P1860825
愛の小道の”柵”まで行ってみることに。


P1860829
2012年に歩行中の観光客が地滑りのため負傷したのですが、その後の大雨によって道路が不通となったのを機に全面通行止めとなった愛の小道です。
2015年にほんの一部だけ開通したそうです。
最新情報が分かりませんが、全面開通の可能性はかなり低いと思います。


P1860830
「一部開通部分」とは、ここのことでしょうか?


P1860831
柵のある所までは数百メートルの距離しかありません。


P1860832
対岸に、先ほど通ってきた、村役場から駅へと通じる道が見えました。


P1860833
波が荒い。


P1860836
柵の所に来ました。


P1860834
愛の小道です。
修復が難しい崩落個所がある上に、崩落、落石の危険性があるそうです。


P1860839
ここまでしか来ることが出来ません。


P1860842
愛の絆の鍵?


P1860843
戻るよりありません。


P1860844
リオマッジョーレ~マナローラ間を、愛の小道を歩いて行き来したことが2回あります。
その時の写真を載せましょう。


1545
2012年2月です。観光客4人負傷したのは、この年の9月24日でした。


1548
この時も波が荒かった。


1549


1551


1552


1556
2月だったので、観光客が殆どいませんでした。


1557
落石防止のためでしょうか、トンネルが設けられてます。


1558
歩いていて危険を感じことがありません。


1559
愛の小道のシンボルです。


1560


1561


1562
休憩所が途中にありました。


1563


1564


1566
こんな所でしょうね。
話を元に戻します。


P1860845
何が描かれているのでしょうか?
愛の小道の道路敷設工事の様子でしょうか?


P1860846
駅に戻りました。


P1860826
鉄道でマナローラに向かうことにしました。


P1860827
プラットホームの一部がトンネル内にあります。


P1860828
列車を待つ人は少なかったのですが・・・・


P1860847
所が急に人が多くなったのです。チンクエ・テッレは人気があります。


P1860851
僅か数分の乗車でマナローラ駅に到着しました。


P1860854
駅舎です。(無人駅)


P1860853
正午前なので、教会の拝観を優先しました。


P1860855
教会は高い場所にあるので、歩道トンネルを通って山側に出ます。


P1860857
マナローラは、東端のリオマッジョーレから西へ1駅の所にあり、5つの村の中でコルにリアに次いで小さな村と言われてます。
行政上は、リオマッジョーレのコムーネに属する分離集落Frazione です。Frazioneの概念としては、「村」が適当でしょうか。


P1860860
Via Antonio Discovolo


P1860861
鐘楼は、これから行こうとしていたサン・ロレンツォ教会のものです。


P1860863
坂道を上ります。


P1860865
振り返って撮った写真です。


P1860864
マナローラの山側は少々面白味に欠けます。


P1860866


P1860867
ここにいると足腰が鍛えられます。


P1860869
山の斜面の葡萄畑


P1860870
通りのあちこちにB&Bがあります。


P1860871
この時の旅で泊まろうかと検討したB&Bです。


P1860873
夏場だけ営業するB&Bが殆どですが、ここは通年営業しています。


P1860874
選択しなかった理由は、マナローラで夜オープンしているレストランがなかったからでした。


P1860875
教会は右上にあります。


P1860877
サン・ロレンツォ教会です。


P1860880
教区教会、Parrocchia ですが、ドゥオーモと呼ばれていないようです。


P1860885
ファサード前は全景ポイントです。


P1860953
ファサード前に寝そべっていたニャーゴ


P1860961


P1860948
(つづく)