P2060932
次の部屋です。


P2060935
第15室になります。


P2060936
この作品「理想都市」も有名です。


P2060938
一時期、ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品とされていた時代があり、その後、ルチアーノ・ラウラーナの作品とされていました。


P2060939
現在では、ピエロ作もラウラーナ作の両説は否定されてます。


P2060940
「理想都市」の模型が妙なところにあります。


P2060942
次の部屋です。


P2060944
第16室です。


P2060943
この部屋も有名ですが、他の人たちの鑑賞の邪魔になるので、写真を撮るのは後にしました。


P2060946


P2060950


P2060948
この作品も有名です。


P2060954
第17室です。


P2060951
この部屋はフェデリーコ公の書斎です。


P2060952
見事な寄木細工の扉です。


P2060953


P2060955
グイドゥバルドの礼拝堂


P2060962
礼拝堂のストゥッコ装飾も見どころです。


P2060956


P2060957
ニッコロ・フランジパーネ(フリウリ、1553‐1597記録)の「聖母子」


P2060961
ニッコロ・フランジパーネの「聖フランチェスコ」
向かって右に「大天使ミケーレ」があるのですが、角度的に写真が撮れない位置にあります。


P2060963
書斎の壁面は寄木細工で埋め尽くされてます。


P2060964
これはよく読めません。


P2060965
寄木細工の原画の一部はボッティチェッリによると言われてます。(この部分がそうであるかは不明)


P2060966
当時のモンテフェルトロ家宮廷の文化の高さを伝える寄木細工と思います。


P2060967


P2060968


P2060969
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品がある部屋、「理想都市」がある部屋、パオロ・ウッチェッロの作品ッがある部屋、それにこの寄木細工がある部屋がウルビーノ観光の白眉でしょう。


P2060970
芸術の質は、その土地の繁栄度に比例します。


P2060971


P2060972


P2060973


P2060974


P2060975


P2060976


P2060977


P2060978


P2060979


P2060980
次の部屋です。


P2060981
第19室です。


P2060982
窓越しの眺め


P2060984


P2060985


P2060988


P2060989


P2060990
次の部屋です。


P2060991
第20室です。


P2060992
ここにも寄木細工の扉があります。


P2060993


P2060994


P2060995


P2060996


P2060997


P2060998
カッソーネ


P2060999
寄木細工で出来てます。


P2070001


P2070002
先ほどは混雑していたので、鑑賞を後回しにした第18室に戻りました。


P2070004
暖炉の上を飾るキューピッドの図柄から別名「天使の間」と言われてます。


P2070005
ドメニコ・ロッセッリの作品です。


P2070006
この彫刻は女性でしょうね。


P2070007
写真上の作品の説明板です。幼き洗礼者聖ジョヴァンニーノとは思えません。


P2070009
バルトロメオ・デッラ・ガッタ(フィレンツェ、1448‐アレッツォ、1502)に帰属する「祈るキリスト」


P2070025
これも有名な作品です。上部の主パネルと裾絵の制作者が異なります。


P2070022


P2070013
裾絵はパオロ・ウッチェッロ(フィレンツェ、1397‐1475)によって描かれました。


P2070014
画題は「オスティアの奇跡」です。


P2070015
縦41㎝×横351㎝の作品です。


P2070017
横長なので、写真を数枚に分割して撮りました。


P2070018


P2070020


P2070021


P2070027
この部屋にも寄木細工の扉があります。


P2070028
Why don't we call it a day?
(To be continued)