イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > ローマ、サンタンジェロ国立博物館

P2410839
屋上テラスから城の中に戻りました。


P2410840


P2410838
パオロ3世ファルネーゼの居住部分の中で、最も豪華なこの部屋は、パオロ3世のゲストルームとして使用されていたそうです。


P2410841
マルティン・ルターの宗教改革に対して、ローマ・カトリックの優位性をゲストに示すために、パオロ3世は特に豪華な装飾を施すように指示しました。


P2410843
部屋の装飾は、ぺリン・デル・ヴァーガ(フィレンツェ、1501‐ローマ、1547)とペリンの助手たちによって1545年から1457年にかけて行われました。


P2410844
ペリンの助手たちには、1547年にぺリン・デル・ヴァーガに弟子入りしたばかりのペッレグリーノ・ティバルディ’ヴェルソルダ、1527‐ミラノ、1596)、ジローラモ・シチョランテ・ダ・セルモネータ(セルモネータ、1521‐ローマ、1580)などがいました。
なお、ジローラモ・シチョランテはレオナルド・ダ・ピストイアの弟子でしたが、ペリンの協力者でした。ペリンの死後、未完成となっていたペリンのフレスコ画制作を引き継ぎ、完成させました。


P2410845
フレスコ画のテーマは、アレキサンダー大王の逸話とパオロ3世の生涯となってます。


P2410846


P2410847


P2410848


P2410842
天井にファルネーゼ家の紋章(写真左上)が描かれてます。


P2410849


P2410851
床の紋章


P2410852
ハドリアヌス帝


P2410854


P2410855
この男が描かれている意味が分かりません。


P2410856
次の部屋です。


P2410859
ペルセオ(ペルセウス)の間


P2410858
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア,1480c-ロレート,1556/1557)の「聖ジローラモ」


P2410860
ペルセオの間のフレスコ画は、ぺリン・デル・ヴァーガ(フィレンツェ、1501‐ローマ、1547)と助手たちによって1545年から1546年にかけて制作されました。


P2410861


P2410862


P2410863


P2410864
マーゾ・ディ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1536‐1571活動)周辺のフィレンツェの逸名画家による「玉座の聖母子と聖人たち」(16世紀)


P2410867


P2410871


P2410873


P2410874
詳細不明


P2410876
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430c‐アスコリ・ピチェーノ、1495)の「聖オノフリオ」


P2410878
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430c‐アスコリ・ピチェーノ、1495)の「祈るキリスト」


P2410879
ジョヴァンニ・マルティーノ・スパンツォッティ(カザーレ・モンフェッラート、1455c‐キヴァッソ、1528以前没)の「ピエタ」


P2410881
次の部屋です。


P2410882
1540年台に建てられたパオロ3世の寝室です。


P2410883
フレスコ画は、ぺリン・デル・ヴァーガ(フィレンツェ、1501‐ローマ、1547)と助手たちによって制作されました。


P2410884


P2410885


P2410887
ジャンピエトロ・リッツィ通称ジャンピエトリーノ(ミラノ、1495‐1549)の「荊刑のキリスト」


P2410889
詳細不明の肖像画


P2410891
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「十字架を担ぐキリスト」


P2410892
マルチェッロ・フォゴリーノ(ヴィチェンツァ、1485c‐1558)の作品です。


P2410894
部屋からサンタンジェロ橋が見えました。


P2410896
16世紀初めに造られたジュリオ2世のロッジャです。


P2410895


P2410897
ロッジャのフレスコ装飾は、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの弟子によるものです。


P2410898
これで大体見たようです。


P2410899


P2410900


P2410901


P2410902


P2410903
サンタンジェロ城の模型


P2410904


P2410905


P2410906


P2410907


P2410909
外に出ました。


P2410911


P2410912


P2410913


P2410914
(おわり)

P2410775
次の部屋です。


P2410777
これがあると助かります。


P2410776
1540年台、パオロ3世ファルネーゼによって建設された部屋です。


P2410779
ファルネーゼ家の紋章


P2410781
詳細不明


P2410782
部屋のフレスコ画は、ルツィオ・ルーツィ通称ルツィオ・ロマーノ(トーディ、16世紀初頭‐16世紀末)と弟子によって1540年台に制作されました。


P2410783
フレスコ画のテーマは、ギリシャ神話のトリートーンとネーレイデスの物語です。


P2410784
ラッファエッロ様式で描かれていると言われてます。


P2410786


P2410787


P2410788


P2410789


P2410791


P2410795
アントニオ・ジョニーマ(パドヴァ、1697‐ボローニャ、1732)の「イーモラ・ジャコモ3世ストゥアルトを迎えるゴッツァディーニ枢機卿」(1717‐19)


P2410796
次の部屋です。


P2410798


P2410797
金庫室


P2410800
次の部屋です。


P2410801


P2410802
詳細不明


P2410803
次の部屋です。


P2410806
今迄の部屋とは随分感じが違います。


P2410804
1926年、当時のサンタンジェロ博物館長だったマリアーノ・ボルガッティがアール・デコ様式で改装させた部屋です。


P2410805
部屋の装飾は、マリアーノ・ボルガッティによって招聘されたドゥイリオ・カンべッロッティ(ローマ、1876‐1960)によるものです。


P2410808
次の部屋です。


P2410811
18世紀半ばに建設された部屋です。


P2410807
この部屋のフレスコ画とスタッコ彫刻は、ドゥイリオ・カンべッロッティ(ローマ、1876‐1960)によって制作されました。


P2410809
アール・デコ様式がサンタンジェロ城に相応しいとは思えません。


P2410810
この部屋を経由して屋上テラスに進みます。


P2410836
屋上のテラスです。


P2410818


P2410815
絶景ポイントなので、晴天の日は非常に賑わってます。


P2410820
ぺーテル・アントン・ファン・ヴェルシャッフェルト(ベルギー、ヘント、1710‐ドイツ、マンハイム、1793)の「大天使ミケーレ」(1752‐53)


P2410812
天使のテラスからの景観


P2410814


P2410816


P2410817


P2410824


P2410825


P2410827


P2410829


P2410830


P2410833


P2410834


P2410835
(つづく)

P2410699
階段を上ります。


P2410701
階段の壁にフレスコ画があります。


P2410700
順路に従って進みます。La Cagliostraと出てますが、この意味を知らないと部屋に入ってもあまり興味が湧かないと思います。


P2410702
次の部屋は、パオロ3世のロッジャの階上になります。


P2410703
説明板


P2410707
1543年にパオロ3世によって建てられた部屋です。


P2410708
部屋のフレスコ画は、ルツィオ・ルーツィ通称ルツィオ・ロマーノ(トーディ、16世紀初め‐16世紀末)と弟子によって1545年から1546年にかけて制作されました。


P2410709
詳細不明の壺


P2410710
「カリオストラの間」と言う名称の由来は、ジュゼッペ・バルサーノ通称アレッサンドロ・ディ・カリオストロ(パレルモ、1743‐サン・レオ、1795)が1789年に、サンタンジェロ城のこの部屋に投獄されていたからです。
アレッサンドロ・ディ・カリオストロは、冒険家、魔術師、錬金術師であり、詐欺師として当時有名でしたが、フリーメーソンの会員だったとされて、投獄され死刑宣告を受けました。後に当時の教皇によって終身刑に減刑され、この部屋に投獄されていましたが、逃亡を図ったものの捕えられ、サンタンジェロ城よりも厳重なサン・レオ要塞に移され、そこで獄中死したのです。


P2410705
ジュゼッペ・チェーザリ通称カヴェリエール・ダルピーノ(アルピーノ、1568‐ローマ、1640)の「プロスペロ・ファリナッチの肖像」
何故、プロスペロ・ファリナッチの肖像画がこの部屋にあるのか、不思議に思いませんか?勿論、理由があって置かれているのです。
プロスペロ・ファリナッチ(ローマ、1544‐1618)は、判事、弁護士、そして当時有数の法学者として有名でしたが、父親殺しの罪で死刑判決を受けたベアトリーチェ・チェンチ(ローマ、1577‐1599)の弁護を引き受けたのです。プロスペロの弁護の甲斐なく、ベアトリーチェ・チェンチは有罪となり、1599年、サンタンジェロ城前のサンタンジェロ橋で公開斬首されましたが、斬首までの数日、この部屋に投獄されていたのです。


P2410711
以上のような逸話を知っておくと、サンタンジェロ博物館はより興味深く見て回ることが出来ると思います。


P2410712
階段を下りて下の階に戻ります。


P2410713
次は私のお目当ての部屋です。


P2410715
Sala dell'Adrianeoと呼ばれてます。


P2410714
教皇パオロ3世ファルネーゼによって1540年台に図書館などとともに建設された部屋です。


P2410740
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1445c‐1523)の「聖母子と4聖人(聖ピエトロ、聖ベルナルド、聖ステファノ、聖パオロ)」(1515‐20)


P2410720
コルトーナのサン・ミケランジェロ女子修道院長から注文され、サン・ミケランジェロ女子修道院に置かれていましたが、後のフィレンツェの個人蔵作品となりました。
1928年、ヴェティカンに寄贈され、サンタンジェロ城で展示されるようになりました。


P2410718



P2410770


P2410772
聖ステファノの衣装に描かれた「ピエタのキリスト」


P2410774
「キリストの復活」


P2410723
プレデッラの「聖トンマーゾの不信」


P2410727
「聖母の誕生」


P2410731


P2410730
「キリストの洗礼」


P2410733
「最後の晩餐」、「キリストの鞭打ち」


P2410732


P2410735
「聖ピエトロに天国のカギを託すキリスト」


P2410738


P2410742
部屋の壁にフレスコ画が描かれてます。


P2410743
ルツィオ・ルーツィ通称ルツィオ・ロマーノ(トーディ、16世紀初め‐16世紀末)と弟子によって1544年から1545年に変えて制作されたフレスコ画です。


P2410744
神話がテーマです。


P2410745


P2410747


P2410748


P2410749


P2410752


P2410753


P2410755


P2410756


P2410757


P2410758


P2410759


P2410760


P2410769
何家の紋章でしょうか?


P2410762
二コラ・プッサン(フランス、1594‐ローマ、1665)の「バッカス祭」


P2410765
詳細不明
(つづく)

P2410657
次の部屋です。


P2410655
武器博物館の第2室です。


P2410656


P2410658


P2410659


P2410660


P2410662


P2410663
これで武器博物館は終わりです。


P2410664
回廊に出てカフェで一休みしました。


P2410665
まだ早い時間なので客がおらず開店前かと思いましたが、営業してました。


P2410666
カフェからの景色


P2410667
トイレを拝借してからカフェを後にしました。


P2410668
巡回廊です。


P2410672
1543年に完成したパオロ3世のロッジャです。


P2410669
パオロ3世のロッジャのフレスコ画は、第220代教皇パオロ3世俗名アレッサンドロ・ファルネーゼ(カニーノ、1468‐ローマ、1549 教皇在位1534‐1549)がジローラモ・シチョランテ・ダ・セルモネータ(セルモネータ、1521‐ローマ、1580)に注文したものです。


P2410670
フレスコ画のテーマはハドリアヌス帝の生涯です。


P2410671


P2410673


P2410674


P2410676
パオロ3世のロッジャからの景色は一見に値します。


P2410677


P2410678


P2410679
パオロ3世の住居です。


P2410680
中に入ります。


P2410681
パオロ3世の部屋です。


P2410682
この部屋のフレスコ画の保存状態はあまり良くない。


P2410683
グリエルモ・デッラ・ポルタ(ポルレッツァ、1515‐ローマ、1577)に帰属する「教皇パオロ3世像」


P2410684
次の部屋です。


P2410685
1540年台に建設された図書館です。


P2410686
図書館のフレスコ装飾は、ルツィオ・ルーツィ通称ルツィオ・ロマーノ(トーディ、16世紀初頭生まれ‐16世紀末没)によって1545年に制作されました。


P2410687
ルツィオ・ロマーノはぺリン・デル・ヴァーガの弟子です。


P2410688
パオロ3世愛用の豪華な暖炉


P2410689


P2410690
私にはスタッコ彫刻の制作者が分かりません。


P2410692


P2410693


P2410694


P2410695


P2410696


P2410698
(つづく)

P2410603
次はLa rampa diametrale e l'accesso al cilindroです。


P2410604
直径の階段と円柱への出入り口?


P2410605
武具があります。


P2410606
ローマの壁


P2410607
奥に進みます。


P2410608


P2410610
牢獄の通気口です。


P2410611


P2410612
トリグランマ


P2410613
階段を上ります。


P2410614
詳細不明


P2410615


P2410616


P2410617


P2410618
サンタンジェロ城の中心「天使の中庭」にある「大天使聖ミケーレ像」


P2410619


P2410620
ラッファエッロ・ダ・モンテルーポ(モンテルーポ、1504‐オルヴィエート、1566)の「大天使聖ミケーレ」(1544)
1753年まで城の上にありました。


P2410621
バルベリーニ家の紋章は蜂ですが、3匹の蜂の紋章です。


P2410622
ミケランジェロ設計のレオ10世の礼拝堂


P2410623
ピオ4世の巡回廊からの景色


P2410624


P2410625


P2410626


P2410628


P2410629


P2410630
武器博物館を見た後で、ここで一休みする予定です。


P2410631
武器博物館に入りました。


P2410632
青銅器時代から現代までの武器が展示されてます。


P2410633


P2410634


P2410635


P2410636


P2410637


P2410638


P2410639


P2410640


P2410641


P2410642


P2410643


P2410644


P2410645


P2410646


P2410647


P2410648


P2410649


P2410650


P2410651


P2410652


P2410653


P2410654
(つづく)

P2410563
40番のバスに乗ってサンタンジェロ城近くに着きました。


P2410564
ヴァティカンは相変わらずの大混雑です。


P2410565
この日は、サン・ピエトロ大聖堂を避けてサンタンジェロ城に向かいました。


P2410566
2世紀初め、当時のローマ皇帝ハドリアヌス帝が自分とその後の皇帝の霊廟として建設されたそうですが、外観を見る限り墓のような雰囲気を全く感じません。


117
サンタンジェロ城はテヴェレ川の右岸にあります。


116
大好きなルーカ・シニョレッリの作品があるのですが、それを思い出して、本当に久し振りのサンタンジェロ城です。


1321
先ずは、サンタンジェロ橋の天使像です。


120
教皇クレメンテ9世(在位1667‐1669)がベルニーニに注文した天使像(1対)ですが、サンタンジェロ橋にあるのは、制作者不明のベルニーニ作品のコピー彫刻です。
当初は、ベルニーニ作品がサンタンジェロ橋の欄干に置かれましたが、後の教皇が劣化を恐れてコピー作品に置き換え、本物はローマのサンタンドレア・デッレ・フラッテ教会に移動させたのです。


1317
サンタンジェロ橋から撮った写真です。


P2410567
この辺の風景が大好きです。


P2410568
3つに分裂していたローマ帝国を統一したアウレリアヌス帝(在位270‐275年)によって、霊廟だった建物は要塞に改装されました。さらに10世紀頃、ヴァティカンの軍事要塞となり、15世紀末に堡塁などが増強されて、ほぼ現在の姿になりました。


1322
牢獄としても有名です。


1323
ピオ4世(在位1559‐1565年)の頃に5角形の囲いが作られましたが、現在は公園となっています。


P2410570
サンタンジェロ城は、サンタンジェロ国立博物館として一般公開されてます。


P2410571
2017年の年間入館者は、1,155,244人でした。


P2410572
博物館の中に入りました。


P2410573
男の巨大な頭像(2世紀)


P2410575
Fontana delle Api (18世紀)


P2410577
巨大な彫刻物断片(2世紀)


P2410579


P2410580
城内への入り口


P2410581
階段を上ります。


P2410582
石弾投てき器と石弾


P2410583
大砲も置かれてます。


P2410584
順路に従って進みました。


P2410585
通路下の公園


P2410587


P2410588
ローマン・コンクリートの壁


P2410586


P2410589


P2410590


P2410591


P2410592


P2410594


P2410593


P2410595
サン・ジョヴァンニ陵堡


P2410596


P2410597


P2410598
中に入りましたが、あったのはこれだけでした。


P2410599


P2410600


P2410601
詳細不明


P2410602
(つづく)

↑このページのトップヘ