イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:エミリア・ロマーニャ州 > ピアチェンツァ

P2850902
ピアチェンツァの9月20日通りです。写真右はサン・フランチェスコ教会です。


P1070450
9月20日通りの突き当りにドゥオーモがあります。


P1070539
ピアチェンツァ=ボッビオ司教区の司教座教会、Basilica Cattedrale di Santa Maria Assunta e Santa Giustinaです。教会の格付けはBasilica Minoreです。


P2850904
ピアチェンツァの最初の司教ピアチェンツァの聖ヴィットーレ(375年没)が司教を務めた初期キリスト教会が前身とされてます。546年、トティラ王のピアチェンツァ占領によって、初期キリスト教会は破壊されましたが、その後、サンタ・ジュスティーナ大聖堂が再建されました。しかし、1117年の大地震によって倒壊してしまいました。


036
現在のロマネスク様式の建物は、1122年から1233年に建設された3代目のものです。


2
高さ71mの鐘楼です。鐘楼上部の鉄檻に注目です。


3
15世紀後半、ミラノのルドヴィーコ・イル・モーロの指示によって作られた鉄檻です。見せしめのために罪人を晒したり、嘲笑の対象にすることが目的でした。


028
ファサードの左扉横のライオン像


P1070313


027
入口扉上の彫刻は、ウィリジェルモとニコロに師事したピアチェンツァの逸名彫刻家によるものです。(12世紀)


P1070312
詳細不明の入り口扉上ルネッタのフレスコ画


P1070310
バラ窓


4
入口扉横の彫刻はニッコロ・ダ・フェッラーラによって1122年に制作されました。名前と1122年が刻まれてます。


P1070314
柱を支える男の彫刻は、ロマネスクの傑作とされるもので、ウィリジェルモとニコロに師事したピアチェンツァの逸名彫刻家による作品です。


P2850907
壁龕の彫刻は失われました。


029
扉が開きました。


P1070541
三廊式、ラテン十字形、ロマネスク様式の聖堂内部です。


P1070543
25本の巨大な柱で建物を支えてます。


P1070542
聖堂の高さは32mあります。


P1070544
交差ヴォールト


030
左側廊


031
聖堂内の装飾はボローニャ派画家たちの作品が中心です。


P1070545
カミッロ・プロカッチーニ(パルマ、1551‐ミラノ、1629)の「聖母子」


P1070546
カミッロ・プロカッチーニ(パルマ、1551‐ミラノ、1629)の「慈悲の聖母」


P1070548


P1070547
「慈悲の聖母」の上のフレスコ画の詳細は不明です。


P1070549
右側廊


P1070550


P1070551
詳細不明


P1070552


P1070553


P1070554


P1070555
制作者情報不詳の「最後の晩餐」


P1070558
詳細不明


P1070559
逸名画家によるフレスコ画(16世紀初め)


P1070560
エリザベッタ・シラーニ(ボローニャ、1638‐1665)の「磔刑」


P1070561


P1070564
逸名画家によるフレスコ画(16世紀初め)


P1070568


P1070569
詳細不明


P1070570
ジョヴァンニ・バッティスタ・タリアサッキ(フィデンツァ、1697‐カンプレモルド・ソプラ、1737)の「ジットの聖母」


P1070571


P1070574
主祭壇と後陣


P1070575
ピエル・フランチェスコ・マッズッケッリ通称イル・モラッツォーネ(モラッツォーネ、1573‐ピアチェンツァ、1626)による後陣のフレスコ画


1
ジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエーリ通称イル・グエルチーノ(チェント、1591‐ボローニャ、1666)によるクーポラのフレスコ画


P1070578


P1070579
ルドヴィーコ・カラッチ(ボローニャ、1555‐1619)のフレスコ画


P1070580
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「聖ジローラモと天使」


P1070581
ロベルト・デ・ロンジェ(ブリュッセル、1646‐ピアチェンツァ、1709)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」


P1070582


P1070583
ルドヴィーコ・カラッチの作品


P1070584
ルドヴィーコ・カラッチの「キリスト」


P1070585
ルドヴィーコ・カラッチ(ボローニャ、1555‐1619)の「聖マルティーノと乞食」


P1070586
ロベルト・デ・ロンジェ(ブリュッセル、1646‐ピアチェンツァ、1709)の「聖フランチェスコ・サヴェーリオの死」


P1070577
クリプタへの階段


P1070573
祭壇前から見た出入口方向


P1070587
外に出る前にもう一度祭壇を見ました。


P1070588
外に出ました。
(おわり)

P1070461
ピアチェンツァのTeatro Municipaleです。


P1070474
ジュゼッペ・ヴェルディ通りの突き当りにサンタントニーノ聖堂があります。
写真右手前がTeatro Municipale、左の建物がPalazzo Anguissola Cimafava Roccaです。


P1070477
ピアチェンツァ最初の司教聖ヴィットーレによって、350年に創建され、375年に完成したロマネスク様式の教会です。教会の格付けはBasilica Minore、聖堂です。


P1070456
ピアチェンツァの守護聖人聖アントニーノ(?、3世紀後半‐トラヴォ、303)を奉献しており、聖アントニーノの聖遺物が聖堂内保存されてます。


P1070455
ファサードは、ニッコロ・ダ・フェッラーラの設計で、ニッコロの弟子によって7世紀に建設されました。


P1070465
八角形の鐘楼が聖堂の目印になってます。


P1070460
創建以来、一度も再建されてませんが、何度も修復、改修が行われました。現在の聖堂の外観は、1915年から1930年に行われた、ジュリオ・アラータの設計による改修後の姿です。


P1070535
ファサードの出入り口上ルネッタの紋章


P1070458
ファサード左横のブロンズ像は、ジョルジョ・グロッピ(1927‐)の「教皇グレゴリオ10世」(1998)です。
第184代ローマ教皇グレゴリオ10世(ピアチェンツァ、1210c‐アレッツォ、1276)は、ピアチェンツァ出身の唯一の教皇(在位:1271‐1276)です。


P1070536
扉が開きました。


P1070488
三廊式、ギリシャ十字形の聖堂内部です。


P1070490
建物の基本構造はロマネスク様式ですが、創建以来幾度となく改修された結果、ゴシック様式、バロック様式の混在が認められます。


P1070489


P1070491
創建時は、木組みの梁天井でしたが、後にゴシック後期の典型的な交差ヴォールトに改められました。
祭壇画を見て行きます。


P1070492
詳細不明


P1070494
ロベルト・デ・ロンゲ(ブリュッセル、1646‐ピアチェンツァ、1709)の「民衆の聖母」


P1070495
ベルナルド・カステッロ(ジェノヴァ、1557‐1629)の「最後の晩餐」(1624)


P1070496
ジョヴァンニ・フランチェスコ・フェッランテ(ボローニャ、1600c‐ピアチェンツァ、1653)の「天上の聖母子と聖人たち」


P1070497
ジョヴァンニ・マリア・デッレ・ピアーネ通称イル・モリナレット(ジェノヴァ、1660‐モンティチェッリ・ドンジーナ、1745)の「聖フランチェスカ・ロマーナ」


P1070505
右側廊


P1070506
詳細不明


P1070507
詳細不明


P1070508
詳細不明


P1070509
14世紀のフレスコ画


P1070510


P1070511
主祭壇と後陣


P1070512
後陣のフレスコ画は、カミッロ・ガヴァセッティ(モデナ、1596‐パルマ、1630)によって1624年頃に制作されました。


P1070513
このフレスコ画は、カミッロ・ガヴァセッティの代表作とされてますが、後にこれを見たグエルチーノは凡作と評しました。


P1070514
詳細不明


P1070515
ロベルト・デ・ロンゲ(ブリュッセル、1646‐ピアチェンツァ、1709)の「聖アントニーノの殉教」


P1070516
ロベルト・デ・ロンゲ(ブリュッセル、1646‐ピアチェンツァ、1709)の「殉教した聖アントニーノ」


P1070517


P1070519
左側の礼拝堂です。


P1070520
詳細不明


P1070521
15世紀のフレスコ画


P1070522
詳細不明


P1070525


P1070524
15世紀のロマーニャの逸名画家によるフレスコ画


P1070527
ロベルト・デ・ロンゲの作品?


P1070528
ロベルト・デ・ロンゲの作品?


P1070529
詳細不明


P1070530
詳細不明


P1070531
左側廊


P1070532
ロンバルディアの逸名画家によって、11世紀半ばに描かれたフレスコ画


P1070533


P1070499
聖堂の南側に位置する回廊付きの中庭に出ました。


P1070500
1483年に造られた中庭と回廊


P1070501


P1070502


P1070503
回廊の壁にフレスコ画が残されてます。


P1070504


P1070518
聖堂内に戻ってから外に出ました。


P1070537
(おわり)

P2850161
ピアチェンツァ旧市街の中心カヴァッリ広場です。


P2850155
広場の東南に教会があります。


P2850894
13世紀後半の皇帝派の有力貴族ウンベルティーノ・ランディがパトロンになって、フランチェスコ会修道士によって1278年から1363年に建設されたロンバルディア・ゴシック様式のサン・フランチェスコ教会です。


P2850900
教会の建物の完成後、修道院が併設されました。修道院は14世紀後半にクラリッセ女子修道会の女子修道院になりました。


P2850901
18世紀末、ナポレオン軍の進駐によって、教会と修道院は活動が停止され、その建物は病院と倉庫に転用されましたが、1810年、教会に戻されました。
教会の格付けはBasilica Minoreです。


P1070446
ファサードの入り口扉上ルネッタ上の浮彫は、15世紀末のエミリアの逸名彫刻家による「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(1480)です。


P1070394
教会前にある彫像は、彫刻家Cristoforo Marzaroli (1836-1871)のGian Domenico Romagnoliの大理石像(1867)です。クリストフォロの代表作と言われてます。
ジャン・ドメニコ(1761‐1835)は、18世紀後半から19世紀前半にかけてのイタリアに於いて活躍した哲学者、経済学者、法律家でした。


P1070324
道路沿いの身廊は店屋に利用されてます。


P1070325
詳細不明のタベルナコロ


P1070395
聖堂内に入ります。


P1070396
ボローニャのサン・フランチェスコ教会に模して設計された内部です。


P1070398
三廊式、ゴシック様式の内部です。


P1070397


P1070399
天井


P1070402
左側廊の礼拝堂から見て行きます。


P1070401
カミッロ・プロカッチーニ(パルマ、1561‐ミラノ、1629)の「天上の聖母子とフランチェスコ会聖人たち」


P1070403
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂


P1070406
詳細不明


P1070407
詳細不明


P1070408
フレスコ断片(15世紀)


P1070409
ドメニコ・リエーティの「嘆き」


P1070410
詳細不明の聖ピエトロと聖ジョヴァンニ・バッティスタのステンドグラス


P1070411
バルトロメオ・スケドーニ(モデナ、1578‐パルマ、1615)の「聖ロレンツォの殉教」


P1070412
詳細不明


P1070413
後陣のフレスコ画


P1070414
14‐15世紀に制作されたフレスコ画


P1070416
制作者は特定されてません。


P1070417
複数の画家によって制作されているようです。


P1070418


P1070419


P1070421
後陣


P1070422
主祭壇


P1070415


P1070425
ジュゼッペ・ヌヴォローネ(サン・ジミニャーノ、1619‐ミラノ、1703)の「聖霊降臨」


P1070426
詳細不明


P1070427
ジュゼッペ・バイ―ニの祭壇(1843)


P1070428


P1070436
次の礼拝堂です。


P1070429
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1702)の「父なる神」
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネは、先に出てきたジュゼッペ・ヌヴォローネの実兄です。


P1070430
クーポラのフレスコ画


P1070435
クーポラのフレスコ画は、ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1555‐パルマ、1619)の「聖母戴冠」(1597)です。


P1070434


P1070432


P1070433
ジョヴァン・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1555‐パルマ、1619)の「受胎告知」


P1070431
詳細不明


P1070437
ベルナルド・カステッロ(ジェノヴァ、1557‐1629)の「ピエタ」(1580)


P1070439
13世紀に描かれたフレスコ画断片


P1070440


P1070441


P1070423
ファサードの裏に絵画があります。


P1070424
ベネデット・マルティーニの「パンと魚の増加の奇跡」


P1070400
主祭壇をもう一度見てから外に出ました。


P1070444
(おわり)

P1080216
詳細不明


P1080217
詳細不明


P1080221
17世紀後半のピアチェンツァの逸名画家作「聖母子ととパドヴァの聖アントニオ」


P1080239
主祭壇です。


P1080225
問題の主祭壇画です。 
ピエトロ・アントニオ・アヴァンツィーニ(ピアチェンツァ、1656‐1733)の「ラファエッロ・サンツィオ作『システィーナの聖母』の複製画」


800px-Raffaello,_madonna_sistina_01
主祭壇画ですが、1513年には既にラファエッロの「システィーナの聖母」がありました。
ところが、1754年、ベネデット会修道士が金に目が眩んで、ポーランドのアウグストゥス3世に売却してしまったのです。現在、ラファエッロの作品はドレスデン国立絵画館にあります。
売却後は、代わりに複製画が置かれてます。


P1080220
主祭壇から見た出入口方向


P1080227
レアンドロ・バッサーノ(バッサーノ・デル・グラッパ、1557‐ヴェネツィア、1622)の「聖バルバラの殉教」


P1080230
ヤコポ・オラツィオ・フェリナーティ(ヴェローナ、1524‐1606)の「羊飼いの礼拝」(1570c)


P1080229
ヤコポ・オラツィオ・フェリナーティ(ヴェローナ、1524‐1606)の「天上のキリストと聖母とパドヴァの聖アントニオ」


P1080232
詳細不明


P1080234
カミッロ・プロカッチーニ(パルマ、1561‐ミラノ、1629)の「嬰児虐殺」(1604‐05)


P1080236
ジャン・パオロ・カヴァーニャ(ベルガモ、1550‐1627)の「聖ロレンツォの逮捕」


P1080240
聖歌隊席の彫刻に注目です。


P1080241
ジオ・ピエトロ・パムビアンコ・ダ・コロルノとバルトロメオ・ダ・ブッセートによる木組み彫刻(1512‐14)


P1080242
ジョヴァン・アンジェロ・ボッローニ(クレモナ、1684‐ミラノ、1772)の「聖バルトロメオの殉教」


P1080244
左側廊


P1080245
詳細不明の燭台


P1080246
シモーネ・モスキーノ(オルヴィエート、1553‐パルマ、1610)のオーストリアのマーガレットの墓碑(1587‐17世紀初め)


P1080248
逸名彫刻家作「磔刑像」(17世紀)
サン・フェルモ教会にあったそうです。


P1080249
ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1596‐ローマ、1669)の「聖ステファノの殉教」


P1080253


P1080255
ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1596‐ローマ、1669)の「十字架降下」


P1080256
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「割礼」(1742c)


P1080257
ジョヴァンニ・バッティスタ・タリアサッキ(ボルゴ・サン・ドニーノ、1696‐カステルボスコ、1737)の「聖ゲルトルーデと聖マルゲリータの贖い」(1730c)


P1080259
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(パルマ、1500c‐1569)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1080262
ステファノ・ランブリ(17世紀活動)の「受胎告知」(1649)


P1080263


P1080265
アントニオ・カンピ(クレモナ、1524‐1587)の「羊飼いの礼拝」(1570c)


P1080267
ジュゼッペ・ヌヴォローネ(サン・ジミニャーノ、1619‐ミラノ、1703)の「聖ジローラモと天使」(17世紀)


P1080269
左第2礼拝堂のフレスコ画は、アントニオ・カンピ(クレモナ、1524‐1587)の復活したキリスト」


P1080270


P1080271
ベルナルディーノ・ザケッティ(レッジョ・エミリア、16世紀前半活動)によるクーポラのフレスコ画(1517)


P1080272


P1080273


P1080275
左側廊


P1080274
主祭壇をもう一度見ました。


P1080276
中庭に出ました。


P1080277
これを売るなんて、軽蔑すべき修道士です。


P1080178


P1080287
外に出ました。
(おわり)

P1080164
ピアチェンツァのインペラトリーチェ・アンジルベンガ通りです。


P1080165
ボッセリ門です。


P1080166
門を潜るとサン・シスト通りに出ます。


P1080168
サン・シスト通りの突き当りに教会があります。


P1080285
教会の入り口に門があります。


P1080169
神聖ローマ帝国皇帝ルドヴィーコ2世の妻Engelberga d'Alasaziaによって、852年から874年に建設された教会が前身です。その後、修道院が建設され、エンゲルベルガ皇后は、大修道院長に任命されました。
中世の頃、この修道院に対して特権と特典が与えられ、大変な勢力でした。
1129年、修道院はポリローネのベネデット会の所有となりました。
1425年、ベネデット会派のカッシネージ修道会に引き継がれました。


P1080284
1622年に建設された門を潜って中庭に入ります。


P1080170
15世紀後半、建物が経時劣化したので、それを取り壊し、その上に新しい建物を建設することになり、1490年創建、1511年に完成したルネサンス様式の建物が現在の姿です。


P1080279
1591年に完成したファサードは、1755年に現在の姿に改装されました。


P1080172
中庭を囲んで回廊が設けられてます。


P1080171
ファサードに向かって右側の回廊


P1080179
ファサード前から見たサン・シスト通り


P1080283
旧修道院の建物


P1080278
修道院は、1810年に活動が停止され、兵舎として使用されました。その後、一度も宗教活動が行われることなく現在に至ってます。


P1080174
回廊の壁に修道士のフレスコ画が描かれてます。


P1080175


P1080176


P1080177


P1080173
これについては、後述します。


P1080180
中に入りました。


P1080182
三廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1080181
美術的に見所が豊富です。


P1080183
右側廊の礼拝堂から見て行きます。


P1080184
五廊式と間違えそうな造りです。


P1080185
ジュゼッペ・ランブーリに帰属する「キリストの洗礼」


P1080187
ジェルヴァシオ・ガッティ(クレモナ、1550‐1631)の「聖ベネデットと聖マウロをもてなすトティラ王」(1585c)


P1080189
16世紀の逸名画家作「聖ジュゼッペの死」
ベルナルド・カンピの作品説もあるようです。


P1080191
逸名彫刻家作「チントラの聖母」(16世紀)
サンタ・マリア・イン・ボルゲット教区教会にあったそうです。


P1080193
右側廊の第3礼拝堂です。


P1080195
第3礼拝堂のフレスコ画は、アントニオ・カンピ(クレモナ、1524‐1587)の「砂漠の聖ジローラモ」(1570c)


P1080197
セバスティアーノ・ノヴェッリの「聖母子と聖人たち」(1530)


P1080198
タッデオ・ズッカリ(ウルビーノ、1529‐ローマ、1566)に帰属する「キリストの埋葬」


P1080203
右側廊第4礼拝堂です。


P1080201
カミッロ・プロカッチーニ(パルマ、1561‐ミラノ、1629)の「天上の聖母子と聖トンマーゾと聖カルロ・ボッロメオと聖フランチェスコ」(1610)


P1080201
逸名画家作「聖家族とパドヴァの聖アントニオと聖マルゲリータ」


P1080207
詳細不明


P1080208
エミリオ・ビアンキの「聖エレーナ」(1575)


P1080209
フランチェスコ・ギットーニ(リッツォ―ロ、1855‐ピアチェンツァ、1928)の「ピエタ」


P1080213
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1549‐1628)の「聖バルバラの殉教」


P1080215
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「聖ロレンツォの殉教」(1741c)
(つづく)

P2850796
次の展示コーナーです。


P2850797
第5室になります。


P2850799


P2850800


P2850802


P2850804


P2850806


P2850808


P2850809
次の展示コーナーです。


P2850810
第6室になります。


P2850811


P2850812


P2850813


P2850815


P2850816


P2850819


P2850821


P2850822
次の展示コーナーです。


P2850823
第8室になります。


P2850824


P2850826


P2850827


P2850829


P2850831


P2850834


P2850837


P2850838


P2850841
馬橇


P2850842
次の展示コーナーです。


P2850843
消防用の馬車が展示されてます。


P2850844


P2850845
はしご車


P2850846


P2850847


P2850848


P2850849
次の展示コーナーです。


P2850850
第9室になります。


P2850851


P2850855
西部劇に出てくる駅馬車に似ています。


P2850857


P2850858


P2850861


P2850863


P2850865


P2850866


P2850868


P2850869
輿が並んでます。


P2850870
第11室になります。


P2850872


P2850873


P2850875


P2850878


P2850879


P2850880


P2850881


P2850882


P2850883
閉館時間間近になりました。時間切れです。絵画館と馬車博物館の2つを見て終わりになりました。


P2850223
外に出ました。


P2850884
(おわり)

P2850709
絵画館を終わりました。


P2850710
次は馬車博物館です。


P2850711
ファルネーゼ家が使用した馬車は展示されていません。


P2850712
ベルリン型馬車(18世紀中頃)
この博物館で展示されている馬車のうち、これが最古のものです。


P2850716
ベルリン型馬車(1770)
ピアチェンツァの司教館で使用されていた馬車です。


P2850719


P2850721
ベルリン型馬車(1879)
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世が注文した馬車で、ウンベルト1世が使用していました。


P2850724
ベルリン型馬車(1879)
サヴォイア家の人々が使用していたそうです。


P2850727
ベルリン型馬車(1860‐70)
ローマの馬車工房製で、乗り心地が改善されているそうです。


P2850730
ベルリン型馬車(19世紀中頃)
サヴォイア家の馬車工房製


P2850734
ベルリン型馬車(1870c)
ミラノの馬車メーカー製


P2850740


P2850741


P2850742
次の展示コーナーです。


P2850743
第2室


P2850744
旅行用グラン・クーペ(1805‐15)
ミラノ製


P2850746
Brougham-Coupe de ville(1860)
ミラノ製


P2850749
Brougham-Coupe de ville(1860c)
ミラノ製


P2850762


P2850752
Bougham-Coupe(1880c)


P2850755
Londau(1890c)


P2850763


P2850758
Londau(1880-90)


P2850764
乳母車


P2850765


P2850766


P2850768


P2850770


P2850771


P2850772


P2850773


P2850775


P2850777


P2850780


P2850781


P2850783


P2850786


P2850787


P2850789


P2850790


P2850792


P2850795
(つづく)

P2850597
次の展示コーナーです。


P2850599
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「エリザベッタ・ファルネーゼのチェント・クローチ山でのファルネーゼ家からの旅立ち」(1720‐21)


P2850601
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「フランチェスコ・ファルネーゼ公爵とゴッサディーニ枢機卿の邂逅」(1714‐17)


P2850604
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「宮廷への訪問」(1715‐17)


P2850607
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「初子の前のフィリッポ5世とエリザベッタ・ファルネーゼ王妃」(1716以降)


P2850610
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「兵士の乗船」(1730‐31)


P2850614
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「勝利」(1670‐80)
この作品は、ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還されました。


P2850617
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「バルディとコンピアーノ要塞の鍵を受け取るラヌッチョ2世」
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850620
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「建物建設に助力するファルネーゼ家皇太子」
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850623
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ピエル・ルイージ・ファルネーゼをピアチェンツァとパルマの公爵に叙する教皇パオロ3世」(1690‐95)
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850625
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ピエル・ルイージ・ファルネーゼをキエーザの行政長官に任命する教皇パオロ3世」(1690‐95)
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850628
次の部屋です。


P2850629
第24室です。


P2850630
フェリーチェ・ボゼッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「静物画」(1720c)


P2850632
フェリーチェ・ボゼッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「静物画」(1720c)


P2850636
バルダッサッレ・デ・カーロ(ナポリ、1689‐1750)の「狩猟の戦利品」
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850639
18世紀後半のエミリアの逸名画家作「四季の寓意」


P2850641


P2850643


P2850645


P2850647


P2850650
フェリーチェ・ボゼッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「桃」(1710c)


P2850653
フェリーチェ・ボゼッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「キノコと鳩」(1710c)


P2850656
アントニオ・ジャンリージ(クレモナ、1677‐1727)の「静物画」


P2850658
アントニオ・ジャンリージ(クレモナ、1677‐1727)の「静物画」


P2850662
セバスティアーノ・チェッカリーニ(ファーノ、1703‐1783)の「フランチェスコ・ランディ・ピエトラ枢機卿の肖像」(1743‐57)


P2850664
セバスティアーノ・ガレオッティ(フィレンツェ、1676‐モンド―ヴィ、1741)の「聖チェチリア」(1720‐30)
ピアチェンツァのサン・ヴィンチェンツォ教会にありました。


P2850668
オノリオ・マリナーリ(フィレンツェ、1627‐1715)の「モーゼの発見」


P2850671
アレッサンドロ・マニャースコ工房作「修道士がいる風景」


P2850673
次の部屋です。


P2850674
第25室は、絵画館の最終展示室になります。


P2850675
ガエターノ・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1734‐ボローニャ、1802)の「ウリッセとキルケとメルクリオ」(1766)


P2850679
ガエターノ・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1734‐ボローニャ、1802)の「エットーレの遺体を引きずるアキレス」(1801)


P2850681
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「カテリーナ・アングィッソーラ・ダ・トラヴォの肖像」(1790‐92)


P2850685
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「自画像」(1817)


P2850687
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「博士たちとの問答」(1812‐17)
ピアチェンツァのサンタ・マリア・デッラ・パ―チェ教会にありました。


P2850692
ロレンツォ・トンチーニ(カロル祖、1802‐ピアチェンツァ、1884)の「負傷した剣闘士」(1828‐30)


P2850695
カルロ・マリア・ヴィガノーニ(ピアチェンツァ、1784‐1839)の「アンジェロ・マイ閣下の肖像」(1820‐22)


P2850697
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「ラヌツィオ・アングィッソーラ・ダ・グラッツァーノとその息子の肖像」(1791‐92)


P2850700
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「ビアンカ・スタンパ・ディ・ソンチーノ伯爵夫人の肖像」(1791)


P2850703
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「愛犬とジャコモ・ロータ伯爵の肖像」(1798)


P2850707
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「ピアチェンツァのフィエラの光景」(1705c)
絵画館はこれで終わりです。
(つづく)

P2850493
次の展示コーナーです。


P2850495
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「騎兵戦」(1670‐95)
この展示コーナーから、ファルネーゼ・コレクションの作品になります。ナポリに移されたましたが、戻されてきました。何となく戻された理由が分かります。要すれば、有名画家の作品でもなく、傑作として有名ではないものが戻されたという訳です。


P2850498
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「モーゼの傭兵とアロン(モーゼの兄)」(1721‐26)
これもファルネーゼ・コレクションで、ナポリから戻された作品です。


P2850502
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「戦闘のシーン」(1670‐80c)
ファルネーゼ・コレクション、ナポリから戻された作品


P2850504
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ヨシュア」(1721‐26)
パルマにあったファルネーゼ・コレクションで、ナポリに移され、何故かピアチェンツァに来てしまった作品です。


P2850509
次の部屋です。


P2850512
第21室です。


P2850511
天井のフレスコ画


P2850514
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ドン・カルロ・ディ・ボルボーネにパルマを託すパルマ市当局」(1733)
この部屋の展示作品は、所謂ファルネーゼ・コレクションに該当します。一旦、ナポリに移されましたが、ピアチェンツァに戻されたものです。


P2850519
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「軍隊の野営」
大したことがない作品なので、戻ってきたのでしょう。


P2850522
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「月夜の攻撃」(1705‐15)
ティツィアーノなどの有名画家による作品は一つも戻されてません。


P2850525
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ピアチェンツァ城塞建設の寓意」


P2850528
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「食堂で座るアレッサンドロ・ファルネーゼ」


P2850531
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「黄金杵を受け取るアレッサンドロ・ファルネーゼ」


P2850534
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「フランチェスコ・ファルネーゼ公爵の下船」


P2850537
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「軍勢の下船」


P2850539
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「2指揮官の邂逅」


P2850542
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ファルネーゼ軍の進撃」


P2850545
第23室が見えてますが、その前にもう一つ展示室があります。


P2850546
次の部屋です。


P2850548
第22室です。


P2850549
天井のフレスコ画


P2850550


P2850551
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「小銃兵の行軍」
これもファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されてからピアチェンツァに戻された作品です。


P2850553
反射を避けて角度を変えて撮って見ました。


P2850556
変化なし


P2850559
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「戦闘のシーン」
ファルネーゼ・コレクションではありません。


P2850561
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「戦闘のシーン」
ファルネーゼ・コレクションではありません。


P2850564
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「フランドル支配を受諾するフィリッポ2世」
この作品はファルネーゼ・コレクションです。ナポリに移されたものの、戻されました。


P2850566
スポルヴェリーニ工房作「強く握手する2君主」
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後に戻ってきました。


P2850569
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「要塞前の2指揮官の邂逅」
これもファルネーゼ・コレクションで、ナポリに移された増したが、後にピアチェンツアに戻されました。


P2850575
天井のフレスコ画


P2850585


P2850586


P2850577
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「対トルコ戦」
この展示コーナーの作品は何れもファルネーゼ・コレクションに含まれ、一旦、ナポリに移され、後にピアチェンツァに戻されました。


P2850580
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「アレッサンドロ・ファルネーゼをフランドル総督に任命するフィリッポ2世」


P2850583
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「教皇の剣を受け取るアレッサンドロ・ファルネーゼ」


P2850587
次の部屋に向かいます。


P2850588


P2850589
第23室です。


P2850591
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ファルネーゼ家最後の人、エリザベッタの栄華」


P2850595
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「フランチェスコ・ファルネーゼ公爵のパルマ入り」
(つづく)

P2850361
次の部屋です。


P2850362
第19室になります。


P2850364
ファルネーゼ・コレクションはありません。


P2850366
ヤコポ・デル・カゼンティーノ(プラートヴェッキオ、1297c‐1349c)に帰属する「聖母子と聖人たち、聖人たち、受胎告知のトリッティコ」(14世紀前半)


P2850370
14世紀中頃のトスカーナの逸名画家作「聖母子」


P2850375
ヤコポ・ディ・チョーネ(フィレンツェ、1325c‐1390以降没)に帰属する「聖母子と聖人たちと天使たち」


P2850379
ジョヴァンニ・ダ・ミラノ(カヴェルサッチョ、1325/1330c-1370c)に帰属する「聖母子」


P2850382
14世紀中頃のナポリの逸名画家作「ウミルタの聖母と天使」


P2850385
シモーネ・デ・クロ―チフィッシ(ボローニャ、1355-1399消息)の「マギの礼拝」


P2850388
15世紀の北フランスの逸名彫刻家作「祈る聖母」


P2850392
14世紀のトスカーナ?の逸名彫刻家作「玉座の聖母子」


P2850395
15世紀の逸名彫刻家作「聖母子」


P2850397


P2850399
Maestro dei Cassoni (トスカーナ、15世紀後半活動)に帰属する「マルコ・ヴェスプッチとシモネッタ・カッタネオの結婚」


P2850402
デッロ・デッリ(フィレンツェ、1404‐セゴヴィア、1464?)の「エネアの物語」


P2850403
左半分


P2850406
右半分


P2850409
アンドレア・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1346‐1379記録)に帰属する「玉座の聖母子と聖人たちと天使たちと受胎告知」


P2850412
ジョヴァンニ・ダ・ポンテ(フィレンツェ、1385‐1437)に帰属する「聖母戴冠と聖ジョヴァンニ・バッティスタとバーリの聖二コラと受胎告知」


P2850415
ロッゼッロ・ディ・ヤコポ・フランキ(フィレンツェ、1376/1377-1456c)の「聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖バルトロメオと天使たち」


P2850418
14世紀のトスカーナの逸名画家作「授乳の聖母と聖人たち」


P2850422
15世紀のロンバルディアの逸名画家作「聖パオロ」


P2850425
15世紀のトスカーナの逸名画家作「聖母子」


P2850431
ベルナルディーノ・フンガイ(シエナ、1460-1516)に帰属する「聖母子」


P2850428
サーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1406-1481)の「聖母子」


P2850433
ラッザロ・バスティアーニ(パドヴァ、1429-ヴェネツィア、1512)の「聖母子」


P2850437
次の展示コーナーです。


P2850439
ユストゥス・サステルマンス(アンヴェルサ、1597-フィレンツェ、1681)の「高貴な女性の肖像」(1630c)


P2850441
パウルス・モレルス(ユトレヒト、1571-1638)の「ヴィーナスとアモーレ」(1630-38)


P2850445
17世紀末の逸名画家作「聖パオロの回心」


P2850448
17世紀にローマで活動した逸名画家作「ダヴィデ」(1640-60)


P2850451
ロベルト・デ・ロンゲ(ブリュッセル、1646-ピアチェンツァ、1709)の「アガルとイシマエル」(1700-09)


P2850454
ロベルト・デ・ロンゲ(ブリュッセル、1646-ピアチェンツァ、1709)の「イサクの犠牲」(1700-09)


P2850457
ロベルト・デ・ロンゲ(ブリュッセル、1646-ピアチェンツァ、1709)の「聖ジュゼッペ」(1688-90)


P2850460
クリストフォロ・ストレール(コスタンツァ、1611-ミラノ、1671)の「聖ジローラモ」(1643)


P2850465
ピーター・バウト(ブリュッセル、1658-1719)の「馬市」(1699)


P2850467
次の部屋です。


P2850472
第20室になります。


P2850468
天井のフレスコ画


P2850470
私には、フレスコ画の制作者等の詳細が分かりません。


P2850471


P2850474
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646-パルマ、1712)に帰属する「時化」(1670-80)


P2850478
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646-パルマ、1712)の「時化の難破船」(1670以降)


P2850482
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646-パルマ、1712)の「騎兵戦」(1670-95)


P2850485
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646-パルマ、1712)の「騎兵戦」(1670-95)


P2850487
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646-パルマ、1712)の「砲兵の戦い」(1670-95)


P2850490
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646-パルマ、1712)の「騎兵戦」(1670-80)
(つづく)

P2850257
ジョヴァン・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1556‐パルマ、1619)の「聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」(1599)
ピアチェンツァのサンタ・マリア・ディ・ピアッツァ教会にありました。


P2850260
ジョヴァン・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1556‐パルマ、1619)の「ピアチェンツァの街を守護するキリストと聖母」(1603)
ピアチェンツァのサン・ヴィンチェンツォ教会にありました。


P2850264
ジョヴァン・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾの工房作「聖フランチェスコに顕現する聖母子」(16世紀末‐17世紀初め)


P2850269
ジローラモ・マッツォーラ・べドリ(ヴィアダーナ、1500‐パルマ、1570)の「ピタゴラスとユークリッド」(1545c)
パルマのサン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ教会にありました。


P2850272
カミッロ・ボッカッチーノ(クレモナ、1505‐1545)の「預言者イザヤとダヴィデ」(1530)


P2850274
16世紀の逸名画家作「聖ジローラモ」


P2850278
17世紀の逸名画家作「悔悛の聖ジローラモ」


P2850281
17世紀のロンバルドの逸名画家作「この人を見よ」


P2850284
17世紀のロンバルドの逸名画家作「聖アグネス」


P2850287
16世紀の逸名画家作「十字架降下」


P2850290
次の展示コーナーです。


P2850291
この辺にはファルネーゼ・コレクションがありません。


P2850293
ピエル・フランチェスコ・フェッランテ(ボローニャ、1600‐1652)の「ソロモンとシバの女王」(1652)


P2850295
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577‐1668)の「子供に洗礼を施す聖カルロ・ボッロメオ」(1635‐45)


P2850299
ヤン・ソーンス通称イル・フィアッミンゴ(オランダ、セントーヘンボス、1547‐パルマ、1611)の「音楽」(1580‐90)


P2850302
ヤン・ソーンス通称イル・フィアッミンゴ(オランダ、セント―ヘンボス、1547‐パルマ、1611)の「天文学」(1580‐90)


P2850305
ジョヴァンニ・ランフランコ(パルマ、1582‐ローマ、1647)の「聖ルーカ」(1611)


P2850309
イタリア中央の逸名画家作「聖キアーラの剃髪式」(17世紀前半)


P2850313
ティブルツィオ・パッセロッティ(ボローニャ、1553‐1612)の「聖母子と聖人たち」


P2850316
次の展示コーナーです。


P2850318
天井に描かれたフレスコ画


P2850319
制作者等詳細が不明です。


P2850320


P2850321


P2850322


P2850323


P2850325
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1608‐1661)の「キリストの神殿奉献」(1645)


P2850328
ジュゼッペ・ヌヴォローネ(ミラノ、1619‐1703)の「聖母子と聖ジローラモと聖ベネデット」(1665)


P2850331
ドメニコ・フィアセッラ(サルザーナ、1589‐1669)の「キアラヴァッレの聖ベルナルドに顕現する聖母子と聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(1643)


P2850334


P2850337
ヴァレリオ・カステッロの追随者作「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(1650c)


P2850341
ジョヴァンニ・バッティスタ・メラーノ(ジェノヴァ、1632‐ピアチェンツァ、1698)の「マギの礼拝」(1685‐90)


P2850344
ジョヴァンニ・バッティスタ・メラーノ(ジェノヴァ、1632‐ピアチェンツァ、1698)の「磔刑」(1673)


P2850347
ジョヴァンニ・バッティスタ・メラーノ(ジェノヴァ、1632‐ピアチェンツァ、1698)の「ソロモン」(1673c)


P2850350
ジョヴァンニ・バッティスタ・メラーノ(ジェノヴァ、1632‐ピアチェンツァ、1698)の「バルダッサッレの饗宴」(1650‐59)


P2850354
ユストゥス・サステルマンス(アンヴェルサ、1597‐フィレンツェ、1681)の「アルフォンゾ4世デステの肖像」(1650c)


P2850356
部屋番号表示が出てきました。


P2850357


P2850363
ボッティチェッリの作品が展示されてます。


P2850359
サンドロ・ボッティチェッリ(フィレンツェ、1446‐1510)の「幼きキリストを崇拝する聖母と聖ジョヴァンニーノ」
(つづく)

P1070379
16世紀から約200年間、ファルネーゼ家の支配下にあったピアチェンツァですが、ピアチェンツァに於けるファルネーゼ公爵家の住居がファルネーゼ宮殿です。宮殿にピアチェンツァ市立博物館があります。


P1070375
宮殿の歴史と、ファルネーゼ家とピアチェンツァとの関りについて触れておきましょう。
ファルネーゼ宮殿入口に向かって左側に古い要塞構造の部分があります。


P2850885
街の北部、城壁とポー川から直ぐ傍の現在地に、ミラノ公爵ガレアッツォ2世ヴィスコンティ(ミラノ、1320‐パヴィア、1378)が1352年に要塞を建設しましたが、その要塞がファルネーゼ宮殿の前身です。
写真左の塔を含む部分が1352年に建設された要塞の一部に当たります。


064
ミラノは、ヴィスコンティ家からスフォルツァ家の支配になりましたが、それに伴いピアチェンツァもスフォルツァ家の支配下に置かれ、それが1499年まで続きました。1499年からフランスの支配を受け、フランス支配が1521年まで続きましたが、その後、非公式ながら教皇領の一部に組み入れられました。


P2850225
第220代ローマ教皇パオロ3世俗名アレッサンドロ・ファルネーゼ(カニーノ、1468‐ローマ、1549)(教皇在位:1534年‐1549)には4人の息子(一生独身とされた教皇ですが、当時の教皇には子供がいたのです)がいましたが、最も愛していた長男ピエル・ルイージ・ファルネーゼ(ローマ、1503‐ピアチェンツァ、1547)のために、公国を設立して、ピエル・ルイージを公爵にしようと考えたのです。


P2850226
1545年、教皇パオロ3世は、当時イタリア王でもあった神聖ローマ皇帝カール5世(ヘント、1500‐スペイン、ユステ修道院、1556年)の承認を得て、金を支払って買ったことにより、ピアチェンツァとパルマをミラノ公国から切り離し、ピアチェンツァ公国とパルマ公国を設立して、両公国の公爵位を長子ピエル・ルイージに授けたのです。ピエル・ルイージは、両公国の首都をピアチェンツァに定めました。


P2850227
1547年、ピエル・ルイージ・ファルネーゼ公爵は、”ピアチェンツァの陰謀”によって、この古い城塞で殺害されたのです。
第二代公爵を継いだのは、ピエル・ルイージの息子オッタヴィオ(バレンタノ、1524‐ピアチェンツァ、1586)でした。


P1080154
1558年、ピアチェンツァとパルマとカストロの公爵オッタヴィオ・ファルネーゼとその妻オーストリア皇女マルゲリータ(1522‐1586)(神聖ローマ皇帝カール5世の娘)は、古い城塞には住み難いということで、新たに宮殿を建設することを決め、建築家フランチェスコ・パチェットが起用されました。
当初の設計では城塞を取り壊し、その上に宮殿を建設することになっていましたが、要塞の西側と2本の塔を残すことに改められました。


P1080288
その後、建設工事は建築家ヤコポ・バロッツィに引き継がれましたが、1602年に作業が中断され、未完のまま現在に至ってます。


P2850231
未完に終わった部分
宮殿は当初設計の半分の規模で終わったのです。
ここで前述したファルネーゼ家の人々とカール5世の有名な肖像画があります。


P1550483
教皇パオロ3世の肖像


P1550485
カポディモンテ美術館にあります。


P1550477
教皇パオロ3世の肖像


P1550479
ファルネーゼ・コレクションの傑作はナポリに移されてしまいました。その経緯については後述します。


P1550495
ピエル・ルイージ・ファルネーゼ(パオロ3世の長子)の肖像


P1550496


P1550481
パオロ3世とアレッサンドロ・ファルネーゼ(イル・ジョーヴァネ)枢機卿とオッタヴィオ・ファルネーゼ


P1550482
アレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿(ローマ、1520‐1589)とオッタヴィオ・ファルネーゼ(バレンタノ、1524‐ピアチェンツァ、1586)は、ピエル・ルイージの子供です。パオロ3世の孫です。


P1550473
アレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿の肖像


P1550475
教皇パオロ3世とその孫アレッサンドロ・ファルネーゼ・イル・ジョーヴァネ枢機卿の2人が美術品の収集に熱心でした。2人によって所謂”ファルネーゼ・コレクション”の中核が形成されたのです。


P1550488
神聖ローマ皇帝カール5世の肖像


P1550489


P2850235
ファルネーゼ宮殿の中庭から撮った写真です。
宮殿は3階建てですが、回廊によって繋がれてます。各階に中階が組み込まれてます。


P2850233
中庭


P2850232
中庭の左側


P2850229
宮殿の外側に出ました。
ここが以前の入り口です。


P2850230
現在は宮殿の入り口扉が開いているので、ここから出入りします。


P2850228
展示物が多いので、午前4時間、午後3時間の開館時間に効率良く見て回る必要があります。


P2850236
博物館は、絵画館、馬車博物館、考古学博物館、リソルジメント(イタリア国家統一運動)博物館に分かれてます。


P2850237
ルネサンス期にファルネーゼ家が収集したものが所謂ファルネーゼ・コレクションです。前述のように、ファルネーゼ家では、特に第220代教皇パオロ3世(カニーノ、1468‐ローマ、1549)とパオロ3世の孫アレッサンドロ・ファルネーゼ・イル・ジョーヴァネ枢機卿(ヴァレンターノ、1520‐ローマ、1589)の2人が美術品収集に熱心でした。
コレクションは、ローマのファルネーゼ宮殿(現在はフランス大使館になってます)、カプラローラ(ヴィテルボ近く)のヴィッラ・ファルネーゼ、パルマのピロッタ宮殿、ピアチェンツァのファルネーゼ宮殿などに分散されていました。


P2850234
時代は下り、1731年、ファルネーゼ家直系男子が途絶え、断絶してしまいました。ファルネーゼ・コレクション散逸の危機を迎えたのです。
この辺の経緯とその結幕に触れてみます。
17世紀中頃から後半のパルマとピアチェンツァの公爵だったラヌッチョ2世ファルネーゼ(パルマ、1630‐1694)は、3人の男子に恵まれました。先妻との間にできた公世子オドアルド2世(パルマ、1666‐1693)、後妻との間にできたフランチェスコとアントニオがいました。
公世子オドアルド2世は、父ラヌッチョ2世の公爵在任中の、ラヌッチョ2世死去の前年に死んでしまい、ラヌッチョ2世死後の公爵位は、次男フランチェスコに引き継がれましたが、子供に恵まれないまま、1727年に没したのです。ラヌッチョ2世の3男アントニオが公爵位を引き継ぎましたが、アントニオも子供に恵まれないまま、1731年死去してしまい、ファルネーゼ家は断絶してしまいました。
公世子ラヌッチョ2世ファルネーゼには娘エリザベッタがいましたが、エリザベッタはスペイン王フェリペ5世に嫁ぎスペイン王妃になっていました。
エリザベッタには、フェリペ5世との間に2人の息子カルロスとフィリッポがいました。
1731年、ファルネーゼ家断絶に伴い、ファルネーゼ・コレクションはスペイン王妃エリザベッタに引き継がれ、パルマ公爵はエリザベッタの息子カルロスが襲位したのです。カルロスが引き続きパルマ公になっていれば、コレクションには何の問題もなかったことでしょう。
ところが、1734年、カルロスは、ナポリ公国の王に叙せられ、カルロ3世となりましたが、母エリザベッタから受け継いだファルネーゼ・コレクションの大部分をナポリに持って行ったのです。
新たにパルマ公になったのは、カルロスの弟フィリッポでしたが、コレクションの一部返還を兄に訴え、一部がパルマに戻されました。
ピアチェンツァの宮殿にあったものは、移動が困難なフレスコ画や調度品を除いてナポリに移され、後の返還交渉で一部の大したことない作品はピアチェンツァに戻されたものの、その大部分は戻ることがありませんでした。


P2850239
切符売り場は未だ閉まったまま。
ナポリに持ち出された後のファルネーゼ宮殿は悲惨で直ぐに荒廃が始まりました。オーストリア軍や、その後に侵攻してきたナポレオン軍の兵舎などに使用されました。また、第二次世界大戦の爆撃によって家を失った被災者の避難所として使用されました。
1965年に宮殿の大修復工事が開始され、2006年に市立博物館としてオープンしました。


P2850241
午後3時になっても切符売り場の扉が開きません。
残念ながら、ファルネーゼ・コレクションのお宝はこの宮殿には殆どありません。
ナポリの王宮、国立考古学博物館、カポディモンテ美術館でファルネーゼ・コレクションのお宝を見ることが出来ます。


P2850253
漸く切符売り場が開きました。


P2850238
入館しました。


P2850243
何処から見て行くか。


P2850242
考古学部門から見て行くことにしました。


P2850244


P2850245
ジュリオ・マッツォ―ニの「モーゼの泉」(1560)


P2850247
「モーゼの泉」は、ピアチェンツァのサンタゴスティーノ修道院にあったそうです。


P2850249
このまま考古学部門を見ていると時間が足りないと思いました。


P2850252
已む無く絵画館を先に見て、その次に馬車博物館を見ることにしました。


P2850289
ファルネーゼ家の紋章


P2850255
絵画館の最初の部屋です。


P2850256
部屋のフレスコ
(つづく)

P1070468
1803年から1804年に建設された新古典様式のピアチェンツァ市立劇場です。


P1070471
ミラノ・スカラ座に外観が似ています。残念ながら、この日の公演はありません。


P1070470
次はサンタントニーノ聖堂です。


P1070465
サンタントニーノ聖堂です。


P1070474
この写真で市立劇場とサンタントニーノ聖堂の位置関係が分かると思います。写真右手前が市立劇場です。


P1070455
八角形の鐘楼が目立ちます。
扉が開くまで少し時間があります。


P1070467
Palazzo Anguissola Cimafava Roccaです。


P1070464
サンタントニーノ聖堂の扉が開くまで、時間潰しが必要です。


P1070478
多分、扉が閉まっているだろう、と思いながらもサンタゴスティーノ教会に行ってみることにしました。


P1070479
予想に反して開いている教会は滅多にありません。


P1070480
サンタゴスティーノ教会は予想通り閉まっていました。


P1070483
サンタゴスティーノ教会隣にあるPalazzo dei Conti Scotti da Sarmatoです。


P1070482
Palazzo dei Conti Scotti da Sarmatoの大広間に素晴らしいフレスコ画があるようですが、私有の建物で非公開です。


P1070481
一応時間潰しになりました。


P1070484
Palazzo Scotti di Sermato


P1070485
窓の上の彫刻を見て回りました。


P1070486


P1070487
そろそろサンタントニーノ聖堂の扉が開く時間です。


P1070536
サンタントニーノ聖堂の扉が開いてます。


P1070488
中に入りました。


P1070511
主祭壇と後陣


P1070501
一旦、キオストロ回廊に出ました。


P1070531
サンタントニーノ聖堂については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P1070537
外に出ました。


P1070538
次はドゥオーモの拝観です。


P1070539
扉が開いていました。


P1070544
堂内に入りました。


P1070561
美術的に見所が豊富です。


P1070548
ドゥオーモについては、項を改めて詳しく触れる予定です。


P1070588
外に出ました。


P1070589
サン・ロッコ教会は何時ものように閉まっていたので、素通りしました。


P1070590
次はサン・サヴィーノ聖堂です。


P1070591
サン・サヴィーノ聖堂です。扉が開いていました。


P1070592
聖堂の歴史が書かれてます。


P1070291
903年に創建された初代の建物は、10世紀に侵攻してきたハンガリー人によって破壊されてしまいました。
二代目の建物は11世紀から12世紀に建設されたロマネスク様式のもので、その奉献式は1107年に執り行われました。
17世紀前半になると二代目の建物は老朽化が進んだので、二代目の建物の大部分を取り壊して、1631年から1637年にかけてバロック様式で大修復されました。大修復と言うよりも再建と言った方が良いようです。


P1070292
現在のファサードは1721年に建設されました。
聖堂の現在の姿は、1902年から1903年にかけて行われた修復後のものです。


P1070593
聖堂内に入りました。


P1070595
三廊式、ロマネスク様式の内部です。


P1070542


P1070596
天井


P1070601
祭壇と後陣


P1070598
クーポラのフレスコ画は、イル・ポルデノーネによって1529年から1531年に制作されました。


P1070600
クリプタのモザイクが最大の見所ですが、施錠されていて中に入ることが出来ません。


P1070603
内陣床のモザイク


P1070604


P1070597
中に入れただけでも良しとしましょう。


P1070599
教会巡りは運ですね。信者ではなく観光客ですから。


P1070602
祭壇前から見た出入口方向


012
外に出ました。


037
急に雨が降ってきました。


079
サンタ・マリア・イン・ガリヴェルト教会は閉まっていました。


080
天気が悪くなってきたので、教会巡りをする気が失せてきました。


081
サン・クリストフォロ教会


082
そろそろ切り上げてホテルに戻った方が良さそうです。


083


084
サンテウスタキオ教会


078
切り上げてホテルに戻りました。
(おわり)

P1080164
インペラトリチェ・アンジルベルガ通りを進みます。


P1080165
ポッセリ門です。


P1080166
ポッセリ門を潜るとサン・シスト通りに出ます。


P1080167
この辺は城壁の中でも郊外に当たります。


P1080168
サン・シスト教会です。


P1080169
ルネサンス様式の教会です。


P1080180
拝観しました。
サン・シスト教会については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P1080198
美術的に見所豊富な教会と言えるでしょう。


P1080213
パルマ・イル・ジョーヴァネの作品


P1080249
ピエトロ・ダ・コルトーナの作品


P1080276
ファサード前に小さな中庭があり、それを取り囲む回廊があります。


P1080287
サン・シスト教会から外に出ました。


P1080288
ファルネーゼ宮殿の前を通り過ぎて、旧市街の中心に向かいました。このように書きましたが、徒歩で3,4分の距離にしかすぎません。


P1080289
教会巡りを続けます。


P1070381
次はサン・フランチェスコ教会の拝観です。


P1070380
カヴァッリ広場に向かってカヴール通りを進みます。


P1070383
車と人通りが多くなってきました。


P1070382
レンターカーを借りると、標識の意味が分からないと大変なことになります。


P1070384
バールで一休みしました。


P1070385
17世紀に建設されたサン・マルティーノ・イン・フォロ教会です。


P1070386
サン・マルティーノ教会が開いているか、と思ってローマ通りに入ったのですが、閉まっていたので元に戻ります。


P1070388
カヴール通りの旗は何のため?


P1070389
イタリア国旗だけのようです。


P1070390
カヴァッリ広場に何回来たことか・・・・・


P1070391
自転車シェア制度が流行してます。


P1070395
サン・フランチェスコ教会の扉が開いていました。


P1070396
中に入りました。


P1070415
サン・フランチェスコ教会については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P1070430


P1070444
サン・フランチェスコ教会から外に出ました。


P1070447
そろそろ昼飯時です。


P1070449
12時開店の食堂がありません。


P1070450
あの中華料理屋ならば開いていると思いました。


P2810029
やはり開いていました。中国人は勤勉です。


P2810032
注文した料理が次々と出てくるのが気に入ってます。


P2810033


P2810036
中華を食べれば、時間の有効利用になります。


P2810037
お腹一杯です、食べ過ぎでした。


P1070451
ドゥオーモの拝観は後程。


P1070452
ビールを飲むとトイレが近くなって困ります。


P1070453


P1070454
夕食の予約するために立ち寄りました。


P1070461
(つづく)

P2850884
市立博物館から外に出ました。


P2850885
時間切れのため、絵画館と馬車博物館の2つしか見ることが出来なくて残念でした。


P2850886
サン・フェルモ教会は閉まっていたので、そのまま大人しくホテルに戻りました。


P2850887
翌朝です。


P2850889
朝食前の散歩です。


P2850890
日曜日の朝とあって、辺りは静まり返っていました。


P2850891
夜のうちに、カヴァッリ広場はカルチェット(フットサル)のピッチに変身したようです。確かカルチェットのピッチは、天然芝、人工芝はダメだったような。


P2850892
涼しいを通り越して少し寒かった。


P2850893
車が通らないし、広場で夜明かしをした酔っ払いもいません。


P2850894
誰もいないサン・フランチェスコ教会。


P2850895
漸く車が一台通過していきました。


P2850896
邪魔がないので写真を撮るには絶好でした。


P2850897
アレッサンドロ・ファルネーゼ公爵のブロンズ像


P2850898
Palazzo dei Mercanti


P2850899
Palazzo Istituto Nazionale Assicurazione(塔のある建物)


P2850900
バラ窓の左右の丸い部分は素通しであることが分かります。


P2850901
ドゥオーモに向かいます。


P2850902
車が通らず、誰もいないのでゆっくり見て回り、写真を撮ることが出来ましたが、その一方で拍子抜けです。


P2850903
コンビニ無し、新聞配達無しですね。


P2850904
ドゥオーモ


P2850905
前日の厳重な警備がウソのように警官がいません。


P2850906
バラ窓の下の聖母子と聖ジョヴァンニーノの彫刻が中々のものです。


P2850907
壁龕の彫刻は何処に行ったの?


P2850908
取り敢えずサン・サヴィーノ聖堂まで行ってみることに。


P2850909
ドゥオーモ広場


P2850910
Via Vescovado


P2850911
サン・ロッコ教会


P2850912
ローマ通りに入りました。


P2850913
写真右の建物は、Palazzo Anguissola da Grazzanoです。


P2850915
サン・サヴィーノ聖堂前の緑地です。


P2850914
サン・サヴィーノ聖堂です。


P2850917
この先が駅です。
朝の散歩を満喫したので、ホテルに戻って朝食を食べました。


P1070356
ホテルを出てサン・シスト教会に向かいました。


P1070357
サン・フェルモ教会を通り過ぎました。


P1070359
サン・シスト教会は、ファルネーゼ宮殿の先にあります。


P1070363


P1070379


P1070362
ファルネーゼ宮殿前の広場はバス・ターミナルになってます。


P1080158
日曜日でも開いていました。開いている店が少ないようで、かなりの繁盛です。


P1080160
旧サンタ・マリア・デル・カルミネ教会です。


P1080159
第二次世界大戦のドイツ軍の爆撃を受け、大きな被害を受けましたが、その後、修復されることなく放置され廃教会となっていました。幾度となく修復の話が持ち上がりましたが、資金難のため計画が進みませんでした。


P1080161
ピアチェンツァ市当局の主導とスポンサーが見つかり、現在修復工事中です。完成後は、ピアチェンツァ市有の建物となって、各種の展示会場や催事場として使用されることになってます。


P1080162
教会隣の建物は1938年に建てられたCasa del Mutilatoです。


P1080163
(つづく)

P2850174昼食を食べて元気が出たので、街歩きを再開しました。


P2850177
ドゥオーモに向かいました。


P2850178
ドゥオーモです。


P2850180
ドゥオーモ広場


P2850182
警察官が多数出動して警戒に当たっていました。


P2850205
ドゥオーモに近付けそうもありません。警察車両と警察官の写真を撮ったら、英語の上手な警官がやってきて、宜しければ撮った写真を消去して頂けないか、と言ってきました。快諾して消去しました。
遠くから撮れば、顔が分からないので写真を撮っても良いとのお達しでした。


P2850206
私の勝手な想像ですが、この時はローマ教皇が訪れていた?


P2850183
仕方がないので、ドゥオーモの拝観は翌日に持ち越して、Museo Diocesanoに向かいました。


P2850184
Museo Diocesanoは、ドゥオーモの後方にあるので、司教館を経由して行くのが普通ですが、司教館の通り抜けが禁止されていたので、一旦、ローマ通りに出てからドゥオーモの身廊横に出るという、かなりの遠回りを強いられました。


P2850185
Museo Diocesanoの建物ですが、どことなく変です。


P2850195
ジャーン! 扉が閉まっている!!


P2850196
観光案内所で確認したんだよ、今日は開館だって!!


P2850186
仕方がないので、元に戻ろう。


P2850187
ドゥオーモの横の道を通って元に戻ろうとしたのですが・・・・・


P2850188
ここにも警官がいて、この先は通行禁止と言われてしまいました。


P2850189
救急車も出動していました。


P2850191
ドゥオーモ付属の教会


P2850192
すっかり予定が狂ってしまいました。


P2850193
午後の早い時間は、ドゥオーモの拝観とMuseo Diocesanoの入館を予定していましたが、二つともダメでは行く所がありません。


P2850194
ファルネーゼ宮殿博物館は未だ開いていないし、この時間、教会は閉まってます。


P2850195
恨めしい扉


P2850198
それにしても観光案内所の説明は理解し難いものがあります。


P2850199
例のイタリア流が炸裂ですね。Museo Diocesanoに行く観光客は物好きだから無視しても良い?


P2850201
普段ならば、写真左の建物からMuseo Diocesanoに行けます。


P2850203
時間潰しが必要です。


P2850207
わざわざイタリアに観光に行って時間潰しとはトホホでした。


P2850208
暑いので、外での時間潰しは無理です。


P2850210
ホテルに戻ることにしました。


P2850211
カヴァッリ広場


P2850216


P2850212
旧市街の中心にあるホテルは何かと便利です。


P2850214
ホテルに戻って一休みしました。


P2850217
ファルネーゼ宮殿の市立博物館の開館時間になったので、ホテルを出発しました。


P2850218
ファルネーゼ宮殿もホテルから近いのです。


P2850219
宮殿にやってきました。


P2850224
1352年の創建ですが、建物の大部分は1556年に建設されたファルネーゼ宮殿です。


P2850225
宮殿はピアチェンツァ市立博物館として一般公開されてます。


P2850228


P2850229
以前の博物館入り口です。


P2850231
宮殿の敷地内に入りました。


P2850234
入館しました。


P2850238
数多くの展示があって見るのが大変です。


P2850243
全部を見て回ろうとすれば、午前だけ、午後だけでは時間が足りないようです。


P2850249
市立博物館については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P2850291
ファルネーゼ家の収集物が展示の中心ですが、ファルネーゼ家のお宝美術品はナポリのカポディモンテ美術館に行ってしまい、その残りカスがパルマ国立美術館で展示されており、その質と量の点で、この博物館は劣勢を否めないようです。


P2850436


P2850493


P2850724


P2850804
(つづく)

P2690231
フィレンツェ・カンポ・ディ・マルテ駅です。


P2690232
カンポ・ディ・マルテ駅から列車に乗車してピアチェンツァに向かいました。フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅は行き止まりとなっているので、時間短縮を目的とした列車はサンタ・マリア・ノヴェッラ駅に入らず、幹線上のカンポ・ディ・マルテ駅に停車します。


P2850137
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に入らない列車は乗客に敬遠されているのか、トリノ行きの車内はがら明きでした。


P2850140
ピアチェンツァ駅に到着しました。


P2850141
ピアチェンツァ駅の駅舎
ピアチェンツァは、人口103,202人(2018年3月31日現在)のエミリア・ロマーニャ州ピアチェンツァ県の県都です。ポー川流域にあり、北方からの侵略を阻止するために築かれたローマ軍駐屯地を起源とする町です。紀元前187年に開通したピアチェンツァからリミニまでのエミリア街道の起点であり、また、ポストゥミア街道に接続する街として古来から交通の要衝として栄えました。現在も鉄道の要衝となってます。


P2850142
先ず、この日のお宿に向かいました。


P2850143
写真左に教会がありますが、道草せずにホテルに向かいました。


P2850144
写真左は、1774年から1777年に建設されたPalazzo Anguissola da Grazzanoです。


P2850145
写真右は、17世紀終わりに建設されたPalazzo Costaで、現在、環境博物館が置かれてます。


P1070300
ローマ通りをサン・ロッコ教会の前で左折します。


P2850146
サン・ロッコ教会の身廊の壁にフレスコ画があります。


P1070301


P2850147
写真右端がサン・ロッコ教会の建物です。


P2850148
直ぐにドゥオーモの鐘楼が見えてきます。


P2850149
ドゥオーモ広場横のVia Romagnosiを少し進めば、この日のお宿が見えてきます。


P2850150
この日のお宿です。この街に泊まるならば、このホテルがお勧めです。


P2850151
チェックインを済ませて、早速街歩きに出発しました。


P2850152
まずカヴァッリ広場に向かいます。


P2850154
街の中心カヴァッリ広場です。広場の名称は、広場に置かれた2体の騎馬像に由来します。


P2850155
ホテルからカヴァッリ広場まで徒歩1分以内です。


P2850156
広場に面して建つサン・フランチェスコ教会


P2850157
Palazzo Comunale、またはPalazzo Gotico、またはブロレットと呼ばれる建物は1281年に建設されました。


P2850158
カヴァッリ広場に面して建つ、1787年に建設されたPalazzo del Governatoreです。パルマ=ピアチェンツァ公国の総督住居として使用されていました。


P2850159
写真左のジャン・フランチェスコ・パラッティエーリの日時計が有名です。


P2850160


P2850161
騎馬像を見る前に観光案内所に行くことにしました。


P2850162
市庁舎後方に観光案内所があります。


P2850163
観光案内所で博物館、美術館などの開館時間を確認しました。ところが後で間違っていたことが分かり愕然。
騎馬像をじっくりと見ます。


P2850164
フランチェスコ・モーキ(モンテヴァルキ、1580‐ローマ、1654)の「ラヌッチョ1世ファルネーゼ(パルマ、1569‐1622)の騎馬像」(1620‐29)


P2850165
2体の騎馬像は彫刻家フランチェスコ・モーキの代表作とされてます。


P2850166
もう一つの騎馬像近くに移動します。


P2850167
フランチェスコ・モーキ(モンテヴァルキ、1580‐ローマ、1654)の「アレッサンドロ・ファルネーゼ(ローマ、1545‐フランス、アラス、1592)の騎馬像」(1620‐29)


P2850168
二人ともパルマ=ピアチェンツァ公爵です。


P2850169
サン・フランチェスコ教会は閉まっていました。


P2850172
この日の翌日、拝観しました。


P2850170
1676年から1697年にかけて建設されたPalazzo dei Mercantiです。現在、市庁舎の一部として使用されてます。


P2850171
塔のある建物はPalazzo Istituto Nazionale Assicurazioneです。


P2850173
昼食の時間です。


P2850153
手っ取り早く中華料理にしました。


P2780803
この店に通いました。


P2780805
安くて美味くて、コスパ良し。


P2780806
非常に美味でした。


P2780808
(つづく)

↑このページのトップヘ