P2040508
昼食が終わり、いよいよ市立美術館です。


P2040509
外観の印象とあまりにもかけ離れた聖堂内部に対して、驚きを通り越して呆れてしまいました。元の姿を尊重して、それにできる限り近い形で修復するのが最近のやり方と思っていましたが・・・・・


P2040510
北に向かって真っすぐに約7,8分歩けば、市立美術館が置かれているカステッロに出ます。


P2040511
ヴィチェンツァのイコンの美術館を思い出させるインテーザ・サンパオロ銀行支店でした。


P2040512
イタリアの美術品で「個人所有」とされている中で、最も多いのが銀行所有だそうです。


P2040513
ヴィットリア広場


P2040514


P2040515


P2040517


P2040518
中心部から少し外れただけで、辺りは落ち着いた雰囲気に変わります。


P2040520


P2040522
ここもパヴィア大学です。


P2040523
サン・マッテオ病院だった建物が学舎として使用されてます。


P2040524
旧病院の会議室にガウデンツィオ・フェッラーリのフレスコ画があるらしい。


P2040525
病院内に設けられた礼拝堂にロンバルディアの画家たちによる作品があるようです。


P2040526
見ないで通り過ぎました。これから行く市立美術館の展示作品の多さは半端ではないので、ガツガツする必要がないのです。


P2040527
Museo Civicoに行けば、その街の繁栄度が大体分かるというものです。


P2040528
カステッロがある交差点に着きました。


P2040530
カステッロの周囲は公園になってます。


P2040532
ガレアッツォ・ヴィスコンティ2世によって、1360年から1366年にかけて建設されたカステッロです。


P2040535
現在、ここはパヴィア市立美術館として公開されてます。


P2040540
入館しました。


P2040542
この美術館を見るのは大変です。


P2040544
城そのものの見学に始まって、考古学部門、絵画部門、個人収集家が集めた絵画等の展示など、その範囲が多岐にわたる上に、展示作品数がとても多いのです。


P2040550
市立美術館については、項を改めて詳しく触れることにします。


P2040565
写真撮影が解禁されてから初めての入館でした。


P2040586


P2040706
1階の考古学部門の展示


P2040716


P2040762
2階に上りました。


P2040769


P2040795


P2050293
一回目は写真を撮ることに専念しました。


P2050145


P2050095
写真を撮ることと鑑賞は両立しません。


P2040682
全ての展示室にもう一度行って、今度はカメラをカバンの中に入れて鑑賞に専念しました。


P2040689
これらの写真は鑑賞専念時のものではありません。


P2050685
全てが終わった時、日がすっかり傾いていました。


P2050687
参ったなあ、すっかり疲れたよ。


P2050689
約6時間、美術館にいました。


P2050690
こんなことは何時までも出来ません。


P2050693
(おわり)