P1920215
次は王宮です。


P1920214
雨が止みました。


P1920218
これは王宮の建物ですが、入り口は別の場所にあります。


P1920219
柱廊のあちこちに彫刻があります。


P1920220



P1920221
入り口


P1920232
王宮に付いては、別に改めて触れることにします。


P1920288


P1920351
時間がいくらあっても足りません。


P1920502
見どころが豊富です。


P1920538
じっくり見ていたら、時間が経ってしまいました。


P1920539
外に出たら、本降りの雨でした。


P1920545
他に見たい所がありましたが、そろそろ切り上げ時のようです。


P1920546
サバウダ美術館と王宮を写真を撮りながら見て回ったので、流石に疲れました。


P1920542


P1920543
もう夕方です。マダーマ宮の市立博物館は次回の楽しみにすることにしました。


P1920547


P1920550
展示作品数が多いので、私の場合、最低でも3時間は必要です。


P1920551
早めに切り上げてホテルに向かうことにしました。


P1920559
ポルティコがあるので、それほど濡れないで駅の方に向かうことができます。


P1920558
途中サン・カルロ広場にある2つの教会に行くつもりでした。


P1920560
今秋、トリノに行きたいと思ってますが、どうなることやら。


P1920562
出来ればカラヴァッジョ展に行きたいと思ってます。


P1920565
この街の豊かさが感じられる通りです。


P1920568
雨が全く気になりません。


P1920569
サン・カルロ広場にやってきました。


P1920572


P1920574
双子の教会として有名です。


P1920580
双子の教会としてすぐに思い出されるのは、ローマ・ポポロ広場にあるサンタ・マリア・デイ・ミラコーリ教会とサンタ・マリア・イン・モンテサント教会です。


P1920575
振り返れば、王宮が見えます。


P1920576


P1920579
広場の中心に立つのは、カルロ・マロケッティ(1805-1867)制作の「「エマヌエル・フィリベルトの騎馬像」(1837)です。


P1920581
向かって左に建つのはサンタ・クリスティーナ教会です。


P1920582
1620年、建築家カルロ・ディ・カステッラモンテによって設計されましたが、ゴタゴタが続き、1639年に漸く着工されました。ところが着工からわずか1年後の1640年、カルロが没してしまい、カルロの息子アメデオに引き継がれました。ファサードは未完成のまま一応工事が完了して、1685年に奉献式が執り行われました。
ファサードは、フィリッポ・ユヴァッラの設計によって、1715年から1718年にかけて建設されました。


P1920585


P1920587
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1920588
左側壁


P1920589
右側壁


P1920590


P1920591
天井の装飾


P1920592


P1920594
アントニオ・ドメニコ・トリーヴァ(1526-1699)のフレスコ画


P1920595


P1920598


P1920599
主祭壇


P1920601
アントニオ・ドメニコ・トリーヴァによる後陣のフレスコ画


P1920603
主祭壇画(詳細不明)


P1920607


P1920609


P1920614
説教壇


P1920612
詳細不明


P1920615


P1920616


P1920618


P1920606
出入り口


P1920619


P1920620
外に出ました。


P1920621
次は、隣にあるサン・カルロ教会です。


P1920622
正式にはサン・カルロ・ボッロメオ教会と言います。ミラノ大司教だった聖カルロ・ボッロメオを奉献しています。
1618年創建、ファサードが1834年に完成したバロック様式の建物です。


P1920645
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1920646
左側壁


P1920647
右側壁


P1920648


P1920627
天井


P1920632
主祭壇


P1920633
主祭壇画は、ジョヴァンニ・アンドレア・カセッラの「聖骸布を崇める聖カルロ・ボッロメオ」


P1920635


P1920639
ジョヴァンニ・アンドレア・カセッラの「ペスト患者を癒す聖カルロ・ボッロメオ」


P1920642
詳細不明


P1920644


P1920640



P1920649
外に出たら、小雨になっていました。


P1920651
たった1泊では見る所が限定されてしまいます。


P1920653
キリがないので、この辺で終わりにします。


P1920657
(おわり)