P1670072
鉄道ストのため、時間が余り気味なので、ドゥオーモを再度拝観しました。


P1670172
中には誰もいませんでした。


P1670173


P1670174


P1670175
主祭壇


P1670179


P1670176
後陣の装飾


P1670183


P1670184
マドンナ・デル・フオーコ礼拝堂


P1670185


P1670186


P1670187


P1670189


P1670192


P1670195


P1670196


P1670197


P1670201


P1670204
古そうな磔刑像です。


P1670206


P1670209


P1670212
左側廊


P1670213
右側廊


P1670214
教会内でトイレの場所を明示しているのは大変珍しいと思います。


P1670215
外に出ました。


P1670216
先ほどよりも青空市の買い物客が減ったように思いました。


P1670217


P1670218
時間潰しにピエロ展をもう一度見ることにしました。


P1670219
サン・ドメニコ教会を通り過ぎました。


P1670220
ドゥオーモと要塞のほぼ中間にサン・ドメニコ教会があります。


P1670221
この日は閉まっていました。


P1670222
Ex-Oratorioです。催事場になってます。


P1670223
街歩きするには絶好の日和でした。


P1670224
思いがけずピエロ展を二度見ることになりました。


P1670226
サン・ドメニコ修道院だった建物です。現在はサン・ドメニコ市立美術館になってます。


P1670227
次はラヴァルディーナ要塞です。


P1670228
サン・アントニオ・アバーテ教会が見えてます。手前の建物は教会ではありません。


P1670229
教会風の建物


P1670230
休息の家?


P1670231
旧教会の建物でしょう。木工工房になっているようです。


P1670232
要塞にやってきました。


P1670233
要塞は広い道路に囲まれてます。


P1670234
要塞の現在は刑務所です。


P1670235
ここに来る度に、刑務所としての整備が進んでいると思います。


P1670236
ラヴァルディーナ要塞は有名です。


P1670237


P1670238
カテリーナ・スフォルツァ・デ・メディチ所縁の要塞として特に有名です。


P1670239
「女傑」と謳われるようになった切っ掛けとなったのは、この要塞での出来事です。


P1670241


P1670243


P1670244
刑務所になっているので、一般人は外観だけの見学になってしまいます。


P1670246


P1670248


P1670249
チェーザレ・ボルジアの紋章です。1500年1月12日、要塞に立てこもったカテリーナ・スフォルツァは、二週間の篭城戦闘の末、遂にチェーザレ・ボルジア軍に敗れ、囚われの身となりました。


P1670250


P1670251


P1670252
この下は小さな公園になってます。


P1670253


P1670254
公園から撮った写真です。


P1670255
見上げると迫力があります。


P1670256


P1670257
公園から要塞を囲む道路に戻りました。


P1670258
昼食時になりました。


P1670260
先ほどの道に戻りました。写真手前はサン・アントニオ・アバーテ教会です。


P1670262
退屈せずに時間潰しが出来ました。


P1670263


P1670264
12時35分、昼食には最適の時間です。


P1670265
広場近くの店で食べました。


P1670266


P1670268


P1670269


P1670282
この後、ホテルに戻り、荷物を受け取ってから駅に向かいました。


P1670275
(おわり)