサン・ロレンツォ通りにあると思っていましたが、村を貫く目抜き通りのサン・レアリーノ通りにありました。


P1280075
この村に現存する5つの教会の中で、サン・ロレンツォ教会は最も新しい教会です。


P1280085


P1280078
ネットで調べても、この教会について詳述している記事がありません。


P1280080
村役場で貰った資料によれば、18‐19世紀のフレスコ画と祭壇画があるそうです。


P1280083
併設されていた修道院でワイン醸造が行われていたそうです。18世紀創建の修道院でのワイン醸造はピンときません。


P1280088
修道院だった建物です。


P1280089
旧修道院だった建物はVilla Azzurraと呼ばれてます。イタリア代表チームと関係がある?


P1280097
Villa Azzurraの入り口


P1280091
この辺から建物が途絶えます。


P1280092
今、通ってきた道を振り返ったところです。


P1280094
村外れに出ました。


P1280093
急に視界が開けて田舎の風景になりました。


P1280087
横道に入りました。


P1280086
村外れにある、14世紀創建のサン・ピエトロ教会です。現在の建物は17世紀に再建された二代目のものです。


P1280099
少し戻って別の横道に入りましたが、見どころは何もなさそうです。


P1280096
村の見所は大体こんなところでしょう。


P1280098
更に歩いて一面のブドウ畑を見ても面白くないと判断して、戻ることにしました。


P1280101
爆撃の標的は何もない村です。空爆とは本当に気の毒です。


P1280102
住所表示板


P1280104
Vicolo del Castello


P1280106
城でもあるのか、と思って行ってみたのですが・・・・・


P1280108
新しい作品でしょうね。


P1280110
カステッロは単なる名称だったようで、城が見当たらなかったので、サン・レアリーノ通りに戻りました。


P1280112
忙しくあちこちの街を回る旅の途中に、このように、ノンビリ出来る日があっても良いと思います。


P1280113
サン・ジャコモ教会を通り過ぎました。


P1280114
時間が有り余っているので、ゆっくり進みました。


P1280117
日本人の私が珍しいのか、じろじろと見られることが多かった。


P1280120
観光に力を入れているようで、村役場で貰った案内パンフレットが非常に役立ちました。


P1280122
多分、時間が余るので、村の全容を見終わった後、サン・フランチェスコ教会にもう一度来ることにしました。


P1280123
村役場横のロッジャ


P1280133


P1280126


P1280128
サンタ・カテリーナ教会です。


P1280130
村の5つある教会全てが現役です。維持するのが大変に思えました。


P1280131
日本のような檀家制度みたいなものが教会にもある?


P1280134
夏至が終わったばかりなので、日差しが強烈でした。


P1280136
B&Bがある広場に戻りました。


P1280137
バールで一休みしました。


P1280139
街角の聖母子


P1280151
無原罪の聖母


P1280140


P1280142


P1280143
村の入り口から村外れまで見終わりました。


P1280125
フランチェスコ教会に戻りました。


P1280124
(おわり)

P1270898
1232年に建設されたサン・フランチェスコ教会修道院です。修道院の一部が村立美術館 Museo Civicoになってます。教会と美術館には、ボランティアの女子高校生が常駐しています。
美術館の開館は、午後のみ(午後3時頃から)で、入館無料です。


P1270899
サン・フランチェスコ教会のファサード前に立っている建物です。


P1270900
16世紀に建設されたサン・ベルナルディーノ祈祷所です。


P1270905
サン・フランチェスコ教会に入りました。


P1270922


P1270977
美術館にも入館しました。


P1280016
予想以上の教会・美術館で、わざわざ来た甲斐がありました。


P1280031
サン・フランチェスコ教会と美術館に付いては、項を改めて詳しく触れる予定です。


P1280036
外に出ました。


P1280035
ガイドブックに載っておらず、「美しい村」にもリストアップされていない、ごく普通の村であるカッシーネに、このような教会・美術館があることにイタリアの奥深さを感じます。


P1280039
オラトリオは閉まったままでした。


P1280040
更に村歩きを続けます。


P1280041
広い面積の村で、人口が3千人弱なので、家が点在していると思いましたが、集落が続いていました。


P1280042
この辺は上り坂になってます。


P1280043
この辺は下り坂になってます。


P1280044
上り下りを2回繰り返しました。


P1280046
歴史的建造物です。


P1280048
Palazzo Zoppiです。


P1280047
大広間に15世紀のフレスコ画があるようですが、非公開です。


P1280049
古い建物と新しい建物が混在しています。


P1280050
新しい建物と古い建物が混在していますが、それには悲惨な村の歴史があります。
この村からあまり離れていないアレッサンドリアは軍都でした。第二次世界大戦中、アレッサンドリアは、大戦の初期には連合国の、中期から終戦まではドイツ軍の標的となり、度々爆撃を受けました。
アレッサンドリアの爆撃を終わり、基地に向かった航空機は余った爆弾を途中のカッシーネに落として、帰途についたのです。農村であるカッシーネが爆撃の標的になることは有り得ないのですが、軍都アレッサンドリアに近いことから、度々トバッチリを受けてしまったのです。
新しい建物は第二次世界大戦後に再建されたのです。


P1280051
サン・ジャコモ教会です。


P1280054
酷い落書き


P1280057
教会は現役ですが、併設の修道院は既に閉鎖されてます。


P1280053
村役場で貰った案内パンフレットによれば、作品がかなり残っているそうです。


P1280052
扉が閉まっていたので拝観出来ませんでした。


P1280056
こちらの通りは何もなさそうです。


P1280059
サン・レアリーノ通りに戻りました。


P1280060
サン・レアリーノ通りの先にブドウ畑とワイン醸造所があります。


P1280062
横道に入りました。


P1280063
横道の突き当りはブドウ畑です。


P1280064
再度サン・レアリーノ通りに戻りました。


P1280065
16世紀に建設されたパラッツォ・マルティーニです。


P1280066
写真左は16‐18世紀に建設されたパラッツォ・カドゥッチです。


P1280068
この一角は歴史的建造物が多い。


P1280070
カッシーネ村は観光に力を入れているようで、案内板が完備されてます。


P1280069
入口扉の装飾は16世紀のピエモンテの逸名彫刻家の作品です。


P1280073
この建物もパラッツォ・ピエトラサンタの一部です。


P1280072
横道のサン・ロレンツォ通りを進みました。


P1280067
サン・ロレンツォ通りには何もなさそうです。
(つづく)

P1270841
カッシーネ駅に到着しました。


P1270842
カッシーネは、人口2,932人(2017年8月31日現在)のピエモンテ州アレッサンドリア県にあるコムーネです。主要産業は農業で、ワイン醸造が盛んです。


P1270844
駅舎です。無人駅で、切符販売機もありません。
駅付近に切符を販売するバールなどがないので、車掌から直接切符を買うのが良いと思います。駅から10分ほど歩いた所にタバッキがあり、そこで列車の切符が買えますが、旅行者がそれを知るのは難しいと思います。(この日泊まったB&Bで聞いて初めて分かりました)


P1270845
チェントロ・ストーリコにある、この日のお宿に向かいます。


P1270847
ガリバルディ通りです。
馬の散歩道が歩道になっているので歩き難いです。馬がうまく歩けるように未舗装で砂が深くなってます。


P1270848
幹線道路を横切ります。


P1270849
この村に来ようと思った切っ掛けは、トリノの美術館でアレッサンドリアの画家フランチェスコ・サッシ(1912‐1993)が描いたカッシーネの風景画を見たからです。彼の作品に描かれた、中世の佇まいが色濃いカッシーネ村の風景に興味を持ち、村のことを調べたらサン・フランチェスコ教会と教会付属のMuseo Civicoが面白ろそうだったので、一度、是非、訪れたいと思うようになりました。


P1270850
チェントロ・ストーリコの入り口です。


P1270852
ワイン醸造が盛んと言うことで、周囲はブドウ畑と予想していましたが、畑がありません。家並みを外れた場所はブドウ畑が大きく広がっていますが、この時は知りませんでした。


P1270853
スティッカ通りとの交差点です。Google マップのコピーを持ちながらの移動ですが、B&Bへの正しい道を歩いているようです。


P1270854
橋を渡ります。


P1270855
橋の下は川でなく意外でした。


P1270856
初めて訪れるので緊張感がありました。ただ、ぶらぶら歩いても危険は全くありません。


P1270857
B&Bは広場の近くにあります。


P1270858
チェントロ・ストーリコに到着したようです。


P1270859
トロッティ通りを進みます。
カッシーネの宿泊設備はネットの予約サイトに載ってません。どうせ行くのならば、泊まってみたいと思い、ダメ元で村役場にメールしたら、返事が来て民宿みたいなB&Bを紹介されたのです。


P1270860
この道の先にB&Bがあると思っていたら違いました。


P1270861
写真右の建物がこの日のお宿です。完全な民宿で、村に用事で来た人が希望すれば泊まれるようになっているようです。この村では外食の夕食が難しいとの事なので、ハーフボード(1泊2食付き)にしました。


P1270862
大きな荷物を自室に入れ、身軽になって村歩きに出発しました。


P1270863
村役場に行って、カッシーネの地図を貰いたい。


P1270864
適当に歩いていたら行き止まりでした。冴えません。


P1270866
教会が見えてきたので、一安心です。


P1270870
9世紀創建のサンタ・カテリーナ教会です。


P1270872
現在の建物は17世紀に再建された二代目のものです。


P1270874
日曜日のミサの時だけ開くそうです。


P1270875
初代の建物にあった剥離フレスコ画があるらしい。それが楽しみでしたが平日では仕方がありません。


P1270876
教区教会ではないようです。


P1270867
教会前のサンタ・カテリーナ広場です。


P1270877
案内標識が完備されてます。


P1270878
Via Municipio


P1270879
イタリア人の携帯電話の会話が面白い。電話なのに、初めから最後まで途切れることなく喋っている人をよく見かけます。相手の会話を聞いているのでしょうか?相槌を入れずに只管喋っているだけ。


P1270880
道は緩い上り坂になってます。


P1270882
古い建物になってきました。


P1270883
サンタ・カテリーナ教会です。


P1270885
こんな村に来るとは俺は物好きだなあ、と思いながら歩きました。


P1270884
突き当りは村役場の建物です。


P1270886
この時は村役場とは知りませんでした。


P1270889
振り返ると坂を上って来たことが分かりました。


P1270891
サン・フランチェスコ教会です。


P1270890


P1270892
Palazzo del Comune、村役場です。


P1280037
村役場で地図を頂きました。


P1270893
村役場とサン・フランチェスコ教会が面している広場が村の中心でしょう。
(つづく)

↑このページのトップヘ