イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > マントヴァ、テ離宮博物館

P2760337
次の部屋です。


P2760338
ウーゴ・シッサとジュゼッペ・アセルビのコレクションが展示されてます。


P2760339


P2760340


P2760341
順路通りに進みます。


P2760342
ウーゴ・シッサ(マントヴァ、1913‐ペゴニャーガ、1980)は、イタリアの建築家、画家、考古学者でした。


P2760344
1953年、ウーゴ・シッサは、イラク開発の主任設計者としてイラク・バグダッドに赴任しました。1958年のイラク君主制の崩壊によってイタリアへの帰国を余儀なくされました。
1953年から1958年のイラク滞在中に古道具市などでメソポタミア美術品などを収集しました。


P2760345
ウーゴ・シッサが彼のイラク滞在中に収集した約250点の作品が2000年からテ離宮博物館で展示されるようになりました。


P2760346


P2760347


P2760348


P2760349


P2760350


P2760352


P2760353


P2760355


P2760355


P2760356


P2760357


P2760358


P2760359
ジュゼッペ・アセルビ(カステル・ゴッフレド、1773‐1846)は、イタリアの探検家、作家、考古学者、音楽家です。


P2760360
ジュゼッペ・アセルビは、1814年、オーストリアのウィーンにいましたが、ウィーン会議の途中、オーストリア外相メッテルニヒからリスボンのオーストリア領事に任命されました。任命の理由は分かりません。


P2760362
1825年、ジュゼッペ・アセルビは、エジプトのオーストリア総領事に任命されエジプトに赴任しました。彼の赴任中に1828年から1829年にかけてシャンポリオンの探検隊に加わりました。


P2760363
シャンポリオンの探検隊に参加中に多くのエジプトに関する考古学資料を収集したのです。また、総領事としてのエジプト赴任中に多くのエジプト美術品を収集しました。


P2760365
ジュゼッペ・アセルビは、1840年、エジプトで収集した約500点のコレクションをマントヴァ市当局に寄贈しました。現在、寄贈された全点の作品・資料がテ離宮博物館で展示されてます。


P2760367


P2760371


P2760373


P2760374


P2760375


P2760376


P2760377


P2760378


P2760379


P2760380
これで終わりです。


P2760387
宮殿の建物から外に出ました。


P2760391
離宮の庭園に蒸気機関車が置かれてます。


P2760392


P2760393
(おわり)

P2760233
次の部屋です。フレスコ画、スタッコ彫刻で装飾されてます。


P2760234
勝利の間


P2760236
天井の装飾


P2760238
1790年頃、カルロ・イザッチによって修復されましたが、その修復後のものが現在の姿となってます。


P2760239


P2760232
ドメニコ・ぺセンティの作品が6点展示されてます。


P2760241
ドメニコ・ぺセンティ(メドーレ、1843‐マントヴァ、1918)の「自画像」


P2760243
ドメニコ・ぺセンティ(メドーレ、1843‐マントヴァ、1918)の「領主の馬小屋」


P2760247
ドメニコ・ぺセンティ(メドーレ、1843‐マントヴァ、1918)の「サンタ・マリア・ディ・エーズィネ教会」(1912)


P2760252
ドメニコ・ぺセンティ(メドーレ、1843‐マントヴァ、1918)の「読者」


P2760256
ドメニコ・ぺセンティ(メドーレ、1843‐マントヴァ、1918)の「マントヴァのリオ川の霧」


P2760259
ドメニコ・ぺセンティ(メドーレ、1843‐マントヴァ、1918)の「モンターニャの風景」(1907c)


P2760261
順路に従って進みました。


P2760262
階段を上ります。


P2760263
階上の展示室です。


P2760264
アウレリオ・ノルデア(カッザーノ、1933‐マントヴァ、2012)の「In-forme」


P2760266
ヴィンディツィオ・ノダリ・ぺゼンティ(メドーレ、1879‐マントヴァ、1961)の「体操選手」


P2760268
フェデリーコ・ザンドメネギ(ヴェネツィア、1841‐パリ、1917)の「カフェで」(1884)
フェデリーコは印象派の画家です。


P2760270
フェデリーコ・ザンドメネギ(ヴェネツィア、1841‐パリ、1917)の「目覚め」(1895)


P2760274
フェデリーコ・ザンドメネギ(ヴェネツィア、1841‐パリ、1917)の「花束」(1894)


P2760277
フェデリーコ・ザンドメネギ(ヴェネツィア、1841‐マントヴァ、1917)の「花束を持つ少女」


P2760280
フェデリーコ・ザンドメネギ(ヴェネツィア、1841‐パリ、1917)の「空想」


P2760282
次の部屋です。


P2760283
クリニオ・ロレンツォ・ロレンツェッティ(マントヴァ、20世紀前半活動)の「水に飛び込もうとする少年」(1930)


P2760285
フェデリーコ・ザンドメネギ(ヴェネツィア、1841‐パリ、1917)の「アトリエ」(1896)


P2760288
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「母性」(1910)


P2760292
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「家族」(1913)


P2760295
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「幼児」(1914‐15)


P2760298
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「フルーツの皿の前の乳児」(1913)


P2760301
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「花と幼児」(1913)


P2760303
次の部屋です。


P2760305
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「花と少女」(1914‐15)


P2760308
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「ヌード」(1918)


P2760311
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「ヴィッラ・ボルゲーゼ」(1918)


P2760317
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「母性」(1918)


P2760320
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「猫」(1923)


P2760323
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「アトリエにて」(1922)


P2760326
アルマンド・スパディーニ(フィレンツェ、1883‐ローマ、1925)の「女性の肖像」(1923)


P2760328
次の部屋です。


P2760329
ウーゴの作品が7点展示されてます。


P2760330


P2760331


P2760332


P2760333


P2760334


P2760335


P2760336
(つづく)

P2760171
次の部屋です。


P2760172
この部屋から少し市立博物館らしい展示になります。


P2760173
16世紀のテニスボール


P2760174
部屋の装飾


P2760170
天井の装飾


P2760175


P2760176


P2760178


P2760182
次の部屋です。


P2760184
天井の装飾


P2760185
部屋の名称は特に付けられていないようです。


P2760188


P2760189
次の部屋です。


P2760192
燭台の間


P2760191
フレスコ画やスタッコ彫刻によって1527年に装飾されましたが、オリジナルのものは失われて、1813年に新古典様式で再装飾された部屋です。


P2760193
ジョヴァンニ・バッティスタ・スカルトーリと二コラ・ダ・ミラノが1527年のスタッコ彫刻に従事したそうです。


P2760194
1527年に描かれたオリジナルのフレスコ画は、ジュリオ・ロマーノとアゴスティーノ・ダ・ボッザニーガによって描かれたそうです。


P2760195


P2760196


P2760197


P2760198


P2760199


P2760200


P2760201


P2760202
次の部屋です。


P2760203
女像柱の間


P2760204
この部屋の装飾もオリジナルのものではありません。


P2760209
1813年に新古典様式で再装飾されたものが現在の姿となってます。


P2760213
オリジナルの装飾は、ジュリオ・ロマーノのデザインによって二コラ・ダ・ミラノによって制作されたスタッコ彫刻が中心だったそうです。


P2760214


P2760206


P2760207


P2760208


P2760210


P2760211


P2760216


P2760217


P2760219


P2760220
次の部屋ですが、特に名前がないようです。


P2760221
テ宮殿の模型が置かれてます。


P2760225


P2760227


P2760228


P2760226
この部屋の彫刻の詳細が分かりません。


P2760229


P2760231
(つづく)

P2760119
次の部屋です。


P2760124
Camera degli Imperatori


P2760123
皇帝の間です。


P2760121
壁にアレキサンダー大王、ユリウス・カエサル、アウグストゥス、マケドニアのフィリップ王などが描かれているのが部屋の名称の由来です。


P2760125
皇帝の間のフレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)とジュリオの弟子フランチェスコ・プリマティッチョ通称イル・ボローニャ(ボローニャ、1504‐パリ、1570)によって1529年に描かれました。


P2760126
中心になって制作したのは弟子のフランチェスコ・プリマティッチョ通称イル・ボローニャと言われてます。


P2760127


P2760128


P2760130


P2760131


P2760132


P2760133


P2760134


P2760135


P2760136


P2760137


P2760138


P2760139


P2760120
皇帝の間の床


P2760122


P2760143
次の部屋です。


P2760144
Camera dei Giganti


P2760145
巨人の間です。


P2760149
この部屋のフレスコ画は有名です。


P2760147
巨人の間のフレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐1546)とジュリオ・ロマーノの弟子や協力者によって1532年から1534年に描かれました。


P2760152
ジュリオ・ロマーノ以外にリナルド・マントヴァーノ(マントヴァ、16世紀生まれ‐1546以前没)、フェルモ・ギソーニ(カラヴァッジョ、1505‐マントヴァ、1575)、ルーカ・スカレッティ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1531から活動記録‐1555以前没)の画家たちがフレスコ画制作に従事したと言われてます。


P2760153
場面毎の作品帰属は明確になっていません。


P2760155


P2760154


P2760156


P2760157


P2760158


P2760159


P2760161


P2760141
目の不自由な人向けの触れることが出来る浮彫


P2760151
巨人の間の床


P2760162
次の部屋です。


P2760164
奇怪の小部屋


P2760163
スタッコ彫刻で装飾されてます。


P2760166
天井の装飾


P2760167


P2760169
(つづく)

P2760065
ロッジャに出ました。


P2760070
ダヴィデのロッジャと称します。


P2760071
美術品の宝庫です。


P2760067
ロッジャから見たエクセドラの半円


P2760068
堀の小さな魚が泳いでいます。


P2760066
ロッジャの壁はフレスコ画、スタッコ彫刻で装飾されてます。また、壁龕に彫刻が置かれてます。


P2760084
目の不自由な人向けの触れることが出来る彫刻


P2760069
ロッジャと言う解放された環境にも拘らず作品などの保存状態がかなり良いと思います。


P2760072
ロッジャの装飾には、ジュリオ・ロマーノの他、多くの芸術家が従事したとされてます。


P2760073
フレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)、ジュリオ・ロマーノの弟子、協力者によって1532年から1534年に制作されました。


P2760074
フレスコ画制作の参画した弟子、協力者ですが、具体的にはリナルド・マントヴァーノ(マントヴァ、16世紀‐1546以前没)、フェルモ・ステッラ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1490c‐1562c)、ルーカ・スカレッティ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1531から活動記録‐1555以前没)、ベネデット・パーニ(ぺーシャ、1504‐マントヴァ、1578)がいました。


P2760078
ロッジャのフレスコ画は、リナルド・マントヴァーノが中心になって制作されたようです。


P2760080


P2760081


P2760086


P2760088


P2760090


P2760091


P2760093


P2760094


P2760095


P2760098


P2760099


P2760075
スタッコ彫刻は、アンドレア・デ・コンテ(16世紀第2四半世紀活動)、ベネデット・ディ・バルトロメオ(16世紀第2四半世紀活動)、ビアージョ・デル・コンティ(16世紀第2四半世紀活動)によって1532年から1534年に制作されました。


P2760092


P2760089
ロッジャからの景観


P2760096


P2760100


P2760102


P2760076
彫刻は時代の異なる4人の彫刻家によって制作されましたが、各彫刻の作品帰属は明確になっていないようです。


P2760077
彫刻ですが、ベネデット・ディ・バルトロメオ(16世紀第2四半世紀活動)とジョヴァン・バッティスタ・マントヴァーノ(16世紀第2四半世紀活動)によって1532年から1534年に制作され、更にチェーザレ・リーパ(17世紀活動)によって1653年に制作されました。
最後にジョヴァンニ・ベッラヴィータ(1739c‐1821)によって1808年から1809年に制作されたのです。


P2760077
しかし、作品帰属は明確になっていないようです。


P2760082


P2760087


P2760097


P2760103
次の部屋です。


P2760105
Camera degli Stucchi


P2760106
部屋のの名称の通りスタッコ彫刻が見事です。


P2760104
この部屋の装飾は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)、ジュリオの弟子の建築家・画家フランチェスコ・プリマティッチョ通称イル・ボローニャ(ボローニャ、1504‐パリ、1570)、スタッコ彫刻家ジョヴァン・バッティスタ・マントヴァーノ(16世紀第2四半世紀活動)によって1529年から1531年に行われました。


P2760107


P2760109
天井


P2760110


P2760111


P2760112


P2760113


P2760114


P2760115


P2760116


P2760117


P2760118


P2760108

(つづく)

P2750981
次の部屋です。


P2750984
Sala dei Venti(風の間)です。


P2750983
Sala dello Zodiacoとも呼ばれてます。辞書を引くとzodiaco=黄道帯なので、部屋の名称の意味がよく分かりません。


P2750982
凝った装飾が施されてます。


P2750992
暖炉


P2750985



P2750986


P2750988
天井


P2750989
この部屋のフレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)とジュリオ・ロマーノの弟子と協力者によって1527年から1528年に制作されました。


P2750990
この部屋のフレスコ画制作に携わったジュリオ・ロマーノの弟子や協力者として、ニコロ・ダ・ミラノ(ロンバルド、16世紀第2四半世紀活動)、ベネデット・パーニ(ぺーシャ、1504‐マントヴァ、1578)、アゴスティーノ・ダ・モッザニーガ(マントヴァ、1504c‐1544)、アンセルモ・グアッツィ(マントヴァ、1527‐1544存在確認)、ジローラモ・ダ・トレヴィーゾ(16世紀第2四半世紀活動)がいました。


P2750991
スタッコ彫刻は、アンドレア・ぺーツィ(16世紀第2四半世紀)によって制作されました。


P2750993
目の不自由な人向けの浮彫


P2750996


P2750997


P2750998


P2750999


P2760001


P2760002


P2760004
フレスコ画の場面毎の作品帰属は明確になっていません。


P2760005


P2760008


P2760010


P2760012


P2760014


P2760016


P2760018


P2760020


P2760022


P2760024


P2760026


P2760028


P2760030


P2760032


P2760034


P2760035
次の部屋です。


P2760036


P2760038
Camera delle Aquile(鷲の間)


P2760037


P2760041
暖炉


P2760039



P2760040


P2760042
フレスコ画とスタッコ彫刻で装飾されてます。


P2760043
フレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)とジュリオ・ロマーノの弟子と協力者によって、1527年から1528年に制作されました。


P2760044
スタッコ彫刻は、ニコロ・ダ・ミラノ(ロンバルド、16世紀第2四半世紀活動)とアンドレア・ぺーツィ(16世紀第2四半世紀活動)によって制作されました。


P2760045


P2760047


P2760048


P2760049


P2760050
ジュリオ・ロマーノの他にフランチェスコ・プリマティッチョ通称イル・ボローニャ(ボローニャ、1504‐パリ、1570)、アゴスティーノ・ダ・ボッザニーガ(マントヴァ、1504‐1544)がフレスコ画制作に従事したと言われてます。


P2760051
フレスコ画の場面毎の作品帰属は明確になっていません。


P2760052


P2760053


P2760055


P2760057


P2760058


P2760059


P2760060


P2760061


P2760062


P2760063


P2760064
(つづく)

P2750905
次の部屋です。


P2750907
馬の間です。


P2750906
宮殿の中で最も有名な部屋と言われてます。


P2750908
この部屋は社交場として使用されていました。現在はセミナー室になってます。


P2750913
部屋の名称の由来は、6頭の馬の実物大の肖像画が壁に描かれているからです。


P2750915
6頭の馬は、ゴンザーガ家の厩舎で繁殖させた、フェデリーコ2世ゴンザーガ公爵(マントヴァ、1500‐マルミローロ、1540)自慢のお気に入りでした。


P2750916
この部屋のフレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)と弟子であるジュリオ・ロマーノ派画家たちによって1525年から1527年にかけて制作されました。


P2750917
ジュリオ・ロマーノの弟子で、馬の間のフレスコ画制作に参加した画家ですが、リナルド・モンタヴァーノ(マントヴァ、16世紀‐1546以前没)、ベネデット・パーニ(ぺーシャ、1504‐マントヴァ、1578)、ガスパーレ・アミゴーニ(マントヴァ、1528‐1539存在確認)の3人の画家であるとされてます。


P2750918


P2750919


P2750920


P2750922


P2750923


P2750924


P2750925


P2750926


P2750927


P2750928


P2750929


P2750911
詳細不明


P2750910
馬の間天井の装飾


P2750921


P2750930
次の部屋です。


P2750932
Camera di Amore e Psiche


P2750933


P2750931
この部屋もフレスコ画によって装飾されてます。


P2750935
この部屋は、ゴンザーガ公爵家の食堂でした。


P2750936
フレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)と弟子であるジュリオ・ロマーノ派画家たちによって1526年から1528年に制作されました。


P2750937
制作に参加したジュリオ・ロマーノ派画家として、リナルド・モンタヴァーノ(マントヴァ、16世紀‐1546以前没)、ベネデット・パーニ(ぺーシャ、1504‐マントヴァ、1578)の2人の名前が挙げられてます。


P2750940


P2750946


P2750949


P2750954


P2750969


P2750972


P2750973


P2750975


P2750952


P2750953


P2750956


P2750959


P2750961


P2750962


P2750964


P2750965


P2750968


P2750938
天井の装飾


P2750941


P2750948


P2750976
詳細不明


P2750942



P2750943
(つづく)

P2750857
次の部屋です。


P2750858
Camera delle Imprese


P2750859
この部屋もフレスコ画で装飾されてます。


P2750860


P2750861
この部屋のフレスコ画は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)とジュリオ・ロマーノの協力者だったアンセルモ・グアッツィ、アゴスティーノ・ダ・モッザニカによって1527年から1528年に制作されました。


P2750862
だれがどの部分を描いたのか、作品帰属が明確になっていません。


P2750863
3人の画家による共作ではなく、アゴスティーノ・ダ・モッザニカ単独で描かれたという説があります。


P2750865


P2750864
天井の装飾


P2750867
詳細不明


P2750869
次の部屋です。


P2750870
太陽と月の間


P2750871


P2750872
この部屋もフレスコ画によって装飾されてます。


P2750874
フランチェスコ・プリマティッチョ通称イル・ボローニャ(ボローニャ、1504‐パリ、1570)によって、1527年から1528年に描かれたフレスコ画です。


P2750875


P2750876


P2750884


P2750873
壁に浮彫があります。


P2750877
これらの浮彫はオリジナルのものではありません。


P2750878
ギリシャ・ローマ時代のオリジナルの浮彫から鋳型を作って、複製されたものです。


P2750879
鋳型による複製浮彫が初めて制作され、この部屋に置かれたのは16世紀ですが、それらの複製浮彫が欠落してしまいました。現在、太陽と月の間にある浮彫は、18世紀に改めて造り直された複製浮彫です。


P2750880


P2750881


P2750885


P2750886


P2750888


P2750889


P2750890
一旦ロッジャに出ます。


P2750891
Loggia delle Muse(ムーサのロッジャ)です。


P2750892


P2750898
ロッジャの壁はフレスコ画で覆われてます。


P2750893
フレスコ画の制作者は、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)とリナルド・マントヴァーノ(マントヴァ、16世紀‐1546以前没)に2人と言われてます。


P2750894
フレスコ画は1527年から1530年頃に描かれました。


P2750896


P2750897
天井の装飾


P2750900


P2750902


P2750903


P2750904
(つづく)

今回はマントヴァ市立テ宮殿博物館です。
P2750816
マントヴァ郊外のVia Giovanni Acerbiです。この通りの突き当りにテ離宮があります。


P2750817
通りの名称がLargo XXIV Maggioと変わります。その歩道を進んでテ離宮に向かいます。


P2750818
テ離宮の門です。


P2750819
敷地内に入りました。


P2750820
テ宮殿の建物前に広い庭園があります。


P2750821
Palazzo Teです。


P2750822
Teという奇妙とも思える名称ですが、マントヴァは人造湖に囲まれた2つの大きな島に分割された街で、中世の頃、Palazzo Teが建っている土地はTejetoと呼ばれる3つ目の小さな島と湿地でしたが、Tejetoの略としてTeを用いたという説があります。他に2説あるようです。


P2760388
湿地だった、この地にマントヴァ侯爵フランチェスコ2世ゴンザーガ(マントヴァ、1466‐1519)が馬の訓練場を設けたのが土地利用の最初と言われてます。
フランチェスコ2世の子供(母はイサベッラ・デステ)のフェデリーコ2世ゴンザーガ公爵(マントヴァ、1500‐マルミローロ、1540)が賓客の接待場として、1524年から1534年に建設したテ離宮です。
設計は、建築家・画家のジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐1546)が行い、建築家としてのジュリオ・ロマーノの代表作となりました。


P2760385
L'emiccio dell'esedra


P2760386
La loggia d'onore


P2760384
中庭から見た宮殿内部のファサード


P2750824
市立博物館として一般公開されてます。入館しました。


P2750823
宮殿の建物の模型が置かれてます。


P2750826


P2750828
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(ピエーヴェ・ディ・カドーレ、1488/1490-ヴェネツィア、1576)の「ジュリオ・ロマーノの肖像」(1536-40)


P2750832
一旦、中庭に出ます。


P2750833


P2750834


P2750835
順路の従って見て回ります。


P2750836
最初の部屋です。


P2750837
オウディウスの間


P2750838


P2750839
フレスコ画によって装飾されてます。


P2750840
フレスコ画は、建築家兼画家のフランチェスコ・プリマティッチョ通称イル・ボローニャ(ボローニャ、1504-パリ、1570)によって1526年から1530年にかけて描かれました。


P2750843
このフレスコ画はフランチェスコ・プリマティッチョの代表作の一つとされてます。


P2750844
フランチェスコ・プリマティッチョは、ジュリオ・ロマーノの弟子で、後にジュリオ・ロマーノの協力者になりました。初期のパルミジャニーノから強い影響を受けた画風でした。


P2750845
フランチェスコ・プリマティッチョは、1532年、フランス王フランソワ1世から招聘を受け、フォンテーヌブロー城に赴きました。そこでロッソ・フィオレンティーノに出会い、ロッソと協力して制作に当たった他、当時水準が低かったフランスの画家たちの教育に尽力しました。
1540年、ロッソ・フィオレンティーノが没すると、ロッソの地位を引き継ぎました。


P2750846


P2750849


P2750850


P2750852


P2750853


P2750855


P2750856


P2750841
天井の装飾


P2750842
天井の装飾もフランチェスコ・プリマティッチョによるものです。


P2750847
アンセルモ・グアッツィとアゴスティーノ・ダ・モッザニカの「ジュリオ・ロマーノの原画に基づくプルートとプロセルピーナの前のオルフェオとエウリディーチェ」(1527)
(つづく)

↑このページのトップヘ