イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ピエモンテ州 > ヴェルチェッリ

P2860108
聖杯(13世紀)


P2860109
ヴェルチェッリの金工家作「聖杯」(1879)


P2860113
ヴェルチェッリの金工家作「聖杯」(1854)


P2860116
イタリア製「聖杯」(20世紀)


P2860119


P2860120


P2860121
次の展示室です。


P2860122
意味不明な剥離フレスコ


P2860124


P2860126


P2860127


P2860128
次の部屋です。


P2860130
柱頭(3‐4世紀)


P2860133
柱頭(2‐3世紀)


P2860136


P2860137


P2860138


P2860139


P2860141


P2860143


P2860144


P2860146


P2860147


P2860149
聖人たち


P2860151


P2860152


P2860154
聖パオロ


P2860157
聖ジョヴァンニ・バッティスタ


P2860159
聖カルロ・ボッロメオの襟着


P2860162


P2860164


P2860165


P2860167
ヴェルチェッリの金工家作「聖フィリッポ・ネリ像」(18世紀末)


P2860169


P2860171


P2860172


P2860173


P2860175


P2860176


P2860178


P2860179


P2860181


P2860182


P2860184


P2860185


P2860186
階上に向かいました。


P2860187


P2860188
階上の部屋


P2860189
大司教のベッド


P2860193


P2860196
ジョヴァンニ・バッティスタ・チェリドーネ(ヴェルチェッリ、17世紀初め活動)の「玉座の聖母子と聖人たち」


P2860199
ロンバルドの逸名画家作「マギの礼拝」(17世紀)


P2860201
作品がありません。


P2860204
フランドルのタペストリ工房作「キリストの洗礼」(16世紀第2四半世紀)


P2860208
ジローラモ・ジョヴェノーネ(ヴェルチェッリ、1490‐1555)の「マギの礼拝」


P2860210
詳細不知


P2860211
絵画館部門は閉鎖されていました。


P2860212
外に出ました。
(おわり)

P2860215
ヴェルチェッリ大聖堂です。


P2860051
大聖堂の鐘楼です。


P2860050
鐘楼の後方に大司教館があります。


P2860052
大司教館にヴェルチェッリ大聖堂の宝物博物館 Museo del Tesoro del Duomo di Vercelliがあります。2000年に一般公開されるようになりました。


P2860053
大司教館の中庭を経由して博物館に入館します。


P2860054
3世紀から現在に至る宝石、家具、典礼品、タペストリ、絵画、本などが展示されてます。


P2860056
最初は本の展示です。


P2860055


P2860057
十字架の展示です。


P2860058


P2860059
磔刑の十字架(13世紀)


P2860061
絵巻物(12世紀末‐13世紀初め)


P2860062


P2860063


P2860066


P2860067
ボウルの数々


P2860068


P2860069


P2860070


P2860071


P2860072


P2860073


P2860075


P2860076


P2860078


P2860079


P2860081


P2860082


P2860084


P2860085
次の展示室です。


P2860086


P2860088
部屋のフレスコ画


P2860089


P2860090


P2860092


P2860093


P2860095


P2860097


P2860098


P2860099


P2860102


P2860103
(つづく)

P1000184
サン・パオロ教会から外に出ました。


P1000185
18世紀に建設されたPalazzo Avogadro della Motta e di Villanova


P1000187
18世紀に建設されたサン・ロレンツォ教会です。


P1000189
写真左はPalazzo Borgognaです。


P1000191
写真左はサンタ・マルゲリータ修道院です。


P1000192
サンタ・マルゲリータ修道院の入り口


P1000193
17‐18世紀に建設されました。


P1000194
緑地が多い街です。


P1000195


P1000196
Torre Vialardi


P1000200
修復の必要がある建物です。


P1000199
中に入ったことがありません。


P1000197


P1000201
小礼拝堂を見ておきます。


P1000204
小礼拝堂の祭壇


P1000203
聖母子の浮彫


P1000202
次はサンタ・アンナ教会です。


P1000205
サンタ・アンナ教会に行く前に写真のバールで一休み


P1000206


P1000207
サンタ・アンナ教会です。


P1000211
15世紀に建設されたルネサンス様式の教会です。


P1000208
中に15世紀に描かれたフレスコ画があるらしい。


P1000209
土曜日の夕方だけ開くようです。


P1000210
傷みが激しいファサードのフレスコ画


P1000212
Corso Liberta


P1000213
次はサント・スプリト教会です。


P1000214
17‐18世紀に建設されたサント・スプリト教会です。


P1000215
土曜日と日曜日だけ開くようで、この日は閉まっていました。


P1000216
教会巡りは効率が悪いのです。


P1000217
次はサン・ベルナルド教会です。


P1000218
今度は中の扉も開いていました。
1164年頃に建設されたロマネスク様式の教会です。


P1000220
中に入りました。


P1000221
三廊式、ロマネスク様式の内部です。


P1000222
資料が乏しく、祭壇画等の詳細が全く分かりません。


P1000223
詳細不知の聖母子


P1000224
詳細不知のフレスコ画


P1000225
主祭壇


P1000226
19世紀の後陣装飾


P1000227
後陣天井の装飾(19世紀)


P1000228
詳細不知のオルガン


P1000230
詳細不明の三位一体と聖ベルナルド


P1000231


P1000234


P1000235


P1000236
左側廊


P1000237
後陣


P1000238
ドゥオーモのクーポラが見えてます。


P1000311
街歩きを切り上げて次の目的地に向かいました。
(おわり)

P1000129
サンタ・カテリーナ教会です。


P1000132
1350年、サンタ・マリア・デッラ・ミゼリコルディア同信会によって建設された教会で、創建当時の名称はサンタ・マリア・デッラ・ミゼリコルディア教会でしたが、1382年にサンタ・カテリーナ教会と改称されました。


P1000131
左身廊側壁
現在の建物は18世紀前半に再建された二代目となるものです。


P1000130
ファサードの扉上に判別できないほど痛みがあるフレスコ画があります。


P1000143
ファサードのフレスコ画は初代の建物にあったもので、グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンカルヴォ、1568‐1625)によって描かれたそうです。


P1000133
中に入りました。


P1000138
主祭壇と後陣


P1000135
ピエル・フランチェスコ・グアーラ(カザーレ・モンフェッラート、1698‐ミラノ、1757)の「聖母子と光悦のアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1743)


P1000136
詳細不知


P1000139
ピエル・フランチェスコ・グアーラ(カザーレ・モンフェッラート、1698‐ミラノ、1757)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの説教」(1743)


P1000140
ピエル・フランチェスコ・グアーラ(カザーレ・モンフェッラート、1698‐ミラノ、1757)の「天国のカギを聖ピエトロに託すキリスト」(1743)


P1000137
ファサード裏に聖歌隊席があります。


P1000144
外に出ました。


P1000146
Piazza Palazzo Vecchio


P1000145
柱廊付きの建物は、14世紀に建設されたブロレットです。


P1000149
広場の中心にある噴水


P1000147
市の塔


P1000150
市の塔は修復中でした。


P1000151
次はドメニコ会の教会と旧修道院です。


P1000152
市庁舎近くとなると流石に人通りが多くなってきました。


P1000154
市庁舎


P1000155
ドメニコ会の旧サン・パオロ修道院だった建物が市役所として使用されてます。
次はサン・パオロ教会です。


P1000153
市庁舎に隣接して建っているサン・パオロ教会です。


P1000158
1229年、ドメニコ会によって、現在地に小さな教会が建てられ、後にその周囲に修道院が建設されました。
1420年に再建された二代目の建物がほぼ現在の姿となってます。


P1000156
1802年、サン・パオロ教会修道院はナポレオンによって活動が停止されてしまいました。


P1000157
1813年、ヴェルチェッリ市当局は、フランスから修道院だった建物を買収し、市庁舎に転用しました。
教会活動は、1820年に再開され現在に至ってます。


P1000159
中に入りました。


P1000161
1792年、建築家ジャコモ・ヴィンチェンツォ・カナヴァッリの設計によってバロック様式に改修されました。


P1000160
三廊式、ラテン十字形、一部バロック様式の内部です。
この教会は美術作品の宝庫とされていましたが、ナポレオンの占領時代にフランスに持ち去られた傑作がかなりあるそうです。しかし、一つも戻されていないようです。


P1000162
詳細不知


P1000163
詳細不知


P1000164
ベルナルディーノ・ラニーノ(モルタラ、1512‐ヴェルチェッリ、1578)の「十字架降下」


P1000165
ベルナルディーノ・ラニーノ(モルタラ、1512‐ヴェルチェッリ、1578)の「幼きリストへの崇拝」


P1000167


P1000169
無原罪の御宿リ礼拝堂


P1000168
制作者情報不詳の「聖トンマーゾの不信」


P1000170
主祭壇と後陣


P1000171
ロレートの聖母礼拝堂


P1000172
詳細不知


P1000173
サンタ・リータ礼拝堂


P1000175
ベルナルディーノ・ラニーノ(モルタラ、1512‐ヴェルチェッリ、1578)の「サン・パオロのポリッティコ」


P1000177
詳細不知


P1000178
詳細不知


P1000180
ベルナルディーノ・ラニーノ(モルタラ、1512‐ヴェルチェッリ、1578)の「グラツィエの聖母」


P1000181
詳細不知


P1000182
詳細不知


P1000183
主祭壇前から見た出入口方向
(つづく)

P1000078
サン・ベルナルディーノ教会の奥に、もう一つ教会があります。
17世紀に建設された旧・サン・ピエトロ・マルティーレ教会です。


P1000080
旧サン・ピエトロ・マルティーレ教会ファサードに描かれたフレスコ画


P1000082
写真右奥のTeatro Civicoに行きます。


P1000084
Teatro Civico
オペラ上演は暫時なしでした。


P1000085
劇場が面している道を更に進みます。


P1000086
観光客が余り足を運ばない街ですが、見所がそこそこあります。


P1000087
次はサンタ・マリア・マッジョーレ教会です。


P1000088
目指す教会の建物が見えてきました。


P1000089
イエズス会のサンタ・マリア・マッジョーレ教会です。


P1000091
10世紀に建設された、初代のサンタ・マリア・マッジョーレ教会は別の場所にありました。


P1000092
1578年、建物の荒廃が進み、大修復しても最早使用が難しいと判断され、再建が決まりました。しかし、中々実行に移されませんでした。
サンタ・マリア・マッジョーレ教会とは全く関係なく、現在地にフィリッポ・ユヴァラ(メッシーナ、1678‐マドリッド、1736)の設計によって、イエズス会によって1734年から1741年に完成した新古典様式の教会がありました。


P1000090
1775年、イエズス会はサンタ・マリア・マッジョーレ教会を所有することになりましたが、古い建物を取り壊して、現在地にある教会に移転する形(実際は交換した形態)にして、現称となったのです。
取り壊された旧サンタ・マリア・マッジョーレ教会はConcattedraleでBasilica Minoreでしたが、現在の教会がその格式を引き継いでいるかについては、私には分かりません。


P1000093
内部に入りました。


P1000095
左側壁


P1000094
右側壁


P1000106
天井の装飾


P1000096
詳細不知


P1000097
詳細不知


P1000098
ロレートの聖母


P1000100
主祭壇


P1000101
後陣の装飾


P1000104
詳細不知


P1000107
サンタ・マリア・マッジョーレ教会から外に出ると、カステッロが直ぐ傍にあります。


P1000108
カステッロについては既に触れました。


P1000109
城としての役目はナポレオン占領時代に終わりました。


P1000110
堅固な歴史的建造物は刑務所に転用されることが良くありますが、ここもその例外ではありません。


P1000111


P1000113
ヴェルチェッリは秀逸な美術館がある街として、もっと有名である筈と思います。


P1000114
市の塔


P1000115
塔の前に広場は青空市が開市でした。


P1000116
次はカヴール広場です。


P1000117
カヴール広場に来ました。


P1000120


P1000118
広場の中心に立つカヴール像


P1000119
広場の裏手にサン・ミケーレ教会があります。


P1000123
サン・ミケーレ教会です。


P1000124
広場から見える鐘楼はこの教会のもので、13世紀建設の以前の教会の鐘楼です。


P1000125


P1000127


P1000128


P1000126
(つづく)

P2860249
駅前広場を通り過ぎてホテルに戻ります。


P2860251
駅前広場の噴水


P2860252
未だ気温32℃


P2860253
ホテルに戻りました。


P2850998
ホテルのレストランで夕食です。


P2850999
レストランの方が本業で、ホテルはそのついでに営業と言った感じです。


P2860002


P2860003
ホテル自家製の生ハムが秀逸です。


P2860006


P2860009


P2860008


P2860010


P1000019
街歩きに出発です。


P1000021
Via Galileo Ferrariaです。
写真左はサンタンドレア聖堂です。


P1000022
15世紀中頃に建設されたSalone Dugentescoです。


P1000023
道路を挟んでSalone Dugentescoの向かいにあるのがサンタンドレア聖堂です。


P1000046
この建物は旧病院です。


P1000048


P1000049
建物の地上階に柱廊が設けられてます。


P1000053


P1000050
柱廊の扉上ルネッタに描かれたフレスコ画


P1000051
旧病院付属の教会でしょう。


P1000055
旧サンタ・クローチェ教会です。


P1000052
16世紀末に建設されました。


P1000054
旧サンタ・クローチェ教会の外壁に聖人の絵がありました。


P1000056


P1000057
通りを更に進みます。


P1000058
Palazzo Cantono di Ceva


P1000059
18世紀から19世紀にかけて建設されたPalazzo Cantono di Cevaです。


P1000061
一見古そうに見える教会です。


P1000063
1894年から1896年に建設されたSantuario della Madonna degli Infermiです。


P1000067
道路を挟んで、Santuario della Madonna degli Infermiの向かいにあるのがPalazzo Cantono di Cevaです。


P1000069
この辺一帯は昔も今も賑わいを見せる一角です。


P1000070
これも歴史的建造物です。


P1000071
15‐16世紀に建設されたPalazzo Arborio Biaminoは旧教会でもありました。


P1000068
写真左手前が後陣になります。


P1000064
現在、メルカトになっている建物です。


P1000065
メルカトの建物は、14世紀から15世紀に建設されたサン・マルコ教会でした。


P1000076
次はサン・ベルナルディーノ教会です。


P1000072
12世紀のサン・ベルナルディーノ教会です。


P1000077
扉が開いているように見えましたが、中扉が閉まっていました。


P1000074


P1000075
(つづく)

P1000274
ドゥオーモのファサード前から駅前まで広い公園があります。


P2860049
次はドゥオーモ宝物博物館です。


P2860050
鐘楼の後方に大司教館があります。


P2860051
12世紀に建設された鐘楼


P2860052
大司教館の宝物博物館への入り口です。


P2860053
大司教館の中庭から宝物博物館に入ります。


P2860054展示物は、最古のものは3世紀、最新のものは21世紀と約1800年間にわたる宝物、家具、タペストリ、絵画などです。


P2860059
宝物博物館については、項を改めて詳しく触れます。


P2860208
ジローラモ・ジョヴェノーネの「マギの礼拝」(1515)


P2860212
外に出ました。


P2860216
次はサンタンドレア聖堂です。


P2860217
入口があるファサード側に回ります。


P1000308
1219年創建、1227年に完成したゴシック様式のサンタンドレア聖堂 Basilica di Sant'Andreaです。Basilica Minoreに格付けされてます。


P1000310
シトー会建築様式の影響を受けていると言われてます、ファサード左右の2本の鐘楼が目立ちます。
1227年の完成以降、大きな修復改修が行われなかったので、ほぼ原形を保っているそうです。


P1000033
灰緑色の石を使ったファサード


P1000034
中央扉上ルネッタ上の浮彫は、ベネデット・アンテラミ(ヴァルデルテヴィ、1150c‐1230c)またはベネデット・アンテラミ派逸名彫刻家作の「磔刑の聖アンドレア」
ベネデット・アンテラミの作品ではないとする説が有力とされてます。


P1000035
ファサードに向かって左扉上ルネッタ上の浮彫は、「玉座の聖アンドレアに教会を捧げるグアーラ・ビッキエーリ」


P2860219
ファサードのバラ窓


P1000037
聖堂内に入りました。


P1000039
三廊式、ラテン十字形、ゴシック様式の内部です。


P1000038
装飾が少なく、すっきり感がします。


P2860223
交差ヴォールト


P2860226
左側廊


P2860227


P2860245
右側廊


P2860228
礼拝堂を見て行きます。


P2860229


P1000281
トンマーゾ・ガッロ修道院長の墓碑(14世紀前半)


P2860232
Maestro della Tomba di Tommaso Galloの「聖母戴冠と音楽天使たち」(14世紀中頃)


P2860234
Maestro della Tomba di Tommaso Galloの「玉座のトンマーゾ・ガッロ修道院長」(14世紀中頃)


P2860236
制作者不詳の彫刻
左からディオニージ・ロ・プセウド・アエロパギータ、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖母子、トンマーゾ・ガッロ修道院長、聖アンドレア


P2860237
詳細不知


P2860238
詳細不知


P2860239
礼拝堂天井


P2860240
主祭壇と後陣


P2860241
後陣のフレスコ


P2860242
クーポラ


P2860244
詳細不知


P1000044
パオロ・ザッカの「聖職者席」(1511)


P1000045
ミサが始まりました。


P1000289
ミサの邪魔になるので、キオストロに出ることに。


P1000290
聖堂と修道院の全体模型


P1000291


P1000296
キオストロを回廊が囲んでます。


P1000297
回廊の壁にフレスコ画があったと思いますが、それが残されていません。


P1000298


P1000299


P1000300


P1000305


P1000304


P1000042
堂内に再び入りました。


P1000294
主祭壇前から見た出入口方向です。

P2860247
外に出ました。
(つづく)

P2860021
夕方の主な予定は、ドゥオーモの拝観とドゥオーモ博物館に入館すること、そしてサンタンドレア聖堂の拝観です。


P2860024
鉄道駅近くは金融機関が多いと思いました。


P2860026
「お好み焼き」と書かれた提灯がぶら下がっている店がありました。日本人がやっているとは限りません、日本語が分からない中国人や韓国人の店がイタリアでは多いようです。


P2860027
鐘楼はサン・ピエトロ・マルティーレ教会のものですが、写真右に顔を覗かせている教会に先ず行きます。


P2860028
サン・ベルナルド教会は閉まっていました。


P2860029
開いていれば、中々のフレスコ画があるので、拝観したかったのですが、淡い期待に終わりました。


P2860030
先ほど、鐘楼が見えていた教会です。


P2860032
機能を停止した旧教会なので、閉まっていて当然です。


P2860031
ファサードのフレスコ画


P2860033
15世紀に建設されたPalazzo Arborio Biamino


P2860034
サン・ベルナルド教会の後陣


P2860035
メルカト


P2860036
駅近くですが、この辺は歴史的建造物が多い。


P2860037
18世紀に建設されたPalazzo Cantono di Ceva


P2860041
サンタンドレア聖堂に向かいます。


P2860043
2本の鐘楼が目印です。


P2860046
サンタンドレア聖堂は扉が閉まっていました。この日は午後4時から開くことを確認してから、ドゥオーモを先に拝観することにしました。


P2860045
ドゥオーモは駅近くにあります。


P2860048
ドゥオーモにやってきました。


P2860215
サンテウセビオ大司教座聖堂 Basilica Cattedrale Metropolitana di Sant'Eusebioです。
1834年、教皇グレゴリオ16世によってBasilica Minoreに格付けされました。街の規模からすると格式が高い聖堂です。


P2860214
ヴェルチェッリの最初の司教である聖エウセビオ(サルデーニャ、283‐ヴェルチェッリ、371)の墓近くに、4世紀に建設された初期キリスト教会が前身です。
現在の建物は、ペッレグリーノ・ティバルディ(ピューリア、1527‐ミラノ、1596)の設計によって、1570年から1582年に建設されたルネサンス様式の建物が原形です。
18世紀初めに拡張改修されました。


P2860213
新古典様式のファサードは、18世紀から19世紀に再建されました。


P1000239
鐘楼は12世紀後半に建設されたもので、再建以前の建物で唯一現存しています。


P1000267
16世紀に建設された部分と18‐19世紀に建設された部分が混在していて、調和に欠ける感じがする外観です。


P1000269
1860年に建設されたクーポラ


P1000271
左翼廊


P1000270
ファサード側に戻ります。


P1000262
先ずファサード下の柱廊に入ります。


P1000242
芸術作品らしきものが見当たらない柱廊です。


P1000243
聖堂内に入りました。


P1000245
2012年に大改修された内部です。


P1000244
三廊式で、天井を支える2本組の列柱が特徴です。


P1000246
右側廊


P1000260
美術的な見所は主祭壇の十字架だけと言っても過言ではありません。


1
オットー美術の傑作「オットーの十字架」(10世紀末)


P1000247
詳細不知


P1000248
詳細不知


P1000249
詳細不知


P1000250
ピエル・フランチェスコ・グアーラ(カザーレ・モンフェッラート、1698‐ミラノ、1757)の「栄光の聖エウセビオ」


P1000252


P1000253
お宝芸術品は、付属博物館で見ることが出来ます。


P1000254
詳細不知


P1000255


P1000256
詳細不知


P1000258
フランチェスコ・グランディ(ローマ、1831‐1891)の「キリストの洗礼」


P1000259
詳細不知


P1000264
外に出ました。
(つづく)

P2850948
アントニオ・ボルゴーニャ通りに入りました。
写真手前右はこの街のシンボルというべき天使の塔 Torre dell'Angeloです。写真右端にサンタグネス・イン・フランチェスコ教会の鐘楼が建ってますが、その鐘楼下に写っている赤っぽい建物が美術館です。


P2850949
Epaminonda Ferreroが1836年に建設した新古典様式のPalazzo Ferreroです。


P2850952
1882年、アントニオ・ボルゴーニャが購入したので、Palazzo Borgognaと呼ばれてます。


P2850954
アントニオ・ジャコモ・フランチェスコ・ボルゴーニャ通称アントニオ・ボルゴーニャ(ストロッピアーナ、1822‐ヴェルチェッリ、1906)は、裕福な家に生まれた政治家で、活動的な慈善家でもありました。
1870年、若くして引退したアントニオは、予てから美術品収集に熱心でしたが、それにより一層拍車がかかって、イタリア国内は固よりヨーロッパ、アフリカ、東洋に旅をしながら、美術品の収集に努め、更にオークションで競り落とした美術品が収集品に加わりました。
アントニオの収集したコレクションは有名となり、その展示場所を探していましたが、1882年、現在美術館となっているパラッツォを購入しました。


P2850951
1899年、アントニオは、美術収集品全てを建物ごとヴェルチェッリ市に寄贈しましたが、その際、美術館を父であるフランチェスコ・ボルゴーニャ(1797‐1877)に捧げて、美術館をフランチェスコ・ボルゴーニャ美術館と命名すると共に、美術館を運営するための財団を作って財政基盤の安定に努めました。


P2850950
美術館の入り口です。
一般公開は1908年からで、1908年時点で約2000点の美術品が展示されていました。その後、財団によってピエモンテ各地の美術品が購入され、展示は更に充実したものになってます。
現在、ピエモンテ州ではサバウダ美術館に次いで2番目の美術館となってます。


3
中は写真不可です。
私の写真は一枚もありません。
しかし、それでは美術館紹介にならないので、美術館HPから作品画像を拝借して、紹介することにします。写真の版権等は美術館側が保持していることを承知の上で連載するので、作品画像はごく一部にします。それでも権利侵害であることは明らかですが。
質の高い作品が多数展示されているので、美術ファンがもっと訪問するべき美術館と思います。


4
Pittore della Passione di Cristoの「磔刑」(1450c)


5
ベルナルディーノ・ラニーノ(モルタラ、1512c‐ヴェルチェッリ、1583/1584c)の「最後の晩餐」


1
ベルナルディーノ・ラニーノ(モルタラ、1512c-ヴェルチェッリ、1583/1584c)の「聖会話」


2
ソドマ(ヴェルチェッリ、1477-シエナ、1549)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと天使」


9
ジローラモ・ジョヴェノーネ(バレンゴ、1490c‐ヴェルチェッリ、1555)の「幼きキリストへの崇拝」(1510‐13c)


6
デフェンデンテ・フェッラーリ(キヴァッソ、1509-1535c活動)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(1520-25)


7
ジョヴァンニ・バッティスタ・ナルディーニ(フィレンツェ、1535-1591)の「アポロとミューズ」(1580-85)


10
ルドヴィーコ・カラッチ(ボローニャ、1555‐1619)の「アリアンナとバッカス」


8
アンジェリカ・カウフマン(スイス、1741-ローマ、1807)の「ドメニカ・ヴァルパートの肖像」(1791)


P2850955
外に出ました。
最初から最後まで入館者は私1人でした。勿体ないことです。
写真OKにすれば、各種媒体でのPRがされて、入館者がもっと多くなることでしょう。


P2850953
おわり

P2850963
Castello Viscoteoです。


P2850964
ミラノの君主で、ヴェルチェッリ領主であったマッテオ・ディ・ヴィスコンティ(インヴォーリオ、1250‐ミラノ、1322)によって1290年頃から工事が着工された城です。


P2850965
現在は裁判所など司法関係部署が使用してます。


P2850962
ナポレオンのイタリア侵攻時には、ナポレオン軍の司令部が置かれていました。


P2850966
裁判所の前は刑務所でした。


P2850967
暑い日だったので早々に退散します。


P2850968
Torre dell'Angeloが目立ちます。


P2850972
マッシモ・ダツェーリオ広場です。


P2850969
写真右の赤っぽい建物が刑務所だったとは信じられません。


P2850970
刑務所にしては普通の建物なので、重罪犯用ではないと思います。


P2850973
クローチェ・ディ・マルタ館


P2850974
カヴール広場に戻りました。


P2850975
カヴール広場で簡単な昼食を食べました。


P2850976
昼食後のこの時間ですから、サン・ミケーレ教会は閉まっていました。


P2850977
この通りの先にある、有名な塔を見に行きます。


P2850978
Torre degli Avogadro


P2850979
ヴェルチェッリ領主だったアヴォガドロ家によって、1266年8月19日から建設された塔です。


P2850980
この辺の一帯にアヴォガドロ家の屋敷がありました。


P2850981
ジュゼッペ・ヴェルディ通りです。


P2850983
通りの名称の由来は、通りの突き当りにオペラ劇場があるからです。


P2850984
1815年に開場した市立劇場です。伝統的な馬蹄形をしています。


P2850985
1923年、最初の建物は放火によって倒壊してしまいました。現在の建物は焼失後に再建されたもので、1929年に再開場されたそうです。


P2850986
ヴェルチェッリで最も大きな教会であるサンタンドレア聖堂に向かいます。


P2850987
サンタンドレア聖堂の鐘楼が見えてきました。


P2850988
サンタンドレア聖堂です。


P2850989
昼過ぎなので、当然扉が閉まっていました。


P2850990
夕方に再び来ることにしました。


P2850991
サンタンドレア聖堂のファサード前から見た駅前広場です。


P2850992
ガリレオ・フェッラーリス通り


P2850993
アヴォガドロの塔とサン・ピエトロ・マルティーレ教会の鐘楼


P2850994
何の建物でしょうか?


P2850995
一旦ホテルに戻って昼寝することにしました。


P2850996
ホテルに戻りました。


P2860015
窓が閉まっている部屋ばかりで、殆ど空室?


P2860014
1時間ほど昼寝をしてから、再び出発しました。


P2860016
桜並木です。


P2860017
サクランボ


P2860018
こちらの木のサクランボは美味しそう!


P2860019
採って食べる人がいないようですが、私は採って数粒食べました。甘くておいしかった。


P2860020
(つづく)

ヴェルチェッリは、人口46,035人(2018年12月31日現在)のピエモンテ州ヴェルチェッリ県の県都です。街の歴史は古く、紀元前600年頃、リグーリア人の一部族Libiciの首都でした。
1120年、都市国家として独立しましたが、その後、ミラノ、フランス、スペインの支配下に置かれました。18世紀にサヴォイア家に属し、イタリア統一を迎えました。
P2850925
駅に到着しました。
ミラノ~トリノを結ぶ幹線上にあり、RVが停車します。


P2860259
観光客をあまり見かけない街です。


P2860258
駅舎


P2860257
駅前広場から見えるサンタンドレア聖堂の鐘楼


P2860256
この日のお宿に向かいます。


P2850927
ホテルは、駅から徒歩5分の住宅街にあります。
ヴェルチェッリの宿泊先はかなり限られる上に郊外に点在しているので、交通の便を考えると選択肢は一つしかありません。


P2860255
この日のお宿です。レストランが併設されてます。


P2850930
朝の早い時間でしたが、部屋に入ることが出来ました。荷物を部屋に置いて身軽になったので、早速外出しました。


P2850931
チェントロ・ストーリコに向かう大通りは緑が一杯です。


P2850932
この街に来るのは4回目ですが、身の安全という点では心配不要と思います。


P2850933
旧市街の入り口というべき広場にやってきました。この場所に城門があったそうです。


P2850935
Piazza Pajetta


P2850936
広場の中心に立つ「将軍の制服のヴィットリオ・エマヌエーレ2世像」(1887)


P2850934
ヴェルチェッリに来た目的はMuseo Francesco Borgognaです。あまり知られていない絵画館ですが、所蔵作品は傑作揃いです。


P2850937
Corso Liberta


P2850938
913年創建のサンティッシモ・サルヴァトーレ教会です。現在の外観は18世紀に再建された二代目の建物です。扉が開いていましたが、美術的に魅力に欠けるので素通りしました。


P2850939
この辺から道幅が少し狭くなります。


P2850940
自転車が多い。


P2850941
用事がないけれど、街の中心の広場に寄り道します。


P2850942
次の交差点を左折すれば、直ぐに広場です。


P2850943
カヴール広場です。
この街のシンボルLa Torre dell'Angeloが見えます。


P2850944
イタリア統一後、現称に改称されましたが、それ以前はマッジョーレ広場、またはメルカンティ広場と呼ばれていたそうです。


P2850945
広場の四方は歴史的建造物に囲まれてます。


P2850946
17世紀に建設されたサン・ロレンツォ教会です。


P2850947
目指すMuseoは直ぐ傍にあります。


P2850948
写真左に塔が見えますが、塔の下に見える赤い建物がMuseo Francesco Borgognaです。


P2850949
とうとうやってきました。


P2850950
入館しました。中は写真不可で、残念ながら私の写真は一枚もありません。


P2850952
MuseoのHP掲載の作品画像を拝借して、この美術館の紹介を項を改めてやることにしましょう。


1
Museoの所蔵作品です。
ベルナルディーノ・ラニーノ(モルタラ、1512‐ヴェルチェッリ、1578)の「聖会話」


2
ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと天使」


P2850955
写真を撮ることが出来ませんでしたが、大満足で外に出ました。


P2850954
ここに再び来ることはもうあるまい、と思いながらMuseoを後にしました。


P2850956
サンタグネス・イン・サン・フランチェスコ教会です。


P2850957
拝観したかった教会ですが、Museoでたっぷり時間を使ったので、扉が閉まる時間になってしまいました。


P2850958


P2850959
Palazzo Arborio di Gattinara


P2850960
カステッロに向かいます。


P2850961
カステッロ
(つづく)

↑このページのトップヘ