イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ローマの教会巡り > サンティ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂

P1360813
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂です。


P1360815
ジョヴァンニ・アントニオ・ガッリ通称ロ・スパダリーノ(ローマ、1585‐1652)の「パドヴァの聖アントニオ」(1603c)


P1360818
フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)によって描かれたパドヴァの聖アントニオ礼拝堂の天井フレスコ画(1640‐50)


P1360821
フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)の作品(パドヴァの聖アントニオ礼拝堂左側壁)(1640‐50)


P1360816
フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)の作品(パドヴァの聖アントニオ礼拝堂右側壁)(1640‐50)


P1360822
アッシジの聖フランチェスコ礼拝堂です。


P1360824
ジローラモ・ムツィアーノ派逸名画家作「法悦の聖フランチェスコ」


P1360825
ジローラモ・ムツィアーノ派逸名画家によるフランチェスコ礼拝堂左側壁のフレスコ画


P1360826
ジローラモ・ムツィアーノ派逸名画家による聖フランチェスコ礼拝堂右側壁のフレスコ画


P1360832
聖バルバラの礼拝堂です。


P1360835
カヴァリエール・ダルピーノ派逸名画家作「聖バルバラと天使」(1650c)


P1360838
カヴァリエール・ダルピーノ派逸名画家によって描かれた聖バルバラ礼拝堂天井のフレスコ画


P1360837
カヴァリエール・ダルピーノ派逸名画家によって描かれた聖バルバラ礼拝堂左側壁のフレスコ画


P1360836
カヴァリエール・ダルピーノ派逸名画家によって描かれた聖バルバラ礼拝堂右側壁のフレスコ画


P1360839
聖アレッサンドロ礼拝堂です。


P1360841
ルーベンス派逸名画家作「聖アレッサンドロの殉教」(1640c)


P1360843
フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)によって描かれた聖アレッサンドロ礼拝堂天井のフレスコ画(1640)


P1360847
聖アレッサンドロ礼拝堂左側壁の、フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)の「聖アレッサンドロの有罪判決」(1640)


P1360845
聖アレッサンドロ礼拝堂右側壁の、フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)の「聖アレッサンドロの殉教」(1640)


P1360849
ヴィテルボの聖ローザとパレルモの聖ロザルタの礼拝堂です。


P1360851
17世紀中頃のローマの逸名画家作「ヴィテルボの聖ローザとパレルモの聖ロザルタ」


P1360855
礼拝堂左側壁


P1360854
礼拝堂右側壁


P1360861
この日、クリプタは閉まったままでした。


P1360862
詳細不明


P1360863


P1360864


P1360865


P1360875
ドメニコ・カステッリ?の墓


P1360877
聖堂内部から回廊に出ました。


P1360888
回廊は17世紀に建設されました。


P1360878
中庭のフォンターナ


P1360880
回廊の壁にフレスコ画があります。


P1360882
17世紀中頃にローマの逸名画家によって描かれました。


P1360884


P1360902


P1360886
見所がもう一つあるので見逃さないように。


P1360890
これが必見とされてます。


P1360891
大きなプレセピオです。


P1360892
18世紀にナポリで作られたものです。


P1360893
イタリアで最大のプレセピオと言われてますが、事実?


P1360894


P1360895


P1360896


P1360897


P1360898
教会の扉を閉める鉦の音が聞こえてきました。


P1360901
回廊に出て、出口に向かいました。


P1360904
外に出ると直ぐに扉が閉められました。


P1360905
ロムルス神殿の中に入ることが出来ず、それが残念でした。


P1360906
(この項、おわり)

P1370109
Basilica dei Santi Cosma e Damiano、サンティ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂はフォロ・ロマーノにあります。


218
聖堂の入り口は、コロッセオに向かうフォーリ・インペリアーリ通りの右側にあります。


P1360777
聖堂の入り口とその上にある鐘楼が見えてます。


P1360778
聖堂は、ヴェスパシアーノのフォロの上にあります。


P1360779
6世紀、恐らく527年に建設されたとされてますが、5世紀建設の別説もあります。
現在の外観は、1632年、当時の教皇ウルバーノ8世の命によって、17世紀に改修された後の姿です。


P2110653
ロムルス神殿側の出入り口は、1947年に閉鎖され、現在の出入り口から出入りするようになりました。


P1360780
現在の出入り口から中に入ると中庭に出ます。


P1360781
中庭回廊から聖堂内に入ります。


P1360782
単廊式、バジリカ様式の内部です。


P1360783
左側壁


P1360785
右側壁


P1360784
17世紀に改修された天井
写真下にモザイクがありますが、モザイクの上に3匹の蜂のベルベリーニ家の紋章があります。バルベリーニ家の紋章があるのは、改修を命じた教皇ウルバーノ8世がバルベリーニ家出身だからでしょう。


P1360866
天井のフレスコ画「天上の聖母子と聖コズマと聖ダミアーノ」
私には制作者等の詳細が分かりません。


P1360786
主祭壇と後陣


P1360788
530年に制作された後陣のモザイク


P1360794


P1360795
キリストを挟んで、向かって右の聖人たちは、右端から聖テオドーロ、聖ダミアーノ、聖ピエトロです。


P1360796
向かって左は、左端から教皇フェリーチェ4世、聖コズマ、聖パオロです。


P1360827


P1360789


P1360859


P1360830
聖職者席上部の壁に修道女が描かれてます。


P1360793
主祭壇の「聖母子」(13世紀)
制作者情報不詳


P1360828
主祭壇を横から見たところです。


P1360829


P1360876
内陣と後陣を仕切る梁にもモザイクが施されてます。


P1360868


P1360869


P1360871


P1360872


P1360798
磔刑の礼拝堂です。


P1360799
磔刑の礼拝堂左側壁のフレスコ画
制作者等を調べましたが、分かりません。


P1360800
磔刑の礼拝堂右側壁のフレスコ画


P1360801
磔刑の礼拝堂天井の装飾


P1360802
「Kyrios」と呼ばれているフレスコ画(8世紀)
長い衣を纏ったキリストの磔刑像です。東方系の磔刑像です。
これと似た磔刑像があるのをご存知でしょうか?


P2680121
ルッカのドゥオーモにある磔刑像(彫刻)です。こちらも長い衣を纏ったキリストです。


P1360803
聖母マリアの礼拝堂です。


P1360805
ジョヴァンニ・バリオーネ(ローマ、1566‐1643)の「麻痺の病人を治す聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」


P1360807
聖母マリアの礼拝堂天井のフレスコ画もジョヴァンニ・バリオーネ(ローマ、1566‐1643)によって描かれました。


P1360809
ジョヴァンニ・バリオーネ(ローマ、1566‐1643)の「キリストの神殿奉献」


P1360810
ジョヴァンニ・バリオーネ(ローマ、1566‐1643)の「マギの礼拝」
(つづく)

↑このページのトップヘ