イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > レッジョ・エミリア市立博物館

P1070139
パオロ・エミリオ・べセンツィ(コヴィオ―ロ・ディ・レッジョ・エミリア、1608‐1656)の「悔悛の聖ジローラモ」


P1070142
ロレンツォ・フランキ(ボローニャ、1565‐レッジョ・エミリア、1632)の「玉座の聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1070144
フェリーチェ・ボセッリ(ピアチェンツァ、1650‐ローマ、1732)の4点の作品


P1070146
エミリアの逸名画家作「斬首された聖ジョヴァンニ・バッティスタの首」(17世紀前半)


P1070148
ルカ・フェラーリ通称ルカ・ディ・レッジョ(レッジョ・エミリア、1605‐パドヴァ、1654)の「バッカス祭の寓意」


P1070150
ルカ・フェラーリ通称ルカ・ディ・レッジョ(レッジョ・エミリア、1605‐パドヴァ、1654)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1070152
ルカ・フェラーリ通称ルカ・ディ・レッジョ(レッジョ・エミリア、1605‐パドヴァ、1654)の「パリス(ギリシャ神話の)」


P1070154
ルカ・フェラーリ通称ルカ・ディ・レッジョ(レッジョ・エミリア、1605‐パドヴァ、1654)の「ルクレツィアの自殺」


P1070156
パオロ・エミリオ・べセンツィ(コヴィオ―ロ・ディ・レッジョ・エミリア1608‐1656)の「キリストの致命傷に接吻するシエナの聖カテリーナ」


P1070158
ジョヴァンニ・フランチェスコ・ゲッシ(ボローニャ、1588‐1649)の「アクイーノの聖トンマーゾの誘惑」


P1070161
パオロ・エミリオ・べセンツィ(コヴィオ―ロ・ディ・レッジョ・エミリア、1608‐1656)の「ご訪問」(17世紀)


P1070163
ピエトロ・パルトロニエーリ通称ミランドレーゼ(ボローニャ、1673‐1741)の「町の風景」


P1070165
ジュゼッペ・バルナバ・ソリエーリ別名フラ・ステファノ・ダ・カルピ(カルピ、1710‐レッジョ・エミリア、1766)の「最後の晩餐」


P1070167
ビアージョ・スパーニ(レッジョ・エミリア、18世紀活動)の「ギアーラの聖母と聖人たち」(18世紀)


P1070169
ガエターノ・ガンドルフィ(サン・ジョヴァンニ・イン・ペルシチェト、1734‐ボローニャ、1802)の「磔刑」(18世紀)


P1070171
ジローラモ・ドンニーノ(コッレッジョ、1681‐ボローニャ、1743)の「アキレウスをケイローンに預けるテティス」


P1070173
エミリアの逸名彫刻家作「聖母子」(18世紀)


P1070174
フランチェスコ・ヴェッラーニ(モデナ、1688‐1768)の「井戸のレベッカ」(18世紀)


P1070176
ジャコモ・パヴィア(ベルガモ、1812‐パヴィア、1882)とジローラモ・ドンニーニ(コッレッジョ、1681‐ボローニャ、1743)の「聖フィリッポ・ネリの物語」
4点のうち、ジャコモ・パヴィアの作品は1点だけです。ジローラモ・ドンニーニが4点制作しましたが、後に1点紛失したので、ジャコモ・パヴィアが紛失作品補充のために制作したようです。


P1070181


P1070182


P1070183


P1070184


P1070185
ジェミニアーノ・ムンディーチ(モデナ、1823‐1908)の「エルサレム幽囚のエピソード」(1856)


P1070187
ルイージ・カザーリ・バッシ(レッジョ・エミリア、1805‐1887)の「クロッピ劇場の幕の下絵」


P1070189
ドメニコ・ぺリッツィ(レッジョ・エミリア、1818‐1874)の「嬰児虐殺」(1853)


P1070191
アルフォンゾ・キエリーチ(レッジョ・エミリア、1816‐1873)の「3人の男」


P1070193
アルフォンゾ・キエリーチ(レッジョ・エミリア、1816‐1873)の「ジェレミア」(1857)


P1070195
アルフォンゾ・キエリーチ(レッジョ・エミリア、1816‐1873)の「聖ビアージョの奇跡」(1843)


P1070197
アルフォンゾ・キエリーチ(レッジョ・エミリア、1816‐1873)の「寺院からの商人たちの追放」(1844)


P1070199
アルフォンゾ・キエリーチ(レッジョ・エミリア、1816‐1873)の「3人の男」


P1070201
19世紀のエミリアの逸名画家作「風景画」


P1070203
アルフォンゾ・ベッカルーヴァ(レッジョ・エミリア、1839‐1871)の「クズナ山」(1870)


P1070205
現代画も展示されてます。


P1070206
詳細不明


P1070207


P1070208


P1070209


P1070212
エミリアの逸名画家作「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(15世紀第4四半世紀)


P1070214
フランスの逸名彫刻家作「聖ロッコ」(16世紀末‐17世紀初頭)


P2820563
外に出ました。


P2820564
(おわり)

P2820550
考古学部門の展示です。


P2820551


P2820552


P2820553


P1070108
コイン、メダルの展示


P1070109


P2820554
動物の剥製の展示


P2820555
新しく整備された展示部門です。


P2820556


P2820557
階上に向かいました。


P2820559
彫刻断片の展示


P2820560


P2820561
この街の歴史年表


P2820562
次は絵画、彫刻の展示です。


P1070111
Maestro di Tassarolaの「聖母子」(13‐14世紀)


P1070113
Maestro del Dossale di Reggioの「使徒」(14世紀第1四半世紀)


P1070115
エミリアの逸名画家作「聖母子」(15世紀第1四半世紀)


P1070117
レッジョ・エミリアの逸名画家作「聖母子と聖フランチェスコとトロサの聖ルドヴィーコ」(15世紀後半)


P1070119
ニコロ・パタラッツィ(レッジョ・エミリア、1495‐1562)の「我に触れるな」


P1070121
Pittore del 1477の「聖母子と聖アントニオ・アバーテ」


P1070123
ジョヴァンニ・ソンチーニ(レッジョ・エミリア、1503‐1539消息)の「聖母子と聖プロスペロと聖ベルナルド」


P1070125
カルレット・カリアーリ(ヴェネツィア、1570‐1596)の「受胎告知」


P1070129
ニコロ・デッラバーテ(モデナ、1509/1512-フォンテーヌブロー、1571)の「合奏」


P1070131
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577-1668)の「聖母子と聖フランチェスコ」


P1070133
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577-1668)の「カミッラ・ルッジェーリ・ブラミ?の肖像」


P1070135
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577-1668)の「ヤエルとシサラ」


P1070137
パオロ・エミリオ・べセンツィ(コヴィオ―ロ・ディ・レッジョ・エミリア、1608-1656)の「聖母子と聖アンナと聖ジョアッキーノ」


221
ベルナルディーノ・フェラーリ(ヴィジェーヴァノ、1495-1574)の「玉座の聖母子と聖ピエトロと聖アンブロージョ」(1515)


223
エミリアの逸名画家作「聖母子と聖人たち」(16世紀)


225
エミリアの逸名画家作「ご誕生」(16世紀)


226
フェルディナンド・ポルタ(ミラノ、1687-1763)の「キリストの洗礼」


P1270093
逸名画家作「聖母子」


P1270094
詳細不明


P1270097
逸名画家作「祈るキリスト」(16世紀)


P1260540
ミケーレ・ディ・マッテオ(ボローニャ、1410-1469)の「聖母子」(15世紀前半)


P1260543
シモーネ・デイ・クローチフィッシ(ボローニャ、1330-1399)の「聖母子」(14世紀中頃)


P1260546
シモーネ・デイ・クローチフィッシ(ボローニャ、1330-1399)の「トロサの聖ルドヴィーコ」(14世紀)


P1260550
シモーネ・デイ・クローチフィッシ(ボローニャ、1330-1399)の「聖パオロと聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖ピエトロ」


P1260372
ボローニャの逸名画家作「磔刑」(16世紀)


P1260374
ボローニャの逸名画家作「嬰児虐殺」(16世紀)


P1260366
ピエル・フランチェスコ・チッタディーニ(ミラノ、1616-ボローニャ、1681)の「聖ステファノの殉教」
(つづく)

P2820521
レッジョ・エミリアのPiazza Martiri del 7 Luglioです。大きな広場で、場所によって広場の名称が異なり、3つあります。


P2820245
広場に面して建っているサン・フランチェスコ教会です。


P2820243
サン・フランチェスコ教会のファサードに向かって左側にあって、教会と隣接する建物が旧サン・フランチェスコ修道院で、現在Palazzo dei Museiと呼ばれてます。


P2820244
Palazzo dei Museiに市立博物館が置かれてます。2014年から2017年にかけて、レッジョ・エミリアの美術館博物館の再編が行われました。その結果、Palazzo dei Museiにおける絵画・彫刻部門が縮小され、その一部は市立パルメッジャ―ニ美術館に移されました。


P2820524
入館無料です。


P1070098
地上階の廊下です。


P2820527
廊下から展示室に入ります。


P2820525
最初はモザイクの展示です。


P2820526
モザイクの展示箇所がもう一つあります。こちらの方は時代の古いモザイクの展示です。


P2820528


P2820529


P2820530
SS9とは何ぞや?


P2820531


P2820532


P2820533
モザイクがあった場所、制作された推定年などの説明表記がありません。


P2820537


P1070094


P1070095


P2820534
”Libreria(図書館)”に入りました。図書館らしからぬ展示です。


P2820535
理解が難しい展示です。


P2820536


P2820538
Museo Chierici di Paletnologiaに入りました。
chiericiは聖職者とか学者という意味、paletnologiaは先史人類学という意味ですが。


P2820539
頭蓋骨の展示


P2820541


P2820542
石器、鉄器


P1070096
石器類


P1070097
青銅器、鉄器


P1070098
彫刻などの展示


P2820546
紀元前5世紀のもの


P1070099


P2820543


P2820544


P2820545


P2820548


P2820549


P1070100
ちょっと時代が新しいような・・・・・


P1070101


P1070102


P1070103
再びモザイクの展示です。


P1070104


P1070105


P1070106


P1070107
(つづく)

↑このページのトップヘ