P2320973
ペルージャのサン・ロレンツォ大聖堂に隣接して付属美術館があります。


P2320988
1923年にオープンしたCapitolare Museo della Cattedrale di San Lorenzoですが、1980年台に地下に初期教会や現在の大聖堂の建物の前身である建物などの遺跡が発見され、その発掘作業のために長期間閉鎖されていました。再オープンは2000年のことでした。


P2320989
大聖堂に関連するものが展示の中心ですが、ペルージャやその近郊にある教会や城などにあったものも展示されてます。


P2320990
一旦中庭に出ます。


P2320992


P2320993
キオストロ回廊を通って美術館に行きました。


P2320994
地下からの発掘物が回廊の壁や床に展示されてます。


P2320995
美術館の入り口です。


P2320997
切符売り場です。
入館者はそれほど多いとは言えません。私の入館中に5,6人見かけただけです。


P2330016
切符売り場が第1室です。
買い求めたガイドブックに拠れば、25の展示室があるそうですが、部屋の区切りが明確となっていない所があるので、16‐17室しか実感できませんでした。なお、今のところ、第5室と第6室は研究者用の部屋ということで一般公開されていません。


P2320998
二コラ・ディ・アントニオ・ディ・フランチェスコ(ペルージャで1489迄活動記録)の「磔刑像」(15世紀第4四半世紀)


P2330001
記帳するためのノートが置かれています。


P2330002
第2室です。


P2330003
ここでは大聖堂の宝物類が展示されてます。


P2330004


P2330005
金属製の聖具類は金や銀から出来てます。


P2330006
ドゥオーモの宝物類を見ると、その町の繁栄度が大体分かります。


P2330008
展示されている宝物は一級品ばかリなので、中世のペルージャは非常に繁栄していたと思います。


P2330009
18世紀に制作された磔刑と天使


P2330012


P2330014
意味不明の土器


P2330015
地下に設けられた展示室に向かいました。


P2330018
現在の大聖堂の建物に以前にあった建物(改築以前)の彫刻断片などが展示されてます。


P2330019


P2330023
説明板があまり整備されていない展示物が多いので、詳細不明です。


P2330022


P2330024


P2330027
1,980年台に発見された地下部分


P2330028
この上はドゥオーモの内陣です。


P2330029


P2330030
展示室間が明確に区分されていなかったので気付かなかったが、いつの間にか第9室になっていました。


P2330032
6世紀から16世紀の彫刻断片が展示されてます。


P2330033


P2330034


P2330037
地下教会ではなく地上にあった建物ですが、経年による土砂堆積によって地上が高くなり、その結果として地下になってしまった部分です。


P2330041
第11室です。


P2330042


P2330043


P2330044


P2330064
この美術館の重要作品です。


P2330047
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418‐ペルージャ、1481c)の「ピエタの祭壇」(1473-74)
ペルージャのサン・ロレンツォ大聖堂にありました。


P2330048
ピエタのキリスト


P2330049
聖母


P2330050
福音書記者聖ジョヴァンニ


P2330052


P2330053
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの「祈るキリスト」(1473‐74)
これもピエタの祭壇の一部です。


P2330056
パオリーノ・ダ・アスコリ(ペルージャ、1448‐1456記録)のCastello di Pieve dei Vescovoのドア
ドアは傾いた状態で展示されてます。


P2330060


P2330061


P2330065
次の部屋です。


P2330069
第12室です。


P2330067
ライオン像断片(13‐14世紀)


P2330071
イヴの創造(12世紀)


P2330074


P2330075


P2330078
(つづく)