P1900968
数年前まで、サバウダ美術館は、エジプト博物館と同じ科学アカデミー館にあったと思います。


P1900969
2012年に来た時は、確か現在の場所に美術館があったと思います。
当時、館内に展示されている作品の写真を撮ることが禁止されていたので、美術館に来てもカメラを取り出すことがなかったので、写真がないので移転時期については良く分かりません。
2013年の写真があり、その時は確かに現在地、つまり王宮、パラッツォ・リアーレの新ウイングに美術館がありました。


P1920210
2013年頃と比較すると、展示作品数が随分増えたと思います。


P1900971
サヴォイア王家の見事なコレクションを展示してますが、質が高い作品が非常に多く、特に北方ルネサンス作品の傑作が揃っているのが特徴でしょう。


P1920206
以前は、美術館だけの切符を買うことが可能でしたが、現在は、王宮にある美術館・博物館などに入館出来る共通券しか売ってくれなくなりました。


P1920205
2014年の美術館の年間入館者は277,858人でした。2016年の王宮共通券の年間販売数は314,195人分でした。


P1920204
作品はほぼ描かれた年代順に展示されてます。


P1900972
写真が解禁されてから館内係員が少なくなりました。


P1900973


P1900977
バルナルド・ダッディ(フィレンツェ、1290c‐1348)の「聖母戴冠」


P1900979
バルナーバ・ダ・モデナ(モデナ、1361‐1386記録)の「聖母子」(1370)


P1900985
マリオット・ディ・ナルド(フィレンツェ、1394‐1424)の「四福音書記者」(1375‐78)


P1900988
ジャコモ・ピッテリオ(アレッサンドリア、14世紀末‐1428活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニ・ヴィンチェンツォと聖ミケーレ」
向かって右に2つのパネルがあった筈です。


P1900990
15世紀のフランスの無名彫刻家の「助祭」


P1900992
15世紀のフランスの無名彫刻家の「助祭」


P1900997
Jan Van Eyck (1390c-1441) の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P1910001
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ・ディ・ムジェッロ、1395/1400c-ローマ、1455)の「天使」


P1910006
ピサネッロ派?の無名画家の「マギの礼拝」(15世紀)


P1910009
Jacques Iverny (Avignone, 1410-1438 記録)の「聖母子と二聖人」


P1910011
中央パネル


P1910014
「聖ステファノ」


P1910016
「聖ルチア」


P1910018
裾絵


P1910019


P1910020


P1910024
ベアート・アンジェリコの「聖母子」


P1910028
デシデ—リオ・ダ・セッティニャーノ(セッティニャーノ、1430c‐フィレンツェ、1464)の「聖母子」


P1910032
パオロ・ダ・ブレーシャ(ブレーシャ、1420/1430c-1486)の「玉座の聖母子と聖人たち」


P1910033


P1910034
聖アメリオ、聖ロレンツォ


P1910035
聖アルビーノ、聖アミーコ


P1910036


P1910040
アポッロニオ・ディ・ジョヴァンニ工房とマルコ・デル・ブオーノ(フィレンツェ、1403c‐1480)の「愛の勝利」
裏面にも描かれてます。


P1910049
裏面の「紋章」


P1910043
Rogier Van Der Weyden (1399c-1464) と工房の「祈る寄進者とご訪問」


P1910044


P1910047
ロヒール・ヴァン・デア・ウェイデンは、ヤン・ファン・エイクと並ぶ初期フランドル絵画を代表する巨匠です。1436年に、当時居住していたブリュッセルの「市の画家」に任命されました。1450年頃、ローマに赴き、聖職者や貴族、画家たちと交流したことで、その名声はイタリアだけでなくヨーロッパに広がりました。
サバウダ美術館にある、この作品は彼の代表作とされてます。


P1910054
スキアヴォーネ(1433/1436-1504) の「聖母子」


P1910059
ハンス・メムリンク(1430/1446c-1494) の「キリストの受難」
ヴァザーリに拠れば、ハンス・メムリンクはファン・デア・ウェイデンの弟子との事です。19世紀末までは、ヤン・ファン・エイクと並ぶ初期フランドル絵画の巨匠とされていましたが、20世紀に入ると、甘美で保守的な趣の画風が評価を下げることになりましたが、人物を風景の中に取り入れるなど新しい写実表現によって、相違に満ちた画家として、その評価が回復されています。


P1910065
アントニオ・ポッライオーロ(フィレンツェ、1431‐ローマ、1498)とピエロ・ポッライオーロ(フィレンツェ、1441‐ローマ、1496)の「大天使ラッファエーレとトビオーロ」
これも有名な作品です。


P1910069
ヤコポ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1396?‐1470?)と工房の「聖母の誕生」


P1910072
ヤコポ・ベッリーニと工房の「受胎告知」


P1910076
次の部屋です。


P1910077
第3室


P1910081
ジョヴァンニ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1438/1440c-1516)と工房の「聖母子」


P1910084
ジョヴァンニ・マルティーノ・スパンツォッティ(カザーレ・モンフェッラート、1455c‐キヴァッソ、1526/1528)の「聖フランチェスコと聖セバスティアーノと洗礼者聖ジョヴァンニと聖アントニオ・アバーテと寄進者」


P1910087
ジョヴァンニ・マルティーノ・スパンツォッティの「聖バルバラとアレッサンドリアの聖カテリーナとマグダラのマリアとアンティオキアの聖マルゲリータ」


P1910091
Jean De Chetro (アオスタ、1430c‐1483)の「三位一体とマグダラのマリアと司教聖人」


P1910093
フィリッピーノ・リッピ(プラート、1457‐フィレンツェ、1504)の「3大天使とトビオーロ」


P1910098
Maestro del Polittico di Boston (ピエモンテで15世紀活動)の「聖マルティ―レ・グエッリエーロと聖シモーネと福音書記者聖ジョヴァンニと聖ポンツィーオと聖オノラート」


P1910103
ジョヴァンニ・マルティーノ・スパンツォッティの「マギの礼拝」


P1910106
次の部屋です。


P1910105
第4室


P1910109
ジョヴァンニ・マルティーノ・スパンツォッティの「玉座の聖母子と二聖人」


P1910110


P1910111
聖ウバルド


P1910112
聖セバスティアーノ


P1910115
ロレンツォ・ディ・クレディ(フィレンツェ、1460‐1537)の「聖母子」


P1910117


P1910121
ゲラルド・デル・フォーラ(フィレンツェ、1444/1445-1497)の「純潔の勝利」


P1910125
アンドレア・マンテーニャ(イーゾラ・ディ・カルトゥーロ、1431-マントヴァ、1506)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノとアレッサンドリアの聖カテリーナとその他の聖人たち」(1488)


P1910129
ロレンツォ・ディ・クレディの「聖母子」


P1910136


P1910136


P1910135


P1910133
(つづく)