イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:エミリア・ロマーニャ州 > ブッセート

P1080414
1518年に建設されたVilla Pallavicinoです。
ヤコポ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラ通称イル・ヴィニョーラ(ヴィニョーラ、1507‐ローマ、1573)、またはドナート・ブラマンテ(フェルミニャーノ、1444‐ローマ、1514)の設計と言われてますが、私としては、この説に疑問を持ってます。イル・ヴィニョーラは、このヴィッラの完成した1518年にはわずか11歳ですから設計者としては有り得ないと思います。ブラマンテが最晩年に設計し、死後にヴィッラが完成したことは有り得ますが、晩年のブラマンテの活動を考えると、設計者の確率は極めて低いと思います。


P1080416
1530年、神聖ローマ帝国皇帝カルロ5世の宿泊所として、パッラヴィチーノ家がこの建物を購入しました。それ以降、ヴィッラ・パッラヴィチーノと呼ばれることになりました。
1543年、このヴィッラでカルロ5世と教皇パオロ3世の面会が実現します。


P1080420
国立ヴェルディ博物館に入館しました。


P1080423
カルロ5世と教皇パオロ3世の邂逅を描いた絵画


P1080421
この時は館内写真不可でした。


P1080422
ヴィッラの門


P1080417
ヴィッラは堀に囲まれて建ってます。


P1080418
イタリア・オペラ好きには必訪と言える博物館でしょう。


P1080424
次は、Villa Pallavicinoの向かいに建っているサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会修道院です。


P1080425
15世紀中頃、パッラヴィチーノ州を作り、その支配者だったロランド・パッラヴィチーノ(ブッセート、1393‐1457)が、この地に教会を建設することを決めましたが、その生前には実現せず、教会建設を遺言しました。その遺言に基づき、ロランドの息子兄弟によって1470年から1474年に建設された後期ゴシック様式の教会です。
併設の修道院は1472年から1474年に建設されました。


P1080427
ファサード前の庭に白鳥の置物があります。


P1080429
1475年、教会と修道院はフランチェスコ会修道士に引き渡されました。


P1080430
幾つかの芸術作品がある教会修道院として知られてます。
その一つが入口扉上ルネッタのフレスコ画です。アントニオ・カンピ(クレモナ、1522‐1587)の「聖母被昇天とフランチェスコ会修道士たち」(1580c)


P1080431
もう一つの扉上のフレスコ画もアントニオ・カンピの作品です。


P1080428
扉が開いていました。


P1080432
中に入りました。


P1080434
四廊式、ゴシック様式の内部です。


P1080459
左側に2つの側廊があります。


P1080460
左側に修道院への通路がありますが、この日は閉鎖されていました。


P1080461


P1080433
右側壁


P1080458
右側廊


P1080435
16世紀の逸名彫刻家作「Madonna delle Grazie」(16世紀)


P1080462
Cappella di Sant'Antonio


P1080437
制作者情報不知の「聖アントニオの祭壇」(19世紀)


P1080465
一部がモザイク


P1080464


P1080439
ゴシック様式逸名画家作「Madonna del Canale」(15世紀)


P1080444
詳細不知


P1080445
詳細不知


P1080446
グイド・マッツォーニ(モデナ、1450‐1518)の「嘆き」(1475‐76c)


P1080447
グイド・マッツォーニの代表作の一つです。


P1080451
中央礼拝堂後陣の磔刑像


P1080453
詳細不知の主祭壇画


P1080454
ニコロ・デッラバーテ(モデナ、1510c‐フォンテーヌブロー、1571)の「十字架を担ぐキリスト」(1543‐44c)


P1080457
アントニオ・カンピ(クレモナ、1522‐1587)の「聖母子と聖フランチェスコ」(1580)


P1080450
主祭壇前から見た出入口方向


P1080468
外に出ました。


P1080466
立ち去る前に、もう一度ファサードを見ました。


P1080467
道の両側に低い城壁があります。


P1080469
(おわり)

P1080375ヴェルディ広場です。


P1080377
先ほど一息入れたカフェです。


P1080362
町歩きを続けます。


P1080382


P1080378
小さな町なので、どうしても同じ場所に何度も来てしまいます。


P1080384
時間が経ちません。


P1080386
この町には苛烈な歴史がありますが、それに触れずにさらっとやりましょう。


P1080387
この日、ここに泊まってオペラを楽しむ予定でした。


P1080388
残念ながら、それを果たせずに終わりました。


P1080389
次はヴェルディ博物館ですが、当時、午後の開館は午後3時からなので時間潰しが必要でした。


P1080390
ヴェルディ博物館は、ブッセート郊外、旧城壁外の駅近くにあります。


P1080391
博物館の開館時間に合わせるために、あちこち歩いて時間潰しです。


P1080392
何処を歩いても人通りが少ない。


P1080393
元々人口が少ないので、人通りが少ないのは当たり前です。


P1080394
ローマ通りの柱廊


P1080395
道を間違えるはずがないと高を括って歩いていました。


P1080396
どうやら道に迷ったみたい。


P1080397
東洋風の門?


P1080398
電柱がありません。


P1080399
電線を地下に埋設するにはコスト高となるので難しいと言っている我が国ですが、イタリアで出来て我が国に出来ないのは不可思議です。


P1080400
地上部分の電線


P1080401
電柱頼りは、何時も電力会社側に立つ政府施策の一環でしょう。


P1080402
電線が地上に出ている部分


P1080403
経済状態が日本より悪いイタリアに出来て、日本で出来ない電柱問題です。


P1080404
Rocca Pallavicinoに戻ってきました。


P1080406
午後3時を過ぎました。


P1080405
ここで一休みしました。


P1080407
道を間違えないように、素直にローマ通りを通ってヴェルディ博物館に向かいました。


P1080408
柱廊を進みました。


P1080410
監視カメラが結構あります。


P1080409
どうせ道草しても見どころがない。


P1080411


P1080412
博物館はもう直ぐです。


P1080413
ヴェルディ博物館があるVilla Pallavicinoに着きました。
(つづく)

P1080329
ヴェルディ像の後方に建っているのは、985年着工のRocca Pallavicinoです。


P1080333
1216年、ピアチェンツァ・ミラノ連合軍によってRoccaは破壊されましたが、1249年、神聖ローマ帝国皇帝フレデリック4世によって再建されました。


P1080339
Rocca Pallavicinoは、1543年、カルロ5世と教皇パオロ3世が邂逅した地として有名です。
時計塔下のアーチを潜って一旦中庭に出ます。


P1080340
中庭の南側の建物


P1080342
中庭からヴェルディ広場の反対側に出ます。向こう側は普通の住宅地となってます。


P1080344
Rocca Pallavicinoの裏側
1856年、Rocca Pallavicinoは、パルマ公爵からブッセートのコムーネに売却されました。当時のRoccaは非常に荒廃していたので、そのままでは使用不可でした。荒廃していた部分を取り壊して、一部を除いて再建されることになり、1857年から1868年にかけて現存する大部分が新古典様式で再建されたものが現在の姿です。


P1080343
広場に面した時計塔と狭間のある塔の部分は16世紀のものです。


P1080341
ヴェルディ広場側に出ます。


P1080379
Rocca Pallavicinoのファサードに向かって時計塔の左側はPalazzo Comunale、時計塔の右側がTeatro Giuseppe Verdiです。


P1080338
1857年から1868年に建設されたTeatro Giuseppe Verdiです。


P1080347
公演がない日は一般公開されてます。この日は公演日でした。


P1080346
客席数が僅か307席の小さな劇場ですが、オペラが上演されてます。毎年10月にパルマとその近郊で開催されるヴェルディ・フェスティヴァルの会場になってます。


1
劇場内部


P1080344
この日の演目はヴェルディの「ファルスタッフ」でした。


P1080351
オペラ上演の実態は、パルマ・オペラ座の出張公演です。


P1080345
ヴェルディ広場近くの教会を見に行きます。


P1080332
広場の端に教会が建ってます。


P1080354
ローマ通りを越えます。


P1080352
サン・バルトロメオ参事会教会 Collegiata di San Bartolomeoです。


P1080353
1437年に着工されたゴシック様式の教会です。


P1080355
ファサードのフレスコ画の痕跡


P1080364
後陣と鐘楼


P1080363
ブッセートのドゥオーモに相当しますが、地元ではドゥオーモと呼ばれていないようです。


2
1767年、ロココ式に改修された内部です。


3
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1491/1492-パルマ、1556)によって1538年から1539年にかけて制作されたフレスコ画


4
ミケランジェロ・アンセルミのフレスコ画


P1080359
サン・バルトロメオ参事会教会の右奥に、14世紀から15世紀に建設されたOratorio della Santissima Trinitaがあります。


P1080358
1836年、ジュゼッペ・ヴェルディとヴェルディの最初の妻マルゲリータ・パレッツィと結婚式を挙げた祈祷所として有名です。


P1080373


P1080374


P1080366
ローマ通りの突き当りにも教会があります。


P1080371
サンタ・マリア広場に面して建つサンタ・マリア・アンヌンツィアータ教会です。


P1080370
前身は、1472年から1518年に建設された病院付属の礼拝堂です。病院は後に取り壊され、独立した礼拝堂になりました。
新古典様式の現在の建物は、1804年に再建された二代目のものです。


P1080369
1805年、ジュゼッペ・ヴェルディの両親がこの教会で挙式しました。


P1080368
サンタ・マリア広場にあるメルカト


P1080367
この辺がブッセートの中心地となります。


P1080372
サンタ・マリア広場から見えるサン・バルトロメオ参事会教会の鐘楼


P1080356
(つづく)

P1080291
ブッセート駅に到着しました。


P1080471
ブッセートは、人口6,939人(2018年1月1日)のエミリア・ロマーニャ州パルマ県にあるコムーネです。
駅名が入った写真がないと様にならないので、列車が発車するのを待って、向かいのホームから写真を撮りました。


P1080472
無人の小さな駅ですが、駅のトイレが使用可能です。
無人駅でもトイレがあるのが普通ですが、そのトイレは施錠されていて使用できないことが殆どです。折角なので利用させて頂きましたが、ブッセートのトイレは非常に清潔でした。


P1080292
駅舎です。
ブッセートは、ジュゼッペ・ヴェルディ所縁の町として有名です。ジュゼッペ・ヴェルディ(レ・ロンコーレ、1813‐ミラノ、1901)は、ブッセートの分離集落 Frazioneのレ・ロンコーレで生まれ、1824年にブッセートに移住してきました。


P1080294
田舎の佇まいの駅前広場


P1080293
旧市街に向かいます。


P1080296
Cappella della Madonna Rossaを通り過ぎます。


P1080297
駅から旧市街の入り口までは徒歩数分の僅かな距離です。


P1080298
頃合はブッセートで最も賑わいを見せる、ヴェルディ・フェスティヴァルが開催される10月です。


P1080299
緑豊かで、長閑な町です。


P1080300
住宅地


P1080301
Istituto Compresivo Busseto


P1080303
小学校です。


P1080302
この辺が旧市街の入り口になります。


P1080304
町の目抜き通りであるローマ通り


P1080305
この日、快晴、気温20℃くらいで絶好の町歩き日和でした。


P1080306
Busseto Terra di Verdiの横断幕が掲げられてます。


P1080308
この日はヴェルディ・オペラの上演日でした。


P1080307
ローマ通りと交差する道は静寂に包まれていました。


P1080309
尤もローマ通りも人通りが少なく、静かでした。


P1080310
この日のことは思い出したくないので、適当に書いておきます。


P1080311
柱廊が完備されてます。


P1080312
イエズス会の旧大学です。


P1080314
1617年から1682年に建設されたサンティグナツィオ・ディ・ロヨラ教会です。


P1080313
1613年、ラヌッチョ1世ファルネーゼ(パルマ、1569‐1622)がイエズス会に対して、ブッセートを活動拠点にして良いとの許可を与えたことにより、大学と教会が建設されました。
しかし、イエズス会の勢力はそれだけに留まらず、この町の多くを勢力下に置きました。
ヴェルディもこの大学で学びました。


P1080315
ローマ通りは全長500mくらい?でしょうか。


P1080316
1679年から1682年に建設された、バロック様式のPalazzo del Monte di Pietaです。


P1080317
ローマ通りを更に進みます。


P1080318
柱廊が続いてます。


P1080319
通りの突き当りにある教会が見えてます。


P1080320
Palazzo Orlandi


P1080321
19世紀初頭に建設された新古典様式のPalazzo Orlandiです。
1845年、ヴェルディは、22,000リラの大金で、このPalazzoを買いました。1849年、ソプラノ歌手で、ヴェルディの後妻ジュゼッピーナ・ストレプトニと一緒にこのPalazzoで住むようになりました。


P1080322
ヴェルディとストレプトニがここで住むには色々と問題が生じました。その辺の詳細はここでは触れませんが、やがて、このPalazzoはストレプトニの所有となりました。


P1080323
現在はSIAEが所有しています。


P1080324
ヴェルディ広場は直ぐ傍です。


P1080325


P1080326
広場にやってきました。


P1080327
ヴェルディ広場です。


P1080328
広場に面したカフェで一休み。


P1080331
広場にあるのは勿論ヴェルディ像です。


P1080332
(つづく)

↑このページのトップヘ