P2040530
パヴィア修道院へと繋がる広大なヴェルナヴォーラ狩猟公園の南端に当たるこの地に、ミラノの名族ヴィスコンティ家の専制僭主ガレアッツォ2世・ヴィスコンティの命によって、1360年から1366年に建設された城です。


P2040533
建築家ベルナルド・ダ・ヴェネツィアが設計したとの説があります。


P2040534
1525年、有名なパヴィアの戦いで狩猟公園は戦場となり、1527年のフランス軍の砲撃によって、城は大きな被害を受けてしまいました。


P2040536
その後、破壊された城は放置されていましたが、1920年代から1930年代に復元され、パヴィア市の所有になりました。しかし、破壊の程度が大きかった北の部分は復元されませんでした。
第二次世界大戦後、城は市立博物館として整備公開されるようになり、現在に至ってます。


P2040537
城の内部や中庭で展示会やコンサートなどが行われています。


P2040539
切符売り場は写真右側にあります。


P2040540
博物館は、Pinacoteca、Museo Archelogico e Sala Logobarda、Sezioni dei Medioevale e Rinascimentaleなど全部で6つの部門からなってます。


P2040541
ざっと見るだけなら半日で十分ですが、じっくり見ようとすると一日はかかります。自分の興味に合わせて効率よく見て回るのがお勧めです。


P2040543
こちらの入り口は図書館と事務室用です。


P2040544
建設された当時の城は中庭を囲んでほぼ正方形でしたが、北側の部分がパヴィア戦争によって大きく破壊されてしまい、その後も復元されなかったので、現在はコの字形となってます。


P2050683
1527年のフランス軍の砲撃によって大きく破壊され、その後、復元されずに残された城の北側部分です。


P2050684
城自体も見る価値があります。


P2040545


P2040546


P2040547
無造作に遺跡からの発掘物が置かれてます。


P2040548
絵画と彫刻を中心に展示作品の紹介を行っていきましょう。


P2040550
先ずSala Mostreです。


P2040554
ジャンピエトリーノ(ミラノで1515‐1540活動)の「この人を見よと聖母」


P2040557
アンブロージョ・べヴィラクヮア(ミラノ、1481‐1512記録)の「カルヴァリオへの途」


P2040560
マルコ・ドッジョーノ(オッジョーノ、1470c‐ミラノ、1524)の「聖家族」(1505c)


P2040565
フランチェスコ・ナポレターノ(ナポリ、1470c‐ヴェネツィア、1501)の「聖母子」(1500c)


P2040569
プセウド・フランチェスコ・ナポレターノ(ミラノで16世紀初めに活動)の「聖母子」
プセウドとは偽という意味です。フランチェスコ・ナポレターノと非常に画風が似ていて、二人の作品帰属に混乱が生じていましたが、その後、いろいろな事由によって、二人の作品の帰属が明確になった場合、プセウドをつけて区別するのです。プセウド・フランチェスコ・ナポレターノとは、フランチェスコ・ナポレターノに似た画風の無名画家と捉えても良いでしょうね。


P2040572
ジャコモ・ライボリーニ(1484c‐1557c)の「聖母子」


P2040575
イル・フランチャまたはジャコモ・フランチャと呼ばれることがあります。


P2040579
フランチェスコ・フランチャ派無名画家の「砂漠の聖ジローラモ」


P2040584
フランチェスコ・フランチャ派無名画家の「聖母子と聖セバスティアーノ」


P2040589
ジュリオ・カンピ(1507‐1573)の「荊刑のキリスト」


P2040592
ジョルジョ・ヴァザーリ工房の「十字架を担ぐキリスト」


P2040596
ジュゼッペ・ダネーディ通称イル・モンタルト(1618‐1688)の「善き天使と悪天使」


P2040601
ヴィットーレ・ゲスランディ通称フラ・ガルガーリオ(1655‐1743)の「若き芸術家」


P2040605
ヴィットーレ・ゲスランディ通称フラ・ガルガーリオの「若き画家」


P2040608
ベルナルド・ストロッツィ(1581c‐1644)の「キリストの逮捕」


P2040613
ジョヴァンニ・パオロ・パニーニの「エジプトへの逃避途中の休息」


P2040617
クレモナの無名画家の「ジョヴァンニ・バッティスタ・フルガの肖像」(16世紀末)


P2040621
ケルビーノ・コルニエンティ(1816‐1860)の「ヴィンチェンツォ・フルガの肖像」


P2040625
レオナルド・バッザーロ(1853‐1937)の「若い女性」


P2040630
ルイージ・コンコーニ(1852‐1917)の「若い女性」


P2040634
ダニエーレ・ランツォーニ(1843‐1899)の「画家アキッーレ・トッミネッティの肖像」


P2040638
ジョヴァンニ・セガンティーニ(1858‐1899)の「果物」


P2040642
トランクィッロ・クレモナ(1837‐1878)の「ピルジョルジョ・カルティの肖像」


P2040646
フェデリーコ・ファルッフィーニ(1833‐1869)の「自画像」


P2040650
ジョヴァンニ・カルノヴァーリ通称イル・ピッチョ(1804‐1873)の「サラマーチェとエルマクロディト」
この部屋の展示はこれで終わりです。


P2040654
(つづく)