今回は、アレッツォの国立中世・近代美術館 Museo Statale d'Arte Mediovale e Moderno です。
P2190067
アレッツォのサン・ロレンティーノ通りです。


P2190070
サン・ロレンティーノ通りに面して建つ、15世紀の建設されたブルーニ・チョッキ宮です。


P2190069
ブルーニ・チョッキ宮が国立中世・近代美術館となってます。


P2180414
閑古鳥が鳴いていた美術館でしたが、何と2016年から入館無料としたのです。その効果が出たようで、この日は、入館者を10数人見かけました。


P2190066
入館するには、切符売り場?(正確には切符配布場と言うべきでしょう)に行って、無料入館切符を受け取る必要があります。ここで注意する必要があるのは、無料券を受け取れる時間が決められており、それ以外の時間は美術館が開館していても窓口が閉鎖されていることです。
無料券のチェックが各階で行われている場合があり、その場合、無料券を所持していないと退館させられます。
今までの入館料は僅か€4だったと思いますが、私としては、無料の方が制約が多い(切符配布時間に行かないといけない。HPに掲載されている切符配布時間が正しいのか不安がある。)ので、従来通り有料の方が良いと思いました。


P2190065
入館無料となった国立美術館は、私の知る限り、ここが最初と思います。
何故、無料としたのでしょうか?


P2180415
2016年6月と2015年6月では、展示作品が微妙に変わっています。
先に2016年6月時点の展示作品をアップすることにします。


P2180416
ウンブリア・アレッツォの無名画家の「磔刑」(13世紀末)


P2180419
数点の作品がアスコリ・ピチェーノで開催された「チマブーエからカラヴァッジョの特別展」に貸し出されていました。
ところで、今年イタリアで行われる「カラヴァッジョ展」で大掛かりなものはトリノで開催中で、全部で51点(多分カラヴァッジェスキ画家の作品を含むと思います)の作品が展示されてます。私も行きたいと考えてます。


P2180420
マルガリート・ディ・アレッツォ(1262記録)と協力者の「聖フランチェスコ」(1260‐75c)


P2180424
マルガリート・ディ・アレッツォの「モンテルンゴの聖母」(13世紀後半)


P2180427
ディエティサルヴィ・ディ・スペーメ(1250‐1291記録)の「玉座の聖母子」(1270‐80c)


P2180431
13世紀のトスカーナの親方の「聖母子」
保護板に覆われているので写真写りが悪い。


P2180435
トスカーナの無名彫刻家の「聖母子」(13‐14世紀)


P2180438
Maestro del San Michele (14世紀前半活動)の「大天使ミケーレ」(14世紀初め)


P2180441
Maestro del San Michele の「聖母子」(14世紀前半)


P2180444
無名彫刻家の「聖母子」(14世紀前半‐15世紀初め)


P2180447
Maestro del San Michele の「聖母子」(14世紀?)


P2180450
無名彫刻家の「聖ロッコ」(14世紀末‐15世紀初め?)


P2180453
無名彫刻家の「聖母子」(14世紀)


P2180456
Maestro del San Michele の「聖シジスモンド?」(13世紀末)


P2180459
無名彫刻家の「ドメニコ会の聖人」(14世紀前半)


P2180462
無名彫刻家の「Mensola con grifo」(14世紀)


P2180465
彫刻の断片(13世紀初め)


P2180467
「ライオンの副柱頭」(12世紀末?)


P2180471
以前よりも確かに入館者が多くなりました。


P2180470
彫刻断片の紹介は省略させて頂きます。


P2180472
1階の作品は以上で終わりです。一旦中庭に出て、階上に向かいます。


P2180473


P2180475
ギリシャ、ローマ時代の列柱と柱頭が並んでます。


P2180476


P2180477


P2180474
「聖母子」の浮彫はキオストロ回廊にあります。


P2180478
階段を上りました。


P2180479
1階から2階に向かう途中にある作品です。(詳細不明)


P2180481
2階は絵画の展示です。


P2180482
2階のロビー


P2180484
ロビーのフレスコ装飾


P2180527
先ず第4室です。


P2180489
14世紀の無名画家の「玉座の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニとバーリの聖二コラ」


P2180493
ジョヴァンニ・ダル・ポンテ(フィレンツェ、1385‐1437)に帰属する「玉座の聖母子とバーリの聖二コラと聖ジュリアーノ」(1410‐20)


P2180497
トスカーナの親方の「聖母子と四聖人」(15世紀)


P2180500
フィレンツェの親方の「聖母子」(14世紀末)


P2180505
無名画家の「ベルナルド・ダッディ作『聖オルソラの物語』の複製画」(1335‐40c)


P2180507
中央の「聖オルソラと聖ロレンツォがいる磔刑」


P2180511
左は「植民地へ到着する聖オルソラ」


P2180513
右は「聖オルソラの殉教」


P2180517
ブオナミーコ・ブッファルマッコ(フィレンツェ、1315‐1340記録)の「大天使ミケーレ」(1420‐30)


P2180521
グアリエント(1338‐1367記録)の「権天使」(1354c)


P2180523
ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1306‐1345記録)の「玉座の聖母子と聖アグネスと聖カテリーナ」(1310‐15c)


P2180530
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョ(アレッツォ、1370‐1452c)の「慈悲の聖母」(1414c)


P2180533
展示作品の質が高いと思います。


P2180532


P2180535
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの「玉座の聖母子と聖ロレンツォと聖アントニオ・アバーテ」(1414)


P2180539
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの「聖バルバラと聖ヤコポ」(1414c)


P2180543
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368‐1416記録)の「ピエタのキリスト」(1405‐06c)


P2180547
スピネッロ・アレティーノ(アレッツォ、1350c‐1410)の「ピエタのキリストと聖母と福音書記者聖ジョヴァンニ」(1395c)


P2180552
アレッツォ派無名画家の「玉座の聖母子」(14‐15世紀)
(つづく)