イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > ピアチェンツァ、サン・シスト教会

P1080216
詳細不明


P1080217
詳細不明


P1080221
17世紀後半のピアチェンツァの逸名画家作「聖母子ととパドヴァの聖アントニオ」


P1080239
主祭壇です。


P1080225
問題の主祭壇画です。 
ピエトロ・アントニオ・アヴァンツィーニ(ピアチェンツァ、1656‐1733)の「ラファエッロ・サンツィオ作『システィーナの聖母』の複製画」


800px-Raffaello,_madonna_sistina_01
主祭壇画ですが、1513年には既にラファエッロの「システィーナの聖母」がありました。
ところが、1754年、ベネデット会修道士が金に目が眩んで、ポーランドのアウグストゥス3世に売却してしまったのです。現在、ラファエッロの作品はドレスデン国立絵画館にあります。
売却後は、代わりに複製画が置かれてます。


P1080220
主祭壇から見た出入口方向


P1080227
レアンドロ・バッサーノ(バッサーノ・デル・グラッパ、1557‐ヴェネツィア、1622)の「聖バルバラの殉教」


P1080230
ヤコポ・オラツィオ・フェリナーティ(ヴェローナ、1524‐1606)の「羊飼いの礼拝」(1570c)


P1080229
ヤコポ・オラツィオ・フェリナーティ(ヴェローナ、1524‐1606)の「天上のキリストと聖母とパドヴァの聖アントニオ」


P1080232
詳細不明


P1080234
カミッロ・プロカッチーニ(パルマ、1561‐ミラノ、1629)の「嬰児虐殺」(1604‐05)


P1080236
ジャン・パオロ・カヴァーニャ(ベルガモ、1550‐1627)の「聖ロレンツォの逮捕」


P1080240
聖歌隊席の彫刻に注目です。


P1080241
ジオ・ピエトロ・パムビアンコ・ダ・コロルノとバルトロメオ・ダ・ブッセートによる木組み彫刻(1512‐14)


P1080242
ジョヴァン・アンジェロ・ボッローニ(クレモナ、1684‐ミラノ、1772)の「聖バルトロメオの殉教」


P1080244
左側廊


P1080245
詳細不明の燭台


P1080246
シモーネ・モスキーノ(オルヴィエート、1553‐パルマ、1610)のオーストリアのマーガレットの墓碑(1587‐17世紀初め)


P1080248
逸名彫刻家作「磔刑像」(17世紀)
サン・フェルモ教会にあったそうです。


P1080249
ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1596‐ローマ、1669)の「聖ステファノの殉教」


P1080253


P1080255
ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1596‐ローマ、1669)の「十字架降下」


P1080256
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「割礼」(1742c)


P1080257
ジョヴァンニ・バッティスタ・タリアサッキ(ボルゴ・サン・ドニーノ、1696‐カステルボスコ、1737)の「聖ゲルトルーデと聖マルゲリータの贖い」(1730c)


P1080259
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(パルマ、1500c‐1569)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1080262
ステファノ・ランブリ(17世紀活動)の「受胎告知」(1649)


P1080263


P1080265
アントニオ・カンピ(クレモナ、1524‐1587)の「羊飼いの礼拝」(1570c)


P1080267
ジュゼッペ・ヌヴォローネ(サン・ジミニャーノ、1619‐ミラノ、1703)の「聖ジローラモと天使」(17世紀)


P1080269
左第2礼拝堂のフレスコ画は、アントニオ・カンピ(クレモナ、1524‐1587)の復活したキリスト」


P1080270


P1080271
ベルナルディーノ・ザケッティ(レッジョ・エミリア、16世紀前半活動)によるクーポラのフレスコ画(1517)


P1080272


P1080273


P1080275
左側廊


P1080274
主祭壇をもう一度見ました。


P1080276
中庭に出ました。


P1080277
これを売るなんて、軽蔑すべき修道士です。


P1080178


P1080287
外に出ました。
(おわり)

P1080164
ピアチェンツァのインペラトリーチェ・アンジルベンガ通りです。


P1080165
ボッセリ門です。


P1080166
門を潜るとサン・シスト通りに出ます。


P1080168
サン・シスト通りの突き当りに教会があります。


P1080285
教会の入り口に門があります。


P1080169
神聖ローマ帝国皇帝ルドヴィーコ2世の妻Engelberga d'Alasaziaによって、852年から874年に建設された教会が前身です。その後、修道院が建設され、エンゲルベルガ皇后は、大修道院長に任命されました。
中世の頃、この修道院に対して特権と特典が与えられ、大変な勢力でした。
1129年、修道院はポリローネのベネデット会の所有となりました。
1425年、ベネデット会派のカッシネージ修道会に引き継がれました。


P1080284
1622年に建設された門を潜って中庭に入ります。


P1080170
15世紀後半、建物が経時劣化したので、それを取り壊し、その上に新しい建物を建設することになり、1490年創建、1511年に完成したルネサンス様式の建物が現在の姿です。


P1080279
1591年に完成したファサードは、1755年に現在の姿に改装されました。


P1080172
中庭を囲んで回廊が設けられてます。


P1080171
ファサードに向かって右側の回廊


P1080179
ファサード前から見たサン・シスト通り


P1080283
旧修道院の建物


P1080278
修道院は、1810年に活動が停止され、兵舎として使用されました。その後、一度も宗教活動が行われることなく現在に至ってます。


P1080174
回廊の壁に修道士のフレスコ画が描かれてます。


P1080175


P1080176


P1080177


P1080173
これについては、後述します。


P1080180
中に入りました。


P1080182
三廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1080181
美術的に見所が豊富です。


P1080183
右側廊の礼拝堂から見て行きます。


P1080184
五廊式と間違えそうな造りです。


P1080185
ジュゼッペ・ランブーリに帰属する「キリストの洗礼」


P1080187
ジェルヴァシオ・ガッティ(クレモナ、1550‐1631)の「聖ベネデットと聖マウロをもてなすトティラ王」(1585c)


P1080189
16世紀の逸名画家作「聖ジュゼッペの死」
ベルナルド・カンピの作品説もあるようです。


P1080191
逸名彫刻家作「チントラの聖母」(16世紀)
サンタ・マリア・イン・ボルゲット教区教会にあったそうです。


P1080193
右側廊の第3礼拝堂です。


P1080195
第3礼拝堂のフレスコ画は、アントニオ・カンピ(クレモナ、1524‐1587)の「砂漠の聖ジローラモ」(1570c)


P1080197
セバスティアーノ・ノヴェッリの「聖母子と聖人たち」(1530)


P1080198
タッデオ・ズッカリ(ウルビーノ、1529‐ローマ、1566)に帰属する「キリストの埋葬」


P1080203
右側廊第4礼拝堂です。


P1080201
カミッロ・プロカッチーニ(パルマ、1561‐ミラノ、1629)の「天上の聖母子と聖トンマーゾと聖カルロ・ボッロメオと聖フランチェスコ」(1610)


P1080201
逸名画家作「聖家族とパドヴァの聖アントニオと聖マルゲリータ」


P1080207
詳細不明


P1080208
エミリオ・ビアンキの「聖エレーナ」(1575)


P1080209
フランチェスコ・ギットーニ(リッツォ―ロ、1855‐ピアチェンツァ、1928)の「ピエタ」


P1080213
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1549‐1628)の「聖バルバラの殉教」


P1080215
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「聖ロレンツォの殉教」(1741c)
(つづく)

↑このページのトップヘ