イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > ヴェローナのドゥオーモ

P1110842
Cappella Emilei


P1110843
ジャンベッティ―ノ・チニャローリ(ヴェローナ、1706‐1770)の「キリストの変容」(1741)


P1110846
Cappella Emileiのフレスコ画は、ジョヴァンニ・マリア・ファルコネット(ヴェローナ、1468‐パドヴァ、1535)によって制作されました。


P1110845


P1110847
アゴスティーノ・ヴァリエールのモニュメント


P1110851
ジョヴァンニ・バッティスタ・ブラートの「最後の晩餐」


P1110852
Cappella Mazzanti
Maestro Campionesiの「聖アガタの廟」(1353)


P1110853
オルガン左右の絵画は、フェリーチェ・ブルサソルツィ(ヴェローナ、1542‐1605)の作品です。


P1110868



P1110858
Cappella Maffei


P1110865
Cappella Maffei


P1110859
アゴスティーノ・ウゴリーノ(ヴェローナ、1758‐ヴェネツィア、1826)の「聖母子と聖人たち」(1794)


P1110861
その下にあるプレデッラは、ミケーレ・ダ・ヴェローナ(ヴェローナ、1470‐1540)の作品です。


P1110867
ジョヴァンニ・マリア・ファルコネット(ヴェローナ、1468‐パドヴァ、1535)のフレスコ画


P1110862
次は中央礼拝堂です。


P1110864
中に入ることが出来ません。


P1110893


P1110894
フランチェスコ・トルビード通称イル・モーロ(ヴェネツィア、1486‐ヴェローナ、1562)のフレスコ画


P1110855
後陣のフレスコ画「聖母被昇天」は、フランチェスコ・トルビード通称イル・モーロ(ヴェネツィア、1486‐ヴェローナ、1562)によって制作されました。


P1110856
イル・モーロは、ジュリオ・ロマーノによって触発されて制作したと言われてます。


P1110869
Cappella della "Madonna del Popolo"


P1110873
19世紀に制作されたフレスコ画


P1110874


P1110870
クーポラ


P1110876
1465年に建設されたCappella Cartolari


P1110892


P1110875
詳細不明


P1110879
ミケランジェロ・プルナーティ(ヴェローナ、1690‐1750)の「聖母子と聖ミケーレと聖ジョルジョと聖ジローラモ」


P1110878
Cappella Cartolariのフレスコ画の制作者ですが、私には分かりません。


P1110877


P1110881
今いるところの向かいの右側壁の礼拝堂です。


P1110882
向かい側のCappella Calcasoli


P1110883
次はCappella Abbazia-Lazzariです。


P1110891
Cappella Abbazia-Lazzari


P1110884
サンティ・プルナーティ(ヴェローナ、1652‐1728)の「救世主とトビアスと天使と聖人たち」


P1110889
Cappella Cartolari-Nichesola


P1110890


P1110887
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(ピエーヴェ・ディ・カドーレ、1488/1490-ヴェネツィア、1576)の「聖母被昇天」(1535-40)


P1110888
ティツィアーノがヴェローナで制作した唯一の作品です。


P1110896
外に出ました。


P1110900
(おわり)

P2690459
サンタナスターシア聖堂からドゥオーモに向かいました。ご覧のように、余り離れてません。(ランベルティの塔からの写真です)


P2690433
ドゥオーモの傍にアディジェ川が流れてます。


P1110940
高さ約75mの鐘楼が目立ちます。


P1110794
サンタナスターシア聖堂からドゥオーモに向かうと、直ぐにドゥオーモの鐘楼が見えてきます。


P1110798
ドゥオーモ通りを進めば、突き当りがドゥオーモの身廊側です。


P1110799
身廊側から聖堂内に入らないで、ファサード側のドゥオーモ広場に出ます。


P1110806
広場に面して建つBiblioteca Capitolare


P1110807
貴重な本を所蔵していることで有名な図書館です。


P1110801
ヴェローナのドゥオーモ、Cattedrale di Santa Maria Matricolareです。


P1110803
教会の歴史は古く、4世紀頃、この場所に存在していた初期キリスト教会が前身です。8‐9世紀頃に再建されましたが、ヴェローナを襲った1117年の大地震によって倒壊したので、再び建設されることになり、1120年創建、1187年に完成したロマネスク様式の建物が原形です。1187年、教皇ウルバーノ3世によって献堂されました。


P1110808
15世紀にゴシック様式に一部拡充改装され、ファサードは16世紀に完成しましたが、ファサード完成後の建物が現在の姿となってます。


P1110809
ファサードの柱廊玄関、ProtiroとFrontoneが特徴です。


P1110810
Frontoneの時計


P1110811
Protiroのルネッタ上の彫刻は、ニッコロ(1122‐1139活動)の「マギの礼拝」


P1110812
ファサードの彫刻


P1110813


P1110814
Portale principaleの左柱の彫刻


P1110815
Portale principaleの右柱の彫刻


P1110817


P1110818


P1110816


P1110820
柱廊玄関の左右に置かれたライオン像は、ニッコロ(1122‐1139活動)の作品です。


P1110819
向かって右側に置かれたライオン像


P1110821
詳細不明


P1110822
詳細不明


P1110908
サイド・ポータル


P1110909
フレスコ画は14世紀に制作されました。


P1110911
柱頭の彫刻


P1110910


P1110899
鐘楼の下部は12世紀のロマネスク様式のものですが、16世紀にサンミケーリ・ファジュオーリによってルネサンス様式で一応の完成を見ました。しかし、突端部は20世紀に手が加えられたものの、未完成で現在に至っています。


P1110895
サイド・ポータルから聖堂内に入りました。


P1110823
三廊式、ラテン十字形の内部です。


P1110825
ロマネスク様式の構造ですが、15世紀に改装されました。


P1110824
右側廊方向


P1110826
中央通路


P1110827
14世紀から16世紀頃の絵画や彫刻の宝庫とも言えます。


P1110828
Cappella Dionisi


P1110830
祭壇画は、アントニオ・バレストラ(ヴェローナ、1666‐1740)の「天上の聖母子と聖人たち」です。その前にある小さな彫刻はアンジェロ・サルトーリの「聖アルカディオの殉教」です。


P1110832
Cappella Dionisiのフレスコ画は、アントニオ・バディーレII(ヴェローナ、1424‐1507)の作品です。


P1110833


P1110836
Cappella Calcasoli


P1110838
ニコロ・ジョルフィーノ(ヴェローナ、1476‐1555)の「十字架降下と聖人たち(聖ロッコ、聖アントニオ・アバーテ、聖セバスティアーノ、聖バルトロメオ)」


P1110835
Cappella Calcasoliのフレスコ画は、ジョヴァンニ・マリア・ファルコネット(ヴェローナ、1468‐パドヴァ、1535)によって1503年に制作されました。


P1110841


P1110834
(つづく)

↑このページのトップヘ