P2170511
この日の予定はこれにて終了です。


P2170512
好みの形の鐘楼です。


P2170513
道を下ってシニョレッリ広場に向かいました。


P2170515
先月の旅の出発の直前に持参予定のPCの調子が悪くなり、急遽非常用のPCを購入して出発しました。これが安かったにも拘らず中々の優れモノで重宝しました。
ローマで暇があったので、PC屋さんを覗いたのですが、イタリアのPCが高価なことに驚嘆しました。デルやアップルの日本で流通しているのと同じモデルが、日本よりも可なり高く売られてます。


P2170516
下りの方が上りよりも膝にかかる負荷が高いそうです。


P2170518


P2170519
道の突き当りの左が広場です。


P2170520
シニョレッリ広場


P2170522
エトルリア・アカデミー博物館が置かれているカザーリ宮


P2170524
夕方になると、観光客の姿が少なくなり地元の人が多くなりますが、宿泊施設が限られているのが理由でしょうか。


P2170529
レプッブリカ広場


P2170530
静かで魅力的な夕方です。


P2170532
昼間に買ったペッタンコ桃を夕食後にホテルの部屋で食べました。


P2170533
ホテルの部屋からの眺めです。


P2170534


P2170537


P2170538
翌朝です。


P2170539
朝の早い時間には晴れていましたが、すぐに霧がかかり、やがて曇ってしまいました。


009
サンタ・マルゲリータ聖堂に向かいました。


013
サン・ドメニコ教会は閉まっていました。


014
濃霧に覆われていましたが、それが切れると道が少し濡れていました。


016
道を上りました。


017
サン・ドメニコ教会の横の道を通ります。


018
かって教会だった建物でしょうね。


019
描かれているのは聖ジローラモ?


020
サンタ・マルゲリータ通り


021
朝の早い時間なので、誰も歩いていませんでした。


023
雲が垂れ込めてきました。


024
聖マルゲリータ(1247‐1293)は、フランチェスコ会修道院に入り、貧しい人たちに人生を捧げた、コルトーナの守護聖人です。
聖マルゲリータの遺体を祀るために建てられたのがサンタ・マルゲリータ聖堂です。別名「聖マルゲリータの墓所」とも言われてます。


025
旧修道院の建物


026
朝まで晴れていたのがウソのように雲が厚くなってきました。


027


028
鐘楼が見えてきました。


061
サンタ・マルゲリータ聖堂です。
街の高い場所にあるので、車で来る人たちが殆どです。


062
11世紀の記録に、この地にロマネスク様式のサン・バジーリオ教会の存在が記載されてます。聖マルゲリータの没後4年の1297年、聖マルゲリータの遺体を祀る教会が創建され、1304年に献堂されました。


065
現在の姿は19世紀に再建された二代目の建物です。
1927年、Basilica Minoreにランクされました。


060
見どころがあまりない外観です。


057
三廊式、ラテン十字形の内部です。


058
中央礼拝堂です。
再建された建物の主祭壇は美術的に冴えませんが、初代の建物の時代には素晴らしい祭壇画が主祭壇を飾っていました。


P2160951
ルーカ・シニョレッリの「死せるキリストへの哀悼」(1502)
この作品が主祭壇を飾っていました。しかし、17世紀中ごろ、ドゥオーモに目ぼしい作品がないことを残念に思っていた、当時のコルトーナ司祭が、この作品をドゥオーモに移動するように命じたのです。


036
現在、この聖堂にある作品を紹介しておきましょう。
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポーリの「聖母被昇天と三聖人」(1610)


039
ピエトロ・ジャッノッティの「嬰児虐殺」(1636)


042
17世紀のトスカーナの無名画家の「コルトーナを守護する聖マルゲリータ」


045
フランチェスコ・ヴァンニの「聖母戴冠と四聖人」(1602)


048
ピエトロ・バロッチの「聖カテリーナの殉教」(1610)


051
詳細不明


066
拝観を終え、坂道を下りました。


069
小さな街なので、同じ道を何度も行き来します。


072
サン・ドメニコ教会が開いていたので、もう一度拝観しました。


077
何回見ても飽きることがありません。


074
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


092
(おわり)