イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:エミリア・ロマーニャ州 > ファエンツァ

P1230080
サン・ドメニコ教会の扉が開いていました。


P1230081
1223年、ドメニコ会修道士がファエンツァに到着し、布教活動を開始した記録が残されているそうです。


P1230141
1301年、ファエンツァの市当局からドメニコ会に対して、土地とブドウ園が与えられました。
14世紀前半、ドメニコ会は与えられた土地に修道院を建設し、現在教会が建っている場所に、併せてロマネスク様式の教会も建設しました。
最初の建物は経時劣化と地震の影響を受けたので、18世紀前半に再建が決定されました。それを受けて、ボローニャの建築家フランチェスコ・タドリーニ(ボローニャ、1723-1805)の設計によって、1761年から1765年に建設された新古典様式に二代目の建物が現在の姿です。


P1230140
鐘楼


P1230145
ファサードの入り口扉上の浮彫「聖アンドレアの殉教」


P1230143
ファサード壁龕の彫刻「聖人(特定できないようです)」


P1230144
「聖母子」


P1230082
教会内に入りました。


P1230086
単廊式、ラテン十字形、新古典様式の内部です。


P1230085
コリント式円柱が目立ちます。


P1230084
地味な天井装飾


P1230087
詳細不知


P1230089
詳細不知


P1230093
詳細不知


P1230096
左側壁


P1230097
詳細不知


P1230099
「聖母子」のイコン


P1230101
詳細不知


P1230103
詳細不知


P1230107
詳細不知


P1230108
主祭壇


P1230109
後陣天井


P1230111
主祭壇画は、クリストフォロ・ウンテルベルガー(カバレーゼ、1732-ローマ、1798)の「天使に導かれてファエンツァに入る聖ドメニコ」


P1230113
後陣に置かれたオルガン


P1230114
フランチェスコ・タドリーニ(ボローニャ、1723-1805)設計の主祭壇(1766)
主祭壇の大理石彫刻はジョヴァンニ・トスキーニ(1650c-1737)によります。


P1230115
詳細不知


P1230116
トンマーゾ・ルエールの「聖ウミルタ」(1762)


P1230117
トンマーゾ・ルエールの作品


P1230118
トンマーゾ・ルエールの作品


P1230119
詳細不知


P1230120
詳細不知


P1230121
詳細不知


P1230122
右側壁


P1230125
フェリーチェ・トレッリ(ヴェローナ、1667-ボローニャ、1748)の「聖ヴィンチェンツォ・フェッレール」


P1230127


P1230129
ジョヴァンニ・ゴッタルディ(ファエンツァ、1733-ローマ、1812)の「キリストの洗礼とファエンツァに集う聖人たち」


P1230130


P1230132
詳細不知


P1230134
詳細不知


P1230135
詳細不知


P1230136
詳細不知


P1230104
主祭壇前から見た出入口方向


P1230138
外に出ました。


P1230152
これで見るべきものは大体見たようです。


P1230155
拝観出来なかった教会が多かった気がしますが、この辺は仕方がりません。


P1230158
15世紀に建設されたPalazzo Azzalli-Ferdiani


P1230160
ホテルに戻り、荷物を受け取って次の目的地パルマに向かいます。


P1230162
ドゥオーモに向かう道です。


P1230165
月曜日だったので、博物館などが休館でした。


P1230180
(ファエンツァ編 おわり)

P1230037
次はサン・ロッコ教会です。


P1230038
残念ながらサン・ロッコ教会の扉が閉まっていました。


P1230040
1500年、ファエンツァにサン・ロッコ同信会が設立され、新教会の建設が決まりました。そうして1519年に建設されたのがサン・ロッコ教会です。


P1230039
ファサード下に柱廊がありましたが、その後撤去されました。煉瓦積みの現在のファサードは1850年頃に再建されたものです。


P1230041
サン・ロッコ教会ファサードが面しているサン・ロッコ広場です。


P1230042
次はサンタ・ウミルタ・デイ・ネグサンティ教会です。


P1230043
通りの先に教会が見えてます。
中世から近世にかけての西洋美術は基本的にキリスト教関連となります。その当時の傑作とされる作品の多くは教会にあった、或いは現在も教会にあります。それが教会巡りをする理由です。


P1230044
写真左は女子修道院だった建物です。


P1230045
1741年から1744年にかけて建設されたバロック様式のサンタ・ウミルタ・デイ・ネグサンティ教会です。


P1230047
教会はヴァロンブロザーネ女子修道院に併設されていました。


P1230046
女子修道院は閉鎖され、教会の方も宗教活動を停止しています。


P1230049
女子修道院の建物は古典科学高校の校舎として使用されてます。旧教会の建物は同高校の講堂や会議室に転用されてます。


P1230048
ファエンツァ出身の聖ウミルタ(ファエンツァ、1226-フィレンツェ、1310)は主にフィレンツェで活動した女子修道士です。ファエンツァの守護聖人になってます。


P1230050
バスコリ通りの突き当りに歴史的建造物があります。


P1230051
14世紀に建設されたCasa Bubaniです。


P1230052
1807年、弁護士だったカルロ・ピア―ニが購入した建物なので、Casa Pianiとも呼ばれてます。建物を手に入れると、ゴシック様式から新古典様式に改修したのですが、改修後に資金難に陥り、手放すことになったそうです。


P1230054
Casa di Dio、Loggia dei Fantini、Portico della Caritaです。視点を何処に置くかによって、それぞれ名称が違います。


P1230053
15世紀初めに建設された孤児養育院と附属病院が前身です。現在は病院です。


P1230055
Palazzo Mazzolani


P1230056
この建物の由来など詳しいことを知りません。


P1230058
見逃しそうですが、写真左端に教会があります。


P1230059
サン・ジュゼッペ教会です。


P1230060
元はファエンツァで最古の教会の一つでしたが、信者数が少なく資金難が絶えず付きまとっていたそうです。19世紀前半のファエンツァ市街地整備の際、教会の土地などの資産を売却し、新たに建設される建物に一角に教会が置かれるようになったそうです。


P1230061
Corso Mazziniを少し進みます。


P1230063
サンティ・ヴィターレ・エ・クレメンテ教会です。


P1230062
教会の歴史は14世紀に遡るそうです。


P1230064
現在の建物は地元の建築家ピエトロ・トンバ(ファエンツァ、1774-1846)の設計によって1831年に再建された二代目となるものです。


P1230065
平日になると路上駐車の車が多くなるようです。


P1230067
市民病院の建物です。


P1230069
写真左側に教会が写ってます。


P1230070
1929年から1930年に建設されたネオ・ゴシック様式のサン・サヴィーノ教会です。


P1230071
然程長い距離を歩いていないにも拘らず、この教会の多さに驚きです。そんなに需要があるの?と思ってしまいます。


P1230072
開いている教会が少ないのは、需要が少ないの証左?


P1230073
恐らくサン・ドメニコ教会ならば開いているだろうと思いました。平日の午前と午後にミサが予定されてます。


P1230074
同じ通りを戻ります。


P1230075
サン・ドメニコ教会はジョヴァンニ・ギナッシ通りのサン・ドメニコ広場にあります。


P1230077
ファエンツァに来たのは、この時で4回目でした。


P1230076
場所や方角がある程度頭に入っているので、裏通りに入っても迷うことはありません。


P1230078
サン・ドメニコ教会の直ぐ傍まで来ました。


P1230151
並木道の左側にサン・ドメニコ教会があります。


P1230147
ロトンダ・ロッシです。


P1230146


P1230148
(つづく)

P1220984
サンタゴスティーノ広場に面した、だまし絵の窓がある建物


P1220992
次はカルミネ教会です。
カルミネ教会はサンタゴスティーノ教会の至近にあります。


P1220993
16世紀初頭にイエズス会によって建設された教会です。


P1220997
建設当初の名称はジェズ教会でした。
17世紀末、教会はカルメル会の所有となり、カルミネ教会と改称されました。


P1220995
カルミネ会は、教会を現在の姿に改造しました。その当時、ファエンツァにおけるカルミネ会の拠点は、サン・フィリッポ・ネリ教会でしたが、改造工事が完了するとサン・フィリッポ・ネリ教会から修道士たちがカルミネ教会に移ってきました。


P1220994
写真右端の建物は隣接していた修道院です。


P1230003
サンタ・ウミルタ修道院だった建物です。


P1230001
現在、Collegio Santa Umiltaとなってます。


P1220999
カルミネ教会の後陣の方の扉が開いているように見得ましたが、閉まっていました。
ニッコロ・パガネッリの「聖霊降臨」があるので、開いていれば拝観する予定でした。


P1230004
サンタントニオ・ディ・パドヴァ教会です。


P1230005
後で拝観します。


P1230007
Via Ceonia
この辺は城壁内の南端に当たります。


P1230008
ファエンツァの城壁はあまり残ってませんが、街の南端は一部残されてます。


P1230009
城壁沿いの道を進んで、サンタ・マルゲリータ教会に向かいました。


P1230010
突き当りの右端に教会があります。


P1230011
サンタ・マルゲリータ教会です。


P1230012
14世紀末から15世紀初頭にかけて建設された小さな教会です。


P1230014
18世紀中頃に改修されましたが、現在の姿はその改修工事後のものです。


P1230013
予想通り扉が閉まっていました。


P1230016
身廊はマッテオッティ通りに面してます。


P1230018
見るべき作品はオルソラ・ミッシローリの祭壇画だけでしょう。


P1230017
ファサードは、Via Tommaso Minardiに面してます。


P1230019
写真左は城壁です。


P1230020
マッテオッティ通りを進みます。


P1230021
先ほど鐘楼が見えたサンタントニオ・ディ・パドヴァ教会に向かいます。


P1230022
18世紀の建物ですが、特に名前がないようです。


P1230023
通りの先にサンタントニオ・ディ・パドヴァ教会があります。


P1230026
眼前に鐘楼が迫って建ってます。


P1230025
3つの通りの角にありますが、道路よりも後に教会が建設されたので、その制約を受けて少し変な形状をしています。


P1230027
残念! サンタントニオ・ディ・パドヴァ教会は閉まっていました。


P1230029
初代の建物は1450年頃に遡ります。現在の建物は1701年に再建された二代目です。


P1230028
教区教会です。
中にジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチの作品があるので、拝観出来なかったのは痛かった。


2
見ることが出来なかった、ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチの「聖母子とパドヴァの聖アントニオとアッシジの聖フランチェスコ」
(外部サイトから拝借した作品画像の転載)


P1230030
扉が開いている教会が少なく参りました。教会巡りは効率が悪いのです。


P1230032
かなり暑くなってきました。


P1230031
次はサンタ・マリア・アド・ニヴェス教会です。


P1230033
サンタ・マリア・アド・ニヴェス教会は、この日も閉まっていました。


P1230034
ネットの情報によれば、この日は扉が開いている筈でしたが、がさネタでした。


P1230035
教会横壁のタベルナコロ


P1230036
(つづく)

P1220915
中世の時代、ファエンツァは教皇領でした。


P1220916
教皇領でしたが、マンフレディ家が僭主としてファエンツァを支配していた時期がありました。そのマンフレディ家の住居として1377年に建設された建物が現市庁舎となってます。


P1220917
市庁舎の壁にある記念板


P1220918
Palazzo del Podestaのロッジャ


P1220919
Palazzo del Podestaのアーチ


P1220920
アーチを潜ってマルティーリ・デッラ・リベルタ広場に出ると、青空市が立っていました。


P1220921
青空市で買うものがないので、ポポロ広場に戻りました。


P1220922
14世紀に建設され、17世紀に改造されたPalazzo del Podestaです。


P1220923
次はサン・バルトロメオ教会です。


P1220924
サン・バルトロメオ教会はマッテオッティ通りにあります。


P1220925
その街で中心の広場、ドゥオーモ、市庁舎を見ると、繁栄度が大体分かります。ファエンツァはかなり繁栄している街です。


P1220926
Corso Matteotti


P1220927
マンサード屋根の建物があります。


P1220928
観光客が少ない街です。


P1220929
サン・バルトロメオ教会の鐘楼です。


P1220930
サン・バルトロメオ教会です。


P1220932
10世紀に建設された、現存するファエンツァ最古の建物の一つです。


P1220933
13世紀に現在の姿に拡張されました。


P1220934
中に古いフレスコ画があるそうですが、拝観したことがありません。


P1220931
教会活動が停止され、建物は戦没者記念堂に転用されてます。


P1220935
次はサンタゴスティーノ教会です。


P1220936
マッテオッティ通りを更に進みます。


P1220937
サンタゴスティーノ教会と呼ばれてますが、正式名はサンティ・アゴスティーノ・エ・マルゲリータ教区教会となってます。


P1220938
1256年、ファエンツァにアウグスティヌス会修道士が訪れ、定住した記録が残されてます。


P1220939
1271年、アウグスティヌス会修道士によって、この場所にゴシック様式の教会が建設されました。当時に名称は、サン・ジョヴァンニ・イン・スクラヴィ教会でした。更に修道院が併設されました。
15世紀にサンタゴスティーノ修道院教会に改称されました。
若きジローラモ・サヴォナローラがこの教会で修業したそうです。


P1220985
18世紀初頭にバロック様式で再建された二代目の建物が現在の姿です。


P1220986
柱廊付きのファサードです。


P1220987
鐘楼は三代目となるものです。


P1220990
後陣と鐘楼


P1220991
二代目の鐘楼は1712年に建設されましたが、第二次世界大戦のドイツ軍の爆撃によって1944年に破壊されました。現在の鐘楼は1962年に建設されたものですが、二代目の鐘楼とは色や形など非常に異なるとされてます。


P1220941


P1220940
初代の建物にあったものは殆ど残されていません。


P1220943
ファサード下の柱廊


P1220942
出入り口扉


P1220944
中に入りました。


P1220946
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1220945
右側壁


P1220947
装飾が殆ど施されていない天井


P1220948
ファエンツァの逸名画家作「聖母の出現」(1848)


P1220949
ドメニコ・マッテウッチ(ファエンツァ、1914-1991)の「聖母子」
ドメニコ・マッテウッチの特徴的な作風要素が全く見られない異色作です。


P1220950


P1220951
「聖母子」(1400)
教会のパンフレットでは1400年の作品と書かれているので、そのまま記載しましたが、私には、もっと後世の作品に思えます。


P1220953
セバスティアーノ・スカレッティ(ファエンツァ、1473-1559)の「玉座の聖母子と聖人たち(パドヴァの聖アントニオ、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、聖ジローラモ、トレンティーノの聖二コラ)」(1520)
この教会における最大の見所です。


P1220956
詳細不知


P1220957
主祭壇


P1220958
後陣天井


P1220968
詳細不知


P1220961
後陣左側壁の祭壇画(詳細不知)


P1220963
詳細不知


P1220970
後陣右壁の祭壇画
ドメニコ・マッテウッチの作品


P1220973
ドメニコ・マッテウッチの作品


P1220959
フランチェスコ・コッリーナ・グラツィアーニの「聖アゴスティーノ」(1928)


P1220960
詳細不知の「大天使聖ミケーレ」


P1220977
詳細不知


P1220981
詳細不知


P1220975
主祭壇前から見た出入口方向


P1220983
外に出ました。
セバスティアーノ・スカレッティの祭壇画を見ることが出来たのが収穫でした。
(つづく)

引き続きファエンツァのドゥオーモです。
P1220765
左側廊


P1220766
説教壇


P1220767
左側廊の聖アンナ礼拝堂です。


P1220768
聖アンナ礼拝堂の祭壇画:アルド・ロンティーニ(ブリジゲッラ、1948-)の「聖母の教育」


P1220769
聖アンナ礼拝堂の天井フレスコ画もアルド・ロンティーニによって制作されました。


P1220773
左側廊の聖ウミルタ礼拝堂です。
祭壇画(向かって左):ジョヴァンニ・バッティスタ・ガリッツィ(ベルガモ、1882-1963)の「聖ウミルタ」
向かって右手前は、ピエトロ・メランドリ(ファエンツァ、1885-1976)の「聖ウミルタ」


P1220774
左側廊の第1礼拝堂です。


P1220780
パスクゥアーレ・サヴィオッティ(ファエンツァ、1792-1855)の「キリストの洗礼」(1828)


P1220775
左側廊第1礼拝堂の天井フレスコ画は、ジュリオ・トンドゥッチ(ファエンツァ、1513c-1598?)によって1562年に描かれました。


P1220776
左側廊第1礼拝堂側壁のフレスコ画は、ジュリオ・トンドゥッチ(ファエンツァ、1513c-1598?)とピエトロ・バリオット(ファエンツァ、1481-1533)によって制作されました。


P1220777


P1220778


P1220779


P1220783
左側廊の聖カルロ・ボッロメオ礼拝堂です。
ベアート・ジャコモ・フィリッポ・ベルトーニの墓碑(1483年死去)


P1220785
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577-1668)の「十字架を崇める聖カルロ・ボッロメオ」


P1220788
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)の「聖カルロ・ボッロメオの物語」


P1220790
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)の「聖カルロ・ボッロメオの物語」


P1220782
聖カルロ・ボッロメオ礼拝堂の天井スタッコとフレスコ画は、フランチェスコ・シルヴァ(1560-1643)によるものです。


P1220792


P1220793
観光客が多くなってきました。ドゥオーモの祭壇画、彫刻、フレスコ画などの作品帰属が難しいので、観光気分で拝観しても分かる方は少数に留まるかと思います。


P1220797
右側廊第1礼拝堂です。
祭壇画は、ヴィンチェンツォ・ビアンコ―リの「ドッソ・ドッシ作『キリストと教会博士たちの問答』のコピー画」


P1220798
右側廊第1礼拝堂天井のフレスコ画(詳細不知)


P1220800
右側廊のCappella della Vergine Annunziata(第2礼拝堂)


P1220802
右側廊第3礼拝堂です。
祭壇画:ニッコロ・パガネッリ(ファエンツァ、1538-1620)の「聖マルティーノ」


P1220803
詳細不知


P1220804
右側廊のCappella di San Giovanni Battista


P1220805
インノチェンツォ・ダ・イーモラ(イーモラ、1490-ボローニャ、1550)の「玉座の聖母子と聖人たち(聖ピエトロ、聖パオロ、聖ザッカリア、聖エリザベッタ)」(1526)


P1220807
ロモーロ・リヴェラ―ニ(ファエンツァ、1809-1872)によるCappella di San Giovanni Battistaの天井装飾(1862)


P1220810
右側廊のCappella di San Terenzio


P1220811
ピエトロ・トンバ(ファエンツァ、1774-1846)によって制作された祭壇
ジョヴァンニ・バッティスタ・バッランティ・グラツィアーニ(ファエンツァ、1762-1835)の「大天使聖ミケーレ」


P1220813
右側廊のCappella di Santa Lucia


P1220816
ジュゼッペ・マルケッティ(フォルリ、1721-1801)の「聖ルチアの殉教」(1768)


P1220817
右側廊第8礼拝堂


P1220819
右後陣の礼拝堂です。


P1220833
逸名画家作「ポポロの聖母」(15世紀)


P1220827
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)のフレスコ画


P1220828
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)のフレスコ画


P1220825
右後陣礼拝堂の天井フレスコ画


P1220820
右翼廊の礼拝堂


P1220823
フランチェスコ・ゲッシ(ボローニャ、1588-1649)の「聖母子と聖フィリッポ・ネリと聖ロレンツォ」


P1220835
祭壇画が取り外された右側廊の礼拝堂


P1220733
主祭壇前から見た出入口方向(ファサード裏)


P1220911
外に出ました。


P1220912
ルネサンス期の作品は市立絵画館に移されているようで、比較的新しい作品が多いドゥオーモです。


P1220913


P1220914
(つづく)

074
一旦、ホテルに戻ります。


078
パリオは夕方遅くに始まるので、それまで時間がありました。


022
夕寝?を終えてパリオに出かけました。会場の入場券を買っていないので、どうなることやら。


020
サン・ドメニコ教会です。


021
結局、パリオの会場には入場出来ず。


1
意外と空席があるように見えますが・・・・・


2
サラセン人を模したパリオの標的です。


P1220907
翌朝です。


P1220910
月曜日ですが、パリオの翌日とあって気怠い感じを漂わせている人が多いようです。


P1220909
先ずはドゥオーモの拝観です。


P1220106
ルネサンス期の建築家ジュリアーノ・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1432c-ナポリ、1490)の設計によって、1474年創建、1515年に一応の完成を見た建物です。


P1220111
設計当初は大理石のファサードが予定されていましたが、大理石ファサードは着工されず、レンガ造りの粗壁のままのファサードです。


P1220117
奉献式は1581年に執り行われました。
1948年、時の教皇ピオ12世によってBasilica Minoreに格付けされました。正式名称はBasilica Cattedrale di San Pietroです。ファエンツァ=モディリアーノ司教区の司教座教会です。


P1220613
身廊
帆型の鐘楼が目立ちます。


P1220614
身廊側にも出入り口が設けられてます。


P1220617
後陣外観


P1220615


P1220727
聖堂内に入りました。


P1220728
三廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1220729
大理石の床が有名です。


P1220730
装飾が殆ど施されていない天井です。


4
構造図


P1220731
18世紀に改修されました。


P1220732
左右に翼廊が設けられてます。


P1220734
後陣左のサン・サヴィーノ礼拝堂です。


P1220735
ベネデット・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1442-フィレンツェ、1497)の「聖サヴィーノの棺」
ベネデットは、ジュリアーノ・ダ・マイアーノの弟です。


P1220737
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)の「聖人の死」


P1220738
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)の作品


P1220739
ベネデット・マリーニ(ウルビーノ、1590-1629まで記録)の天井フレスコ画


P1220740


P1220741
オルガン


P1220742
フィレンツェの逸名彫刻家による、左翼廊のベアータ・ヴェルジネ・デッレ・グラツィエ礼拝堂です。


P1220747
逸名画家作「グラツィエの聖母」(1412)


P1220745
ジュゼッペ・ミラーニ(フォンタネッラート、1716c-チェゼーナ、1798)の天井フレスコ「聖母の出現」(1763)


P1220749
ジョヴァンニ・バッティスタ・バッランティ・ガラツィアーニ(ファエンツァ、1762-1835)による、左側廊のサン・エミリアーノ礼拝堂(1809)


5
左側廊のサン・ジョヴァンニ・ネポムチェーノ礼拝堂です。


P1220751
二コラ・パッセーリ(ファエンツァ、18世紀後半活動)の祭壇画(1779)


P1220753
ジャンバッティスタ・バッランティの「幼きキリストを抱く聖ジュゼッペ」(1823-24)


P1220754
ジャンバッティスタ・バッランティの「聖家族」(1823-24)


P1220755
ピエトロ・トンバ(ファエンツァ、1774-1846)の天井フレスコ画


P1220756
ピエトロ・トンバの作品


P1220759
ピエトロ・トンバの作品


P1220760
左側廊のサン・ピエル・ダミアーノ礼拝堂


P1220763
トマーゾ・ダルポッツォ(ファエンツァ、1862-1906)の作品


P1220764
トマーゾ・ダルポッツォ(ファエンツァ、1862-1906)の作品
(つづく)

P1220713
この時間、新古典様式博物館は閉まっていました。


P1220712
ジュリオ・チェーザレ・トンドゥッチ通りです。


P1220714
サンタ・マリア・アド・ニヴェス教会です。


P1220716
740年に遡る歴史があり、ファエンツァ最初の司教座教会でした。
新古典様式の現在の建物は、1655年に完成した3代目となるものです。八角形の鐘楼が特徴で、9世紀から10世紀にかけて建設されました。


P1220717
サンタ・マリア・デッランジェロ教会と区別するために、サンタ・マリア・アド・ニヴェス教会はサンタ・マリア・ヴェッキア教会と呼ばれることが多い。サンタ・マリア・デッランジェロ教会はサンタ・マリア・ヌオーヴァ教会と呼ばれるのが普通です。


P1220718
そのサンタ・マリア・デッランジェロ教会、別名サンタ・マリア・ヌオーヴァ教会は閉まっていました。


P1220719
この時間は市立絵画館も閉まっています。


P1220721
Via Severoliです。


P1220723
市庁舎です。


P1220724


P1220725
出陣式が終わり、パリオの行列が会場へと向かった後のポポロ広場は、早くも片付けが始まっていました。


P1220726
午後5時を過ぎました。


P1220836
次はサン・フランチェスコ教会です。


P1220838
サン・フランチェスコ教会の扉が開いてました。


P1220840
フランチェスコ会修道士が、この場所に来たのは1231年だそうです。1271年、ゴシック様式の最初の建物がこの場所に建設されました。


P1220900
現在の建物は、1745年創建、1757年に完成した2代目となるものです。


P1220902
1743年に建設されたファサードです。


P1220837
1743年に建設された鐘楼です。


P1220903
サン・フランチェスコ教会のファサードに向かって右側にある建物です。明らかに教会の建物です。


P1220904
16世紀に建設されたサンタ・クローチェ同信会オラトリオだった建物です。


P1220906
現在は機能を停止したEx-Oratorioです。


P1220905
駐車場?に転用されている?


P1220901
サン・フランチェスコ教会を拝観します。


P1220844
中に入りました。


P1220846
単廊式、ラテン十字形、新古典様式の内部です。


P1220845
右側壁


P1220899
教区教会です。


P1220847
ジュゼッペ・マルケッティ(フォルリ、1721-1821)の「塩の聖母」


P1220849
天井装飾が殆ど施されていません。


P1220850
磔刑の礼拝堂


P1220853
ジュゼッペ・マルケッティ(フォルリ、1721-1821)の「聖ジュゼッペ・ダ・コペルティーノ」(1776)


P1220856
ボローニャ出身の彫刻家フィリッポ・スカンデッラーリの「パドヴァの聖アントニオ」(1755)


P1220858
18世紀の逸名画家作「聖母戴冠と聖人たち」


P1220860


P1220862
主祭壇


P1220863
後陣に置かれたオルガンは、ボローニャのオルガン製造職人アントニオ・コロンナ・ダル・コルソによって1638年に制作されました。第二次世界大戦の爆撃を受け、戦後に修復されたオルガンです。


P1220867
主祭壇画はピエトロ・ファンチェッリの「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(18世紀)です。


P1220869
後陣


P1220870


P1220873
17世紀の逸名画家作「死者を蘇生させるパドヴァの聖アントニオ」
16世紀のヴェネツィア派の影響を受けているとされてます。


P1220877
天井


P1220878
詳細不知


P1220879
詳細不知


P1220880


P1220884
Cappella della Beata Vergine della Cincezione(1714-16)


P1220886
クーポラのフレスコ画


P1220883


P1220891
アルフォンゾ・レトッジャーニ(ブドリオ、1682-ボローニャ、1764)制作の祭壇


P1220892


P1220876
出入口方向


P1230173
外に出ました。
(つづく)

P1220662
市庁舎前のポポロ広場に5チームが集結して、出陣式が行われます。


P1220663
6月の第4日曜日の午後4時過ぎの日差しが強烈です。


P1220665
春か秋ならば、この服装で問題ありませんが、真夏には厚着過ぎです。


P1220666
日本の夏至は梅雨ですが、イタリアの夏至は最も暑いと思います。


P1220667


P1220669


P1220670
この場に相応しいドゥオーモです。


P1220671
ドゥオーモの方から広場に入るのは、2地区です。


P1220672
ドゥオーモは扉が閉まったままでした。


P1220674


P1220675
別の地区の入場行進が始まりました。


P1220676


P1220677
この女性にカメラを向ける方が多かった!


P1220678


P1220679
乗馬を相当練習したようです。


P1220680
ポポロ広場に近付けません。


P1220681
混雑を避けて裏通りを歩きます。


P1220682
磔刑のタベルナコロ


P1220683
18世紀の建物が建ち並んでます。


P1220684
写真右手前はPalazzo Bertoniです。


P1220685
18世紀に建設されました。


P1220686


P1220687
9月20日通り


P1220688
写真右に市古典様式の建物が写ってます。


P1220689
18世紀に建設されたPalazzo Zucchiniです。


P1220690
ファエンツァ市長や政治家を輩出したファエンツェの名家ズッキーニ伯爵家の住居です。現在もズッキーニ家が住んでます。


P1220691
レンガ色の歴史的建造物です。


P1220693
Palazzo Azzalli-Ferdiani


P1220692
現在は分譲住宅になってます。


P1220694
パリオの行進が通らないので、この通りは静かです。


P1220695
写真右側の建物は18-19世紀に建設されました。


P1220696


P1220697
パリオの行進を待つ人々


P1220698
皆さん、日陰で行進を待ってます。


P1220699
旧修道院の建物


P1220700
Palazzo Mengolini Sali


P1220701


P1220702
クーポラが見えている教会ですが、その名称が分かりません。


P1220703
鐘楼が見えてきた教会に行ってみます。


P1220704
ナルディ通りです。


P1220705
サンタントニオ・ディ・パドヴァ教会です。


P1220707
現在の建物は18世紀に再建された二代目となるものです。初代の建物は1450年に遡ります。


P1220706
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチの「聖母子と2聖人」があります。


P1220708
イル・ベルトゥッチの祭壇画が観たいので、もう一度来る予定です。


P1220709
Palazzo Milzetti


P1220710
ロマーニャ地方の新古典様式博物館が置かれてます。


P1220711
(つづく)

P1220611
ファエンツァのパリオは、毎年6月の第4日曜日に行われます。


P1220612
ファエンツァのパリオの歴史は、騎士による馬上槍試合が行われた1410年に遡ります。
近世になって長らく休止されていましたが、1959年に復活され現在まで続いてます。


P1220620
パリオは、旧市街の4チームとBorgo Durbeccoの計5チームで争われます。


P1220621
6月の夏至前後の週末は各地でお祭りが開催されます。しかし、この日がパリオの当日であることはホテルに到着して初めて知ったので、パリオの入場券の手配等を含めて全くの準備不足でした。


P1220622
ファサードが修復中のセルヴィ教会です。


P1220624
第二次世界大戦後、閉鎖されていましたが、何かに利用されることになり、修復されていたようです。


3
修復工事後のファサードです。使用途は特に決まってないようです。


P1220625
旧セルヴィ教会からドゥオーモが見えます。


P1220618
セルヴィ教会から見える、柱廊がある建物はパードリ・セルヴィ―ティ修道院でした。


P1220619
旧修道院の建物は市立図書館として使用されてます。


P1220626
次はピオ12世の神学校です。


P1220627
神学校の柱廊です。


P1220628
Seminario Vecchio、ピオ12世の神学校の入り口です。キオストロに入ります。


P1220629
神学校の中庭です。


P1220630
1576年に発足したファエンツァ神学校が前身です。


P1220632
この神学校は、長らくロマーニャ文化の中心を担っていたことで高く評価されているそうです。


P1220632
神学校はドゥオーモと司教館の間にあります。


P1220633
神学校のタベルナコロ


P1220634
神学校の柱廊から外に出ました。


P1220635
司教館?


P1220636
詳細不知のフレスコ画


P1220637
ホテルに戻って昼寝をしました。


P1220639
昼寝をしていたら、外が騒がしいので目覚めました。
ホテル前の通りに出ると、パリオの出陣式の行進が始まってました。


P1220640
この日は大変暑い日で、恐らく猛暑日だったともいます。


P1220641
結構な厚着なので、行進は大変だったと思います。


P1220642
日向での行進なので、皆さん汗だらけ。


P1220643


P1220644
この辺は日陰なので、何とかなりそうでした。


P1220645


P1220646
ドゥオーモ横に救急車が数台待機していましたが、行進に参加していた子供が搬送されました。


P1220647


P1220648
美女が選ばれると思いますが、それにしても美女ばかりで恐れ入りました。


P1220649


P1220650
待機中のチーム


P1220651


P1220652


P1220653
ドゥオーモ前から市庁舎前まで行進が始まりました。


P1220654


P1220655


P1220656


P1220657


P1220659


P1220660


P1220661
(つづく)

P1220552
トゥオーモがまだ開いていたら拝観するつもりでした。


P1220553
ドゥオーモが開いていました。


P1220554
Basilica Minoreのファエンツァ大聖堂です。


P1220565
ここは何度も拝観しています。


P1220555
聖堂内に入ったらミサの真っ最中でした。


P1220558
ミサの邪魔にならないように祭壇画を見始めました。


P1220559
ミサが始まったばかりのようです。


P1220561
落ち着いて拝観出来そうにもありません。パリオのお祭り中にも拘らず熱心な信者がかなりいました。仕方がないので、外に出ます。


P1220562
外に出たら12時半頃。


P1220563
ドゥオーモのファサード前から撮ったリベルタ広場です。


P1220564
そろそろ昼食の時間です。


P1220566
Palazzo Laderchiです。


P1220568
博物館の開館時間を調べます。


P1220567
残念ながら、博物館はもう直ぐ閉まります。


P1220579
ドゥオーモのミサが終わるのを待って拝観するために、昼食は手早くピザで済ませました。


P1220605
昼食を済ませてドゥオーモに行くと、扉が閉まっていた!
それが分かっていれば、フルコースの昼食をゆっくり食べれば良かった。でも後の祭り。
仕方がないので、街歩きを続けることにしました。


P1220574
サン・フランチェスコ教会も閉まっていました。お昼過ぎなので閉まっているのは当然です。


P1220575
サン・フランチェスコ広場にある彫像は、アレッサンドロ・トンバ(ファエンツァ、1825-フィレンツェ、1864)の「エヴァンジェリスタ・トッリチェッリのモニュメント」(1864)です。
エヴァンジェリスタ・トッリチェッリ(ファエンツァ、1608-フィレンツェ、1647)は17世紀前半の物理学者、数学者です。


P1220576
ホテルに戻っても、やることがありません。


P1220577
時間潰しのため、街歩きを継続することに。


P1220578
Viale IV Nobembre
城壁を取り壊して作られた道路です。


P1220580
この辺は城壁内に当たります。


P1220581
比較的新しい建物が建ち並んでます。


P1220582
Via Naviglio


P1220583
写真右は郵便局です。


P1220584
郵便局の先、Via NavigliとVia Giovanni Battista Campidoriの交差点に建つPalazzo Fernianiです。


P1220585
18世紀半ばに建てられたPalazzo Fernianiの無原罪の聖母像


P1220587
Palazzo Fernianiのファサード


P1220586


P1220588
18世紀の建物が建ち並んでます。


P1220590
ファエンツァが裕福であることを示す建物群。


P1220591
18世紀に建てられたPalazzo Bertoniです。


P1220592


P1220593
開いていないと思いましたが教会を見ます。


P1220596
サント・ステファノ・ヴェテーレ教会です。


P1220597
ジュリアーノ・ダ・マイアーノの設計によって15世紀に建設されました。


P1220595
八角形のルネサンス様式の建物です。


P1220598


P1220599
ホテルに戻って昼寝する以外なさそうです。


P1220600
中小都市では昼過ぎの過ごし方に苦労します。


P1220601
暑いので歩いている人が殆どいません。


P1220602
午後2時前です。


P1220603
祭りの前の静けさ漂う広場です。


P1220604
ロッジャが目立つポデスタ宮


P1220607
(つづく)

P1220427
ゴシック様式の逸名彫刻家作「竜を退治する聖ジョルジョ」(14世紀)


P1220429


P1220430


P1220431


P1220432


P1220433
ロマーニャの逸名画家作「祈るキリストと聖エジーディオと聖エウトロピオ司教」(13世紀)


P1220435
ジョヴァンニ・バッティスタ・ベナスキ(ベイナスキ)(フォッサーノまたはトリノ、1636-ナポリ、1688)の「聖ジュゼッペの変容」


P1220439
3点共に15世紀の国際ゴシック様式の逸名画家の作品とされてます。私が観た所、3点共に同じ画家による作品と思いました。


P1220440
聖ロッコ


P1220442
聖フランチェスコ


P1220444
聖ジョルジョ


P1220447
Maestro di San Pier Damianoの「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」、「聖ヴィトー」


P1220451
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別名ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認)の「十字架を担ぐキリスト」


P1220457
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別名ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認)の「キリストの埋葬」


P1220453
15世紀のヴェネトの逸名画家作「聖母子」


P1220460
バルトロメオ・ベッラーノ(パドヴァ、1437-1496)の「ピエタのキリストを支える2天使」
彫刻家でしたが、彼の珍しい絵画です。


P1220462
ピエトロ・バリオット(ファエンツァ、1481c-1533)の「永遠なる父」


P1220464
16世紀の逸名彫刻家作「まぐさ断片」


P1220467
17世紀の逸名画家作「グイド・レーニ作『聖母』のコピー画」


P1220470
ジョヴァンニ・バッティスタ・ランゲッティ(ジェノヴァ、1625-1676)の「盲目の物乞い」


P1220473
ロレンツォ・パシネッリ(ボローニャ、1629-1700)の「ソフォニスバ」


P1220476
ルティリオ・マネッティ(シエナ、1571-1639)の「聖家族」


P1220479
ロレンツォ・パシネッリ(ボローニャ、1629-1700)の「シビッラ」


P1220482
アントニオ・ザンキ(エステ、1631-ヴェネツィア、1722)の「井戸のレベッカ」


P1220485
エミリアの逸名画家作「聖バルトロメオ?」


P1220488
グイド・カニッチ(サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャ、1601-ウィーン、1663)の「聖フランチェスコ」


P1220490
ボローニャの逸名画家作「クレオパトラ」(17-18世紀)


P1220494
アレッサンドロ・アルビーニ(ボローニャ、1566-1646)の「聖ジローラモ」


P1220498
フランス・ポルビュス・ジュニア(アンヴェルサ、1569-パリ、1622)の「イギリスのカルロ1世の肖像」


P1220501
逸名画家作「シモン・ヴーエ作『愛人』のコピー画」(18世紀)


P1220504
ユストゥス・サステルマンス(アンヴェルサ、1597-フィレンツェ、1681)の「スェーデンのカルロ10世の肖像」


P1220506
逸名画家作「司法官の肖像」(17世紀末)


P1220508
ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581-ヴェネツィア、1644)の「ユディト」


P1220512
ジョヴァンニ・ベルナルド・カルボーネ(ジェノヴァ、1614-1683)の「少女の肖像」


P1220515
グイド・レーニ工房作「幼きキリストを抱く聖ジュゼッペ」(17世紀)


P1220518
逸名画家作「グイド・レーニ作『復活したキリスト』のコピー画」(17世紀)


P1220521
階段を下りました。


P1220522
カルロ・マジーニ(ファーノ、1720-1806)の静物画」


P1220524
アルカンジェロ・レサーニ(ローマ、1670-ラヴェンナ、1740)の「犬と籠」


P1220526
カルロ・マジーニ(ファーノ、1720-1806)の「静物画」


P1220528
ジョヴァンニ・バッティスタ・ルオッポーロ(ナポリ、1629-1693)の「静物画」


P1220530
ジュゼッペ・レッコ(ナポリ、1634、スペイン、アリカンテ、1695)の「静物画」


P1220532
グアルディ・フランチェスコ(ヴェネツィア、1712-カナレジョ、1793)の「花」


P1220543
外に出ました。
(おわり)

P1220336
ニコロ・パガネッリ(ファエンツァ、1638-1620)の「キリストの神殿奉献」


P1220340
マルコ・マルケッティ通称マルコ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1528c-1588)の「ファリサイ人の館のキリスト」
マルコ・ダ・ファエンツァは、出身地のファエンツァに加えて、ラヴェンナ、フィレンツェで活動した画家です。フィレンツェでは、ジョルジョ・ヴァザーリの下でヴェッキオ宮の装飾に参画したことで知られてます。


P1220343
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ジョーヴァネ(ファエンツァ、1539-1614)の「聖母の誕生」
イル・ジョーヴァネは、ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別称ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認)の孫です。叔父のヤコポ・ベルトゥッチ通称ヤコポーネ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1502-1579)に師事しましたが、叔父と共に1567年に異端の告発を受け、1569年に厳重叱責(軽微な罪)の有罪判決を受けた記録が残ってます。


P1220346
ジョヴァンニ・バッティスタ・ラメンギ通称バニャカヴァッロ・ジュニア(ボローニャ、1521-1601)の「聖霊降臨と聖ペトロニオと聖グレゴリオ・マーニョ」


P1220351
ジョヴァンニ・バッティスタ・アルメニーニ(ファエンツァ、1530-1609)の「聖母被昇天」
ジョヴァンニ・バッティスタ・アルメニーニは、画家としてよりも美術史家、美術評論家としての方が有名です。美術理論の本を著作しました。


P1220354
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577-1668)の「聖パオロの回心」


P1220356
ドナテッロ(フィレンツェ、1386-1466)の「聖ジローラモ」


P1220360
傑作、秀作の展示が続きます。


P1220361
ビアージョ・ダントニオ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1446-1516)の「玉座の聖母子と聖人たち」


P1220363
玉座の聖母子と2天使


P1220364
聖ドメニコと聖アンドレア


P1220365
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタと聖トンマーゾ


P1220369
ビアージョ・ダントニオ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1446-1516)の「玉座の聖母子と聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタとパドヴァの聖アントニオ」


P1220370
ファエンツァのサン・フランチェスコ教会にありました。


P1220373
詳細不知


P1220376
ベアート・ジャコモ・フィリッポ・ベルトーニの顔がユニークです。そのため、この作品は何時見ても記憶に残ります。


P1220377
上記作品の説明プレート


P1220379
ビアージョ・ダントニオ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1446-1516)の「受胎告知」


P1220382
ベネデット・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1442-フィレンツェ、1497)の「聖ジョヴァンニーノ」


P1220385
マルコ・パルメッツァーノ(フォルリ、1460-1539)の作品です。


P1220386
永遠の父なる神


P1220389
玉座の聖母子と大天使聖ミケーレと聖ジャコモ


P1220393
アルフォンゾ・ロンバルディ(フェラーラ、1497-ボローニャ、1537)の「聖母子と聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」


P1220395
ベネデット・マリーニ(ファエンツァ、1590?-1627)の「天上の聖母子と聖ジョルジョと司教聖人(特定できないようです)」


P1220400
ベネデット・マリーニ(ファエンツァ、1590?-1627)の「エジプトへの逃避とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖フランチェスコ」


P1220405
ジョヴァンニ・ダ・リミニ(リミニ、1292?-1336?)の「聖母子と2天使と聖人たち(聖フランチェスコ、大天使聖ミケーレ、聖アゴスティーノ、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖キアーラ)」


P1220409


P1220407


P1220410
上記作品の説明プレート


P1220411
彩色磔刑像


P1220413



P1220414
上と下は違った画家の作品です。


P1220418
ミケーレ・ディ・マッテオ・ダ・ボローニャ(ボローニャ、1407?-1469/1470)の「ピエタのキリスト」


P1220419
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、?-1348)の「聖ベネデットと聖ガルガーノ」


P1220421
カルロ・パドヴァ―ニの「アントニオ・パドヴァ―ニの肖像」


P1220420
12世紀のロマーニャの逸名彫刻家による彫刻


P1220425
14世紀の逸名画家作「ポリッティコ」(14世紀前半)
(つづく)

P1220230
トスカーナの逸名工芸家作「カッソーネ」(15世紀)


P1220233
逸名彫刻家による浮彫です。


P1220234


P1220236
トスカーナの逸名工芸家作「カッソーネ」(15世紀)


P1220239
ビアージョ・ダントニオ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1446-1516)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノとパドヴァの聖アントニオ」


P1220243
象牙細工のようです。


P1220245


P1220248
ピエタのキリスト


P1220250
ロマーニャ銀行の所有です。


P1220249
銀行所有作品の多いことには驚くばかりです。


P1220252
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別称ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認)の作品です。


P1220253
聖ジョヴァンニ・バッティスタ


P1220257
聖マリア・マッダレーナ


P1220262
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別称ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認)の「玉座の聖母子と4聖人(シエナの聖ベルナルディーノ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、教皇聖チェレスティーノ、パドヴァの聖アントニオ)」


P1220266
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別称ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認)の「聖母子と聖パオロ」


P1220271
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別称ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認)の「ご誕生」


P1220273
ファエンツァのサン・ジュゼッペ教会にありました。


P1220278
ルカ・スカレッティ(1510-1538活動記録)の「キリストの洗礼」
ファエンツァ出身のルカ・スカレッティは、主にマントヴァで活動し、ジュリオ・ロマーノの下でテ離宮の装飾に従事した記録が残されてます。


P1220283
ボローニャの逸名画家作「キリストとサマリア女」(17世紀末)


P1220287
エルコーレ・プロカッチーニ・イル・ヴェッキオ(ボローニャ、1515-1595)の「聖母戴冠と4聖人(教皇聖チェレスティーノ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖ルカ、聖ベネデット)」
エルコーレはカミッロ・プロカッチーニの父です。


P1220291
アントニオ・リベリ・ダ・ファエンツァ通称アントニオ・ディ・マッツォ―ネ(ファエンツァ、1457-1535)の「玉座の聖母子と聖人たち(聖ピエトロ、聖パオロ、聖ドメニコ、聖ルカ、聖マルコ)」
アントニオは、マルケで活動した建築家、画家でした。


P1220293
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)の「カルヴァリオでのキリストの受難」


P1220297
シジスモンド・フォスキ(ファエンツァ、1495c-1532)の「玉座の聖母子と聖人たち(聖パオロ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖ベネデット、聖セバスティアーノ、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖アポッロニア)」


P1220300
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)の「キリストの埋葬」


P1220301


P1220303
ヤコポ・べルトゥッチ通称ヤコポーネ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1502-1579)の「十字架降下」
ヤコポ・ベルトゥッチですが、ジャコモ・べルトゥッチとも呼ばれていたようですが、その理由は不明です。
ヤコポ・ベルトゥッチは、ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチの息子です。父のジョヴァンニ・バッティスタは、娘4人、息子4人の子宝の恵まれましたが、ヤコポはその4男でした。ラファエッロの協力者として主に活動しました。ヤコポの弟子にタッデオ・ズッカリがいました。


P1220304


P1220307
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)の「ベテスダ池のキリスト」


P1220309
ヤコポ・ベルトゥッチ通称ヤコポーネ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1502-1579)の「聖母戴冠について議論する聖人たち(聖ベネデット、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、聖マッテオ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、教皇聖チェレスティーノ)」


P1220310


P1220313
ビアージョ・マンツォーニ(ファエンツァ、1629-1648生存確認)の「聖エウトロピオの殉教」


P1220316
フェッラウ・フェンツォーニ(ファエンツァ、1562-1645)の「聖母の死」


P1220319
ヤコポ・ベルトゥッチ通称ヤコポーネ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1502-1579)の作品です。


P1220320
永遠なる父


P1220322
聖母子と聖グレゴリオ・マーニョと聖マグローリオ


P1220321


P1220324
フィリッポ・ベッリーニ(ウルビーノ、1550-マチェラータ、1604)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」
フィリッポ・ベッリーニは、マルケやロマーニャで活動した画家で、アンコーナとマチェラータに数点の作品が残されてます。フェデリーコ・バロッチの強い影響を受けた画風でした。


P1220327
ボローニャの逸名画家作「聖家族と聖ジョヴァンニーノと天使」(17世紀末)


P1220331
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577-1668)の「聖母子と聖人たち(聖マルティーノ、聖キアーラ、聖フランチェスコ、パドヴァの聖アントニオ)」
(つづく)

025
ジローラモ・ライナルディ(ローマ、1570-1655)の設計によって、1621年から1646年に建設されたイエズス会のサンタ・マリア・ダッランジェロ教会です。


P1220538
教会に隣接してサンタ・マリア・ダッランジェロ修道院だった建物があります。


P1220544
旧修道院だった建物の中にファエンツァ市立絵画館があります。


047
旧修道院のファエンツァ市所有の建物は、現在Palazzo degli Studiと呼ばれてます。


048
10年ほど前は、こちらが絵画館の入り口でした。


P1220546
ファエンツァ市立絵画館は、1797年に開館しました。エミリア・ロマーニャ地方で最古の博物館・絵画館の一つです。ファエンツァ最古のMuseoです。


P1220536
現在の絵画館入口は教会のほぼ隣に設けられてます。
絵画館の総面積は約1,150㎡、展示室数が10、約200点の作品が展示されてます。


P1220159
現在、毎週月曜日が休館、火曜日から日曜日まで開館しています。
少し前までは、土曜日と日曜日の10:00-13:30と開館日時が限られていました。


P1220161
フェリーチェ・ボセッリ(ピアチェンツァ、1650-パルマ、1732)の「肉屋」
フェリーチェ・ボセッリは、ピアチェンツァ、パルマなどエミリア・ロマーニャ地方で活動した画家で、バロック時代の代表的な静物画画家でした。特に料理人、屠殺人、肉屋、食肉などを好んで描きました。
この作品はフェリーチェの代表作の一つです。
パルマ国立美術館、クレモナ市立アラ・ポンツォーネ美術館などにフェリーチェの作品があります。


P1220163
フェリーチェ・ボセッリの領域(Ambito)の「静物画」


P1220179
マルコ・パルメッツァーノの作品が並んでます。


P1220169
マルコ・パルメッツァーノ(フォルリ、1460-1539)の「聖アゴスティーノ」
ファエンツァのサンタゴスティーノ教会にありました。


P1220170
マルコ・パルメッツァーノ(フォルリ、1460-1539)の「聖アンブロージョ?」
ファエンツァのサンタゴスティーノ教会にありました。


P1220173
マルコ・パルメッツァーノ(フォルリ、1460-1539)の「聖ジローラモ」
ファエンツァのサンタゴスティーノ教会にありました。


P1220177
マルコ・パルメッツァーノ(フォルリ、1460-1539)の「大天使ラッファエーレとトビオーロ」
ファエンツァのサンタゴスティーノ教会にありました。


P1220181
階段横の壁に展示されているので、見難い作品です。


P1220182
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別称ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認、1516没)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」
ファエンツァのサンティ・イッポリート・エ・ロレンツォ教会にありました。
彼の顔が猿に似ていたので、Il Bertucciの綽名で呼ばれました。彼は、ペルジーノやピントゥリッキオの影響が色濃い画風でした。


P1220183
聖母子と聖ジョヴァンニーノと天使たち


P1220184
聖イッポリートと聖ベネデット


P1220185
聖ロレンツォと聖ロムアルド


P1220187
永遠なる父なる神


P1220188


P1220191


P1220192


P1220193


P1220194


P1220195


P1220205
相当見難いです。


P1220206


P1220207


P1220208


P1220209


P1220197
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ・イル・ヴェッキオ通称イル・ベルトゥッチ、別称ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1495-1516生存確認、1516没)の「我に触れるな」
ファエンツァのサンティ・ピエトロ・エ・アンドレア教会にありました。


P1220211


P1220200
ヴィンチェンツォ・オノフリの彫刻です。


P1220201
ヴィンチェンツォ・オノフリ(ボローニャ、1493-1524活動記録)の「シエナの聖ベルナルディーノ」
ヴィンチェンツォ・オノフリの代表作は、ボローニャのサン・ペトロニオ聖堂にあります。


P1220203
ヴィンチェンツォ・オノフリ(ボローニャ、1493-1524活動記録)の「聖ピエトロ・マルティーレ」


P1220213
次の部屋です。


P1220212
暖炉ですが、元からこの部屋にあったものではありません。


P1220219
デジデリオ・ダ・セッティニャーノ(セッティニャーノ、1428-フィレンツェ、1464)の「暖炉」
ファエンツァのPalazzo Manfrediにありました。


P1220214


P1220217
15世紀末のロマーニャの逸名画家作「ピエタのキリスト」
ロマーニャ銀行の所有作品です。


P1220222
ビアージョ・ダントニオ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1446-1516)の「ピエタのキリスト」
ロマーニャ銀行の所有です。


P1220224
角度を変えて撮ってみました。


P1220227
浮彫です。


P1220228
(つづく)

P1220121
ファエンツァのパリオは馬上槍試合です。
シエナのパリオが有名なので、パリオは競馬と思われがちですが、パリオにはレガッタ、旗振りなど種々の形式があります。


P1220124
ポポロ広場です。


P1220125
Corso Giuseppe Mazzini


P1220128
市庁舎です。


P1220130
Palazzo del Podesta


P1220134
14世紀末に建設されたPalazzo del Podestaです。


P1220136
パリオの準備が進んでいました。市庁舎とポポロ広場でパリオの出陣式が行われます。


P1220139
Via Evangelista Torricelli


P1220138
ベージュ色の建物は、17世紀に建設されたPalazzo Milzettiです。


P1220141
博物館として利用されてます。


P1220142
新古典の時代とはいつ頃?


P1220143
Via Severoli
この通りの先にあるPinacoteca Comunaleがお目当てです。絵画館は週末の午前中しか開いていないので、焦ってました。


P1220144
19世紀に建設されたCasa Valentiです。


P1220148
ファエンツェでかなり有名なCasa Valentiです。


P1220145
歴史的建造物が建ち並んでいるVia Severoliです。


P1220146
16世紀に建設されたPalazzo Pasoliniです。


P1220147
写真左がPalazzo Pasolini


P1220149
絵画館は直ぐ傍にあります。


P1220151
街角のタベルナコロ
酷い落書きが気になります。


P1220154
市立絵画館の建物です。以前はこの扉が入り口となっていました。


P1220157
土曜日と日曜日の午前中(この時は午後1時半まで)しか開館していません。この絵画館の開館日に合わせて旅程を策定した次第です。


P1220155
現在の絵画館の入り口は教会の横になってます。


P1220158
写真右は絵画館になっている建物ですが、イエズス会の修道院だった建物です。


P1220160
サンタ・マリア・デッランジェロ教会です。


P1220159
教会のファサード横にある、絵画館の現在の入り口です。


P1220536
旧修道院の建物


P1220152
旧修道院の庭


P1220153


P1220546
入館します。


P1220360
1796年に設立された市立絵画館です。


P1220252
市立絵画館については、項を改めて詳しく触れることにします。


P1220189


P1220547
外に出ました。


P1220535
外に出たら、教会の扉が開いていました。


P1220541
早速中に入りましたが、ミサの真っ最中でした。しかも始まったばかりのようです。


P1220540
ミサの邪魔をするわけに行かないので、直ぐに外に出ました。


P1220542
1621年から1646年にかけて建設されたバロック様式の教会です。


P1220545
ファサードが一見古そうに見えますが、意外にも比較的新しい教会です。


P1220538
教会と修道院は一体化されて建てられてます。


P1220544
教会の拝観を諦めました。


P1220548
お腹が空いてきました。


P1220549
絵画館に入館するために、かなり急いで移動したので少し疲れました。


P1220550
ポポロ広場に戻って昼食をたべることにしました。


P1220551
市の塔が見えます。
(つづく)

ファエンツァは、人口58,787人(2019年5月31日現在)のエミリア・ロマーニャ州ラヴェンナ県にあるコムーネで、陶器生産で有名です。
P1230196
ファエンツァ駅に到着しました。


P1230194
ミラノ~ピアチェンツァ~ボローニャ~リミニ~アンコーナの鉄道幹線上にあるので、交通が便利です。


P1230193
ファエンツァ駅の駅舎


P1230191
先ず、この日のお宿に向かいました。


P1230190
Viale Alfredo Baccarini


P1220083
この日のお宿は、駅から徒歩10-15分の旧市街のほぼ中心にあります。


P1220085
この日の前日が夏至でした。強烈な日差しの暑い日でしたが、街路樹が日差しを遮ってくれて日陰を選んで歩けば何とかなりました。


P1220086
写真左は陶器博物館の建物です。


P1220087
陶器博物館のオブジェ?


P1230189
陶器製造用の道具でしょうか?


P1230188
陶器博物館の入り口です。


P1220089
一度入館したことがありますが、二度入る所ではないと思ってます。尤も、この時は大きな荷物を引いてホテルに向かう途中なので、入館どころではなかった。


P1230187
ツタが絡まった建物


P1230184


P1220091


P1220092
陶器博物館を通り過ぎれば、旧市街の入り口に出ます。しかし、陶器博物館が建っている場所は城壁内に当たります。


P1220093
新しい建物が並んでます。ファエンツァは、第二次世界大戦中にドイツ軍の爆撃を受け、市域の3分の2が消失しました。この辺の新しい建物は恐らく戦後に建設されたものでしょう。


P1220095
旧市街です。
ルネサンス期の建物と新古典様式の建物が並んでます。


P1220096
何度も来ているので道に迷うことはありません。


P1220097
並木道が終わり、少し歩いただけでしたが汗が噴き出してきました。


P1220098
突き当りを右折すれば、ホテルがあるガリバルディ通りに出ます。


P1220099
ジュゼッペ・ガリバルディ通り


P1220100
ホテルの受付で知らされるまで、この日がパリオが行われる日とは知りませんでした。


P1220101
塔が見えてきました。塔がある広場が街の中心です。


P1220102
左側に陶器の土産物を売る店があります。


P1220103
陶器は重いので、旅の前半で買うのは躊躇います。


P1230176
この日のお宿に着きました。ここで2泊します。


P1230178
ドゥオーモの直ぐ傍にあります。この街で真面な宿泊場所はここしかないと思います。


P1220572
予約した時、シングルしか空いていませんでした。
パリオが行われる日と告げられ、ホテルの混雑に納得です。


P1220573
ホテルロビー天井の装飾


P1220638
シングルルームを予約した筈ですが、入室して予想外に広い部屋だったのでビックリ。


P1220104
荷物を部屋に置き、トイレを済ませてから直ぐに外に出ました。


P1220105
1780年に建設されたPalazzo Laberchiです。市所有の建物は、イタリア統一博物館など各種博物館として利用されてます。


P1220106
ファエンツァのドゥオーモ


P1220107
リベルタ広場


P1220109
ドゥオーモの拝観は後ですることにしました。


P1220110
市の塔


P1220112
17世紀に制作されたFontana Monumentale


P1220122
Fontanaはドゥオーモの横にあります。


P1220113


P1220114
道路を境に広場の名称がリベルタ広場からポポロ広場に代わります。
写真右は市庁舎です。


P1220115
ポポロ広場のこちら側の建物はPalazzo del Podestaです。


P1220116
リベルタ広場


P1220120
ポポロ広場


P1220119
(つづく)

↑このページのトップヘ