P1690062
古代ローマ時代、交易の中心地だったPiazza del Mercato です。


P1690060
メルカート広場からローマ劇場方面に行くことが出来るVia Arco di Druso です。


P1690073
Arco di Druso e Germanico です。


P1690074
Arco の左先が教会です。


P1690075
Arco を潜れば、写真右が教会です。


041
Arco と教会の間の下方にローマ時代の遺跡が見えます。


1


2
教会はローマ時代の遺跡、ローマ神殿の上に建てられてます。


P1690087
サンタンサーノ教会は傾斜地に建ってます。


P1690091
1900年から1902年に行われた教会付近の発掘調査によって、教会はローマ時代の遺跡の上に建てられたことが分かりましたが、資金不足によって発掘作業が中止になったので、それ以上の詳しいことが分かりませんでした。


P1690081
それから50年以上経った1955年に発掘作業が再開され、1957年までの調査によって、紀元1世紀に建てられたローマ寺院を利用して、6世紀前半に建てられた初期キリスト教会Chiesa di Sant'Isacco e Marziale がこの教会の前身であることが分かりました。


P1690089
また、現在のクリプタは、初期キリスト教会を取り壊して、同じ場所に11世紀から12世紀に建てられたChiesa di Sant'Isacco であることが分かりました。
16世紀に、古い建物をクリプタにして、その上に新築されたのが、Chiesa dei Santissima Ansano e Isacco でした。教会の奉献する聖人に聖アントニオが加わり、教会は聖アンサーノと聖アントニオに、クリプタが聖イサクに変更されました。
現在の建物は、18世紀の終わりにアントニオ・ドッティの設計によって新古典様式で再建されたものです。それと共に奉献する聖人から聖アントニオが外されました。


P1690090
旧修道院の建物は住宅となってます。


P1690088
アントニオ・チムベッリの「聖母子と聖イサクと聖アンサーノ」のファサード彫刻


P1690100
単廊式、新古典様式の内部です。


P1690102
左側壁


P1690101
右側壁


P1690092
天井


P1690103
主祭壇


P1690104
後陣の装飾


P1690108
主祭壇画はアルキータ・リッチ・ダ・ウルビーノの「聖アンサーノの殉教」(17世紀)


P1690110
ピエタ礼拝堂


P1690114
アルカンジェロ・アクィリーニの「ピエタ」


P1690118
17世紀のローカル無名画家の「聖ロレンツォの殉教」


P1690098
ロンバルディ礼拝堂


P1690094
ジョヴァンニ・ディ・ピエトロ通称ロ・スパーニャの「聖母子」のフレスコ画


P1690096
再建前の建物にあったフレスコ画です。


P1690109
ピエトロ・ガリバルディの「無原罪の聖母」(1875)


P1690160


P1690123
クリプタが開いていました。


P1690126
三廊式です。


P1690128


P1690130
クリプタのフレスコ画は、ローマ派の影響を受けたスポレートの無名画家(恐らく複数人)によって11-12世紀に制作されました。


P1690132


P1690136


P1690138


P1690140


P1690143


P1690146


P1690149


P1690153
聖イサクの石棺


P1690154
しかし、ここにあるのは複製品です。


P1690150
本物は国立スポレート公国博物館・アルボルノツィア城塞にあります。


P1690156


P1690158
内陣に戻ります。


P1690122
出入り口


P1690161
もう一度祭壇を見てから外に出ました。


P1690085


P1690084
(おわり)