イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ロンバルディア州 > ヴィジェーヴァノ

142
次はヴィジェーヴァノのドゥオーモ、サンタンブロージョ大聖堂です。


137
963年と967年の文書に、この場所にあった教会が記載されてます。


136
現在の建物は、最後のミラノ公爵フランチェスコ2世・スフォルツァ(ミラノ、1495-ヴィジェーヴァノ、1535)の命によって、1532年に創建されたもので、1606年に一応の完成を見たものです。設計者はアントニオ・ダ・ロナーテ(ロナーテ・ポッツォ―ロ、1456/1457-ミラノ、1541c)でした。


240
バロック様式のファサードは、ヴィジェーヴァノ司教ファン・カラミュエル・イ・ロブコヴィッツ(マドリッド、1606-ヴィジェーヴァノ、1682)の設計によって、17世紀後半に建設されました。
スペイン出身のファン・カラミュエル・イ・ロブコヴィッツ司教は、数学者でもあり、建築にも通じていました。
鐘楼は、14世紀に建設された市の塔がそのまま教会の塔に転用されて現在に至ってます。


244
聖堂内に入りました。


241
三廊式、ラテン十字形、マニエリスム様式の内部です。


242
19世紀に行われた装飾が目立ちます。


245
チェーザレ・マーニ(ミラノ、1492-1534)の「磔刑」


248
フェルディナンド・ガッティ通称イル・ソイアーロ(パヴィア、1495c-クレモナ、1575)の「復活したキリスト」


249
詳細不知


251
詳細不知


253
フランチェスコ・ゴニン(トリノ、1808-ジャヴェーノ、1889)による装飾


254
主祭壇


255
アレッサンドロ・サンクィリコ(ミラノ、1777-1849)による後陣フレスコ画(1828-30)


256
クーポラ


259
詳細不知


257
詳細不知


261
ロンバルドの逸名画家作「磔刑と聖マリア・マッダレーナ」(16世紀)


263
詳細不知


265
ベルナルディーノ・フェラーリ(ヴィジェーヴァノ、1495-1524)の「天上の聖母子と聖人たち」


268
ロンバルドの逸名画家作「ポリッティコ」(16世紀)


270
チェーザレ・マーニ(ミラノ、1492-1534)の「聖母子と聖人たち」


271
詳細不知


273


274
詳細不知


275
詳細不知


276
詳細不知


277
右側廊


278
フェルディナンド・ポルタ(ミラノ、1689-1767)の「キリストの洗礼」


280


281


279


282
ベルナルディーノ・フェラーリ(ヴィジェーヴァノ、1495-1524)の「サンティ・ジャコモ・エ・クリストフォロ礼拝堂の多翼祭壇画」(1510)


285
詳細不知


286
詳細不知


287


289
フランチェスコ・ゴニンによる天井フレスコ画


290
クリプタ


291
詳細不知


288
主祭壇をもう一度見てから外に出ました。
(おわり)

186
次はサンタ・マリア・デッレ・ネーヴィ教会です。


187
サンタ・マリア・デッレ・ネーヴィ教会が見えてます。


189
15世紀に、この場所に建設されたサンタ・マリア・デイ・ペッシ教会が前身です。
ヴィジェーヴァノを流れるティチーノ川から獲れた魚を商う魚市場がこの場所にありました。教会名にPesciが付く由来です。


190
現在の建物は、1559年から1606年にかけて、死の同信会によって建設された二代目となるものです。


188
初代の建物にあった、15世紀に描かれた「聖母子と聖セバスティアーノと聖ロッコ」の祭壇画が見ものとされてます。


191
扉が閉まっていたのは仕方がないと思いました。


192
道の突き当りに新しそうな教会があります。


194
19世紀末に建設されたManostero Suore Sacrametineです。女子修道院です。


197
徐々に涼しくなってきました。


199
Palazzo Merulaです。


198
17世紀にドメニコ会によって建設されたサンタ・マリア・アッスンタ女子修道院だった建物です。


200
中に入るとキオストロ回廊に出ます。


201
ナポレオンのイタリア侵攻に伴う教会活動抑止策に基づき、修道院活動が停止され、1805年に州所有物件となりました。
1809年に孤児院として使用されるようになり、その後、孤児院を併設した市民病院となりました。


202
キオストロ回廊に置かれている彫刻


203
外に出ました。


204
サンティグナツィオ・ディ・ロヨラ教会です。


205
1694年から1708年にかけて建設されました。


206


207


208
扉が閉まっていました。


209
カステッロが開く時間になりました。


210
カステッロ自体には殆ど見所がないようですが、ヴィジェーヴァノに来たからには入らなくては。


211
結論を言えば、見所はなしでした。


1-2


1-3


1-4


212
外に出ました。通りの先にサン・フランチェスコ教会が見えてます。


232
サン・フランチェスコ教会です。


1-1
1397年に建設されました。


231
15世紀中頃に拡張され、現在の姿になりました。


230
ファサード前の「鳥に説教する聖フランチェスコ」の泉


233
ファサード横の小礼拝堂


234
ドゥカーレ広場に戻ります。


213


214
ドゥオーモが開く時間です。


235
扉が開きました。


236
広場の床の模様


238
レオナルド・ダ・ヴィンチ考案と言われてます。


237


239
(つづく)

152
通りの突き当りに教会があります。


153
1363年に建設されたサン・ピエトロ・マルティーレ教会です。


155
現在のロンバルド・ゴシック様式の外観は、1446年から1480年にかけて拡大改造された後のものです。


158
中に15世紀のフレスコ画や16世紀の祭壇画「受胎告知」などがありますが、扉が閉まっていたので拝観出来ず。


156
入口扉上ルネッタの詳細不知の「殉教した聖ピエトロ・マルティーレを悼む修道士たち」


157
サン・ピエトロ・マルティーレ教会ファサード前のベアート・マッテオ広場です。


159
この門からスフォルツェスコ城内に入ります。


161
門を潜って城内に入りました。写真は城内から見た潜ってきた門です。


160
カステッロの中庭です。ブラマンテの塔が目立ちます。


164
中庭は公園として一般開放されてます。


162
ロンゴバルド時代の7世紀から10世紀に建設した城が基になってます。


163
その後、城はミラノ僭主のルキーノ・ヴィスコンティ(ミラノ、1287-1349)とミラノ公爵ルドヴィーコ・イル・モーロ(ミラノ、1452-フランス、ロシュ、1508)によって拡大整備されました。
現在の姿は、イル・モーロの命によって1492年から1494年にかけて建設されたものが中心となってます。


165
城内に入ってみました。


166
フレスコ画がありました。


167
ここはMuseo Civicoの出口でした。


215
城ですが、1535年、スフォルツァ家によるミラノ支配が終わると、ヴィジェーヴァノ城はスペインの支配下に置かれました。その後、オーストリア軍の駐屯地になりましたが、歴史の変遷によって、サルデーニャ軍、イタリア軍の軍事基地となり、1968年まで軍の駐屯地として使用されました。


216
現在は市立博物館などとして公開されてます。


218
ここから城内に入ります。


217
絵画館、靴博物館、工業製品博物館の3部門から成ってます。


219
城内の回廊


220
入館無料でした。


221
ベルナルディーノ・フェラーリ(ヴィジェーヴァノ、1495-1524)の「玉座の聖母子とと聖ピエトロと聖アンブロージョ」(1515)


223
ロンバルドの逸名画家作「聖母子と聖人たち」


225
ロンバルドの逸名画家作「ご誕生」


226
フェルディナンド・ポルタ(ミラノ、1687-1763)の「キリストの洗礼」


228
靴博物館は一見に値します。


168
一旦、ドゥカーレ宮殿に戻りました。


169
ドゥオーモの扉が未だ閉まってます。


170
もう一度城外に出ます。


171
Corso Vittorio Emanuele II


172
写真右はMunicipioです。


173
1474年に建設された病院が前身です。


174
病院の建物が一部取り壊され、1768年から1771年に改築された建物です。


175
Palazzo Civico 市庁舎です。


177
市庁舎の中庭


178
ここでヴィジェーヴァノの地図を頂戴しました。


179
非常に親切な応対をしてくれた職員に感謝です。


176
市庁舎から簡単にドゥオーモに行けます。


180
市庁舎から至近の場所に教会があります。


182
1323年創建のサン・ディオニージ教会です。


181
14世紀のフレスコ画が中にあるそうですが、拝観したことがありません。


183
市立劇場です。


185


184
(つづく)

ヴィジェーヴァノは、人口63,420人(2018年11月30日現在)のロンバルディア州パヴィア県にあるコムーネです。ミラノの支配下に置かれていた中世の頃、靴産業が興り、現在でも数多くの靴を製造してます。
P1620897
ミラノのFSターミナル駅の中で最も冴えないミラノ・ポルタ・ジェノヴァ駅です。この駅始発の普通列車に乗ってヴィジェーヴァノ駅に向かいました。


106
乗車約25分ほどでヴィジェーヴァノ駅に到着しました。


107
駅舎


108


109
駅から街の中心へと通じるカイローリ通りです。


110
カイローリ通りは右にカーブしています。


111
通りの突き当りが街の中心の入り口です。


112
写真右の建物に注目です。


114
Palazzo Saporiti


117
1828年に建設されました。


113
現在、Palazzo Saporitiはベネデット・カイローリ高校の校舎として使用されてます。


116
Palazzo Saporitiの別の入り口


118
日本の夏のような蒸し暑い日でした。


119
サン・ジョルジョ・イン・ストラータ教会です。


121
城壁の一部として10世紀に創建されました。


120
現在の建物は14世紀に再建された二代目となるものです。


122
旧市街の入り口です。


123
ヴィスコンティ城です。


124
Porta di Via XX Settembre


125
門を潜れば、9月20日通りに出ます。


126
現在の門は14世紀に建設されました。


129
門を潜って、9月20日通り側から見た門です。


127
9月20日通りを進みました。


128
雷鳴が聞こえてきたので、この時は天気の急変を心配していました。結局、降ることはなかった。


130
街角のタベルナコロ


131
街の中心の広場に入ります。


132
ドゥカーレ広場


133
ミラノの支配者ルドヴィーコ・イル・モーロ(ミラノ、1452-フランス、ロシュ、1508)の命により、1492年に建設が開始され1494年に完成したドゥカーレ広場です。


134
ブラマンテの塔


135
巷間、レオナルド・ダ・ヴィンチ設計とされているドゥカーレ広場です。


138
縦134m、横幅48mの広場です。


139


140


142
広場の端に建つのは、サンタンブロージョ司教座教会、ヴィジェーヴァノのドゥオーモです。


137
この時間は未だ開いてません。拝観は後程。


143


144
広場に立つ聖ジョヴァンニ・ネポムチェーノ像


145
外壁はフレスコで装飾されてます。


146
高さ約56mの1196年に遡るブラマンテの塔です。イル・モーロの命によって改造されたものが現存の塔です。
この日は、塔に上ることが出来ませんでした。


147
ドゥカーレ広場からポポロ通りに出ました。


149
通りの先に教会があります。


148
サンタ・マリア・デル・ポポロ教会です。


151
平日は閉まってます。


150
(つづく)

↑このページのトップヘ