P2330485
大聖堂付属美術館から広場に出ましたが、暑くて歩く気がしません。


P2330486
避暑を兼ねて、そのまま美術館の梯子をすることに。


P2330488
噴水は涼し気に見えますが、そう見えるだけで、見たからと言って涼しくなるわけではありません。


P2330489


P2330490
プリオーリ宮に入りました。


P2330619
国立ウンブリア美術館に入館しました。


P2330959
イタリアで指折りの所蔵作品を誇る存在です。


P2330907
この日は鑑賞が主体です。鑑賞と展示作品の写真を撮ることは両立しないので、写真を撮るのを控えました。


P2340019
天気予報に拠れば、明日(この日の翌日)も40度超えの可能性が高いとのことなので、外出を成るべく控えて美術館でゆっくり過ごす予定にしました。その時に作品写真を撮れば良いとの作戦です。


P2340196
国立ウンブリア美術館については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P2340330
鑑賞だけでしたが、それでも閉館時間ぎりぎりに退出することになりました。


P2340332


P2340333
一旦ホテルに戻り、シャワーを浴びてリフレッシュしました。


P2340354
ホテルにレストランが併設されてますが、この日の翌日に食べることにして、他の店に出かけました。折角シャワーを浴びて汗が引いたので、再び歩いて汗ばむのは嫌ということでホテル近くの店にしました。


P2340336


P2340337
レストランの天井


P2340339


P2340347


P2340338
お通し


P2340341


P2340343


P2340348


P2340350


P2340351


P2340353
午後9時半くらいでも十分明るい。


P2340355
夏至頃のイタリアは睡眠不足になります。


P2350284
前日と変わらず翌日も暑かった!!


P2350287
40度超えの日に、テントの中とは言え、外の道路の席を選ぶのは何故?暑いですよ。熱中症になりたい?早く死にたい?
冷房が効いた屋内が私の好みです。見解の相違ですね。


P2350288
国立ウンブリア美術館で展示作品の写真を撮る日です。


P2350289
会期が終了した特別展の案内が出ていました。如何にもイタリアらしい!


P2350290
頑張るぞ!!!


P2350396
展示全作品の写真を撮るのは大変です。


P2350556
もう年なので、愚行はそろそろやめないといけません。


P2350852
しかし、止められません。
死後300年以上経っても、その生涯の概要が分かり、作品が残っているわけですから、それだけでも貴重です。


P2350845
知人に売れない画家がいるのですが、一人前にルネサンス期の画家や作品をけなすのですよ。
「お前なんか、死後10年も経てば忘れられるし、100年後にお前の作品が美術館で展示されているとは思わない。余計なことは言うな」と一喝したらシュンとしてました。
素人が批評するのは良いですが、プロが自分の腕前を棚に上げて歴史的な画家やその作品をけなすのはルール違反と思います。単に好みを言うのは是認できますが。


P2350940
2日目が終了しました。疲れました。


P2350942
(つづく)