イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > シエナ、プッブリコ宮(シエナ市立美術館)

P2320740
Sala dei Pilastriは行き止まりの先端にある部屋なので、元に戻るためには順路を逆に進みます。


P2320745
善政の寓意の下のドアが閉鎖されていました。


P2320747
悪政の効果


P2320754


P2320757
Sala del Mappamondoに戻ります。


P2320760
階上のロッジャに向かいます。


P2320801
詳細不明の「聖母子と2聖人」


P2320802


P2320803
階段を上ればロッジャに出ます。


P2320804
ロッジャに来ました。


P2320821
彫刻やフレスコ画がありましたが、この場所は作品の維持保存に問題があるので、それらは別の場所に移されました。


P2320805
ロッジャからの景観


P2320806


P2320809


P2320813


P2320814


P2320822


P2320823
階段を下りてブックショップに行きます。


P2320825
詳細不知の「聖母子」


P2320827
ブックショップの壁に絵画が展示されてます。


P2320830
17世紀のスペイン?の逸名画家作「静物画」


P2320832
17世紀のフランドル?の逸名画家作「Via Crucis」


P2320836
17世紀の逸名画家作「ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581‐ヴェネツィア、1644)作『父の目を治すトビアス』のコピー画」


P2320839
ジョヴァンニ・ピエトロ・ファッケッティ(マントヴァ、1539‐ローマ、1619)の「医者の肖像」


P2320841


P2320842
目ぼしい作品はありません。


P2320843
ブックショップの作品紹介を控えることにしましょう。


P2320844
市立美術館はこれで終わりです。


P2320845



P2320847
Daphne Du Barry(アヴィニョン、1950‐)の「フランスの将軍Biagio di Moniluc(1503‐1577)像」


P2320849
次はマンジャの塔に上ります。


P2320850
市立美術館よりも塔の方が人気があります。


P2320851


768
マンジャの塔に上りました。


755


756


757


758


759


760


761


762
城壁が見えます。


763


764


765


766


770


774


776


778


784


787


P2320852
下に下りました。


P2320854


P2320860
(おわり)

P2320663
次の部屋です。


P2320665
Sala dei Nove 9の間です。


P2320664
この部屋のフレスコ画が有名です。


P2320667


P2320668


P2320670
シエナの模型が置かれてます。


P2320673
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1290c‐1348)の「善政の寓意」(1338‐39)


P2320677
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1290c‐1348)の「善政の効果」(1338‐39)


P2320674
都市の善政の効果


P2320678


P2320679
田舎の善政の効果


P2320686
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1290c‐1348)の「悪政の寓意」


P2320683


P2320684


P2320685


P2320687


P2320671


P2320688
次の部屋です。


P2320689
彫刻と絵画が展示されているSala dei Pilastriです。


P2320690
修復も行われてます。


P2320696
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1370/1375c-1434c)の「3聖人(聖ステファノ、聖マリア・マッダレーナ、聖アントニオ・アバーテ)」


P2320699
ネロッチョ・ディ・バルトロメオ・ランディ(シエナ、1447-1500)の「カンポ広場に於けるシエナの聖ベルナルディーノの説教、聖人の遺体の移送」


P2320701
ニッコロ・ディ・セル・ソッツォ(シエナ、1334-1363)の「祈るキリストと受胎告知」


P2320705
15世紀のビザンチン様式の逸名画家作「聖母子」


P2320708
15世紀前半のシエナ派逸名画家作「祈るキリストと聖母子」


P2320711
Maestro di Monteolivetoの「聖母子」


P1390359
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1290c‐1348)の「大天使ミケーレ」


P2320714
詳細不明


P2320717
フランチェスコ・ディ・ヴァンヌッチョ(シエナ、1356‐1389)と14世紀後半のシエナの工芸家作「受胎告知がある物入」


P1390383
フランチェスコ・ディ・ヴァンヌッチョの受胎告知


P2320720
アンドレア・ディ・バルトロ(シエナ、1360‐1428)(画家)とシエナの工芸家作「受胎告知、聖ピエトロ、2つの紋章が描かれた物入」


P2320723
マッサレッロ・ディ・ジーリオ(シエナ、1291から記録‐1339没)の「彩色磔刑像」


P2320726
14世紀後半のシエナの逸名彫刻家作「磔刑像」


P2320729
修復作業が中断されているようです。


P2320728
修復中の作品(詳細不明)


P1390347
サーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1405‐1481)の「磔刑」


P2320734
ヤコポ・デッラ・クエルチャ(シエナ、1374‐1438)、恐らく工房作の「聖アントニオ・アバーテ」


P2320736
ヤコポ・デッラ・クエルチャ(シエナ、1374‐1438)、恐らく工房作の「司教聖人(聖バジーリオ?)」


P2320692
(つづく)

P2320610
次はプッブリコ宮の最も重要な部屋です。


P2320611
礼拝堂から見たので既に修復中と知っていましたが、これほどまでとは予想外でした。


P2320613
前に撮った写真があるので、それらを載せましょう。


P1390329
シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284c‐アヴィニョン、1344)の「マエスタ」(1312‐15)


P1390328


P1390389


P1390390
修復後の写真


P2320614
この先は礼拝堂ですが、ここにも「マエスタ」の写真がありました。


P2320622
左壁の、タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖ロナキニオ」


P2320623
礼拝堂の延長でしょうか?


P2320624


P2320625
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖フランチェスコ」


P2320628
修復作業が行われていたのは、シモーネ・マルティーニの「マエスタ」がある壁でした。


P2320629
熱心に係員の説明に耳を傾ける人たちがいました。


P2320651
この壁は必見です。


P1390391


P2320652
最上部は、シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284c‐アヴィニョン、1344)作「グイドリッチョ・ダ・フォリアーノの騎馬像」(1330c)のリメイク(15世紀)です。


P2320654
一部のガイドブックなどでシモーネ・マルティーニと書かれているものがありますが、シモーネが描いたオリジナルのフレスコ画は15世紀に失われてしまい、15世紀にリメイクされたものが現存しているのです。
リメイクした画家については、よく分かっていないようです。


P2320655
15世紀ですから、オリジナルの模写やシモーネのシノピエなどを参考にして描かれたのでしょう。


P2320659
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(シエナ、1255c‐1318/1319)の「Presa di un Castello」(1314)
「城の区画」とでも訳して良いでしょうか?
プッブリコ宮で最古のフレスコ装飾の一つと言われてます。


P2320657
ジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ通称イル・ソドマ(ヴェルチェッリ、1477-シエナ、1549)の「聖アンサーノ」(1530)


P2320661
ジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ通称イル・ソドマ(ヴェルチェッリ、1477-シエナ、1549)の「聖ヴィットーレ・センプレ」(1530)


P2320632
次はSala del Mappamondoの横壁(側壁)です。


P2320643
リッポ・ヴァンニ(シエナ、1340-1375記録)の「栄光のシエナ軍」


P2320648


P2320640
リッポ・ヴァンニ(シエナ、1340-1375記録)の「キアーナ渓谷の戦いで勝利するシエナ軍」(1363)


P2320641


P2320647
ジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ通称イル・ソドマ(ヴェルチェッリ、1477-シエナ、1549)の「ベアート・ベルナルド・トロメイ」(1533)


P2320631
ロレンツォ・ディ・ピエトロ通称イル・ヴェッキエッタ(シエナ、1410-1480)の「シエナの聖カテリーナ」(1460)


P2320639
サーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1405-1481)の「シエナの聖ベルナルディーノ」(1450)


P2320650
詳細不明


P2320637
次は、写真左の聖母子がある部屋です。


P2320586
Anticappellaと繋がってます。


P2320589
広くない部屋です。


P2320587
Vestibolo


P2320588
この部屋には必見の作品が2点あります。


P2320590


P2320591


P2320594


P2320595


P2320605


P2320596


P2320607


P2320598
ジョヴァンニ・ディ・トゥリーノ(シエナ、1385c-1455以降没)の「双子と雌狼」(1429-30)


P2320599
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1290c-1348)の「聖母子」(1340c)


P2320602


P2320609
(つづく)

P2320494
引き続き礼拝堂です。


P2320495
礼拝堂の大理石祭壇は、ドメニコ・ディ・ニッコロ(シエナ、1362‐1453)の作品(1415‐1428)です。


P2320496
祭壇左側の聖ピエトロのフレスコ画の状態が良くありません。


P2320499
祭壇右側は、タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖パオロ」


P2320497
「聖母への死のお告げをする大天使ミケーレ」
大天使が棕櫚の木を持っているので、受胎告知ではありません。棕櫚の木を持っている大天使は、ミケーレになります。


P2320498
「死のお告げを受ける聖母」


P2320500


P2320503
ソドマの「聖家族と聖レオナルド」(1530)


P2320504
Sala del Mappamondoのマエスタは修復中のようです。


P2320515
お目当てが見ることが出来ません。


P2320507
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「Dormitio Virginis」(1406‐08)
Dormitio Virginsは宗教画の有名な主題ですが、適当な日本語訳が分かりません。


P2320508
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖母の葬儀」(1406‐08)


P2320509


P2320510


P2320511


P2320512


P2320518
次は聖歌隊席の彫刻です。


P2320517
聖歌隊席の彫刻は、ドメニコ・ディ・ニッコロ(シエナ、1362‐1453)によって1415年から1428年に制作されました。


P2320519


P2320520


P2320523


P2320525


P2320531


P2320535


P2320536


P2320537


P2320540
礼拝堂の外に出ます。


P2320545
通路になってますが、古代礼拝堂 Anticappellaと呼ばれてます。


P2320544
Anticappellaのフレスコ画もタッデオ・ディ・バルトロによって描かれました。


P2320546


P2320548
聖水盤


P2320550
大きな聖クリストフォロがあります。


P2320552
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖クリストフォロ」(1415c)


P2320554
ドメニコ・ディ・ニッコロ(シエナ、1362‐1453)の「聖歌隊席の彫刻」(1415‐28)


P2320556


P2320557
ショーケースが置かれ、聖具などが展示されてます。


P2320558


P2320562


P2320565


P2320566


P2320569


P2320571


P2320572


P2320574


P2320577


P2320578
チェーザレ、ポンぺオ


P2320579


P2320583


P2320584
(つづく)

P2320772
引き続きSala del Concistoroのドメニコ・ディ・ヤコポ・ディパ―チェ通称イル・ベッカフーミ別称ドメニコ・ベッカフーミ(モンテアペルティ、1486‐シエナ、1551)のフレスコ画の紹介です。


P2320781
ドメニコ・ベッカフーミの「マルクス・アエミリウス・レピドゥスとマルクス・フルウィウス・フラックスの和解」(1529‐1535)
共和制ローマ時代のことを知らないとチンプンカンプンです。


P2320773


P2320783
ドメニコ・ベッカフーミの「自分の息子を断罪するアウルス・ポストゥミウス・トゥベルトゥス」(1529‐1535)


P2320784
ドメニコ・ベッカフーミの「スプリウス・カッシウス・ウェケッリヌスの処刑」(1529‐1535)


P2320774


P2320785
ドメニコ・ベッカフーミの「プブリウス・ムツィウス」(1529‐1535)


P2320786


P2320787
ドメニコ・ベッカフーミの「アテネのコドロン王の犠牲」


P2320788


P2320790


P2320791


P2320792
ドメニコ・ベッカフーミの「スプリウス・マエリウスの遺体をルキウス・クィンクティウス・キンキナトゥスに示すガイウス・ストルクトゥス・アハラ」(1529‐1535)


P2320793
このような作品を見ると自分の教養の無さを感じることがあります。


P2320795


P2320794
ローマ時代の人物の名前が複雑で困ります。


P2320797
部屋を出ます。


P2320798
マッテオ・ディ・ジョヴァンニの「聖母子」を横目で見ながらAnticamera del Concistoro を経由して次に向かいました。


P2320457
突き当りの部屋がシエナ市立美術館の最大の見所ですが、写真左にある礼拝堂を先に見ます。


P2320458
鉄柵の先が礼拝堂です。


P2320460
Anticappella e Cappella di Palazzo


P2320459
礼拝堂は見逃せません。


P2320461
見所は祭壇画、壁のフレスコ画、聖歌隊席などです。


P2320462
左側壁


P2320463
右側には壁がなくて、礼拝堂の向こうはSala del Mappamondoへと素通しになってます。


P2320464
全ての壁全面にフレスコ画が描かれてます。


P2320465
聖歌隊席


P2320466


P2320467
礼拝堂のフレスコ画は、タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)によって1406年から1408年にかけて制作されました。


P2320468
ヴォールトのフレスコ画もタッデオ・ディ・バルトロの作品です。


P2320469
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖母の使徒たちとの暇乞い」(1406‐08)


P2320471
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖母の死」(1406‐08)


P2320472
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「2聖人」(1407)


P2320474


P2320476


P2320477


P2320478
音楽天使たち


P2320480


P2320485
礼拝堂の祭壇


P1390420
ロレンツォ・ディ・マリアーノ通称イル・マッリーナ(シエナ、1476‐1534)の大理石祭壇


P2320487
祭壇画は、ジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ通称イル・ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)の「聖家族と聖レオナルド」(1530)
この作品はシエナのドゥオーモにありましたが、17世紀に移されたそうです。


P2320489
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(1407)


P2320491
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖アゴスティーノ」


P2320492


P2320493
(つづく)

P2320409
次の部屋です。


P2320411
色々な作品が展示されてます。


P2320412
Anticamera del Concistoro 会議の控えの間です。当然、Sale del Concistoroがありますが、その紹介はこの後に行う予定です。


P2320413
Sala dei Cardinale 枢機卿の間とも呼ばれてます。


P2320414
この部屋にあるフレスコ画の多くは、プッブリコ宮の外壁や他の部屋にあったもので、それらを剥ぎ取って展示されてます。


P2320410
プッブリコ宮は現役のシエナ市庁舎なので、美術館として公開する部屋を限定する必要があり、その点で未公開の部屋にあったフレスコ画や祭壇画をこの部屋で展示しているのでしょう。


P2320415
天井のフレスコ装飾は、この部屋オリジナルのものです。


P2320416
シエナ派逸名画家によって15世紀に施されたフレスコ装飾です。


P2320417
最近修復されたので、色鮮やかに蘇りました。


P2320418
ただ、本当にオリジナルのものは、聖人などが描かれていたと思います。それを後世に塗り潰して、改めて装飾されたものを修復したと思うのですが・・・・・


P2320419
ショーケースが置かれてます。


P2320420
アントニオ・バリーリ(ルッカ、1453‐シエナ、1516)とシエナの工芸家による「双子と雌狼のコンファーノ(長持ち)」


P2320422
Confano(長持ち)(14世紀)


P2320423
Confano(17世紀)


P2320424
ボケ写真で申し訳ありません。


P2320425
Confano(15世紀)


P2320429


P2320430
マッテオ・ディ・ジョヴァンニ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1428c‐シエナ、1495)に帰属する「聖母子」(1470)


P2320433
一目でマッテオ・ディ・ジョヴァンニの作品と分かります。


P2320435
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1290c‐1348)に帰属する「3聖人(左から聖アゴスティーノ、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、アレッサンドリアの聖カテリーナ)と寄進者」


P2320451
14世紀後半のシエナ派逸名画家作「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖人」(14世紀末)


P2320427
上記フレスコ画のシノピエ


P2320438


P2320441
制作者情報不明のフレスコ画


P2320444
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1370/1375c-1434c消息)の「聖パオロ」(1370c)
この部屋にあったオリジナルのフレスコ画です。


P2320449


P2320446
15世紀のシエナ派逸名画家作「聖セバスティアーノ」


P2320448
15世紀のシエナ派逸名画家作「聖母子」


P2320452


P2320453


P2320454


P2320455
Anticamera del Concistoro からSala del Concistoroに入ります。


P2320762
Sala del Concistoro 会議室です。


P2320763
1786年まで、実際に会議室として使用されていたそうです。


P2320765
これを撮っておくと後で役立ちます。


P2320766
ノーフラッシュならば写真可となってます。


P2320768



P2320771
入口の大理石門は、ベルナルド・ディ・マッテオ・ガンベレッリ通称ベルナルド・ロッセッリーノ(セッティニャーノ、1409‐フィレンツェ、1464)によって1446年に制作されました。
有名な作品です。


P2320770
大理石扉上の絵画は、ルーカ・ジョルダーノ(ナポリ、1634‐1705)の「ソロモンの最後の判決」(1680c)です。
この作品は、シエナ貴族の注文によって制作され、その貴族邸にありましたが、ナポリに移住することになり、その際、シエナ市当局に寄贈したものだそうです。


P2320767


P2320764
この部屋の一番の見所は、天井のフレスコ画です。


P2320775
天井のフレスコ画は、ドメニコ・ディ・ヤコポ・ディ・パ―チェ通称イル・ベッカフーミ別称ドメニコ・ベッカフーミ(モンテアペルティ、1486‐シエナ、1551)によって1529年から1535年にかけて制作されました。


P2320796
(つづく)

引き続きSala del Risorgimentoです。
P2320309
「ジュゼッペ・ピアニジャーニ(シエナ、1805‐1850)像」
ジュゼッペ・ピアニジャーニは、シエナ~エンポリ間の鉄道敷設に尽力した技術者です。シエナ駅の設計も行いました。


P2320310
ガリバルディ軍兵士の服


P2320312
ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)の作品


P2320313


P2320315
ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)の「バルダッサレ・ペルッツィ像」
バルダッサレ・ペルッツィ(シエナ、1481‐ローマ、1536)は、ラッファエッロの影響を受けた優雅な画風の画家で、建築家でもありました。


P2320317
「ジュゼッペ・ラッザレッティ像」
この人のことは知りません。


P2320320
エツィオ・トラパッシ(マッサ・ディ・チッタ、1871‐シエナ、1960)の「若い女性」


P2320321
「トンマーゾ・ペンドーラ像」
トンマーゾ・ペンドーラ(ジェノヴァ、1800‐シエナ、1883)は、聴覚障害者の教育と援助に尽力した聖職者、学者で、シエナ大学の教授でした。


P2320323
ルイージ・ムッシーニ(ベルリン、1813‐シエナ、1883)の「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の肖像」


P2320329
ピエトロ・アルディ(マンチャーノ、1852‐1888)の「ジュゼッペ・ガリバルディとヴィットリオ・エマヌエーレ2世の邂逅」


P2320326
ピエトロ・アルディ(マンチャーノ、1852‐1888)の「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世とラデツキー将軍との邂逅」


P2320331
チェーザリ・マッカーリ(シエナ、1840‐ローマ、1919)の「パンテオンでのヴィットリオ・エマヌエーレ2世の遺体の移動」


P2320327


P2320328


P2320330
チェーザリ・マッカーリ(シエナ、1840‐ローマ、1919)の「フィレンツェ、ピッティ宮の玉座の前のヴィットリ・エマヌエーレ」


P2320332


P2320334


P2320335


P2320337


P2320338


P2320339
ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)の「眠る子供」


P2320341
ティート・サッロッキ(シエナ、1824‐1900)の「男の浮彫」


P2320343
ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)の「救世主」


P2320345
Sala del Risorgimentoを出ました。


P2320346
次の部屋です。


P2320347
Sala di Balia


P2320350
説明板


P2320351
壁の全面がフレスコ画で覆われてます。


P2320372
中央のアーチによって部屋が2つの部分に分かれてます。


P2320375


P2320348
天井を除いて、フレスコ画の制作者は、スピネッロ・アレティーノ(カポロナ、アレッツォ、1350c‐アレッツォ、1417)と、その息子パッリ・スピネッリ(アレッツォ、1387c‐1453)の2人です。1407年から1408年に制作されました。


P2320349
フレスコ画のテーマは、シエナ出身の教皇アレッサンドロ3世ロランド・バンディネッり(シエナ、1100c‐チヴィタ・カステッラ―ナ、1181)の生涯です。


P2320355
全部で13場面が描かれてます。


P2320357


P2320359


P2320360
バル―ナ・ディ・トゥリーノ制作のテーブル(1410)


P2320361
各場面の意味している所は、教皇アレッサンドロ3世の生涯を知れば簡単に分かります。


P2320362


P2320364


P2320389
ヴォールトの4福音書記者のフレスコ画は、マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1370/1375c-1434c)によって1408年に描かれました。


P2320352
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1370/1375c-1434c)のフレスコ画


P2320365
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1370/1375c-1434c)のフレスコ画(1408)


P2320367


P2320368


P2320371


P2320376


P2320377


P2320380


P2320382


P2320384


P2320386


P2320387


P2320392


P2320395


P2320396


P2320401


P2320405


P2320407
(つづく)

P2320206
Quadreriaの次の部屋です。


P2320208
天井


P2320209
作品が取り外されていました。


P2320210
バルトロメオ・ネローニ通称イル・リッチョ(シエナ、1505‐1571)の「ご訪問」がありません。理由が不明です。


P2320212
マルコ・ピーノ(シエナ、1521‐1583)の作品も取り外されていましたが、その理由は不明です。


P2320213


P2320214


P2320215


P2320217
ドメニコ・マネッティ(シエナ、1609‐1663)の「キリストの前で朗読するシエナの聖カテリーナ」


P2320222
ドメニコ・マネッティ(シエナ、1609‐1663)の「ご訪問」


P2320224
ルティリオ・マネッティ(シエナ、1571‐1639)の「聖パオロ」


P2320229
ジョヴァンニ・パオロ・ピサーニ(シエナ、1574‐1637)の「聖ガルガーノ」


P2320235
セバスティアーノ・フォッリ(シエナ、1568‐1621)の「我に触れるな」


P2320238
バルトロメオ・ネローニ通称イル・リッチョ(シエナ、1505‐1571)の「十字架を担ぐキリスト」


P2320241


P2320249
フランチェスコ・ナシーニ(ピアンカスタニャ―イオ、1611‐カステル・デル・ピアーノ、1695)の「リッカルド・ペトラ―ニ枢機卿の遺体のジェノヴァからシエナへの移送」


P2320247
制作者不詳の「フランチェスコ・ヴァンニ作『聖母子と聖ジュゼッペと天使』のコピー画」(17世紀)


P2320252
フランチェスコ・ヴァンニ(シエナ、1563‐1610)の「聖ステファノの殉教」


P2320254
クレシェンツィオ・ガンバレッリ(シエナ、1591‐1622活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2320257


P2320260
ジュゼッペ・マッツゥオーリ(シエナ、1644‐ローマ、1725)の「聖ガルガーノ」


P2320263
17世紀のシエナの逸名画家作「フォンテブランダの景観」


P2320266
制作者情報不明の「ラッファエッロ・ヴァンニ作『クロドヴェオの戦い』のコピー画」


P2320270
ベルナルディーノ・メイ(シエナ、1612‐ローマ、1676)の「シエナの聖ベルナルディーノと寄進者」


P2320275
ジュリオ・カルピオーニ(ヴェネツィア、1613‐ヴェローナ、1678)の「農民を蛙に変えるロトーナ」


P2320277
「紋章」(17世紀)


P2320281
「プッブリコ宮正門扉」(16世紀)


P2320283
「マルタ十字架と帝国鷲の紋章」(シエナ、16‐17世紀)


P2320287
次の部屋です。


P2320290
イタリア国家統一独立運動の間 Sala del Risorgimento です。


P2320288
別名ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の間と呼ばれるホールは、1890年にオープンされました。


P2320289
このホールは、17,18世紀に衰退していたシエナの象徴であるプッブリコ宮に、イタリア統一の記念碑として永遠に残すために造られました。


P2320300
天井


P2320292
エミリオ・ガッローリ(フィレンツェ、1846‐シエナ、1924)の「ローマでのジュゼッペ・ガリバルディ」(ブロンズ像)


P2320294
「カミッロ・ベンソ・ディ・カヴールの胸像」(1863)
私には制作者が分かりません。


P2320296
サン・マルティーノの戦いでヴィットリオ・エマヌエーレが着用していた服装


P2320297
「ベッティ―ノ・リカーゾリの胸像」
ベッティーノは、イタリア第二代首相です。キャンティ・クラシコで有名です。


P2320298
「ガエターノ・ミラネージ像」


P2320299
19世紀後半の画家、彫刻家の作品が並んでます。


P2320301
「ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)像」
ジョヴァンニ・デュプレは彫刻家で、この部屋の彫刻の数点を手懸けたそうです。


P2320302
ジュゼッペ・サバレッリ(ミラノ、1813‐フィレンツェ、1843)の「バルレッタの決闘」


P2320305
フランチェスコ・ネンチ(アンギアーリ、1781‐シエナ、1850)の「ソロモン」


P2320307
(つづく)

Quadreriaの続きです。
P2320091
クリストファノ・ルスティーチ(シエナ、16世紀後半‐17世紀前半活動)の「11月の寓意」


P2320094
クリストファノ・ルスティーチ(シエナ、16世紀後半‐17世紀前半活動)の「1月の寓意」


P2320097
セバスティアーノ・フォッリ(シエナ、1568‐1621)の「聖母子と天使たち」


P2320099


P2320101
17世紀のシエナの逸名画家作「聖家族とシエナの聖カテリーナ」


P2320103


P2320107
ヴィンチェンツォ・ルスティーチ(シエナ、1556‐1632)の「ピエタ」


P2320110
ヴィンチェンツォ・ルスティーチ(シエナ、1556‐1632)の「聖母子と聖アンナと天使たち」


P2320114
ヴェントゥーラ・サリンベーニ(シエナ、1568‐1613)の「磔刑」


P2320118
ジョヴァンニ・バッティスタ・パッジ(ジェノヴァ、1554‐1627)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖エリザベッタ」
パッジは、ジェノヴァで生まれジェノヴァで没しましたが、1579年から1599年にかけての約20年間、トスカーナ、特にフィレンツェで活動した画家でした。


P2320121
ヴィンチェンツォ・ルスティーチ(シエナ、1556‐1632)の「聖母子と聖ガルガーノとシエナの聖カテリーナ」


P2320124
ルティリオ・マネッティ(シエナ、1571‐1639)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖フランチェスコとシエナの聖カテリーナ」


P2320127
18世紀のシエナの逸名画家作「チントラの聖母」


P2320130
16世紀末‐17世初めのシエナの逸名画家作「聖母子と聖ジョヴァンニーノとシエナの聖ベルナルディーノと聖人(特定されてません)」


P2320133
クリストファノ・ルスティーチ(シエナ、16世紀後半‐17世紀前半活動)の作品です。


P2320136
5月の寓意


P2320140
6月の寓意


P2320143
ヴィンチェンツォ・ルスティーチ(シエナ、1556‐1632)の「聖母子と聖マリア・マッダレーナと信者」


P2320145
16世紀のシエナの逸名画家作「シエナの聖カテリーナの神秘な結婚と聖ジョヴァンニーノと聖ジローラモ」


P2320147


P2320150
クリストファノ・ルスティーチ(シエナ、16世紀後半‐17世紀前半活動)の「9月の寓意」


P2320153
クリストファノ・ルスティーチ(シエナ、16世紀後半‐17世紀前半活動)の「10月の寓意」


P2320156
部屋の天井


P2320157
次の部屋です。


P2320158
Quadreriaの第2室です。


P2320160
ジョヴァンニ・ダゴスティーノ(シエナ、1310‐1370)の「聖アンサーノ」


P2320162
ジャコモ・コッツァレッリ(シエナ、1453‐1515)の「馬繋ぎ」


P2320164
ジャコモ・コッツァレッリ(シエナ、1453‐1515)の「燭台」


P2320167
「バスタブ」(15世紀シエナ製)


P2320171
12世紀のシエナの彫刻家作「ライオン像断片」


P2320173


P2320175
14世紀前半のシエナの彫刻家作「柱を支えるライオン像」


P2320178
16世紀のシエナの彫刻家作「フォンターナの口」


P2320181
14世紀前半のシエナの彫刻家作「柱を支えるライオン像」


P2320184
17世紀のイタリアの工芸家作「磔刑」


P2320186


P2320188


P2320190
「盾」(14世紀)


P2320193
「墓石」(14世紀)


P2320196
「フランチェスコ・ディ・チェッコの墓」(14世紀)


P2320199
「フランチェスコ・キャントゥッチの墓」(14世紀)


P2320203
ネロッチョ・ディ・バルトロメオ・デ・ランディ(シエナ、1447‐1500)の「双子と雌狼」


P2320205
(つづく)

P2320031
シエナの中心、カンポ広場にやってきました。


P2320040
カンポ広場に来ると、今シエナにいるんだ、と実感します。


P2320859
1297年から1310年に建設されたゴシック様式のプッブリコ宮です。


P2320037
ギベッリーニ狭間で装飾されてます。現在でも市庁舎として使用されてます。


P1030952
向かって左に建つのは、リッポ・メンミ(シエナ、1317‐1348消息)の計画によって、1325年から1348年に建設されたマンジャの塔です。高さが102mあります。


P1390228
マンジャの塔の下にあるCappella della Piazzaと呼ばれるロッジャです。


P1390229
ロッジャの柱の壁龕に彫刻が置かれてます。


P1390230
彫刻の一部は、14世紀半ばのオリジナルです。


P1390231
どれがオリジナルで、どれが後世に造られた複製なのか、私には分かりません。


P1390233
フレスコ画は判然としません。


P1390234
柱頭の装飾


P1390235


P1390236


P1390237


P2320049
プッブリコ宮に入ります。


P2320050
切符売り場


P2320051
ローマのシンボルと思っていたら、ローマだけでなくシエナのシンボルでもあるんですね。


P1390238
現役の市庁舎なので、市立美術館として公開されている場所は限定されてます。


P1390239
1930年台にオープンしたシエナ市立美術館はPrimo Pianoにあります。


P2320052
誰のブロンズ像でしょうか?


P2320053
詳細不明の鐘


P2320054
Quadreriaと呼ばれる最初の4室です。16世紀から18世紀の作品が展示されてます。


P2320055
展示作品数が多いと思います。


P2320057
ジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ通称イル・ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)の「父なる神」


P2320061
アンドレア・ピッチネッリ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1487‐シエナ、1525)の「聖母子と2天使」


P1390283


P2320064
ジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ通称イル・ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)のシノピエ


P2320067
ジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ通称イル・ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)の作品


P2320069
ジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ通称イル・ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)の「聖セバスティアーノ」


P2320073
バルトロメオ・ネローニ通称イル・リッチョ(シエナ、1505‐1571)の「寓意的人物」


P2320076
バルトロメオ・ネローニ通称イル・リッチョ(シエナ、1505‐1571)の「寓意的人物」


P2320078
詳細不明


P1390274
バルトロメオ・ダヴィド(シエナ、1482‐1545)の「聖オノフリオ」


P1390276
バルトロメオ・ダヴィド(シエナ、1482‐1545)の「聖母子」


P1390277
バルトロメオ・ダヴィド(シエナ、1482‐1545)の「ピエタのキリスト」


P1390279
画面が光るので別角度から撮りました。


P1390278
バルトロメオ・ダヴィド(シエナ、1482‐1545)の「聖アンドレア」


P1390280


P2320081
制作者情報不詳の「ドメニコ・ベッカフーミ作『聖母子と聖シジスモンドとシエナの聖カテリーナ』のコピー画」(16世紀中頃)


P2320084
ヴェントゥーラ・サリンベーニ(シエナ、1568‐1613)の作品が4つ並んでます。


P2320085
聖ロレンツォ


P2320087
聖ステファノ


P2320088
ピエタのキリスト


P2320089
聖母子
(つづく)

↑このページのトップヘ