イタリアの大きな美術館に行くと、展示作品が行く度毎に微妙に変わっています。展示室と展示作品の見直し中のフィレンツェのウフィツィ美術館やヴェネツィアのアカデミア美術館ほど大規模ではありませんが、ローマの国立古典絵画館もその例外ではありません。
国立古典絵画館については、2016年6月時点の展示作品について既にこのブログで触れましたが、1年後にどのように変わっていたかに焦点を合わせて、改めて取り上げる次第です。
P2400710
クアットロ・フォンターネ通りです。


P2400711
ローマに来れば、必ず訪れるバルベリーニ宮です。


P2400713
宮殿や絵画館の由来は何時も書いているので、ここでは省略します。


P2410547
何度も来るのは、見たい作品が数多くあるからです。
さながら美術館のような教会と言われるところでも、見たい作品がせいぜい10点あれば良い方です。美術館ならば、見たい作品が10点以下というところは殆どありません。
と言っても、例外はいくつもあって、教会に行かなければ見ることが出来ない傑作はその好例です。


P2400715
今年も入館しました。


P2400716
ガラティアがある部屋は、何も展示されていませんでした。
この部屋では、他館から貸し出された興味深い作品が展示されていることがあります。
写真左に行けば、第1室から第6室があります。


P2400717
写真右に行けば、第7室から第9室があります。


P2400718
ガラティアはコピー彫刻です。


P2400720
部屋のフレスコ装飾


P2400721
バルベリーニ家の紋章


P2400722
先ず順番通りに第1室から見はじめました。


P2400727
第1室です。


P2400723
部屋のフレスコ画はジャチント・カマッセイの作品です。


P2400726
作品が制作された年代順に並んでいるので、私としては非常に助かります。


P2400729
1050年から1075年頃にローマで活動した画家の「聖母とキリスト」


P2400732
13世紀中頃にルッカで活動した画家の「彩色磔刑像」


P2400736
シメオーネ・エ・マキローネ(スポレートで13世紀末に活動)の「彩色磔刑像」


P2400738
Maestro del Bigallo (フィレンツェ、1225‐1265活動)の「彩色磔刑像」
2016年よりも磔刑像の展示が1作品少なくなりました。


P2400741
第2室です。


P2400743
この部屋では14世紀の作品が展示されてます。


P2400742



P2400744
パオロ・ヴェネツィアーノの追随者(14世紀中頃に活動)の「聖アンドレア・アポストロと洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2400747
ヴェネト・ビザンチンの画家(14世紀前半に活動)の「聖チプリアーノ」


P2400751
ヴェネト・ビザンチンの画家(14世紀前半に活動)の「聖エラーズモ」


P2400753
ジョヴァンニ・バロンツィオ(リミニ、1343‐1345活動記録)の「キリストの受難の物語」
各場面を見ておきましょう。


P2400755
十字架降下


P2400757
嘆き


P2400758
聖霊降臨


P2400761
キリストの復活


P2400763
キリストの昇天


P2400765
辺獄の降下


P2400768
Maestro dell'Incoronazione di Urbino (14世紀前半に活動)の「洗礼者聖ジョヴァンニの誕生」


P2400771
シモーネ・デイ・クローチフィッシ(ボローニャ、1330c‐1399)の「聖母子と二聖人のトリッティコ」


P2400774
14世紀末から15世紀初めに活動したマルケの画家の「神の加護を願う司教聖人」


P2400777
バルトロ・ディ・フレディ(シエナ、1353‐1410活動)に帰属する「聖母子」


P2400781
Maestro di San Davino (14世紀末‐15世紀初めに活動)の「聖ピエトロ、福音書記者聖ジョヴァンニ、聖アンドレア、聖フィリッポ?、聖シモーネ?、聖トッマーゾ?」


P2400784
14世紀後半にウンブリアで活動した画家の「聖母子」


P2400788
Maestro del San Paolo Perkins (14世紀前半に活動)の「神の加護を願うキリスト」


P2400791
Maestro della Madonna di Palazzo Venezia (シエナで14世紀前半に活動)の「聖母子」


P2400794
ニッコロ・ディ・セーニャ・ディ・ブオナヴェントゥーラ(シエナ、1331‐1348活動記録)の「聖母子」


P2400797
セーニャ・ディ・ブオナヴェントゥーラ(シエナ、1298‐1331活動記録)の「聖母子」
(つづく)