イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ロンバルディア州 > コモ

037
中央礼拝堂後陣のフレスコ画を見ます。


020
Maestro di Sant'Abbondioと称するジョッテスキ逸名画家によって描かれた「キリストの受難の物語」(1325c)です。


021
コモに於ける美術関係の最大の見所とされているフレスコ画です。


022
観光客のグループがよく訪れてきます。


P2720236
場面毎に見て行きましょう。


P2720235
天井


P2720237
左から聖ピエトロ、聖マリア・マッダレーナ、祈るキリスト、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖パオロ


P2720239
向かって左側


P2720241
受胎告知


P2720243
羊飼いの礼拝


P2720245
マギの礼拝


P2720246
キリストの鞭打ち、誘惑


P2720248
マギの夢


P2720250
キリストの洗礼


P2720252
エルサレム入城


P2720254
カルヴァリオへの上り


P2720256
磔刑


P2720257
中央部分


P2720259
羊飼いへの知らせ、神殿奉献(下)


P2720263
向かって右側


P2720264
エジプトへの逃避


P2720267
ヘロデ王の魔術


029
ユダの接吻


P2720271
十字架降下


P2720274
エジプトへの旅


P2720275
ヘロデ王の饗宴


P2720278
嬰児虐殺


P2720280
キリストの埋葬


P2720281


P2720283


P2720296
後陣右の第1礼拝堂


P2720297
詳細不明


P2720298
後陣右の第2礼拝堂


P2720300
聖母子(14世紀)


P2720301
右側壁にある祭壇画


P2720304
詳細不明


P2720308
身廊側壁上部


P2720310
フレスコ画の痕跡が認められます。


P2720311


P2720312


P2720313


P2720225
中央礼拝堂前から見たファサード側出入口


P2720317
外に出ました。


P2720319
夏至近くの強烈な日差しが眩しかったのを覚えてます。


P2720322
(おわり)

P2720188
FS線下を走るレジーナ・テオドリンダ通りに面して聖堂があります。


P2720189
サンタッボンディオ聖堂です。


P2720191
コモの3代目司教聖アマンツィオ(イギリス・カンタベリー、4世紀後半‐コモ、450)は、ローマに旅を行い、聖ピエトロと聖パオロの聖遺物をコモに持ち帰り、その聖遺物を奉る教会、サンティ・ピエトロ・エ・パオロ教会をコモ城壁外の現在地に448年に建設しました。その教会が前身です。
死を前にした聖アマンツィオは、コモ司教の後継者として聖アッボンディオ(テッサロニキ、5世紀初め‐コモ、469c)を指名して、聖アッボンディオがコモの4代目司教になりました。


P2720197
818年、司教座が置かれるとともに、教会は聖アッボンディオに捧げられることになり、名称がサンタッボンディオ聖堂に改称されました。
10世紀後半、城壁内に新司教座教会が建設されることになり、現在のドゥオーモの一応の完成を見た1013年、司教座はサンタッボンディオ聖堂から新ドゥオーモに移されました。
その後、聖堂はベネデット会の所有となりました。


P2720194
ベネデット会は、従来の建物を取り壊し、その上に新しい建物の建設を決め、1050年創建、1095年に完成したロマネスク様式の建物が現在の姿の原形です。その後、何度も修復されましたが、元の姿をほぼ留めていると言われてます。


P2720314
また、ベネデット会によって大修道院が併設されましたが、1783年に修道院としての活動が停止されたまま、、神学校の学舎に転用され、現在はインスブリア大学法学部となってます。


007
鐘楼が二本あるのが特徴となってます。


P2720321
後陣


P2720316
身廊はサンタッボンディオ通りに面してます。


P2720315
身廊側にも出入り口があります。


P2720192
取り壊された以前の建物の見所は、コモ市立のPinacotecaで見ることが出来ます。


P2720195
ファサードの扉上ルネッタのフレスコ画は失われています。


P2720198
ロマネスク様式の柱頭


P2720199


P2720200


P2720201


P2720202
聖堂内に入ります。


P2720203
翼廊がない、ロマネスク様式の内部です。


P2720204
左右に二本づつの側廊が設けられてます。


P2720206
つまり5廊式になってます。


P2720208
天井


P2720209
2本の左側廊


P2720210


P2720292
2本の右側廊


P2720293


P2720305
ファサード裏に聖歌隊席があります。


P2720307
聖歌隊席側壁に描かれたフレスコ画「聖母子と聖人たち」(14世紀)


P2720294
聖水盤


P2720295
聖水盤下の彫刻


P2720211
左側壁の祭壇画から見て行きます。


P2720213
ジョヴァンニ・バッティスタ・レッキ(コモ、1600c‐1648)の「聖アッボンディオの奇跡」(1620‐30c)


P2720214
フレスコの断片が残されてます。


P2720216
14世紀の逸名画家によって描かれたフレスコ画


P2720217


P2720218
後陣左のサンティッシモ・サクラメント礼拝堂です。


P2720222
コモ司教の聖エウビリオの遺体


P2720224
後陣左の第2礼拝堂です。


P2720228
中央礼拝堂


P2720230
主祭壇下の安置されている聖アッボンディオの遺体


P2720231
中央礼拝堂横に置かれた彫刻


P2720232
トンマーゾ・ロダーリ(マロッジャ、1460‐コモ、1525)の「聖アッボンディオ像」(1490)
(つづく)

P2720662
次はローマ時代の展示です。


P2720663
ローマ時代の最初の部屋です。


P2720664
第17室です。


P2720666
先史時代の展示物によく似ています。


P2720665
展示物が少ない部屋です。


P2720668
次の部屋です。


P2720667
第18室です。


P2720672


P2720670
石碑(紀元前6‐5世紀)


P2720673


P2720674
次の部屋です。


P2720677
この部屋から展示室番号の表示がありません。


P2720675
カーテンもフレスコ画です。


P2720676
天井


P2720679
制作者等のフレスコ画の詳細が分かりません。


P2720680


P2720681


P2720683


P2720685


P2720687


P2720688
式福の粘土像(1世紀前半)


P2720690
「Trulla in vetro」(1‐2世紀)
trullaは、屁、おならの意味? 「ガラスの屁」では意味が通らないと思うのですが・・・・・


P2720692
この部屋からアルフォンゾ・カロヴァ―リオの収集物の展示です。


P2720693


P2720694
肖像画の詳細は不明です。


P2720695


P2720696


P2720697
次の部屋です。


P2720698
天井のフレスコ画


P2720699


P2720700


P2720701
次の部屋です。


P2720702


P2720703


P2720704


P2720705
天井の装飾


P2720706


P2720707
詳細不明


P2720708
詳細不明


P2720709


P2720710
胸像が並んでます。


P2720711


P2720712
次の部屋です。


P2720713


P2720714


P2720715


P2720716


P2720717


P2720718
再びローマ時代の展示室です。


P2720719


P2720720


P2720722
次の部屋です。


P2720723
絵画の詳細は不明です。


P2720724


P2720725


P2720726
石棺や墓石が展示されてます。


P2720727


P2720728


P2720729


P2720730
これで終わりです。


P2720731
外に出ました。
(おわり)

P2720603
次の部屋です。


P2720602
第12室です。


P2720604
壁の殆どにフレスコ画が描かれてます。


P2720605
制作者等、フレスコ画の詳細が分かりません。


P2720608


P2720609


P2720611


P2720612
美術好きの方にとっては楽しい部屋でしょう。


P2720610


P2720613


P2720614


P2720617
次の部屋です。


P2720615
第13室です。


P2720616
天井の装飾


P2720619


P2720620
彫刻があります。


P2720622
一見に値します。


P2720624
残念ながら彫刻の制作者等の詳細が分かりません。


P2720625


P2720627


P2720629


P2720631


P2720633


P2720635
考古学的な展示がありません。


P2720636
次の部屋です。


P2720640
第14室です。


P2720637


P2720638


P2720639
部屋の装飾


P2720641


P2720642
次の部屋です。


P2720645
第15室です。


P2720644


P2720646


P2720643


P2720647
次の部屋です。


P2720652
第16室です。


P2720654


P2720648


P2720649


P2720650


P2720651


P2720653


P2720655


P2720656


P2720657


P2720658


P2720659


P2720660


P2720661
先史時代の展示はこれで終わりです。
(つづく)

P2720552
次の部屋です。


P2720551
第6室です。


P2720553


P2720554


P2720555


P2720557
次の部屋です。


P2720556
第7室です。


P2720558


P2720559


P2720560


P2720561


P2720563
次の部屋です。


P2720562
第8室です。


P2720567


P2720564


P2720565



P2720569
次の部屋です。


P2720568
第9室です。


P2720571


P2720572


P2720573


P2720574


P2720575


P2720577
次の部屋です。


P2720576
第10室です。


P2720581


P2720578


P2720579


P2720580


P2720582


P2720584


P2720586
次の部屋です。


P2720585
第11室です。


P2720601


P2720592
第11室のフレスコ画


P2720593
フレスコ画の詳細が不明です。


P2720594


P2720595


P2720587


P2720588


P2720589


P2720590


P2720591


P2720596


P2720597


P2720598


P2720599


P2720600
(つづく)

P2720504
コモのPiazza Medaglie d'Oroです。


P2720506
ジョヴィオ伯爵家の邸宅として建てられたPalazzo Giovio(またはPalazzo Luciniとも呼ばれてます)です。この建物にコモ市立パオロ・ジョヴィオ考古学博物館が置かれてます。


P2720505
19世紀末、当時のジョヴィオ家の当主パオロ・ジョヴィオ伯爵が建物をコモ市に寄贈しましたが、博物館の名称はそれに因んでます。考古学博物館は1897年に開館しました。


P2720507
入館しました。


P2720508
博物館は、先史時代、ローマ時代、アルフォンゾ・ガラヴァ―リオの収集物(古代エジプトなど)、中世の4部門から成ってます。


P2720512
階段に沿って中世部門が展示されてます。


P2720509


P2720510


P2720511


P2720513
展示室がある1階(日本の2階)から見て行きました。


P2720514
展示室内に入りました。


P2720518
第1室です。


P2720516
人類の出現に繋がった進化の過程を示してます。


P2720515


P2720517


P2720519
次の部屋です。


P2720520
第2室


P2720527


P2720521


P2720522


P2720523


P2720524


P2720525


P2720526


P2720529
次の部屋です。


P2720528
第3室です。


P2720534


P2720531


P2720530


P2720533


P2720535
次の部屋です。


P2720536
第4室です。


P2720542


P2720537


P2720538


P2720539


P2720541


P2720540


P2720543


P2720544


P2720545
次の部屋です。


P2720546
第5室です。


P2720548


P2720549
壁に描かれたフレスコ画


P2720550


P2720547
(つづく)

引き続き2.5室です。
P2730474
マンリオ・ホーの「Composizione 6」(1935‐74)


P2730478
マンリオ・ホーの「Composizione 」(1935‐74)


P2730480
マンリオ・ホーの「Composizione 4」(1935‐74)


P2730482
次の部屋です。


P2730483
2.6室です。


P2730486
2.6室の天井


P2730487
アンジェロ・テンキオの「Sentinella (番兵、見張りと言う意味)2」(1980)


P2730489
アルド・ガッリの「Officina (工場、製作所、工房の意味)1」(1969)


P2730491
アルド・ガッリの「Desegno per Officina 1」(1969)


P2730493
アルフォンゾ・サイタルディの「Composizione 」(1976)


P2730495
アルヴァ―ロ・モルテーニの「Vibrazioni (振動、響き、調子の意味)」(1932)


P2730497
アルヴァ―ロ・モルテーニの「Composizione」(1943)


P2730499
アルヴァ―ロ・モルテーニの「Composizione n.3」(1941)


P2730502
マリオ・アスナーゴの「2人の男」(1952)


P2730505
マリオ・アスナーゴの「Vetro (ガラス)」(1965)


P2730508
マリオ・アスナーゴの「Passe n.114」(1976)


P2730510
次の部屋です。


P2730511
2.7室です。


P2730513
多数の作品が展示されてます。


P2730514
この部屋の作品紹介は省略させて頂きます。


P2730515


P2730517
次の部屋です。


P2730518
2.8室です。


P2730519
ジュリアーノ・コッリーナ「Spiaggia (海岸、川岸、浜辺、砂浜の意味)」(1968)


P2730521
ヴェルジリオ・ヴァイロの「Trabucco(小型天秤の意味)」(2005)


P2730524
バルダッサッレ・ロンゴーニの「コモ湖」(1930)


P2730527
バルダッサッレ・ロンゴーニの「虹」(1928)


P2730530
ヴィンチェンツォ・スキアヴィオの「Loghi di montagna (山のロゴ?)」(1950)


P2730532
ドナート・フリーシャの「小さな町の風景」(1937)


P2730535
ウーゴ・ベルナスコーニの「ロベッタの庭」(1950)


P2730538
ベット・ロッティ―の「市場の馬」(1941)


P2730545
ヴィンチェンツォ・スキアヴィオの「孤立した家」(1950c)


P2730547
セルジオ・タリアブエの「軒先」(1983)


P2730550
ジュリアーノ・コッリーナの「花」(1973)


P2730556
最終展示室の2.9室です。


P2730558
椅子が展示されてます。


P2730559
これで終わりです。


P2730560
1階に戻りました。


P2730562
地上階に下りました。


P2730566
外に出ました。


P2730567
(おわり)

P2730368
次の部屋です。


P2730369
1階(日本の2階)の第10室です。


P2730371
フランチェスコ・カピアーギ(コモ、1831‐1898)の「ヴィッラ・アルベーゼのブリアンツァ地方の風景」(1861c)


P2730374
チェーザレ・マッシーニ(ベルリン、1804‐フィレンツェ、1871)の「イメルダ・デイ・ランベルタッツィとボニファチョ・デイ・ジェレメイ」(1854)


P2730377
逸名画家作「フラミニオ・デ・オーキの肖像」


P2730380
逸名画家作「フェリーチャ・ジョーヴィオの肖像」


P2730382
シジスモンド・ナッピ(ミラノ、1804‐1832)の「ガレアッツォ・カッタネオの肖像」


P2730386
シジスモンド・ナッピ(ミラノ、1804‐1832)の「エウジェニア・カッタネオの肖像」


P2730387
2階(日本の3階)に向かいました。


P2730388
2階は1900年代の作品が展示されてます。


P2730389
2階の最初の展示室です。


P2730390
2.1室です。


P2730393
理解するのが大変な作品ばかりです。


P2730394
2.2室と2.3室です。


P2730396


P2730397


P2730398
詳細不明


P2730400


P2730401
次の部屋です。


P2730402
2.4室です。


P2730403
部屋の天井


P2730405
アルド・ガッリの「Composizione(構成、創作、成分などの意味)」(1951)


P2730407
カルラ・プリーナの「Studio per Composizione」(1948c)


P2730411
カルラ・プリーナの「Composizione astratta」(2002)


P2730414
アルド・ガッリの「Disegno(デッサン、模様、パターンなどの意味)」(1963)


P2730419
カリア・バディア―リの「Composizione 43」(1943)


P2730422
カリア・バディア―リの「Composizione n.3」(1936)


P2730424
マンリオ・ホーの「Composizione」(1939)


P2730428
ブルーノ・ムナーリの「Scultura da viaggio」(1950‐1996)


P2730431
マンリオ・ホーの「Composizione 50/218」(1950)


P2730434
マリオ・ラディーチェの「Composizione C.F. 123B」(1936‐38)
題名の意味が分かりません。


P2730437
マリオ・ラディーチェの「Composizione C.F.T. 66」(1935‐37)


P2730441
マリオ・ラディーチェの「Composizione G.R.U. 35/8」(1937)


P2730443
次の部屋です。


P2730444
2.5室です。


P2730445
部屋のフレスコ装飾


P2730446


P2730447


P2730449
アルド・ガッリの「Composizione astratta」(1942)


P2730451
アルド・ガッリの「Composizione astratta」((1938)


P2730453
アルド・ガッリの「Composizione astratta」(1943)


P2730455
アルド・ガッリの「Disegno per rilievo」(1953)


P2730458
アルド・ガッリの「Disegno per rilievo」(1953)


P2730461
アルド・ガッリの「Relievo(レリーフ、浮彫、観測などの意味)」(1953)


P2730463
アルド・ガッリの「Relievo」(1953)


P2730466
マリオ・ラディーチェの「Composizione R.S. 202」(1961)


P2730469
カルラ・バディア―リの「Circolo della Vela」(1933)


P2730471
貸し出し中の作品


P2730472
カルラ・バディア―リの「Studi per Composizione n.40」(1936‐37)
(つづく)

P2730251
次の部屋です。


P2730252
1.5室です。


P2730255
北イタリアの逸名画家作「オルジナーリ家の人々の”Sinite parvulos"」(1710‐20c)


P2730258
17世紀前半のロンバルドの逸名画家作「真の十字架の発見」(17世紀前半)


P2730261
17世紀末から18世紀初めのロンバルドの逸名画家作「聖ジョヴァンニ・バッティスタの誕生」(1700‐10c)


P2730264
次の部屋です。


P2730265
1.6室です。


P2730267
フランチェスコ・カイロ(ミラノ、1607‐1665)の「井戸のサマリア女」(1650c)


P2730270
フィリッポ・ラウーリ(ローマ、1623‐1694)の「園のキリスト」


P2730272
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1661)の「ゲッセマネ園のキリスト」


P2730276
アントニオ・マリア・クレスピ通称イル・ブスティーノ(ブスト・アルシーツィオ、1580‐1630)の「悔悛の聖マリア・マッダレーナ」


P2730279
ジュゼッペ・ピナッチ(シエナ、1642‐1718)に帰属する「光悦の聖フランチェスコ」


P2730282
アゴスティーノ・サンタゴスティーノ(ミラノ、1635c‐マンデッロ・デル・ラリオ、1706)の「罪人への励まし」(1662c)


P2730285
17世紀後半のロンバルドの逸名画家作「斬首されたものへの授福」(1660‐70c)


P2730287
次の部屋です。


P2730288
1.7室です。


P2730289
肖像画が並んでます。


P2730291
ベルナルディーノ・カンピ(レッジョ・エミリア、1522‐1591)の作品かも知れない「ヴェスパシアーノ・ゴンザーガの肖像」(1559)


P2730295
ミラノの逸名画家作「武装した男の肖像」(1590c)


P2730298
ミラノの逸名画家作「手袋を手にする男の肖像」(1625‐30c)


P2730301
ミラノの逸名画家作「騎士の正装をした男の肖像」(1650‐60c)


P2730304
ミラノの逸名画家作「カリドニア・ジョーヴィオ・デッラ・ポルタと息子二コラオの肖像」(1640‐50c)


P2730307
ミラノ?の逸名画家作「紳士の肖像」(1640‐50c)


P2730309
ジュゼッペ・ヌヴォローネ(サン・ジミニャーノ、1619‐1703)の「紳士の肖像」(1640‐50c)


P2730312
逸名画家作「アントニオ・マリア・エルバ(教皇インノチェンツォ11世の甥)の肖像」(17世紀後半)


P2730315
次の部屋です。


P2730316
1.8室です。


P2730317
マリオ・ヌーツィ通称マリオ・デイ・フィオーリ(ローマ、1603‐1673)の「花瓶の花」(1650‐60c)


P2730321
ロンバルディアの逸名画家作「狩りの戦利品」(1660‐80c)


P2730324
マリオ・ヌーツィ通称マリオ・デイ・フィオーリ(ローマ、1603‐1673)の「花瓶の花」(1650‐60c)


P2730327
エリザベッタ・マルキオンニ(ロヴィーゴ、17世紀後半活動)の「花の静物画」


P2730330
逸名画家による「イル・チェラーノ作『鳥類』のコピー画」(17世紀後半)


P2730333
アントニオ・コルツァ(ヴェローナ、1653‐1725)の「戦闘」(1700‐10c)


P2730337
アントニオ・コルツァ(ヴェローナ、1653‐1725)の「戦闘」(1700‐10c)


P2730341
次の部屋です。


P2730342
1.9室です。


P2730343


P2730345
ポンぺオ・バトーニ(ルッカ、1708‐ローマ、1787)の「ウルカヌス」(1750)


P2730348
ピエトロ・リガーリ(アルデンノ、1686‐ソンドリオ、1752)の「守護天使」


P2730351
逸名彫刻家作「ユディトとホロフェルネス」


P2730354
貸し出し中


P2730356
逸名彫刻家作「ダヴィデ」


P2730360
イラリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)に帰属する「ミラノ城包囲戦」


P2730362
アレッサンドロ・マニャースコ通称リッサンドリーノ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「淑女の肖像」(18世紀初め)


P2730366
アントニオ・ルチーニ(コモ、1702から活動)の「アントニオ・マリア・パッラヴィチーノの肖像」(1742)
(つづく)

P2730163
引き続き0.12室です。


P2730165
逸名画家作「受胎告知、ご誕生、マギの礼拝が描かれたカッソーネ側面」(15世紀第4四半世紀)


P2730167
コモのサンティ・コズマ・エ・ダミアーノ教会のフレスコ画


P2730175


P2730176


P2730170
Maestro dei Santi Cosma e Damianoの「聖母子と聖コズマと聖ダミアーノ」(16世紀第1四半世紀)


P2730173
逸名画家作「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(16世紀初め)


P2730177
逸名画家作「死せるキリストへの哀悼」(1525‐30c)


P2730180
ジョヴァンニ・アンドレア・デ・マジストリス(コモ、1460c‐1532c)の「幼きキリストへの崇拝」(15世紀末‐16世紀初め)
マルケで活動した同名の画家ジョヴァンニ・アンドレア・デ・マジストリス(カルダローラ、1510‐1573)がいるので、時々混同されてます。


P2730183
彫刻も展示されてます。


P2730184
柱頭(15世紀末‐16世紀初め)


P2730185
柱頭(15世紀末‐16世紀初め)


P2730189
「聖女またはシビッラ」(15世紀末)


P2730191
「聖ジローラモ」(15世紀末‐16世紀初め)


P2720764
一旦切符売り場の方に戻り、階段を上って1階に向かいました。


P2730193
Quadreria Storica


P2730195
逸名画家作「ヴォルピ伯爵家の家系樹」


P2730198
逸名画家作「ジョヴァンニ・アントニオ・ヴォルピ(コモ、1513‐1588)の肖像」
ジョヴァンニ・アントニオ・ヴォルピは、長らくコモ司教を務めました。


P2730201
1階の最初の部屋です。


P2730202
1.1室です。


P2730204
17世紀のロンバルドの逸名画家作「春の寓意」(1615‐30c)


P2730206
詳細不明


P2730209
詳細不明


P2730210
次の部屋です。


P2730211
1.2室です。


P2730212
ジョヴァンニ・パオロ・ギアンダ(コモ、1597c‐1637)の「若者を治す聖ピエトロ・マルティーレ」


P2730216
逸名画家作「聖ピエトロ・マルティーレの殉教」(16世紀末)


P2730218
クリストフォロ・カレザーナ(コモ、1601cから記録‐1629)の「聖別の奇跡」


P2730221
次の部屋です。


P2730222
1.3室です。


P2730226


P2730224
ジョヴァンニ・ピエトロ・ニョッキ(ミラノ、1553c‐1609)の「エステルとアハシュエロス」


P2730228
ジョヴァンニ・ピエトロ・ニョッキ(ミラノ、1553c‐1609)の「ユディト」


P2730230
ベルナルディーノ・カンピ(レッジョ・エミリア、1522‐1591)と工房の「ロレートの聖母と聖ドメニコと聖ピエトロ・マルティーレと寄進者」


P2730234
ジョヴァンニ・ピエトロ・ニョッキ(ミラノ、1553c‐1609)の「天上の聖母子と司教聖人と聖ドメニコと聖マルゲリータと聖ファウスティーナと聖リベラータ」


P2730236
次の部屋です。


P2730237
1.4室です。


P2730238
天井の装飾


P2730240
逸名画家作「十字架降下とフランチェスコ会聖人たち」(17世紀)


P2730243
逸名画家作「磔刑」(17世紀)


P2730246
ジョヴァンニ・バッティスタ・レッキ(コモ、1587‐1668c)とジョヴァンニ・パオロ・レッキ(コモ、1606‐1686)の「聖マルコの殉教」


P2730249
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖母被昇天と聖ロッコとアレッサンドリアの聖カテリーナと聖アグネス」(17世紀)
(つづく)

引き続き0.10室です。
P2730052
ボニファチョ・ダ・モデナの紋章(1317)


P2730055
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「聖母戴冠」(1330‐40c)


P2730057
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「信者たち」(1330‐40c)


P2730062
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「2司教聖人」(1330‐40c)


P2730064
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「聖アンブロージョ」(1330‐40c)


P2730065
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「ドメニコ会聖人」(1330‐40c)


P2730067
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「天使と聖女」(1330‐40c)


P2730069
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」(1330‐40c)


P2730070
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「聖人とPalazzo Merlato」(1330‐40c)


P2730076
次の部屋です。


P2730077
0.11室です。


P2730079
Maestro di Anna Sforza (ロンバルディア、1490‐1500活動)の「祈祷書」(15世紀中頃)


P2730081
ミラノのタペストリ工房作「聖母の誕生」(1530‐35c)


P2730086
アントネッロ・ダ・メッシーナ(メッシーナ、1430‐1479)に帰属する「Virgo Advocata」(1452c)
この作品は、アントネッロ・ダ・メッシーナの帰属作品として有名ですが、コモ市立絵画館ではスペイン出身でフランドルの画風だったJacomart Baco (1410c-1461) の作品としています。


P2730089
アンブロシウス・ベンソン(ロンバルディア、1495c‐ブルージュ、1550)の「田舎の合奏」(1440‐50c)


P2730092
ジュリオ・カンピ(クレモナ、1505‐1572)に帰属する「リュート奏者(フランチェスコ・ダ・ミラノ?)の肖像」(1527c)


P2730094
次の部屋です。


P2730095
0.12室です。


P2730113


P2730098
ジャン・ドメニコ・カレサーナ(1580‐1619活動)に帰属する「ヴィッラの風景」(1618)


P2730100
16世紀第1四半世紀のトスカーナの逸名画家作「ダンテ・アリギエーリの肖像」(1521以前)


P2730105
16世紀前半のヴェネトの逸名画家作「エルモラオ・バルバーロの肖像」(16世紀前半)


P2730107
リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1483‐1561)の「ミケーレ・マルッロの肖像」(1521以前)


P2730111
アーニョロ・ディ・コジモ通称ブロンズィーノ(フィレンツェ、1502‐1572)に帰属する「メディチ家?の男の肖像」(16世紀中頃)


P2730115
16世紀第2四半世紀のフランスの逸名画家作「ギョーム・ブードの肖像」(1541‐46)


P2730118
アミーコ・アスペルティーニ(ボローニャ、1474/1475-1552)の「アルベルト・マーニョとジョヴァンニ・ドゥンス・スコートの肖像」(1520c)


P2730120
ジョヴァンニ・ルテーリ通称ドッソ・ドッシ(フェッラーラ、1489-1542)に帰属する「ニッコロ・レオニチェーノの肖像」(1521以前)


P2730123
フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510-ローマ、1563)の「トーティラ(東ゴート王)の肖像」(1540-50c)


P2730127
16世紀第1四半世紀のトスカーナの逸名画家作「ジローラモ・サヴォナローラの肖像」(1521以前)


P2730130
アンドレア・デル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1485-1525)の枠組みの「マルシリオ・フィチーノの肖像」(1519-21)


P2730134
ベルナルディーノ・カンピ(クレモナ、1522-1591)に帰属する「バルダッサル・カスティリオーネの肖像」(1540-46)


P2730137
逸名画家作「Aiax Agaの肖像」(1540‐52c)


P2730140
16世紀第2四半世紀のヴェネトの逸名画家作『ジャン・ジョルジョ・トリッシーノの肖像」(16世紀第2四半世紀)


P2730143
16世紀前半のヴェネトの逸名画家作「ドミツィオ・カルデリーノの肖像」(16世紀前半)


P2730146
16世紀中頃のブレーシャの逸名画家作「フランチェスコ・フランキーニの肖像」(1545‐50)


P2730149
逸名画家作「クリストフォロ・コロンボの肖像」(1510‐20c)


P2730152
グリエルモ・デッラ・ポルタ(ポルレッツァ、1515‐ローマ、1577)の「祈る永遠なる父」(1487‐88)
制作された年と制作者の生年・没年の辻褄が合いません。
何かが間違っていると思います。


P2730155
ドメニコ・カッザノーレ工房作「玉座の聖母子」(1510‐15)


P2730158
ドメニコ・カッザノーレの「受胎告知する大天使」(1498‐1500)


P2730160
ドメニコ・カッザノーレの「受胎告知される聖母」(1498‐1500)
(つづく)

P2730037
P2720970
次の部屋です。


P2720971
0.8室です。


P2720973
騎馬の石板(13世紀初め)


P2720976
サムソンとライオンの石板(13世紀中頃)


P2720978
ブロレットのフレスコ(15世紀中頃)


P2720981
Primo Maestro di Santa Margheritaの追随者の「若者と死神」(1318‐20)


P2720984
コモの彫刻家親方作「聖母子」(14世紀第1四半世紀)


P2720987
Primo Maestro di Santa Margheritaの追随者の「玉座の聖母子」(1318‐20)


P2720991


P2720992


P2720993
擬人の頭のメンソラ(棚)(13世紀)


P2720995
擬人の頭のメンソラ(棚)(13世紀)


P2720997
擬人の頭のメンソラ(棚)(13世紀)


P2720999
擬人の頭のメンソラ(棚)(13世紀)


P2730002
擬人の頭のメンソラ(棚)(13‐14世紀)


P2730004
柱頭(12‐13世紀)


P2730006


P2730007
柱頭(12世紀後半)


P2730009
柱頭(13世紀)


P2730011
柱頭(13世紀後半)


P2730013
次の部屋です。


P2730014
0.9室です。


P2730015


P2730016


P2730017
コモのサン・ジョルジョ・イン・ボルゴヴィーコ教会のフレスコ(13世紀)


P2730018


P2730019


P2730020


P2730021


P2730022


P2730024


P2730025


P2730026
コモのサン・ジョルジョ・イン・ボルゴヴィーコ教会のフレスコ画(13世紀)


P2730028


P2730030


P2730032


P2730034


P2730035
次の部屋です。


P2730036
0.10室です。


P2730039
制作者情報不詳の「4聖人」(12世紀)
コモのサン・ナザロ教会にありました。


P2730041


P2730043
聖ジョルジョとマギの礼拝の石板(13世紀)


P2730045
司教像(13‐14世紀)


P2730049
コモのサン・ジローラモ教会の石板(13‐14世紀)
(つづく)

P2720904
次の部屋です。


P2720905
0.6室です。


P2720906


P2720907


P2720908


P2720909


P2720911
コモのサンタッボンディオ聖堂の開口部のコーニス(枠)(11‐12世紀)


P2720190
ご参考までに現在のサンタッボンディオ聖堂の写真を載せておきます。


P2720913


P2720914


P2720915


P2720916


P2720917
サンタッボンディオ聖堂のメンソラ(棚)断片(12世紀第4四半世紀)


P2720919
サンタッボンディオ聖堂のメンソラ(棚)断片(12世紀前半)


P2720921
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀前半)


P2720923
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀)


P2720925
サンタッボンディオ聖堂の開口部断片(11‐12世紀)


P2720927


P2720928
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720930
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720932
柱頭(11世紀後半)


P2720934
柱頭(11世紀後半)


P2720936
次の部屋です。


P2720937
0.7室です。


P2720938


P2720939


P2720940


P2720941


P2720943
サンタッボンディオ聖堂の説教壇正面(12世紀第1四半世紀)


P2720945


P2720946
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720947
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720948
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720949
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720950
聖水盤(12世紀第1四半世紀)


P2720951
レンノ(コモ)のアクゥアフレッダ修道院の日時計(1193)


P2720953
コモのサン・フェデーレ教会の寓意像(12世紀第1四半世紀)


P2720955
コモのサン・フェデーレ教会の寓意像(12世紀第1四半世紀)


P2720957


P2720958
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720960
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720963
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720965
石板断片(12世紀第1四半世紀)


P2720967
サンタッボンディオ聖堂の聖人彫刻(12世紀)


P2720968
(つづく)

P2720835
次の部屋です。


P2720836
0.3室です。
Pinacotecaにしては、博物館の色彩色濃い展示ですが、前身が博物館なので一部残したかも知れません。


P2720837


P2720838
柱頭(6世紀第4四半世紀)


P2720840
柱(710‐20c)


P2720841
貸し出し中の作品


P2720843
プルーテオ(装飾のある仕切り)の数々


P2720844
プルーテオ(9世紀)


P2720846
プルーテオ(9世紀)


P2720848
プルーテオ(9世紀)


P2720850
プルーテオ(9世紀)


P2720852
祭壇の円柱(7世紀末)


P2720854
柱断片の展示です。


P2720855
柱断片(8世紀後半)
後の柱断片展示の紹介を省略させて頂きます。


P2720857
次の部屋です。


P2720858
0.4室です。


P2720859
コモの旧サン・ジョルジョ・イン・ボルゴヴィーコ教会にあったフレスコ画が展示されてます。


P2720860


P2720861
フレスコ画修復過程の説明板


P2720862


P2720863


P2720865


P2720867


P2720869


P2720870


P2720871


P2720872
ここで展示されている旧サン・ジョルジョ・イン・ボルゴヴィーコ教会のフレスコ画があった場所を示す説明板


P2720873


P2720875


P2720877


P2720878
次の部屋です。


P2720879
0.5室です。


P2720880
サンタッボンディオ聖堂の現在の建物の前にあった取り壊された建物にあったものが展示されてます。


P2720882
十字架断片(6世紀末)


P2720885
柱断片(710‐20c)


P2720887
プルーテオ


P2720888
プルーテオ


P2720890


P2720892
プルーテオ


P2720894
プルーテオ


P2720897
プルーテオ(9世紀)


P2720899
石板(7‐9世紀)


P2720901
プルーテオ(9世紀)
(つづく)

P2720756
コモのVia Diazです。この通りの先に市立絵画館があります。


P2730570
市立絵画館の建物として使用されているPalazzo Volpiです。


P2720758
絵画館の前にサン・ドンニーノ教会があります。


P2730569
写真右がPalazzo Volpiです。
コモ出身のキエーティ大司教ヴォルピアーノ・ヴォルピ(コモ、1559‐ローマ、1629)は、ローマに住んでいましたが 生まれ故郷のコモに邸宅建設を思い立ち、1622年に創建され、1633年に完成したPalazzo Volpiです。
また、ヴィルピアーノ・ヴォルピは、1629年、ローマで没しましたが、Palazzo Volpi向かいのサン・ドンニーノ教会に葬られました。


P2730566
18世紀半ばまで、ヴォルピ家の住居になっていましたが、所有者が変わり、1839年、さらに建物は政府に売却され、1855年から1968年まで、裁判所と刑務所として使用されました。
1970年台にコモ市が政府から購入し、修復を経て1989年にコモ市立博物館がオープンしました。しかし、展示作品が膨大なため、博物館から絵画部門を独立させて博物館と絵画館の2館体制にすることになり、この建物にコモ市立絵画館を独立オープンさせ、新市立博物館を別の場所(現在地)に移すことが決められ、2003年に実行されました。


P2720761
コモ市立絵画館の入り口です。


P2720763
切符売り場です。


P2720762
絵画館は4部門構成で、順路通りに最初に中世のコレクションから見て行きます。


P2720768
0.1室です。


P2720765


P2720766


P2720767


P2720769
コモのサンタ・マリア・アンティクゥア教会のサンタ・マルゲリータ門の断片


P2720789


P2720771
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナの召命」(1310‐20c)


P2720775
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナの旅」(1310‐20c)


P2720778
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナのコモ到着」(1310‐20c)


P2720781
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナを歓待する修道院の人々」(1310‐20c)


P2720784
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナを歓待した修道院教会」(1310‐20c)


P2720786


P2720787


P2720790
次の部屋です。


P2720791
0.2室です。


P2720792
サンタッボンディオ聖堂など、コモの古い教会から集められた彫刻断片です。


P2720793
コーニス(9世紀)


P2720795
装飾がある仕切り断片(9世紀)


P2720798
柱断片(9世紀)


P2720801
コーニス(9世紀)


P2720804
柱断片(9世紀)


P2720806
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720809
柱断片(9世紀)


P2720812
装飾がある仕切り(9世紀)


P2720815
装飾のある仕切り断片(9世紀)


P2720817
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720819


P2720821
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720823
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720825
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720827
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720829
柱断片(9世紀)


P2720831


P2720832
サンタッボンディオ聖堂の後陣


P2720833
墓石(11世紀)
(つづく)

P2720732
サン・フェデーレ聖堂に戻ってきました。


P2720733
午後の気怠さが漂うサン・フェデーレ広場でした。


P2720735
広場に戻ったのは、この建物のフレスコ画を見るためです。


P2720736
聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ


P2720738
次は市立絵画館です。


P2720741
市立美術館に何度も行ったにも拘らず中々見つかりません。


P2720749
勘を頼りに歩いているので、絵画館が見つからないのは当然です。


P2720750
教会に来ました。


P2720752
教会の名前が分かったので、持参の地図を参照しました。簡単に現在地が分かりました。


P2720751
11世紀創建ですが、現在の建物は19世紀に再建されたので、美術的には見所がありません。


P2720753
もう迷うことはありません。


P2720754
絵画館に至近の場所にいたのです。


P2720755


P2720756
この道を真直ぐ進めば絵画館に出ます。


P2720757
旗のある建物が市立絵画館です。


P2720759
コモ市立絵画館に漸く辿り着くことが出来ました。


P2720758
絵画館の前に教会がありますが、教会が目印になります。


P2720762
絵画館に入館しました。


P2720774
中小都市の市立美術館としては質、量の両面で充実していると思います。


P2730181
絵画館については、項を改めて詳しく取り上げる予定です。


P2730556
中世から現代まで、年代順に全29展示室あります。


P2730563
流石に疲れました。


P2730569
外に出たら、すっかり夕方の風情でした。


P2730564
サン・ドンニーノ教会は相変わらず扉が閉まったままでした。


P2730567
このままホテルに戻りました。


P2730573
さて翌朝です。
サンタ・マリア・ディ・ロレート教会です。平日は多分閉まったままでしょう。


P2730575
このオブジェには参りました。イタリア人って、この種のものが大好きですね。


045
次はサンティッシマ・アンヌンツィアータ聖堂です。


047
聖堂はViale Vareseに面して建ってます。


075
教会の名称が3つあります。


078
現在地に1236年に建てられた小さな礼拝堂がありましたが、13世紀後半になると正式な教会にしたいとの願いが信者間に広まりました。小さな礼拝堂を取り壊し、その上に教会の建設工事が1274年に開始され、1278年にロマネスク様式の教会が完成しました。


079
ところが、ロマネスク様式の建物は15世紀取り壊され、16世紀前半に二代目の建物が再建されました。初代の建物が取り壊された理由は不明です。二代目の建物の奉献式が1574年に行われました。


077
18世紀に入ると、信者の増加によって二代目の建物は手狭になったので、18世紀半ばに大拡張工事が行われ、現在の姿にほぼ近いバロック様式の建物に拡張改修されたのです。1754年改めて奉献式が執り行われました。
19世紀に大掛かりな改修工事が行われ、現在の姿になりました。


049
ファサードに向かって右側横の入り口扉が開いてます。


051
聖堂内に入りました。


053
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


052
17世紀以降の作品があります。


054
マドンナの礼拝堂


066
主祭壇と後陣


067
後陣のフレスコ画は、パンフィーロ・ヌヴォローネ(クレモナ、1581‐ミラノ、1651)とパンフィーロの息子カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)によって制作されました。


065
クーポラ


063
ジョヴァン・パオロ・ブッツィの「受胎告知」(1649)


064
パンフィーロ・ヌヴォローネ(クレモナ、1581‐ミラノ、1651)の「ご訪問」


072
その他の作品帰属が分かりません。


080
コモの見所は大体見終わりました。


083
(おわり)

169
次はサン・ジャコモ教会です。ブロレットの裏、ドゥオーモの左身廊横にあります。


170
サン・ジャコモ教会です。


P2720464
1084年創建説がありますが、1084年前後の記録が失われて残ってません。また、教会の歴史は1144年に遡るという説もありますが、1144年の司教区やコモの文書にも記載がないようです。
しかし、伝統的に11世紀に建設された教会とされてます。


P2720458
鐘楼は17世紀に再建され、18世紀に改修されたものが現在の姿となってます。


P2720459
現在のファサードは、16世紀に再建された二代目となるものです。


P2720465
中に入りました。


P2720466
左後陣の礼拝堂でミサが行われていました。


P2720467
三廊式、ギリシャ十字形の内部です。


P2720468
天井


P2720470
右側廊


P2720472
慈愛の祭壇(18世紀)


P2720473
ロヴェッリ家の紋章


P2720474
左翼廊のロザリオの礼拝堂(18世紀)


P2720475
磔刑の祭壇


P2720477
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1762)の「磔刑」(1740c)


P2720478
外に出ました。


P2720484
折角コモ湖に来たからには、コモ湖を少し見ることにしました。


P2720485


P2720486
お腹が空いたし、時間がもったいないので遊覧船利用は考えませんでした。


179


P2720490


186


P2720488


P2720491
ホテルに戻ってチェックインの手続をしました。


P2720493
次は市立博物館ですが、その前に昼食を食べることにしました。


P2730582
最近は、昼にはあまり飲まないことにしています。


P2730585


P2730589


P2730590
何時も同じものを食べてます。


P2720494
お腹一杯、やや酩酊気味でした。


P2720495
近頃、すっかり酒に弱くなりました。


P2720497
午後になって観光客が増えてきました。


P2720498
博物館などは人気がないようで、街外れにある博物館に向かう道は空いていました。


P2720499
突き当り正面がMuseo Garibaldi、写真左がMuseo Civicoです。


P2720500
ガリバルディ博物館はパス


P2720506
市立博物館の建物です。


P2720507
市立博物館に入館しました。


P2720544
市立博物館については項を改めて詳しく触れる予定です。


P2720584
展示が充実しています。


P2720707


P2720726
見て回るのが大変です。


P2720501
外に出ました。写真右はガリバルディ博物館の建物です。


P2720502
両博物館の先に行きましたが、見所がなさそうだったので引き返すことにしました。


P2720503
次は絵画館です。


P2720731
(つづく)

P2720429
コモ市庁舎です。


P2720427
市庁舎の中庭に入ってみたけれど、ロッジャなどにフレスコ画がありませんでした。


P2720426
次はドゥオーモです。


P2720431
道の突き当りが湖畔です。その途中にドゥオーモがあります。


P2720432
ドゥオーモ


P2720436
ドゥオーモ広場


150
ドゥオーモを見る前に、観光案内所で絵画館、博物館などの開館時間を確認しました。


P2720434
コモ司教区のサンタ・マリア・アッスンタ司教座教会です。


P2720437
1396年創建、1498年に一応の完成を見た後期ゴシック様式、ルネサンス様式の建物ですが、18世紀に追加されたバロック様式のクーポラがあります。


140
ブロレットがファサードの隣にあります。


P2720435


138
1447年から1498年にかけて建設されたファサードです。


P2720438
中央扉上ルネッタのマギの礼拝の彫刻


P2720439
聖母子と4聖人


P2720440
バラ窓


P2720442
向かって右扉上ルネッタの彫刻


P2720444


P2720445


P2720446


P2720447


P2720448


P2720449
向かって左扉上ルネッタの彫刻


134
右側壁


135


147
建築家フィリッポ・ジュバッラ(メッシーナ、1678‐マドリッド、1736)の設計によるバロック様式の後陣


149
クーポラ


P2720433
通常、ファサード側の扉は開いてません。


P2720454
ブロレットの先にある、向かって左側の身廊側に回ります。


P2720461
こちら側の扉から中に入るのが普通です。


P2720455
観光客用の出入り口


P2720456
聖堂内に入りました。


P2720457
少額ですが拝観有料となりました。


152
三廊式、ラテン十字形の内部です。


153
聖水盤


155
洗礼盤


157
アンドレア・デッパッセリ(トルノ、1487‐1517記録)の「グラツィエの聖母」(1501)


158
聖母被昇天のタペストリ


159
聖アンブロージョの祭壇(1482)


160
受難の祭壇(1492)


161
聖クリストフォロ


162
聖セバスティアーノ


163


164
ガウデンツィオ・フェッラーリ(ヴァルドゥッジャ、1475/1480-ミラノ、1546)の「エジプトへの逃避」(1523-26c)


166
見所が沢山あります。


167
外に出ました。
(つづく)

P2720357
Porta Torreに戻り、そこから城壁内に入ることにしました。


P2720358
学校です。


P2720363
城壁内から見たPorta Torreです。


P2720362


P2720361
日陰ではかなり涼しかった。


P2720365
Via Cesare Cantu


P2720366
サン・フェデーレ聖堂に行くつもりでしたが、地図を見ないで勘を頼りに歩いているので、見つかりません。


P2720367
この彫刻については分かりません。


P2720368


P2720369
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りに来たので、サン・フェデーレ聖堂の場所が分かりました。


P2720371
サン・フェデーレ聖堂の後陣です。


P2720425
後陣はオリジナルのものです。


P2720372
後陣、聖堂内部の一部は古いのですが、その他は新しい建物です。


P2720373
ロマネスクの彫刻


P2720375
Portal del Drago


P2720374
Portal del Dragoの右柱


P2720376
サン・フェデーレ聖堂の先にドゥオーモが見えますが、ドゥオーモは後回し。サン・フェデーレ聖堂のファサード側に出ます。


P2720377
サン・フェデーレ聖堂のファサードが面しているサン・フェデーレ広場に出ました。


P2720379


P2720378
古い建物が建ち並ぶ、中世の雰囲気を漂わせる広場です。


P2720380
広場に面して建つサン・フェデーレ聖堂です。


P2720384
7世紀頃、この地にあった初期キリスト教会のサンテウフェミア司教座教会が前身です。


091
その司教座教会の建物を取り壊して、11世紀半ばから建設が始まり、1120年に完成したロマネスク様式の教会ですが、完成時に奉献する聖人を聖フェデーレに変えたのです。


P2720381
完成後、幾度となく修復されましたが、ファサードだけは経年劣化が酷くて修復を諦め、1914年に新古典様式で再建された新規建物です。
鐘楼は1271年の姿を現在も留めてます。


P2720382
ファサードのルネッタ上のモザイクは、エレーナ・マッゼーリの「祈るキリスト」(1968)


P2720383
エレーナ・マッゼーリのモザイク(1968)


P2720385
聖堂内に入りました。


P2720386
三廊式、ラテン十字形の内部です。


095
構造上の基本様式はロマネスクですが、創建以降、修復、改修が相次いだので、一概には何とも言えないようです。


P2720388
カルロ・インノチェンツォ・カルローニ(スカリア・ディンテルヴィ、1687‐1775)の「キリストの洗礼」(1765‐67)


P2720391
ジョヴァンニ・アンドレア・デ・マジストリス(コモ、1460‐1532)の「玉座の聖母子と聖セバスティアーノと聖ロッコ」(1504)


P2720392
右側廊


108
13世紀のフレスコ画


109
13世紀のフレスコ画


P2720394
マドンナの礼拝堂


P2720396
カルロ・インノチェンツォ・カルローニ(スカリア・ディンテルヴィ、1687‐1775)の「聖母被昇天」


P2720398
詳細不明の磔刑像


P2720401
ジョヴァンニ・ドメニコ・カレッサーナ(グレーリア、1568‐リーヴァ・サン・ヴィターレ、1619)のフレスコ画


P2720402


P2720406


P2720409
クーポラ


P2720411


P2720412


117
ジョヴァンニ・ガッフーリ?の「聖母子」


118
ジョヴァン・ピエトロ・グソッキ?の「聖母子」


119
詳細不明


110
外に出ます。


P2720423
(つづく)

P2720178
コモは、人口83,320人(2017年12月31日現在)のロンバルディア州コモ県の県都です。世界的な保養地コモ湖の中心都市で、何時も賑わってます。
この日は、ミラノ中央駅から列車でコモに向かいました。


P2720179
コモ・サン・ジョヴァンニ駅に到着しました。


P2720181
コモ・サン・ジョヴァンニ駅の駅舎です。


P2720183
道を下って、先ず、この日のお宿に向かいました。


P2720744
コモ湖にはあまり興味がないけれど、見逃せない教会、美術館、博物館などをゆっくり見て回るために泊まることにしました。


P2720745
この日のお宿はコモ湖畔にあります。


P2720463
中心地にやってきました。


P2720479
コモ湖に向かって進みます。


P2720480
ホテルに到着しました。


P2720481
フロントで大きな荷物を預かって貰い、身軽になって街歩きに出発しました。


P2720483
以前、泊まった時は、ホテルの名称が違っていた気がします。同じホテルが経営者が変わって名称が変わることが結構あるようで、度々経験しています。


P2720482
直ぐにコモ湖を後にしました。


P2720746
一旦、駅の方に戻ってサンタッボンディオ聖堂に向かいました。


P2720184
鉄道線路沿いの道を南に向かって(ミラノ方向)進みます。


P2720185
遠くに見張り塔が見えます。


P2720186
聖堂までかなり距離があります。


P2720187
サンタッボンディオ聖堂は日中でも開いているので、安心してゆっくり歩きました。


P2720188
聖堂が見えてきました。


P2720189
サンタッボンディオ聖堂です。


P2720197
11世紀に建設されたロンバルディア・ロマネスク様式聖堂の傑作と言われてます。


P2720210
この聖堂については、後程項を改めて詳しく触れる予定です。


P2720318
街外れにある聖堂を見てしまえば、他の見所がないので、チェントロ・ストーリコに戻る一手です。


P2720323
Viale Varece


P2720324


P2720325
大通りを右折しました。


P2720327
ルイージ・カドルナ通りに入りました。


P2720329
ミラノ通りに出るとPorta Torreが見えます。


P2720330
ミラノ通り右側の建物が中々風情があります。


P2720331


P2720332
振り返るとサン・ロッコ教会の鐘楼が見えました。


P2720335
1192年に建設されたPorta Torreです。


P2720339
高さが40mあります。


P2720333
ヴィットリア広場


P2720334
自転車シェア制度があるようです。


P2720336
ヴィットリア広場に立つ、ヴィンチェンツォ・ヴェラ(リンゴルネット、1820‐メンリーショ、1891)の「ジュゼッペ・ガリバルディ像」です。


P2720337
城壁


P2720340
ヴィットリア広場から見たミラノ通りです。


P2720341


P2720342
サン・ヴィターレ門の方に行くことにしました。


P2720343


P2720344
城壁が門まで続いてます。


P2720346
12世紀後半に建設されたサン・ヴィターレ門です。


P2720345
Viale Cesare Battisti


P2720348
ノルド線の線路の向こうに教会があります。


P2720351
線路を越えて教会に行こうとしたら踏切が閉まって列車がやってきました。


P2720352


P2720350
踏切が上がって、向こう側に行ったらサントルソラ(聖オルソラ)教会の扉が閉まっていました。


P2720353
観光都市だけあって案内板があちこちにあります。


P2720354


P2720356
サン・ヴィターレ門


P2720355
(つづく)

↑このページのトップヘ