P1630499
ミラノのスフォルツェスコ城 Castello Sforzesco です。


P1630512
この地には元々ミラノ要塞がありましたが、1360年、当時のミラノ領主ガレアッツォ・ヴィスコンティによって、ゴシック様式の城が創建されました。


P1630519
1460年、フランチェスコ・スフォルツァ公爵によって、城の拡大整備が行われることになり、1499年に完成したルネサンス様式の宮殿城塞がほぼ現在の姿の原形です。


P1630520
原形と書いたのには理由があります。
18世紀後半、ナポレオンの侵攻によって、ミラノはフランスの支配下に置かれましたが、1800年にナポレオンによって城の総解体が命じられました。


P1630521
その命令に基づき、解体工事が始められてしまいました。


P1630522
工事完了以前にナポレオンが失脚したので、危うく総解体を免れましたが、それでもかなりの部分が解体されてしまいました。


P1630523
現在の姿は、建築家ルーカ・ベルトラミによって1891年から1905年に元に復元されたものです。


P1630524
よく見ると壁の古さに違いがあることが分かります。新しそうに見える分は復元された箇所です。


P1630525
練兵場だった中庭です。


P1630527


P1500513
ガレアッツォ・マリア・スフォルツァ(フェルモ、1444‐ミラノ、1476)の紋章
ガレアッツォはカテリーナ・スフォルツァの父です。


P1630528
博物館内で展示されていたミケランジェロの作品ですが、2015年頃から独立して、この場所で展示されるようになりました。


P1630529
切符売り場はここにはありません。


P1630534
2012年に修復されたLa Rocchetta です。


P1630536
回廊


P1630538
回廊の壁に描かれたフレスコ画


P1630539
ここにも博物館の入り口があります。


P1630543


P1630545
古代ローマ関係などの考古学部門、エジプト関係、陶器、コイン、武具、絵画、彫刻などの幅広い展示がされてます。


P1630546
切符売り場に向かいました。


P1630547
壁に描かれた「慈悲の聖母」(作者不明)


P1630550
切符売り場の入り口


P1630549
切符売り場です。
この横から博物館に入館出来ますが、一旦外に出て、新しくできたミケランジェロの展示室を先に見ることにしました。


P1640120


P1630531
ミケランジェロ作品の展示室入り口です。


P1630532
2015年にオープンしたと思いますが、恐らく同年に行われたミラノ万博に合わせたのでしょう。


P1640110
中に入りました。


P1640104
展示されている作品はこれだけです。


P1640107
ミケランジェロの「ロンダニーニのピエタ」です。遺作になった未完成の彫刻です。
殆ど目の見えなくなったミケランジェロが手探りで制作されたと言われてます。


P1640112
従来、ピエタの台座だった、これも併せて展示されてます。


P1500569
現在の場所に移設されて展示される前には、博物館内で、このようにして展示されていました。


P1500574
2014年10月に撮った写真


P1500575


P1640108
独立した展示室の壁に描かれたフレスコ画


P1640109


P1640114


P1640115


P1640118


P1640121
博物館別館(ミケランジェロ作品が展示されている)から外に出ました。


P1630544
博物館本館に向かいました。


P1630551
Portico delle'elefante


P1630555
Maestro della Loggia degli Osii の「福音書記者聖ジョヴァンニ?」(1320c)


P1630553
フェッラーラ派?の無名画家の「象がいる風景」(1470c)


P1500526
展示が多岐に渡るので、展示作品紹介は私が好きな彫刻と絵画を中心にさせて頂きます。


P1500527
そのようにさせて頂くのは、写真整理が大変という勝手な理由からです。


P1500528


P1500530


P1500531


P1500532


P1500535


P1500534


P1500536
(つづく)