P2200454
詳細不明


P2200456
ニッコロ・バルドゥッチの「ファサードの計画」(1883)
以下、4枚の写真も同じです。


P2200458


P2200459


P2200461


P2200464


P2200467
アリストデモ・コストーリの「アルノルフォ・ディ・カンビオ」(1844)の複製
本物はドゥオーモ内にあります。


P2200470
エミーリオ・デ・ファブリスの「ファサードの計画」(1863‐64)


P2200472
ロト・トレッリの「アダム」(1886)


P2200474
ロト・トレッリの「イヴ」(1886)


P2200477
ジョヴァンニ・バッティスタ・タッサ—ラの「アロン(モーゼの兄)」(1882‐86)


P2200479
ジョヴァンニ・バッティスタ・タッサ—ラの「サムエル」(1882‐83)


P2200483
アモス・カッシオーリの「ファサード・ルネッタの装飾」(1879)


P2200486
ニッコロ・バラビーノの「ファサード・ルネッタの装飾」(1885‐87)


P2200489
切符売り場が見えました。


P2200492
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「神の羊のトンド」(15世紀第4四半世紀)


P2200496
モンテ・ディ・ジョヴァンニの「聖ザノービのモザイク」(1504‐05)


P2200498
ルーカ・デッラ・ロッビアの聖歌隊席


P2200502
ルーカ・デッラ・ロッビアの「聖母子と2天使」(1489)


P2200505
フィレンツェの無名芸術家の「キリストの胸像」(16世紀初め)


P2200508
アンドレア・デッラ・ロッビアと弟子の「祈る父なる神と2天使」(15世紀第3四半世紀)


P2200511
パーニョ・ディ・ラーポ・ポルティジャーニに帰属する「聖母子」(15世紀中頃)


P2200514


P2200515


P2200516
ドナテッロ?の浮彫(15世紀第2四半世紀)


P2200684
ここの彫刻の展示は壮観です。


P2200683


P2200685


P2200521
左のナンニ・ディ・バンコの「予言者」(15世紀初頭)
中央はフランチェスコ・タレンティの「予言者」(14世紀第3四半世紀)
右はフランチェスコ・タレンティの「キリスト」(14世紀第3四半世紀)


P2200524
アンドレア・ピサーノの「祈るキリスト」(14世紀第2四半世紀)


P2200527
アンドレア・ピサーノの協力者の「モーゼ」(1337‐1341)


P2200530
ニーノ・ピサーノの「予言者」(1337‐1341)


P2200533
アンドレア・ピサーノの協力者の「予言者」(14世紀中頃)


P2200536
アンドレア・ピサーノの協力者の「予言者」(1337‐1341)


P2200539
ドナテッロの「髭の無い預言者」(1416‐18)
予言者なるものは胡散臭いと思います。


P2200544
ドナテッロとナンニ・ディ・バルトロの「イサクの犠牲」(1421)


P2200548
ドナテッロの「考え深い預言者」(1418‐20)


P2200551
ナンニ・ディ・バルトロの「予言者または洗礼者聖ジョヴァンニ」(1425)
彫刻自体は全て違いますが、何となくすべて同じように見えてしまいます。


P2200555
ドナテッロの「ハバクク」(1434‐36)


P2200558
ドナテッロの「エレミア」(1427‐36)


P2200561
ナンニ・ディ・バルトロの「オバデア」(1422)


P2200563
ニーノ・ピサーノの「シビッラ・ティブルティーナ」(1337‐41)


P2200567
アンドレア・ピサーノの「ダヴィデ」(1337‐41)


P2200569
アンドレア・ピサーノの「ソロモン王」(1337‐41)


P2200572
ニーノ・ピサーノの「シビッラ・エリトレア」(1337‐41)
次はこれらの彫刻の向かいに展示されている作品です。これらも同類項で、よく眺めてもその違いが殆ど分かりません。


P2200575
アンドレア・ピサーノ工房の「サートゥルヌス」(1334‐43)


P2200576
アンドレア・ピサーノの「アダムを作る神」(1334‐43)


P2200579
アンドレア・ピサーノ工房の「ジュピター」(1334‐43)


P2200580
アンドレア・ピサーノの「イヴを作る神」(1334‐43)


P2200582
アンドレア・ピサーノ工房の「マルス」(1334‐43)


P2200584
アンドレア・ピサーノの「アダムとイヴ」(1334‐43)


P2200586
アンドレア・ピサーノ工房の「アポロ」(1334‐43)


P2200588
アンドレア・ピサーノの作品ですが、私には意味が分かりません。


P2200590
アンドレア・ピサーノの「ヴィーナス」(1334‐43)


P2200593
アンドレア・ピサーノの「Jubal 」(1334‐43)


P2200596
アンドレア・ピサーノ工房の「水星の擬人化」(1334‐43)


P2200597
アンドレア・ピサーノの「Tubalcain 」(1334‐43)


P2200599
アンドレア・ピサーノ工房の「月の擬人化」(1334‐43)


P2200600
アンドレア・ピサーノと弟子の「ノエの酩酊」(1343‐48)


P2200603
アンドレア・ピサーノ工房の「フェーデ」(1343‐60)


P2200604
アンドレア・ピサーノと弟子の「ジョニトゥス」(1343‐48)


P2200606
アンドレア・ピサーノ工房の「Carita 」(1343‐60)


P2200607
アンドレア・ピサーノと弟子の「建築の芸」(1343‐48)


P2200609
実は、これらの写真をあと50枚アップしても終わりません。


P2200610
キリがないので、この辺で終わるのが潮時です。


P2200687
詳細不明


P2200689
詳細不明


P2200690
詳細不明


P2200691
詳細不明


P2200692
詳細不明


P2200693
詳細不明


P2200694
外に出ました。


P2200695
現在、洗礼堂にある”天国の門”はレプリカですが、それで満足できれば、この美術館は不要かもしれません。


P2200697
(おわり)