イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > イーモラ、サン・ドメニコ市立美術館

P1470179
オラツィオ・サマッチーニ(ボローニャ、1532‐1577)の「聖ステファノの殉教」(1564‐65)
P1470184
ガスパーレ・サッキの「聖母の結婚」(1528‐29)
P1470189
ラッファエッロ・ボッティチーニ(1474‐1510存在確認)の「慈悲の聖母」(1510‐15)
P1470192
インノチェンツォ・ダ・イーモラ(イーモラ、1490‐ボローニャ、1545c)の「玉座の聖母子と聖カッシアーノと聖ピエル・クリソローゴ」(1515‐16)
P1470196
フランチェスコ・ディ・バルトロメオ・ペローシオ(ヴェネツィア?、1430‐イーモラ、1487)の「ピエタの聖母」(1468)
P1470201
ルネッタの「聖家族」
制作者、どこのルネッタ等についての記述がありません。
P1470205
地元イーモラの画家やボローニャなどのエミリア・ロマーニャ州の画家たちの現代画が50点ほど展示されてます。現代画は守備範囲から外れるので、全部の紹介は止めておきましょう。
P1470208
マリア・グイド・ダル・モンテ(イーモラ、1906‐1990)の「風景」(1932)
これは好みに入ります。
P1470212
レ―ツィオ・ブスカローリ(イーモラ、1895‐リッチオーネ、1971)の「ピエタ」(1921‐22)
何処が「ピエタ」なんでしょうか?
P1470220
次はジョヴァン・ジョゼッフォ・サンティ(ボローニャ、1644‐1719)の風景画4部作です。
こちらは「遺跡に騎兵たちがいる風景」(1685)
P1470216
「遺跡にトビアスと天使がいる風景」(1685)
P1470214
「遺跡でのディアナの水浴」(1685)
P1470218
「遺跡の旅人の風景」(1685)
P1470226
フランチェスコ・コディーニ(17世紀前半に活動)の「花と果物と食用鳥と鳥がいる静物画」(1631?)
P1470228
フランチェスコ・コディーニの「花と果物と食用鳥とパンの静物画」(1631?)
P1470231
バルトロメオ・パセロッティの「瞑想の聖フランチェスコ」(1580?)
P1470233
ヴェネトの逸名画家による「悔悛のマグダラのマリア」(17世紀末)
P1470235
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピアツェッタ派画家による「瞑想の聖フランチェスコ」(18世紀)
長白鬚の聖フランチェスコを初めて見ました。聖フランチェスコではないと思うのですが・・・・
P1470238
ステファノ・マンガネッリ・ダ・クレモナの彩釉テラコッタ(15世紀)
P1470240
フィレンツェのロッビア一族の彩釉テラコッタとは随分感じが違います。
P1470244
18世紀のロマーニャの逸名彫刻家による「聖母子と聖カッシアーノと聖ピエル・グリソローゴ」(18世紀中ごろ)
P1470249
ジャン・ドメニコ・ヴァレンティーニ(ローマ、1639‐1715)の「薬草店」(1661)
P1470252
ジャコモ・ザンパ(フォルリ、1731‐トッシニャーノ、1808)の「大鷲に化けたゼウスにさらわれるガニメーデ」
(1777c)
P1470254
ジョヴァンニ・アントニオ・ブッリーニ(ボローニャ、1656‐1727)に帰属する「夢想する少女」(17世紀末)
P1470257
ジョヴァンニ・アントニオ・ブッリーニに帰属する「本と蝋燭を手にする少女」(17世紀末)
雄鶏が左に描かれている意味は何でしょうか?
P1470260
アンジェロ・ゴッタレッリ(カステル・ボロネーゼ、1740‐イーモラ、1813)の「フランチェスコ・アルベルゲッティの肖像」(18世紀末)
P1470261
エミリアの逸名画家による「カルロ・ブラカッサーティの肖像」(17世紀第4四半世紀)
P1470262
17世紀後半のエミリアの逸名画家による「ジュリア・サッサテッリ・マッキレッリの肖像」(1673c)
P1470263
ジャコモ・ザンパの「カミッロ・ザンピエーリの肖像」(18世紀第4四半世紀)
P1470264
バルトロメオ・チェージの「貴婦人の肖像」(1585)
P1470266
説明プレートなしの肖像画が数多く展示されてます。
P1470272
18世紀前半のボローニャの逸名画家に拠る作品
P1470277
17世紀のボローニャの逸名画家の「キリストの昇天」(17世紀)
P1470281
詳細不明
P1470283
美術館から教会の聖歌隊席に出ることが出来ます。
P1470284
教会は通常閉まってます。
P1470285
バロック様式の内部です。
P1470286
ロドヴィーコ・カッラッチの「聖オルソラの殉教」が見ものですが、聖歌隊席下の壁にあったのか、見当たりませんでした。
P1470290
恐らくジャン・ドメニコ・フェッレッティの作品でしょうね。
P1470294
美術館の展示に戻りました。
P1470295
彫刻の展示です。
P1470296
ローマ時代から現代までの彫刻が雑然と展示されています。
P1470298
イグナツィオ・ゾッティ(イーモラ、1806‐1865)の「自画像」(1840)
P1470304
展示室天井にある紋章?
P1470305
武具類も展示されてます。
P1470306
イーモラのコレクターの写真と共に代表的な収集物が展示されてます。
P1470307
凄いのは化石のコレクターです。
P1470311
2室が一人のコレクターが収集した化石の展示となってます。
P1470313
昆虫採集
P1470316
収集物の展示室には恐れ入りました。
P1470317
実態は美術館兼博物館でしょうね。
P1470329
外に出ました。
P1470331
(おわり)

人口が1万人を超えたコムーネに行くと、7,8割の確率でMuseo Civicoを設けています。その土地で発掘された遺跡、その歴史を物語る資料や、特産物教会や修道院にあったフレスコ画・祭壇画などが展示されてます。
P1470084
イーモラのクアルト通りです。この先に教会があります。
P1470324
サンティ・ニコロ・エ・ドメニコ教会ですが、通常、単にサン・ドメニコ教会と呼ばれてます。
P1470322
教会だけではなく修道院が併設されていました。
P1470319
修道院は閉鎖されており、旧修道院の建物が美術館として使用されます。
P1470086
Museo Civico di San Domenicoです。
P1470318
ここが美術館の入り口です。困ったことに開館時間にも拘らず扉が閉まっていることがあります。私が前回行った時がそうでした。仕方がないので観光案内所に出向いて、例のイタリア流の突発的臨時休館かどうか確認したところ、観光案内所の係員が非常に親切で市役所まで電話をかけて事情を聞いてくれたのです。
結論は、入館者が少ない時はセキュリティと人員削減のため、入り口を施錠して係員を不在にしているとの事。要すれば、経費削減の一環という訳です。
美術館に再度行ったら、係員が私を待ってくれていました。
フィレンツェのウッフィツィ美術館は長蛇の列ですが、国立美術館といえどもピサ、ルッカ、アレッツォなど閑古鳥が鳴いている所が多いのが現状です。市立美術館となると、他の入館者を見けることが珍しいのです。
P1470087
クリストフォロ・スカレッティ(1403年から記録、1447‐1451年の間に没)の「玉座の聖母子と聖アントニオ」(1430‐40)
P1470091
ジョヴァンニ・ダ・リオーロ(1426‐1474存在確認)に帰属する「聖母子と聖クリストフォロ」(15世紀)
P1470097
クリストフォロ・ディ・ベネデット(ボローニャで1456‐1497記録)に帰属する「聖母子と福音書記者聖ジョヴァンニと聖フランチェスコ」(15世紀後半)
P1470099
クリストフォロ・ディ・ベネデットに帰属する「受胎告知」(15世紀後半)
P1470102
陶器が展示されてます。
P1470103
隣のファエンツァが陶器製造で有名ですが、イーモラでも陶器業が盛んでした。
P1470106
トッマーゾ・カルデッロ(1469年記録、15世紀後半存在確認)の「聖クリストフォロ」(左)
右の「聖母子」はロマーニャの15世紀後半の無名画家の作品です。
P1470109
バルトロメオ・チェージ(ボローニャ、1556‐1629)の「聖アンナ」(1603)
イーモラ大聖堂の再建前の建物にあったフレスコ画です。
下の「予言者」もバルトロメオの作品で旧大聖堂にありました。
P1470110
P1470113
サン・ドメニコ教会の再建前の建物(取り壊された)の窓にあったもの
P1470116
Maestro del Trittico di Imola(1425‐55c活動)の「玉座の聖母子と聖クリスティーナと聖ピエトロ」
P1470120
ロマーニャの逸名彫刻家による「磔刑像」(16世紀)
P1470124
ガスパーレ・サッキ(イーモラで1517‐1536記録)の「スカレッタの聖母」(1527)
聖人たちは、聖ジャコモ、聖ベルナルド、聖フランチェスコ、聖アントニオ・アバーテ
P1470126
ラヴィーニア・フォンターナの「ご誕生」(16世紀後半)
P1470129
ラヴィーニア・フォンターナの「羊飼いの礼拝」(16世紀後半)
P1470135
ピエトロ・バッキ・ダ・バニャーラ(バニャーラ、1510‐イーモラ、1579年以降)の「ロザリオの聖母」(1571)
P1470140
ジュゼッペ・バルトリーニ(イーモラ、1657‐1725)の「イーモラの街を祝福する聖カッシアーノ」(1704)
P1470142
ウバルド・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1728‐ラヴェンナ、1781)の「トレンティーノの聖二コラ」(1769c)
P1470148
ウバルド・ガンドルフィの「聖母子」(1775c)
P1470152
ラヴィーニア・フォンターナの「聖母被昇天と聖人たち」(1583)
P1470155
ジャコモ・ザンバ(フォルリ、1731‐トッシニャーノ、1808)の「聖母に嘆願する聖テレンツィオ」(1780‐90)
P1470159
ジャコモ・ザンバの「天上の聖母子と聖バルトロメオと聖フェーデ」(1777)
P1470164
ジョヴァン・ドメニコ・フェレッティ(フィレンツェ、1692‐1768)の「磔刑とマグダラのマリア」(1718‐28)
P1470169
ロレンツォ・パシネッリの「聖アグネス(または聖バルバラ)の殉教」(17世紀末)
P1470172
ドメニコ・マリア・ヴィアーニ(ボローニャ、1668‐ピストイア、1711)の「聖母子とベアート・ピエトロ・パッセ—リ」(1696)
P1470176
フランチェスコ・アルバーニの「幼きキリストを崇めるパドヴァの聖アントニオ」(1642)
(つづく)

↑このページのトップヘ