イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > マントヴァ、サンタンドレア聖堂

P1000465
Cappella di Nuvoloniです。
祭壇画は、フェルモ・ギソーニ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1505‐マントヴァ、1575)の「磔刑」(1556)


P1000467
Cappella di Nuvoloniの左側壁のフレスコ画は、フェルモ・ギソーニ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1505‐マントヴァ、1575)に帰属する「Prospetto architettonico dipinto」(1570)


P1000466
Cappella di Nuvoloniの右側壁に描かれたフレスコ画は、フェルモ・ギソーニ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1505‐マントヴァ、1575)に帰属する「Prospetto architettonico dipinto」(1570)です。


P1000469


P1000471


P1000472


P1000473
サンティッシモ・サクラメント礼拝堂です。


P1000474
ルイージ・ニッコリ―ニの「聖アンドレアと聖ロレンツォ」(19世紀初め)


P1000476
サンティッシモ・サクラメント礼拝堂の左側壁に描かれたフェリーチェ・カンピ(マントヴァ、1746‐1817)の「エリコの陥落」(1804)


P1000475
サンティッシモ・サクラメント礼拝堂の右側壁に描かれたフェリーチェ・カンピ(マントヴァ、1746‐1817)の「饗宴の誘い」(1804)


P1000478


P1000479


P1000480


P1000481


P1000482
間違った方向を示す案内 
矢印は左側を示さないとサンティッシモ・サクラメント礼拝堂に行きません。矢印の上には天井があります。


P1000488
サン・ロンジーノ礼拝堂です。


P1000483
これはコピー画です。本物は、ナポレオン軍によってフランスに持ち去られ、現在、ルーブル美術館で展示されてます。
制作者不明の「ジュリオ・ロマーノ作『ご誕生と聖ロンジーノと聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ』のコピー画」


P1000484
サン・ロンジーノ礼拝堂の左側壁に描かれた、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)とリナルド・マントヴァーノ(マントヴァ、1502‐1540)の「キリストの聖血の発見」(1534)


P1000486
サン・ロンジーノ礼拝堂の右側壁に描かれた、ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499c‐マントヴァ、1546)とリナルド・マントヴァーノ(マントヴァ、1502‐1540)の「磔刑」(1534)


P1000485
サン・ロンジーノ礼拝堂の天井


P1000489


P1000490
カッタネア礼拝堂


P1000493
カッタネア礼拝堂の左側壁に描かれた、イッポリート・アンドレアージ通称アンドレアジーノ(マントヴァ、1548‐1608)の「聖母の誕生」


P1000491
カッタネア礼拝堂の右側壁に描かれた、イッポリート・アンドレアージ通称アンドレアジーノ(マントヴァ、1548‐1608)の「聖母被昇天と聖母戴冠」


P1000495
サン・セバスティアーノ礼拝堂です。


P1000501


P1000499
15世紀のロンバルドの逸名画家作「聖母子と聖ジローラモと聖エリザベッタと聖ジョヴァンニーノ」(1495)


P1000496
サン・セバスティアーノ礼拝堂の左側壁に描かれたリナルド・マントヴァーノ(マントヴァ、1502‐1540)の「聖セバスティアーノの殉教」


P1000498
サン・セバスティアーノ礼拝堂の右側壁に描かれたリナルド・マントヴァーノ(マントヴァ、1502‐1540)の「聖セバスティアーノの殉教」


P1000497
サン・セバスティアーノ礼拝堂の天井


P1000502
サン・アントニオ礼拝堂です。
祭壇画は、ジュリオ・チェーザレ・アッリヴァベーネ(マントヴァ、1806‐フィレンツェ、1896)の「パドヴァの聖アントニオ」(1846)


P1000503
サン・アントニオ礼拝堂の左側壁に描かれたベネデット・パーニ(ぺーシャ、1504‐マントヴァ、1578)の「煉獄と楽園」(1570)


P1000504
サン・アントニオ礼拝堂の右側壁に描かれたベネデット・パーニ(ぺーシャ、1504‐マントヴァ、1578)の「地獄」(1570)


P1000506
ジュゼッペ・ラゼッティ(マントヴァ、1801‐1888)の「ラザロの蘇生」


P1000507


P1000508


P1000509


P1000511


P1000510
外に出ます。


P1000512
見所が多い聖堂でした。


P2730621
(おわり)

P2730609
マントヴァの旧市街に入ると、鐘楼とクーポラが目立ちます。


P2730611
クーポラはサンタンドレア聖堂のものです。


P2750791
マントヴァで最大の教会です。Concattedraleであり、Basilica Minoreです。


P1000440
教会の歴史は古く、804年のキリストの聖血遺物の発見に関連しています。初代の建物は11世紀に建設されました。


P1000439
現在の建物は、マントヴァ公ルドヴィーコ3世ゴンザーガ(マントヴァ、1412‐1478)の指示により、建築家レオン・バッティスタ・アルベルティ(ジェノヴァ、1404‐ローマ、1472)を起用して、1460年に再建工事が着工されましたが、1472年のアルベルティの死によって工事が中断してしまいました。
その後、フランチェスコ・ゴンザーガ枢機卿は、建築家ルーカ・ファンチェッリ(セッティニャーノ、1430c‐マントヴァ、1502c)に工事を引き継がせることにして、1482年に中断していた工事が再開され、1488年に完成しました。


P2750790
1413年に建設された後期ゴシック様式の鐘楼


P1000627
クーポラは1732年に完成しました。


P1000630
身廊左側壁


P1000632
Facciata del vestibolo laterale


P1000633


P1000638
レオン・バッティスタ・アルベルティ広場から見た聖堂の北側


P1000628
レオン・バッティスタ・アルベルティ広場に面した柱廊


P1000625
正面ファサードの方に戻ります。


P2750788


P2750789
Arco centrale con lesena scanalate


P1000624


P1000623


P2730614
聖堂内に入りました。


P1000441
2012年5月20日と29日のエミリア大地震によって大きな被害を受け、後陣は長らく修復工事が行われていました。


P2730615
単廊式、ラテン十字形の内部です。


P2730616
広く明るい堂内です。


P2730617
天井


P1000444


P2730618
燭台の上部の精緻な装飾


P2730619
見所が沢山あります。


P2730620
作品帰属を調べるのが大変です。


P1000445
ジュゼッペ・ラゼッティ(マントヴァ、1801‐1888)の作品


P1000446
ジョルジョ・アンセルミ(カラヴェルナ、1723‐ヴェローナ、1797)の作品


P1000447
フェリーチェ・カンピ(マントヴァ、1746‐1817)の作品


P1000448
フェリーチェ・カンピ(マントヴァ、1746‐1817)の作品


P1000449
マンテーニャの作品です。


P1000450


1
どうも写真写りが悪い。


2
外部サイトから作品画像を拝借しました。


P1000451
サン・シルヴェストロ礼拝堂です。
祭壇画は、ロレンツォ・コスタ(イル・ヴェッキオ)(フェラーラ、1460‐マントヴァ、1535)の「聖母子と聖人たち(聖セバスティアーノ、聖シルヴェストロ、聖パオロ、聖ジローラモ、聖ロッコ)」(1525)


P1000452
ファブリツィオ・ぺルラの「キリストの復活」(1575)


P1000453
ファブリツィオ・ぺルラの「リンボへの降下」(1575)


P1000456
右第3礼拝堂


P1000457
Cappella dell'Immacolata


P1000458
ロレンツォ・コスタ・イル・ジョーヴァネ(マントヴァ、1537‐1583)の「マギの礼拝」


P1000460
ロレンツォ・コスタ・イル・ジョーヴァネ(マントヴァ、1537‐1583)の「羊飼いの礼拝」


P1000462
詳細不明の「聖フランチェスコ」


P1000463
詳細不明
(つづく)

↑このページのトップヘ