P1340854
Costa San Sebastianoです。


P1340855
通称サン・セバスティアーノ礼拝堂です。


P1340856
ピアッツォの城壁外村人のための祠が前身です。現在の礼拝堂は1997年に修復されたものです。


P1340857
ギアーラ門の先にPalazzo La Marmolaの塔が写ってます。


P1340858
道を下ります。


P1340859
写真では急坂には見えません。上るのは大変です。


P1340862
丘上のピアッツォと丘下のリオーネ・ボルゴ地区とは高低差が60メートルあります。


P1340860
ピアッツォに上るときはフニコラーレ、下るときは徒歩がお勧めです。


P1340863
リオーネ・ボルゴ地区に下ります。


P1340864
振り返って撮った写真です。
写真左に続く壁はピアッツォの城壁です。


P1340865
Costa San Sebastianoの終わりにサン・セバスティアーノ聖堂があります。


P1340866
写真左奥にサン・セバスティアーノ聖堂が写ってます。


P1340867
Via Agostino de FangoとVia Quintino Sellaの交差点に建つ建物です。


P1340868
サン・セバスティアーノ聖堂です。


P1340911
1498年から1499年にビエッラに移されたCanonici Lateranensi(オーストリアのサンタゴスティーノ会分派)のために、ピアッツォの領主セバスティアーノ・フェッレロ(ビエッラ、1438-ガリアニコ、1519)が建設した修道院教会です。


p130183
エウセビオ・フェッラーリまたは”Magistro Eusebio”の指導によって、1500年から1504年に建設されたブラマンテ様式の建物です。


P1340869
現在のファサードは、初代のファサードが劣化したので、建築家アンドレア・ボーノ・ディ・ヴェルチェッリの設計によって、1885年に建設されました。


P1340880
右側壁です。


P1340887
規模の大きな修道院教会です。修道院は1550年に完成しました。


P1340888
高さ51メートルの鐘楼です。


p130184
美術的には、その重要性に於いてビエッラでは見逃せない教会です。


p130189
クーポラ


P1340871
ファサードを見ます。


P1340872
ファサードの紋章


p130185
この紋章については、私は全然分かりません。


p130186
ファサードの中央扉


P1340873
中央扉上ルネッタに描かれた「聖セバスティアーノ」のフレスコ画(詳細不知)


p130187
ファサードに向かって右の扉


P1340874
右扉上ルネッタの「聖ピエトロ」のフレスコ画(詳細不知)


p130188
ファサードに向かって左の扉です。


P1340875
左扉上ルネッタに描かれた「聖アゴスティーノ」のフレスコ画(詳細不知)


P1340878
ファサードの丸窓


p130190
ファサードのFregio


p130191
三廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


p130192
ピエモンテの画家たちの作品が充実しています。


p130193


p130194
クーポラ


p130195
クーポラの天使たちのフレスコ画は、ロドルフォ・モルガーリ(トリノ、1827-1909)によって1866年から1867年に描かれました。


p130197
クーポラ四隅に預言者たちのフレスコ画があります。
ロドルフォ・モルガーリ(トリノ、1827-1909)の「預言者ダニエーレ」(1866)


p130198
ロドルフォ・モルガーリ(トリノ、1827-1909)の「預言者エゼキエル」(1866)


p130199
ロドルフォ・モルガーリ(トリノ、1827-1909)の「預言者ジェレミア」(1866)


p130200
ロドルフォ・モルガーリ(トリノ、1827-1909)の「預言者イザヤ」(1866)
(つづく)