P2160216
ポポロ宮のフレスコ画が見たいのですが・・・・・


P2160217
幟が邪魔して良く見えません。


P2160218
こちらは落剝しています。


P2160219
下から覗き込むと何とか見えました。


P2160221


P2160222
このホテルも良いです。


P2160223
教会だった建物です。


P2160224
元の教会の名前が分かりません。


P2160226


P2160225


P2160227
ポポロ宮です。


P2160233
ポポロ宮の裏側


P2160234


P2160228
次は城壁沿いの公園です。


P2160231


P2160236
旗は、この日の週末に行われるパリオのものです。


P2160238


P2160240
旗の色は、街の地域毎に異なります。


P2160241
公園が見えてきました。


P2160242


P2160258
城壁と言っても、30-40㎝の高さしかありません。


P2160245
城壁が低い訳は、凝灰岩の断崖絶壁が天然の城塞、城壁になっているからです。


P2160243
下を見下ろすと大きく絶景が広がってます。


P2160253
特急用の線路と在来線の線路が下を走ってます。


P2160264
特急は頻繁に走っていますが、在来線は来なかった!


P2160261


P2160257
在来線に列車が来るのを待ちましたが、ダメでした。


P2160276
城壁沿いの道を暫く歩きましたが、特筆するものは何もありません。


P2160277
元に戻ることにしました。


P2160278
次はサンタゴスティーノ教会です。


P2160279
小さな町なので、勘を頼りに見当をつけて歩けば何とかなるだろう。


P2160280
それが高の括り過ぎでした。


P2160281
ポポロ広場と反対方向に歩いたつもりでしたが、ポポロ広場に出たのでビックリしました。


P2160282
16世紀に建設されたPalazzo Simoncelliです。


P2160284
教会はもう直ぐのハズでした。


P2160285
西に向かえば良い筈でしたが・・・・・


P2160286
行こうとしていたサンタゴスティーノ教会はすでに宗教活動を停止した旧教会です。


P2160287
旧教会の建物は、現在、ドゥオーモ付属美術館の別館になってます。


P2160288
別館では、主にドゥオーモにあった彫刻などが展示されてます。


P2160289
絵画などが展示されているドゥオーモの隣にあるソリアーノ宮では、作品を展示するスペースが足りないので、別館を設けたそうです。


P2160290
別館を設けるならば、ドゥオーモに近い場所にある建物にすべきと思うのですが、かなり距離があるサンタゴスティーノ教会に別館を設けたところに、イタリアらしさを感じます。


P2160292
教会はもう直ぐのハズですが・・・・・


P2160294
今にして思えば、ここを左折すべきでした。それを右折したのです。右折したことで物凄く良いことがあったのです。


P2160295
何が起きたと思いますか?


P2160296
なんとなんと小さく畳まれた€50札が道路に落ちていたんですよ。


P2160298
この場合、イタリアではどうするのか良く分からないので有難く頂戴しました。
ところで、私は非常に目が良いので、道路でお札やコインをよく見つけます。一回の旅で最低€10の臨時収入があります。


P2160299
ハッピーな気持ちでニャーと遊ぶことが出来ました。


P2160302
ポポロ広場から6,7分歩けば旧サンタゴスティーノ教会に着くはずですが、全然ダメ。


P2160304
どうやら道を間違えたようです。


P2160306
地図を取り出し、今いる通り名から自分の居場所を探したのですが、その通りが地図上で中々見つからない!


P2160307
イタリア人は、Via○○でも分かるようですが、それが不思議で仕方がありません。


P2160309
漸く見慣れた場所に着きました。


P2160311
道を間違えたことなど問題になりません。€50の臨時収入の実利が勝ります。


P2160312
今、これを書くためにオルヴィエートの地図を見ていますが、自分の馬鹿さ加減に愛想が尽きます。


P2160315
要すれば、ある区画を一周したのです。


P2160317
漸く到着したようです。


P2160318
やれやれです。


P2160319


P2160421
つづく