イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ローマの教会巡り > サンタ・マリア・アンティクア教会

P2110938


P2110939


P2110940


P2110942


P2110943


P2110944


P2110945


P2110946


P2110947


P2110948


P2110950


P2110951


P2110954


P2110955


P2110956


P2110957


P2110958


P2110961


P2110962


P2110963
サンタ・マリア・アンティクア教会の外に出ました。


P2110964
教会の外ですが、依然として皇帝の邸宅内に当たります。


P2110965


P2110966
この先は邸宅の外になります。邸宅の外に出ても見どころがなさそうなので、邸宅内に戻りました。


P2110967
博物館のような展示がある一角に行きます。


P2110968
これらの展示は教会と直接関係のあるものではなさそうです。


P2110969


P2110970


P2110971
フレスコ断片


P2110973
モザイク原材料


P2110975
先に進むと、写真右に展示用ボードがあり、そこで剥離フレスコが展示されてます。


P2110976


P2110977


P2110978


P2110979


P2110982


P2110984
教会の前庭に出て、さらにアーチを潜りました。


P2110666
次は40人の殉教者礼拝堂 Rampa di Domiziano e Oratorio dei Quaranta Martiriです。


P2110983
礼拝堂の中に入ります。


P2110985
40人の殉教者礼拝堂は、サンタ・マリア・アンティクア教会の一部ではなく、別の宗教施設のようです。


P2110986
キリスト教信仰が禁止されていた時代、ローマ帝国の兵士であっても、キリスト教信者になる兵士が徐々に増加していきました。


P2110987
キリスト教信者になった兵士に対して、皇帝から棄教命令が度々出されましたが、命令に従う兵士が著しく減ることがありませんでした。


P2110988
320年、皇帝の棄教命令を拒否して殉教した40人の兵士がいました。所謂「セバステの40人の殉教者」です。その時の殉教図絵がこの礼拝堂の壁に描かれてます。


P2110989


P2110991


P2110992


P2110994


P2110995


P2110997


P2110998


P2110999


P2120001


P2120003
外に出ました。


P2120004
教会とは直接関係がない展示が気になりましたが、当時の教会の姿を自分の目で見ることが出来たので満足でした。


P2120018
(この項、おわり)

P2110860


P2110861


P2110863


P2110862


P2110865


P2110866


P2110867
スライド投影によって不鮮明なフレスコ画を補足説明しています。


P2110869


P2110870


P2110871


P2110875


P2110876


P2110877


P2110879


P2110880


P2110881


P2110883


P2110885


P2110886


P2110888
Cappella del primicerius Teodotoです。


P2110892


P2110889


P2110891


P2110894


P2110895


P2110897


P2110898


P2110900


P2110902


P2110904


P2110905


P2110907
スライド投影が始まりました。


P2110908


P2110909


P2110910


P2110911


P2110913


P2110915


P2110918


P2110920


P2110921


P2110924


P2110926


P2110927


P2110931


P2110932


P2110933


P2110934


P2110935
(つづく)

P2110780


P2110782


P2110784


P2110786
子供の石棺(3世紀)
サンタ・マリア・アンティクア教会の床下から発掘されました。


P2110788
クロディア・セクングの石棺(207)


P2110791
石棺(3世紀後半)


P2110793
フレスコ断片が残る壁にスライド投影されています。


P2110794
フレスコ断片の元々の図柄はこのようなものであった、ということを示すスライドです。


P2110795
それなりにためになるスライドでした。


P2110796


P2110797


P2110798


P2110800


P2110802


P2110804


P2110807


P2110809


P2110810


P2110811


P2110813


P2110814


P2110816


P2110818


P2110820


P2110822


P2110825


P2110826


P2110828


P2110830


P2110831


P2110834


P2110836
床の装飾


P2110837


P2110840
Cappella dei Santi Medici
教皇ジョヴァンニ7世の時代(705‐707)に造られた礼拝堂です。


P2110843


P2110845


P2110846


P2110847


P2110848


P2110851


P2110854


P2110856


P2110857
(つづく)

P2110709
左側壁のフレスコ画です。


P2110710


P2110711
状態はかなり良いと思います。


P2110713


P2110714
ビザンチンのフレスコ画は。人物の目玉が大き過ぎ。マンガの女の子の目玉の大きさも相当なものですが・・・・・


P2110716
柱のフレスコ画


P2110718


P2110719


P2110720


P2110721


P2110723


P2110724


P2110725


P2110727


P2110728


P2110730


P2110731


P2110733
中央身廊のフレスコ画「大天使ガブリエーレ」(8世紀)


P2110735


P2110736


P2110738


P2110741


P2110742


P2110745
「聖アガタ」(7世紀末‐8世紀初め)


P2110747


P2110749


P2110752
ニッチの「聖母子」


P2110753


P2110754


P2110757


P2110758


P2110759
男の彫像断片(500‐550)


P2110760
ローマのMuseo dell'Alto Medievoの所蔵作品で、元々この教会になかった作品のようです。


P2110762


P2110763


P2110765
どうしても写真が撮れなかったメダリオン


P2110768


P2110772


P2110773


P2110775


P2110776


P2110777


P2110778
(つづく)

P2110642
サンタ・マリア・アンティクア教会は、遺跡から発掘された古い教会です。勿論、宗教活動は行われておらず、博物館の扱いです。


P2110643
ガイドブックなどで、フォロ・ロマーノとパラティーナの丘の地図にサンタ・マリア・アンティクア教会が記載されてますが、1980年台中頃から修復のため、長期間閉鎖されていました。2016年、約30年振りに一般公開されるようになりました。


P2110650
サンタ・マリア・アンティクア教会に行くには、フォロ・ロマーノに入る必要があります。


P2110652
サンティ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂の一部ロムルス神殿です。


P2110658
サンタ・マリア・アンティクア教会が見えてきました。


P2110662
ロムルス神殿の方に少し道草をしましたが、道を間違えることなく教会に来ました。


P2110663
2016年でした。


P2110664
これは何でしょうか? 墓碑?


P2110665
到着しました。写真の建物は教会の礼拝堂です。


P2110671
先ほどの案内板は、9月11日まで公開となっていましたが・・・・・


P2120002
6世紀、フォロ・ロマーノのアウグスト神殿、アウグスト帝の邸宅だった建物群を改修して、教会にしたと言われてます。


P2120006
847年の大地震によって、教会の建物が倒壊してしまいました。被害が非常に大きく、教会の存続は無理と判断され、放棄されてしまいました。


P2120007
13世紀に、サンタ・マリア・アンティクア教会の廃墟の上に小さな教会が建設され、1617年、小さな建物が取り壊され、再建された教会はサンタ・マリア・リベラトリーチェ・アル・フォロ・ロマーノ教会と称することになりました。
18世紀、サンタ・マリア・リベラトリーチェ・アル・フォロ・ロマーノ教会周辺で偶然、古代フレスコの痕跡が発見され、19世紀末に本格的な発掘調査作業が行われました。
その結果、1899年、芸術的に価値がないサンタ・マリア・リベラトリーチェ・アル・フォロ・ロマーノ教会は破壊され、元のサンタ・マリア・アンティクア教会の復活作業が始まったのです。
修復作業は現在も進行中です。


P2110668
40人の殉教者の礼拝堂です。


P2110667
礼拝堂の見学は後回し。


P2110670
アーチを潜って、教会の前庭に入りました。


P2110673
ガラスがある所が教会の入り口です。
一見前庭ですが、前庭ではなく、元々教会の建物一部でした。前庭に見える所の上にあった教会天井が屋根もろとも崩落して、前庭のようになったのです。


P2110672
”前庭”の壁龕


P2110674
フレスコの痕跡が認められました。


P2110675
この場所は、1世紀末頃に建設された皇帝邸宅の一部です。


P2110677
壁龕に描かれた、かなり鮮明なフレスコ画


P2110678
墓碑?


P2110679


P2110683


P2110686
教会内部に入ります。
ガラス扉がが閉まってますが、自動扉になっていて、内部の温度湿度を一定に保つためでしょう。


P2110687
皇帝邸宅の玄関とロビーになっていた所です。6世紀に改修して教会として転用しました。


P2110688
博物館としての公開なので、この教会のオリジナルではないものも展示されてます。


P2110689
主祭壇だった場所


P2110690
約850年間、土砂に埋もれていたことが幸いしたのか、かなり保存状態が良いと思います。


P2110691
右側廊?


P2110692
ビザンチン様式の教会です。


P2110693


P2110694


P2110696
主祭壇画あったと思われる場所に置かれた聖母のイコン


P2110697
保護のガラス板に光が反射するので、少し横から写真を撮ってみました。


P2110701
少しはマシ?


P2110703


P2110705


P2110707


P2110708
(つづく)

↑このページのトップヘ