P2400527
2階の絵画館です。階段にあった、この作品は詳細不明です。


P2400528
最初の展示室です。


P2400530
14世紀前半のウンブリアの無名彫刻家の「聖母子」(高さ98cm)


P2400532
Maestro del 1409 (ウンブリア南部で14世紀末から15世紀初めに活動)の「聖母の死と聖母戴冠」
この作品は表裏両面に描かれてます。


P2400534
裏面に描かれたMaestro del 1409 の「玉座の聖母子と二天使」


P2400537
Maestro della Dormitio di Terni (ウンブリア南部で14世紀末から15世紀初めに活動)の「天使のフレスコ断片」


P2400538
次の部屋です。展示されている作品は1点だけです。


P2400540
ピエラントニオ・メッザストリス(フォリーニョ、1430c‐1506)の「聖母子と聖フランチェスコと聖ジローラモと二天使」


P2400542


P2400544
次の部屋です。


P2400545
この部屋で、次の部屋で展示されているドメニコ・ギルランダイオとベノッツォ・ゴッツォーリの2つの傑作について事前学習をします。


P2400546


P2400566
次の部屋です。暗い部屋の中で、作品だけに照明が当たるようになってます。


P2400639
ドメニコ・ギルランダイオ(フィレンツェ、1449‐1494)の「聖母戴冠」
縦360cm、横290cmの大きな作品です。


P2400555
これだけの傑作でありながら、ギルランダイオの作品リストに掲載されていないことが多いと思います。その理由は、ナル二という比較的知られていない町にあるので、多くの美術関係者が訪問しないからと思います。
この作品の存在すら知らない人が多すぎます。


P2400550


P2400552


P2400557
端の聖人たち


P2400559


P2400561
聖痕を受ける聖フランチェスコ(裾絵)


P2400563
ピエタのキリスト


P2400565
砂漠の聖ジローラモ


P2400653
各場面の解説があります。


P2400654


P2400655


P2400571
ベノッツォ・ゴッツォーリ(フィレンツェ、1421‐ピストイア、1497)の「受胎告知」(1449‐1452)
ベアート・アンジェリコの影響が色濃く出ていると思います。ベノッツォは、ベアート・アンジェリコの弟子で、協力者でもあったので、その影響を受けるのは当然です。
(つづく)