イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ローマの教会巡り > サンタ・チェチリア・イン・トラステヴェレ聖堂

P1360523
Maestro dolenti del 1390の「磔刑」


P1360527


P1360524
これは何でしょうか?
ステファノ・マデルノの「聖チェチリアの死」は主祭壇下にあります。その複製彫刻でしょうか?


P1360529
右側廊


P1360533
右側廊天井


P1360532
セバスティアーノ・コンカのフレスコ画?


P1360531
詳細不明の礼拝堂


P1360534
詳細不明の墓碑


P1360535
セバスティアーノ・コンカ(ガエータ、1680‐ナポリ、1764)のフレスコ画


P1360537
Cappella Ponziani
アントニオ・デル・マッサ―ロ・ダ・ヴィテルボ(ヴィテルボ、1450‐1516)の「慈悲の聖母と聖ステファノと聖チェチリア」


P1360540
ジュゼッペ・ゲッツィ(コムナンツァ、1634‐ローマ、1721)の「聖ベネデット」


P1360541
セバスティアーノ・コンカ(ガエータ、1680‐ナポリ、1764)のフレスコ画


P1360542
ローマの逸名画家作「悔悛のマグダラのマリア」(18世紀)


P1360544
後陣右の礼拝堂


P1360545
逸名彫刻家の作品


P1360546
逸名彫刻家作「聖チェチリア」


P1360548
逸名画家作「教皇パスクゥアーレ1世に顕現する聖チェチリア」(12世紀)


P1360549
左側廊


P1360575
主祭壇と後陣


P1360551
主祭壇下に置かれているステファノ・マデルノ(カポラーゴ、1576‐ローマ、1636)の「聖チェチリアの死」(1599‐1600)


P1360582


P1360581
アルノルフォ・ディ・カンビオ(コッレ・ディ・ヴァル・デルザ、1240‐フィレンツェ、1310)の天蓋(1293)


P1360580


P1360552
後陣のモザイク


P1360554
822年、第98代教皇パスクゥアーレ1世(ローマ、?‐824)によって再建されましたが、その際、制作されたモザイクと言われてます。


P1360557
左端から教皇パスクゥアーレ1世、聖アガタ、聖パオロ、キリスト、聖ピエトロ、聖ヴァレンティアーノ、聖チェチリア


P1360559
聖人の光輪は黄金色ですが、左端の教皇パスクゥアーレ1世だけは青色になってます。これは、モザイクが制作された時にパスクゥアーレ1世が生存中であったことを示してます。
モザイクや祭壇画を見る際、光輪が青色になっていた場合の解釈ですから、表現の約束事として覚えておくと良いと思います。


P1360560


P1360561
次の礼拝堂です。


P1360565
ジョヴァンニ・バリオーネ(ローマ、1573c‐1643)の「聖ピエトロと聖パオロ」


P1360563
礼拝堂天井のフレスコ画


P1360562


P1360569
詳細不明の礼拝堂祭壇画


P1360570
その礼拝堂の天井


P1360571
ジョヴァンニ・バリオーネ(ローマ、1573c‐1643)の「聖アンドレア戴冠」


P1360574
ジュゼッペ・ゲッツィ(コムナンツァ、1634‐ローマ、1721)の「聖ステファノと聖ロレンツォ」


P1360584
ミーノ・ダ・フィエゾレ(ポッピ、1429‐フィレンツェ、1484)の「ニッコロ・フォルテグエッリの墓碑」(1473)
この日は、クリプタに入ることが出来ませんでした。


16
プリプタ(外部サイトから拝借した写真)
最後は、ピエトロ・カヴァッリ―ニの「最後の審判」を見ることですが、修道院への扉が閉まっていて、聖歌隊席に行くことが出来ませんでした。
ピエトロのフレスコ画は、聖歌隊席にありますが、聖堂の左側にある修道院への扉から修道院経由で聖歌隊席に行くのです。
仕方がないので、外部サイトから拝借したピエトロの作品画像を載せておきます。


11
ピエトロ・カヴァッリ―ニ(ローマ、1250c‐1330c)の「最後の審判」(1293)


12


13


1


14


15


P1360550
主祭壇前から見た出入口


P1360594
外に出ました。


P1360596
(この項、おわり)

P1360486
写真左に聖堂が見えてきました。


P1360487
聖チェチリア(ローマ、2世紀‐230)は、自分がキリスト教に改宗させた夫、友人たちと共に230年頃に殉教した聖人で、伝説に拠れば楽器を奏でながら讃美歌を歌ったとされており、音楽家の守護聖人となってます。盲人の守護聖人でもありますが、その由来が私には分かりません。
なお、176年から180年にかけてシチリアで殉教した別説があるようです。


P1360488
聖堂は高い壁に囲まれてます。


P1360492
こちら側は聖堂の後陣と修道院に当たります。


P1360489
道を挟んだ聖堂の向かいに、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ・デイ・ジェノヴェーゼ教会が建ってます。


P1360493
少し大回りして、聖堂の入り口があるファサード側に出ます。


P1360494
ファサード側に来ました。


P1360495
4本柱の柱廊付きの建物は、18世紀初めにフランチェスコ・アクゥアヴィーヴァ・ダラゴーナ枢機卿が建築家フェルディナンド・フーガ(フィレンツェ、1699‐ナポリ、1782)を起用して建てさせたものです。


P1360496
聖堂の建物への門です。


P1360497
門を潜ると中庭に出ます。


P1360503
中庭もフェルディナンド・フーガ(フィレンツェ、1699‐ナポリ、1782)によって設計されました。


P1360501
この場所は、ローマ貴族だった聖チェチリアの家がありました。聖堂のクリプタに、彼女が拷問を受けた部屋があります。
5世紀半ばころ、この場所に聖チェチリアを称える小さな教会が建てられましたが、恐らくローマで最初に建設された公式な教会と言われてます。


P1360595
820年、第98代教皇パスクゥアーレ1世(ローマ、?‐824 在位:817‐824)によって、最初の建物が取り壊され、再建されました。
1599年、パオロ・エミリオ・スフォンドラーティ枢機卿(彼の墓碑がこの聖堂のファサード柱廊にあります)によって改築されました。
ファサードは、フェルディナンド・フーガによって1725年に改築されましたが、改築後のファサードが現在の姿となってます。


P1360499
鐘楼は12世紀に建設されたもので、1725年建設のファサードと比べると、アンバランスな感じが否めません。


P1360502
ファサードのモザイクが見逃せません。


P1360591
FRANCISVSと書かれている下にモザイクがあります。


P1360592
古いものではありません。


P1360593
フェルディナンド・フーガによるファサード再建の際に造られたモザイクです。


P1360590
ファサードの柱廊を見ます。


P1360589


P1360588
18世紀前半の柱頭


P1360587
柱廊の壁に墓石が並んでます。


P1360506


P1360504
ジローラモ・ライナルディ(ローマ、1570‐1655)の「パオロ・エミリオ・スフォンドラーティ枢機卿(ミラノ、1560‐ティヴォリ、1618)の墓碑」


P1360505
パオロ・エミリオ・スフォンドラーティ枢機卿は、1591年から1618年までCardinale presbitero di Santa Ceciliaの任にありました。


P1360507
聖堂内に入りました。


P1360509
三廊式、バジリカ様式の構造ですがバロック様式の内部です。


P1360508
古さを生かした改修でも良かったのではないか、と思います。


P1360510
身廊天井にフレスコ画があります。


P1360579
セバスティアーノ・コンカ(ガエータ、1680‐ナポリ、1764)の「聖母戴冠」


P1360515
パオロ・ロマーノ(セッツェ、1445‐ローマ、1470)の「アダム・イーストン枢機卿の墓」


P1360511
墓の上のフレスコ画


P1360512
セバスティアーノ・コンカが制作に参加したようですが、どの部分を描いたのか分かりません。


P1360514


P1360516


P1360518


P1360517


P1360519


P1360521
(つづく)

↑このページのトップヘ