1次は礼拝堂です。


2
美術的に礼拝堂は必見です。


3
礼拝堂の壁一面にフレスコ画が描かれてます。


5
素晴らしい礼拝堂の祭壇画はフレスコ画ではありません。


4
ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)の「聖家族と聖レオナルド」(1530)
元々はドゥオーモにありましたが、17世紀にプッブリコ宮礼拝堂に相応しい祭壇画が必要という理由で移されたそうです。


6
礼拝堂のフレスコ画は、タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)によって、1406年から1408年に制作されたそうです。


7
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖母の死」


11
天井のフレスコ画「音楽天使たち」


8
天井のフレスコ画もタッデオ・ディ・バルトロの作品です。


18


9
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖母の遺体の移送」


10
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖母の使徒たちとの暇乞い」


12


13


14


15


16


17


19
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


20
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖アゴスティーノ」


21


22


23
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖母への死のお告げ」
「受胎告知」と混同しないようにしましょう。
死のお告げをする大天使は聖ミケーレです。


24
聖歌隊席です。


25
聖歌隊席の彫刻は見逃せません。


26


27


28


29


30


31


32


33


34
礼拝堂からAnticappelleに出ました。鉄柵の左が礼拝堂になります。


37
Anticappella(古代礼拝堂)の案内板


35
ここの壁もフレスコ画で覆われてます。


36
Anticappellaのフレスコ画もタッデオ・ディ・バルトロによって描かれました。


38
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「聖クリストフォロ」(1415c)


39


40


41
(つづく)