P2020895
2016年5月17日です。


P2020896
正午過ぎに到着しました。「聖母の結婚」が壁にあるのは、ペルジーノとラッファエッロ師弟の「聖母の結婚」の特別展が開催されていたからです。


P2020897
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「ブレラの祭壇画」が壁にあるのは、絵画館を代表する作品と見做されているからでしょう。


P2020898
毎年、2,3回来ています。


P2020901
ナポレオン像


P2020907
ナポレオン像については、以前書いたように、ローマの金工家フランチェスコ・リゲッティとフランチェスコの息子ルイージの父子によって制作された「アントニオ・カノーヴァ作品」の複製です。


P2020902
名画に再会できるとあって、胸が高まります。


P2020904
ガーン!!
「こんなのって、ありなの?」
参りました。折角来たのに、スタッフ・ミーティングのため、12:45から15:15まで臨時休館!!!
午前中に入館した人たちがぞろぞろと出口から出てきました。
文句を言いに窓口に行ったら、ミーティングの終了は15:15の予定だが、延長される可能性があり、延長された場合、それだけ開館が遅れるとの事。
日本だったら絶対に有り得る筈がないことですが、ここはイタリアです。「お客様は神様」ではなく、「お客様はスタッフの奴隷?」かも知れません。スタッフの都合の方が優先なのです。
仕方がないので、後日改めて再訪することに。


P2020899
翌月、つまり2016年6月に行った時の事を以下に書きます。


P2020908
ブレラの切符売り場で並んだことは多分なかったと思いますが、この日は何故か行列がありました。写真正面の扉が開いてますが、この扉は通常ならば出口となっています。しかし、この日は入り口兼出口となっていました。


P2020910
その理由は、通常の入り口からの展示室がご覧のように修復工事中で、閉鎖されていたからです。


P2030034
展示作品数が多いブレラ絵画館なので、通常ならば皆さんが疲れてしまって、足を止めて観ることが少ない出口近くの19世紀頃の展示室が、この日は入り口に近い展示室となったからなのか、何故が人気が高く、混雑していました。
何時もは混雑しているカルロ・クリヴェッリなどの展示室が超人気薄でした。


P2020911
チェーザレ・タッローネ(サヴォーナ、1853‐ミラノ、1919)の「エットーレ・バルディーニの肖像」


P2020914
フランチェスコ・フィリッピーニ(ブレーシャ、1853‐ミラノ、1895)の「Il Maglio」(1889)


P2020917
フランチェスコ・フィリッピーニの「Strigtura della canapa」(1890c)


P2020921
エウジェニオ・ジニョウス(ミラノ、1850‐ストレーザ、1906)の「キオストロの花」


P2020925
グリエルモ・チャルディ(ヴェネツィア、1842‐1917)の「マッツォルボのラグーナ」


P2020928
ジョヴァンニ・ファット—リ(リヴォルノ、1825‐フィレンツェ、1908)の「赤いワゴン」(1887)


P2020931
シルヴェストロ・レーガ(モディリアーナ、1826‐フィレンツェ、1895)の「日陰棚」(1868)
好きでたまらないシルヴェストロの作品です。


P2020935
ジョヴァンニ・ファット—リの「アマデオ・サヴォイ皇太子の負傷」(1870)


P2020938
ルイージ・アントニオ・アクィスティ(フォルリ、1744‐ボローニャ、1823)の「Atalanta」


P2020940
ジローラモ・インドゥーノ(ミラノ、1827‐1890)の「Triste presentimento」


P2020945
アンドレア・アッピアーニ(ミラノ、1754‐1817)の「マルテが行くのを止めるヴィーナス」


P2020948
アンドレア・アッピアーニの「ヴィーナスの化粧」


P2020951
アンドレア・アッピアーニの「極楽」


P2020954
ジュゼッペ・ボッシ(1777‐1815)の「墓掘り」


P2020957
アンドレア・アッピアーニの「ヴィーナスとマルテの気晴らし」


P2020959
アンドレア・アッピアーニの「アドーネの死」


P2020963
アイエツの作品が並んでます。鑑賞者が絶えない「接吻」などの作品の写真を撮るのは後にしました。


P2020964
アッボンディオ・サンジョルジョ(ミラノ、1778‐1879)の「ヴィンチェンツォ・モンティの彫像」


P2020967
ジュゼッペ・ボッシの「フェリーチェ・ベッロッティとガエターノ・カッタネオとカルロ・ポルタと自画像」(1809)


P2020971
フランチェスコ・アイエツ(ヴェネツィア、1791‐ミラノ、1882)の「ピエトロ・ロッシ」


P2020973
フランチェスコ・アイエツの「マリンコニア」(1841‐42)


P2020979
フランチェスコ・アイエツの「ボッリ・スタンパの家族の肖像」(1822‐23)


P2020981
何時もは閑散としている37室ですが、この日は混雑していました。なお、写真の作品は傑作です。


P2020983
ベルナルド・べッロット(ヴェネツィア、1721‐ヴァルサヴィア、1780)の「ガッツァーダのヴィッラ・メルツィの景観」(1744)


P2020986
カナレット(ヴェネツィア、1697‐1768)の「大運河の光景」


P2020990
フランチェスコ・グアルディ(ヴェネツィア、1712‐1793)の「大運河の光景」


P2020993
フランチェスコ・ズーニョ(ヴェネツィア、1706‐1797)の「若い歌手の肖像」


P2020996
フランチェスコ・グアルディの「大運河の光景」


P2030001
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(ヴェネツィア、1696‐マドリッド、1770)の「聖アントニオ・アバーテの誘惑」(1724‐25)


P2030005
ジャン・ドメニコ・ティエポロ(ヴェネツィア、1727‐1804)の「ブレーシャ防衛戦に現れた聖ファウスティーノと聖ジョヴィータ」(1754‐55)


P2030008
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピアツェッタ(ヴェネツィア、1683‐1754)の「井戸のレベッカ」


P2030010
ジャン・ドメニコ・ティエポロの「聖ルイージ・ゴンザーガの肖像」(1760)


P2030015
カナレットの「サン・マルコの光景」


P2030020
ベルナルド・ベッロットの「ガッツァーダの光景」


P2030023
ピエトロ・ロンギ(ヴェネツィア、1702‐1785)の「家族演奏会」(1750‐55)


P2030027
ジョヴァン・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「ヘラクレス」


P2030031
ピエトロ・ロンギの「歯医者」


P2030035


P2030036
出口から入館すると人気がある展示室が変わります。非常に不思議な現象です。この部屋には傑作が殆ど無いのですが・・・・


P2030039
Martin Knoller (1725-1804) の「聖母被昇天」


P2030041
ジュゼッペ・ボッターニ(1717‐1784)の「聖地に向けて出立する聖パオーラ」(1745)


P2030046
二コラ・マリンコニーコ(ナポリ、1663‐1721)の「聖なる箱の運搬」(1693‐97)


P2030050
フランチェスコ・ソリナーメ(カナーレ・ディ・セリーノ、1657‐バッラ、1747)の「ランゴバルド王と教皇ザッカリアの邂逅」(1701‐05)


P2030052
ルーカ・ジョルダーノ(ナポリ、1634‐1705)の「この人を見よ」(1659‐60)


P2030057
フランチェスコ・ソリナーメの「教皇グレゴリオ3世に請願する聖ヴィッリバルド」(1701‐05)


P2030061
二コラ・マリンコニーコの「太陽を止めるヨシュア」(1693‐97)


P2030065
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロの「カルメルの聖母と聖人たちと預言者」(1721‐27)


P2030068
カルロ・インノチェンツォ・カルローニ(スカーリア・ディンテルヴィ、1686‐1775)の「フェーデの勝利」


P2030072
ポンぺオ・バトーニ(ルッカ、1708‐1787)の「聖母子と聖人たち」(1737‐40)


P2030076
Pierre Subleyras (1699-1749) の「聖ジローラモ」(1739)


P2030080
ウバルド・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1728‐ラヴェンナ、1781)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(1768)


P2030084
セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「聖エラーズモの殉教」(1694‐97)


P2030087
Pierre Subleyras の「磔刑」(1744)


P2030096
セバスティアーノ・リッチの「死に行く者を慰める聖ガエターノ」(1704)


P2030101
スパーニャレット(ボローニャ、1665‐1747)の「磔刑」(1729)


P2030109
エヴァリスト・バスケニス(ベルガモ、1617‐1677)の「楽器」
エヴァリストは楽器ばかり描いた画家として有名です。


P2030113
フェリーチェ・ボセッリ(ピアチェンツァ、1650‐1732)の「Natura Morta」


P2030118
ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581‐ヴェネツィア、1644)の「マルタ騎士の肖像」


P2030121
フェリーチェ・ボセッリの「Natura Morta」


P2030124
エヴァリスト・バスケニスの「Natura Morta」


P2030129
ベルナルド・ストロッツィの「聖ジョヴァンニーノ」
(つづく)