P1770526
次は国立考古学博物館です。


P1770528
アレッツォは、エトルリア起源の古い街です。


P1770530
今でも少し掘れば、古い遺跡が発掘されるそうです。


P1770532
古い街並みの景観維持のため、新築が厳しく制限されているアレッツォですが、必要不可欠な新築であっても、基礎工事の際、遺跡物が発掘されることを恐れて中々着工できないと聞いてます。


P1770533
一旦遺跡が出ると、その土地の所有者の費用負担によって遺跡発掘を行わねばなりません。発掘作業の完了義務を負うことになるので、その人手と時間、費用を考えると新たな開発や建物の新築は止めた方が良いと判断する人が非常に多いそうです。


P1770537
Via Margaritone
この通りの周辺から大量の遺跡が発掘されました。


P1770538
教会がありますが、この場所に博物館があります。


P1770540
サン・ベルナルド教会です。開いていることがあまりないのですが、この時は開いていました。教会の拝観を優先すべきと思ったので、中に入ったらミサが行われていました。


P1770628
ミスを邪魔するわけにはいかないので、教会の拝観はまたの機会と言うことにして、国立博物館に入館しました。この建物は旧サン・ベルナルド修道院でしたが、修道院の建物はローマ劇場の遺跡を利用して建設されました。


P1770541
遺跡の上が駐車場になってます。


P1770545
ローマ劇場の遺跡


P1770548
この写真で修道院が遺跡を利用して建設されたことが分かるでしょうか?


P1770547


P1770546
博物館から劇場内に入ることが出来ます。


P1770542
1994年に発掘された「Togato di Arezzo」


P1770544
ロッジャの壁にフレスコ画があったと思いますが、その片鱗さえもありません。


P1770550
階段の手すりにあったので、この角度になります。


P1770552
膨大な数の展示物が並んでます。


P1770555


P1770557


P1770558


P1770559


P1770560


P1770561


P1770562
イタリア各地の博物館に行けば必ず展示されている定番とも言える壺(420‐410BC)です。


P1770564
430‐420BCに制作された壺


P1770566
425‐400BCの制作


P1770568


P1770569
紀元前5世紀末のもの


P1770571


P1770572


P1770574


P1770576


P1770577
この博物館は一段と人気がありません。


P1770578
係員以外に人の姿を見かけたことがありません。


P1770579
ジョストラの翌日なので、観光客の一人や二人は見かけることが出来ると思っていました。


P1770581
アレッツォのMuseoの中では、ここが最も人気薄です。


P1770582
日本人が心配する必要がないと言われそうですが、このような状況では、いつ何時合理化のため閉鎖されてもおかしくないと思います。それを防ぐには入館者を増やす必要があります。


P1770583
だって、ここは貴重な文化遺産ばかりですから、後世に残して見て貰わねばなりません。
イタリア好きのあなた、ここに行ってください。お願いします。


P1770584
1世紀のモザイク
プレトリオ宮の塔近くから発掘されたそうです。


P1770586
現在のVia Francesco Crisp、ローマ時代の古道にあったモザイク


P1770587
1世紀末‐2世紀初めのもの


P1770589


P1770591


P1770594
この部屋は何ですか?


P1770595
説明板がなかったのでお手上げです。


P1770597
遺跡を利用したことが分かる部屋です。


P1770598


P1770599


P1770600


P1770602


P1770603


P1770604


P1770605
これらの展示物の全てがアレッツォとその周辺で発掘されたものです。


P1770606


P1770607


P1770608


P1770610


P1770611


P1770612


P1770613


P1770614


P1770615


P1770616


P1770617


P1770618


P1770619


P1770620


P1770621
旧修道院のフレスコ


P1770622
「Cinerario Femminile」


P1770624


P1770625
展示の紹介はこくらいにしましょう。
次は教会の拝観です。


P1770666
(つづく)