P2300356
グロッサの塔から展示室に戻りました。


P2300387
次の部屋です。


P2300357
バルトロメオ・ネローニ通称イル・リッチョ(シエナ、1505c‐1571)の「聖母子と聖シジスモンドと聖ロッコ」(1540c)


P2300359


P2300361
15世紀前半のフィレンツェの木工工房の「カッソーネ」


P2300363
サン・ジミニャーノの彫刻家と画家による「磔刑」(1520‐30c)


P2300365


P2300368
今までの展示とは少し違ったものです。


P2300371
北イタリア(ミラノ?)の武具職人の「兵士用ヘルメット」(1390‐1400c)


P2300370
狩猟用ナイフ(16世紀末‐17世紀初頭)


P2300374
17世紀初め頃のサン・ジミニャーノの家具工房の「カッソーネ」


P2300379
マガーニャ(シエナで16世紀初め頃に活動)の「幼きキリストへの崇拝」(1510‐15c)
マガーニャは、ソドマやドメニコ・ベッカフーミのサークルに所属して活動していました。


P2300382
ピエトロ・トッリジャーノ(フィレンツェ、1472‐シヴィーリア、1528)の「聖グレゴリオ」(1496c)


P2300384
ピエトロ・トッリジャーノの「聖フィーナ」(1496c)


P2300388


P2300355
次の部屋です。


P2300390
ダンテの間です。


P2300391
1300年、ダンテはフィレンツェ大使としてサン・ジミニャーノに訪れ、訴訟を提起したのですが、その際、この部屋に赴いたことに「ダンテの間」が由来しています。


P2300392
部屋の壁はフレスコ画で埋め尽くされてます。


P2300393


P2300395
リッポ・メンミの「マエスタ」(1317)
どこかで見たような気がしませんか?
シエナのプッブリコ宮(市庁舎、シエナ市立美術館)に描かれたシモーネ・マルティーニの「マエスタ」(1312‐15)に非常に似ています。
リッポ・メンミは、シモーネ・マルティーニの義弟ですが、シモーネの追随者でした。シモーネの「マエスタ」の制作に協力したか、シモーネの「マエスタ」を見て、強い影響を受けて、この作品を制作したのでしょう。


P1390389
シエナ・プッブリコ宮のシモーネ・マルティーニの「マエスタ」(1312‐15)
ご参考までにシモーネの「マエスタ」の写真を載せておきましょう。


P2300397
リッポ・メンミの「マエスタ」に戻りましょう。


P2300398


P2300401


P2300404


P2300405


P2300408


P2300409


P2300410


P2300412


P2300414


P2300416


P2300417


P2300418
ダンテ像


P2300420


P2300421


P2300422


P2300424
「マエスタ」をもう一度見てから外に出ました。


P2300425
(おわり)