イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

2021年03月

107
Cappella dell' Ultima Cenaの祭壇画は、シモン・ヴーエ(パリ、1590-1649)の「最後の晩餐」


110
Cappella dei Nome di Gesuのガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756-1830)の作品


114
Cappella di San Michele Arcangeloのグイド・レーニ(ボローニャ、1575-1642)の「大天使聖ミケーレ」
これは恐らくコピー画でしょう。


117
Cappella di San Francesco d' Assisiのドメニコ・ザンピエーリ通称イル・ドメニキーノ(ボローニャ、1581-ナポリ、1641)の「聖フランチェスコ」
これもコピー画でしょう。


119
Cappella dei Santi Ignazio da Loyola e Filippo Neriのクリストフォロ・ウンテルベルガー(カヴァレーゼ、1732-ローマ、1798)の「聖イグナツィオ・ディ・ロヨラと聖フィリッポ・ネリ」


318
フランチェスコ・ダ・ヴォルテッラ(ヴォルテッラ、1535-ローマ、1595)の「ニコロ・カエターニの墓」


319
アウレリオ・ロンバルド(ヴェネツィア、1501-1563)の「永遠の父と祈る二天使」(1542)


320
アントニオ・エルコーレ・ラッジ(スイス、1624-ローマ、1686)の「ボナッコルシ枢機卿のモニュメント」


142
クーポラ


141
暗くてよく見えません。


143
チェーザレ・マッカーリ(シエナ、1840-1919)によって1895年から1907年に制作されたクーポラのフレスコ画です。
ここには、クリストフォロ・ロンカッリ通称イル・ポマランチョ(ポマランチェ、1552-ローマ、1626)が1611年から1612年に制作したフレスコ画がありましたが、劣化してしまったので、チェーザレ・マッカーリのフレスコ画に置き換えられたのです。


145
詳細不知


146
クリストフォロ・ロンカッリ通称イル・ポマランチョ(ポマランチェ、1552-ローマ、1626)の作品です。


147
クリストフォロ・ロンカッリ通称イル・ポマランチョ(ポマランチェ、1552-ローマ、1626)の作品です。


148
詳細不知(後陣にあります)


150
Sala del Tesoroです。


315
天井や壁上部が派手に装飾されてます。


152
Sala del Tesoroは、第231代教皇クレメンテ8世(ファーノ、1536-ローマ、1605 在位:1592-1609)の指示によって装飾されました。


153
起用された画家は、クリストフォロ・ロンカッリ通称イル・ポマランチョ(ポマランチェ、1552-ローマ、1626)です。1605年から1609年に制作されました。


154


156


317


316
クリストフォロ・ロンカッリ通称イル・ポマランチョ(ポマランチェ、1552-ローマ、1626)の「磔刑」


157
聖堂から外に出ます。


158
次は、ロレンツォ・ロットの最晩年の作品で有名なMuseo Antico Tesoraですが、開館まで時間があるので、適当に町をうろつきます。


038
真冬の寒い日だったので、時間潰しに困りました。


034


159
巡礼地だけあって、余計なものがありません。


163


164


165


166


167
バールを探します。


171
開いている店がありません。


172


173
Corso Boccaliniを市庁舎方向に向かいます。


174
巡礼者は来ないと思っているみたいです。


175
仕方がないので、戻ることにしました。


176
開館時間は間もなくです。


177
(つづく)

047
サンティ・アゴスティーノ・エ・ドメニコ礼拝堂です。
ドメニコ・デ・アンジェリ(ポンツァーノ・ロマーノ、、1735-ローマ、1804)の「聖アゴスティーノと聖ドメニコ」


049
サン・フランチェスコ・ディ・パオラ礼拝堂です。
アントニオ・カヴァッレッチ(セルネータ、1752-ローマ、1795)の「パオラの聖フランチェスコ」


055
アントン・フォン・マロン(1733-1808)の「聖エミーディオと聖カルロ・ボッロメオ」(18世紀末)


057
Cappella dell' Immacolataです。
カルロ・マラッタ(カメラーノ、1625-ローマ、1713)の「聖母子」


061
カルロ・マラッタ(カメラーノ、1625-ローマ、1713)の「聖母の結婚」


070
サン・マルコの聖具室です。


310
メロッツォ・ダ・フォルリの傑作があることで有名です。


309
メロッツォ・ディ・ジュリアーノ・デリ・アンブローズィ通称メロッツォ・ダ・フォルリ(フォルリ、1438-1494)の「キリストのエルサレム入城」
この場面にメロッツォ・ダ・フォルリの自画像が描き込まれてます。


313
右端の男がメロッツォ・ダ・フォルリの自画像です。


311
サン・マルコの聖具室の天井です。


312
八角形の天井にフレスコ画が描かれてます。上が天使、その下が預言者です。


064
1476年から1506年まで、ロレートの管轄権を有していたのがジローラモ・バッソ・デッラ・ローヴェレ枢機卿(アルビッソーラ・マリーナ、1434-ファブリカ・ディ・ローマ、1507)でした。枢機卿がメロッツォ・ダ・フォルリに注文して、1484年から1493年にかけて制作されたフレスコ画です。


065
メロッツォ・ダ・フォルリの弟子マルコ・パルメッツァーノ(フォルリ、1459-1539)も制作に参加した可能性が高いとされてます。


066


067


072
スイスの礼拝堂です。


078


077
カルロ・マラッタ(カメラーノ、1625-ローマ、1713)の「無原罪の御宿リ」


073
スイスの礼拝堂のフレスコ画は、カルロ・ドナーティ(ヴェローナ、1874-1949)の「聖アンナと聖ジョアッキーノの物語」(1935-38)


074


075


076


314
ウルビーノ公の礼拝堂です。


080
ウルビーノ公礼拝堂の祭壇画は、フェデリーコ・バロッチ(ウルビーノ、1535-1612)の「受胎告知」のコピー画です。


081
フェデリーコ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1542/1543-アンコーナ、1609)の「聖母の結婚」(ウルビーノ公礼拝堂のフレスコ画)


082
フェデリーコ・ズッカリのフレスコ画


083
フェデリーコ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1542/1543-アンコーナ、1609)の「ご訪問」


086
Cappella Polacca


085
アウトゥーロ・ガッティ(ロレート、1878-1958)ポーランド礼拝堂のフレスコ画(1920)です。


088
Cappella Tedescaです。


087
ルドヴィーコ・セイツ(ローマ、1844-アルバーノ、1908)によって1892年から1908年に制作されたドイツ礼拝堂のフレスコ画です。


091
ドイツ礼拝堂のフレスコ画


094
Cappella Slava


095
Cappella Slavaのフレスコ画は、ビアージョ・ビアゲッティ(ポルト・レカナーティ、1897-マチェラータ、1948)によって1912から1913年に制作されました。


096
Cappella Slavaのフレスコ画のテーマは、聖クリッロと聖メトーディオの生涯です。


097
Cappella Francese


098
Cappella Franceseのフレスコ画


099
Cappella Franceseのフレスコ画


100


101
Cappella del Crocifissoです。
インノチェンツォ・ダ・ペトラリア(ペトラリア・スプラーナ、1592-パレルモ、1648)の「磔刑像」


105
Cappella del Crocifissoのフレスコ画


104
(つづく)

033
次は、聖なる家の聖堂 Basilica della Santa Casaです。


296
聖堂の全景は鉄道駅から眺めるのが最適です。(外部サイトから拝借した写真)


163
この聖堂の建設、聖なる家の移設の経緯については、中世後期の宗教的伝説に拠るものです。従って、その経緯と宗教的権威確立には、この聖堂に関与した教皇たちの多分にリーズナブルではない努力があったと思います。


162
ナザレにあった聖なる家とは、聖母が生まれ育ち、受胎告知を受け、聖霊を受けてキリストを懐妊した家で、1世紀初頭には聖家族(聖母、聖ジュゼッペ、キリスト)が住んでいました。
キロストの昇天後、聖なる家は教会に改築され、初代教皇聖ピエトロが奉献式を行ったとされてます。


180
336年、フラーヴィア・ジュリア・エレーナ(ヘレナ皇后、コンスタンティヌス1世の母)(248c-329)はナザレへの巡礼を行い、聖なる家を収容する聖堂建設を指示し、聖堂が建設されたとされてます。しかし、ヘレナ皇后がナザレを巡礼した336年には、ヘレナ皇后はこの世の人ではなかったので、ナザレ巡礼は後世の宗教的捏造説が有力で、歴史的事実ではないとされてます。
13世紀後半、イスラム教徒軍の侵攻によってナザレが脅かされるようになり、聖なる家の破壊が現実のものとなりつつありました。
1291年、聖なる家は天使たちによって空を飛んで運ばれ、最初はテルサットの丘(クロアチア)に置かれましたが、1294年、再び天使たちによってレカナーティ近くの森に置かれました。1295年、現在地のロレートに運ばれました。
その後、聖なる家は持ち上げられ、保管庫で覆われ、やがて教会が建設されました。


168
パレスチナ聖地がイスラム教徒に奪われそうな窮地にあった13世紀後半、聖なる家を囲む壁が幾つかに分解された所謂「聖なる石の壁」がロレートに運ばれ、「聖なる石の壁」を組み込んで聖なる家が出来たというのが事実のようです。
1468年、レカナーティ司教ニコロ・ダルステ Nicolo dall' Steは聖なる家を保護し、増え続ける巡礼者に対応するため、大きな聖堂の建設を決め、1468年に聖堂建設工事が着工しました。
ニコロ・ダルステ司教は、建設工事着工直後に没してしまいましたが、建設工事は211代教皇パオロ2世(ヴェネツィア、1417-ローマ、1471 在位:1464-1471)に引き継がれました。パオロ2世は、枢機卿だった1464年、ロレートを訪れ、ロレートの聖母によって奇跡的に癒されたことから、聖堂建設を強力に推進したと言われてます。
聖堂の設計建設に於いては、当時の一流建築家のジュリアーノ・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1432c-ナポリ、1490)、ジュリアーノ・ダ・サンガッロ(フィレンツェ、1445c-1516)、ドナート・ブラマンテ(フェルミニャーノ、1444-ローマ、1514)が起用されました。
1468年から1587年に建設された後期ゴシック様式とルネサンス様式混合の聖なる家の聖堂です。


169
高さ75.6mの鐘楼


297
クーポラ
ジュリアーノ・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1432c-ナポリ、1490)とジュリアーノ・ダ・サンガッロ(フィレンツェ、1445c-1516)によって1499年から1500年に建設されました。


295
クーポラと鐘楼


040
ファサード前に立つのは、教皇シスト5世像です。


041
聖堂内に入りました。中央通路の先に大理石の聖なる家があります。


043
三廊式です。


044
縦93m、横60mの内部です。


045
天井の装飾


298


122
見所が多いので、目移りしてしまいます。


121
巡礼先となっている聖なる家から見るのが普通でしょう。


042
中央通路を進みます。


299
ドナート・ブラマンテ(フェルミニャーノ、1444-ローマ、1514)設計の大理石彫刻で覆われた聖なる家です。


144
大理石彫刻には、当時の名の知られた彫刻家が制作に参加しました。


123
大理石彫刻に従事した彫刻家として、アンドレア・サンソヴィーノ(モンテ・サン・サヴィーノ、1467c-1529)、アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネ(フィレンツェ、1484-テルニ、1546)、ジローラモ・ロンバルド(フェッラーラ、1506-レカナーティ、1590)、グリエルモ・デッラ・ポルタ(ポリエッツァ、1515c-ローマ、1577)、バルトロメオ・バンディネッリ(バッチョ・バンディネッリ)(フィレンツェ、1493-1560)、ドメニコ・アイーモ(ヴァリニャーナ、1460-ボローニャ、1539)、ラッファエッロ・ダ・モンテルーポ(モンテルーポ・フィオレンティーノ、1504-オルヴィエート、1566)などがいました。


127


084
聖なる家の中に入ります。


124
聖なる家の中です。


125
側壁のフレスコ画(ブレブレ写真でスイマセン)


300
聖なる家のロレートの聖母です。
長年、レバノン杉で作られた聖母子像は、ランプで照らされ、その煙で燻されて黒くなってます。オリジナルのロレートの聖母は、1921年の火災によって消失してしまいました。現在のものはその後に制作されたものです。
外に出て、大理石彫刻をじっくり見ました。


301
ジローラモ・ロンバルド(フェッラーラ、1506-レカナーティ、1590)の「ダヴィデ」


302
アンドレア・サンソヴィーノ(モンテ・サン・サヴィーノ、1467c-1529)の「羊飼いの礼拝」


304
ドメニコ・アイーモ(ヴァリニャーナ、1460-ボローニャ、1529)の「聖母の死」


303
ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ(ヴィコエケネセ、1535-ナポリ、1615)の「イザイア」


305
ラッファエッロ・ダ・モンテルーポ(モンテルーポ・フィオレンティーノ、1504-オルヴィエート、1566)の「ご訪問」


126
「聖なる家」の上にクーポラが見えます。
次は、大好きなルカ・シニョレッリのフレスコ画を見ます。


128
再び見ることが出来て幸せです。


129
Sagrestia di San Giovanniです。


306
ジローラモ・バッソ・デッラ・ローヴェレ枢機卿(アルビッソーラ・マリーナ、1434-ファブリカ・ディ・ローマ、1507)がロレートにいた1477年に、ルカ・シニョレッリ(コルトーナ、1450c-1523)に注文して制作されたフレスコ画です。


131
ルカ・シニョレッリ(コルトーナ、1450c-1523)によって、1477年から1480年に制作されたフレスコ画です。


133
シニョレッリの代表作の一つです。


134
入口にロープが張られて、中に入ることが出来ません。


135
どうしても同じ場面の写真ばかりになってしまいます。


136


308
天井


307


138


140
(つづく)

004
ロレートは、人口12,913人(2019年12月31日現在)のマルケ州アンコーナ県にあるコムーネです。町はその中心に建つ聖なる家の聖堂に向けて、世界中からカトリック教徒が押し寄せる巡礼地です。


003
隣町のレカナーティからバスでロレートのレオパルド広場に着きました。


294
レオパルド広場から城壁内に入ります。


005
16世紀に建設されたPorta Romanaです。


006
ロレートは、堅固な城壁に囲まれてます。


007
ローマ門を潜ります。


008
ガリバルディ広場に出ました。


010
ガリバルディ広場から見たローマ門です。


009
時計がある建物は市庁舎で16世紀末に建設されました。


011
城壁の中からの景観です。


012
ロレート鉄道駅が見えます。


013
ロレート最初の城壁は、1315年に建設されました。
1518年6月5日、スルタン・セリム1世(1470-1520)のオスマン帝国軍がポルト・レカナーティを攻撃しました。時の第217代教皇レオ10世・デ・メディチは、オスマン帝国軍の脅威に対して、ロレートの城壁の増強整備の必要性を痛感して、アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネ(フィレンツェ、1484-テルニ、1546)を派遣して、城壁の増強整備に当たらせました。アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネの設計によって、1518年から1522年に増強整備された城壁が現在の姿の原形となってます。


015
町の中心を貫くCorso Boccaliniです。


016
世界中からカトリック教徒が訪れる巡礼地なので、町の規模にしては宿泊設備が多いと思います。


017
15世紀に建設された市庁舎の建物です。


020
マリーノ・ディ・マルコ・チェドリーニ(ヴェネツィア、15世紀活動)とジュリアーノ・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1432c-ナポリ、1490)の設計によって建設されました。


286
市庁舎の壁のロレートの紋章


019
航空歴史博物館が併設されてます。


018
この博物館には入館したことがありません。


021
2月の寒い日だったので、人出が非常に少なかった。


022
通りの先に聖なる家の聖堂が見えてきました。


023
マドンナ広場です。聖堂の拝観を後回しにして、ジョヴァンニ23世広場に行きます。


025
ジョヴァンニ23世広場です。


027
広場にある第261代教皇ジョヴァンニ23世(ソット・イル・モンテ、1881-ローマ、1963 在位:1958-1963)のモニュメント
1962年、ジョヴァンニ23世は、アッシジのサン・フランチェスコ聖堂とロレートの聖なる家の聖堂を訪れて、当時、難しかった教皇庁の将来を2つの巡礼地に託したと言われてます。


026
場違いな感じがするローマ時代の兵士像が広場の端にありました。


024
大司教館となっているアポーストリコ宮です。


028
アポーストリ宮のアーチを潜ってマドンナ広場に出ます。


029
アポーストリ宮のアーチ


030
アポーストリ宮の柱廊


031


177
再びマドンナ広場に出ました。


032
一階(日本の二階)にも柱廊が設けられてます。


035
マドンナ広場にある、バロック様式のFontana Maggioreです。


037
カルロ・マデルノ(カポラーゴ、1556-ローマ、1629)とカルロの叔父ジョヴァンニ・フォンターナ(メリデ、1540-ローマ、1614)によって1604年から1614年に造られたFontana Maggioreです。


161
傑作とされている噴水ですが、気温2℃だったので寒々しい感じがしました。


170


036
アポーストリ宮は、第216代教皇ジュリオ2世(アルビゾラ、1443-ローマ、1513 在位1503-1513)がドナート・ブラマンテ(フェルミニャーノ、1444-ローマ、1514)に命じて建設させました。
ブラマンテがロレートに滞在したのは、1507年から1509年で、アポーストリ宮だけではなく、聖堂のファサード建設にも関与しました。


039
ブラマンテの手によって完成したのは、アポーストリ宮の一部にすぎませんでしたが、ブラマンテの設計による建設は、アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネ(フィレンツェ、1484-テルニ、1546)に引き継がれました。


164
アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネは、1518年から1522年にかけてアポーストリ宮の建設に従事しましたが、それでも工事は終わらずジョヴァンニ・ボッカリーニ(カルピ、1520c-ロレート、1580)に引き継がれました。


159
アポーストリ宮の完成は20世紀になってからと言われてます。
(つづく)

P1050788
やがてチェスの対局が始まりました。


P1050737
晴れていたのは嬉しいのですが、気温上昇と高湿気には困りました。


P1050739
日陰のベンチで一休み。


P1050742
グロッセートに来た最大の目的は、マレンマ博物館の入館です。


P1050744
博物館の開館時間まで、ぶらぶら歩きで時間潰しです。


P1050745
狭い城壁内なので、同じ場所に何度も来てしまいます。


P1050746
日陰を選んで歩きました。


P1050749
マレンマ地方観光の醍醐味は、ソヴァーナ、ソラーノ、ピティリアーノです。


P1050750
ピティリアーノへは、グロッセートからバスがあるので、簡単に行けます。


P1050751
ソヴァーナへは、鉄道駅からの直通バスはなくなって、ピティリアーノ発のバスで行くことになったので不便になりました。


P1050753
サンタ・キアーラ教会は、相変わらず扉が閉まっていました。


P1050755
サン・フランチェスコ教会は開いてました。


P1050756
ジュゼッペ・カスッチ(ロッカストラーダ、1877-アルゼンチン、1964)の「聖母子と聖フランチェスコと聖フォルトゥナート」(1927)をじっくり見ました。


P1050757
もう一度拝観しました。


P1050457
マレンマ博物館にやってきました。神学校だった建物です。


P1050458
博物館前の彫像は、「アンドレア・ダ・グロッセート(グロッセート、13世紀前半‐?、?)像」です。
アンドレア・ダ・グロッセートは、散文作家でグロッセートのサン・フランチェスコ教会の修道士でした。当時の作家はラテン語で書くのが普通でしたが、アンドレア・ダ・グロッセートはイタリア語の最初の作家という説があります。


P1050459
マレンマ博物館と簡単に表記しましたが、Museo Archelogico e D' Arte della Maremmaが正式名称です。


P1050455
開館時間がこのように表記されてますが、この日は16:00~19:00のみの開館でした。


P1050797
入館しました。


P1050800
マレンマ博物館については、既に書きました。
ご興味のある方は、次のページをご参照願います。
(前編)
http://luca-signorelli.blog.jp/archives/17823152.html
(後編)
http://luca-signorelli.blog.jp/archives/17826171.html


P1050816


P1050825


P1050830
アレッサンドロ・カソラーニ(メンサノ、1552‐シエナ、1660)の「磔刑」(1583)


P1050844
Maestro dell' Osservanzaの「聖ジローラモ」(左)(1450‐60c)とサーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1406‐1481)の「聖アントニオ・アバーテ」(右)(1450‐60c)


P1050846
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖エリザベッタ」(1601)


P1050869
グイド・ディ・グラツィアーノ通称グイド・ダ・シエナ(シエナ、1230c‐1290c)と工房の「最後の審判」(13世紀)


P1050903
ルドヴィーコ・カルディ通称イル・チゴリ(チゴリ、1559‐ローマ、1613)の「ピエタ」(1599c)


P1050874
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「聖母子」(1370)


P1050885
ジョヴァンニ・ディ・二コラ(シエナとピサ、1326から記録-1363/1365没)の「聖母子」


P1050894
アンドレア・ディ・ニッコロ(シエナ、1440-1514)の「ピエタのキリスト」(15世紀末)


P1050762
外に出ました。


P1050763
次はMuseo di Storia Naturale della Maremmaです。


P1050764
この日は、残念ながら開いていませんでした。


P1050765
特にやることがありません。


P1050766
見たいところは大体見たようです。


P1050767
これならば、昼食でワインを1本空け、ビールを飲んで時間をかけて楽しむべきでした。


P1050768
サン・フランチェスコ教会の鐘楼が見えてます。


P1050769
Piazza Pacciardi
写真左はミゼリコルディア教会です。


P1050772


P1050774
グロッセートのニャーゴ


P1050775
城壁にやってきました。


P1050777
城壁外に出ます。


P1050778
Porta Vecchia


P1050779


P1050780


P1050781
ホテルに戻ることにしました。


P1050990
夕方になると、人出が多くなります。


P1050991
サン・ピエトロ教会が開いていました。


P1050992
拝観しました。


P1050793
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。
(グロッセートの項、おわり)

P1050678
ホテルに戻って昼寝を小一時間すると。外は晴れていました。


P1050682
今度は傘を持たずに外出です。


P1050683
先ず城壁外を見て回ります。


P1050684
城壁内は狭いので、街の住民の大多数が城壁外に住んでます。


P1050685
パーチェ通りに沿って大きな教会があります。


P1050686
サクロ・クオーレ参事会聖堂 Basilica Minore e Collegiata del Sacro Cuore di Gesuです。


P1050698
1954年から1958年に建設されたネオ・ルネサンス様式の新しい教会です。


P1050689
この聖堂の建設には、グロッセート市民の悲惨な出来事がありました。


P1050688
城壁外の聖堂が建設された場所には小さな遊園地がありましたが、イースター・マンデイの1943年4月26日、大勢の子供たちが遊園地で遊んでいました。空襲警報が出ていなかったので、安心して遊んでいたそうです。ところが、米軍爆撃機一機が何故か遊園地で遊んでいた子供たちを急襲、爆撃によって大勢の子供たちを含む134人が犠牲となりました。
犠牲者の鎮魂のため、建設されたのが、この聖堂です。
犠牲の現場となったところが、この聖堂のクリプタとなってます。


P1050696
遊園地で遊んでいた子供を急襲するなんて普通の神経を持った兵士ならば、多分やらないと思いますが、原爆を投下するくらいですから、米兵にとっては朝飯前の普通の任務だったのでしょう。


P1050690
コンクリートのファサード
建設の経緯を知る第260代教皇ピオ12世(ローマ、1876-カステル・ガンドルフィ、1958 在位:1939-1958)は、直ぐにBasilica Minoreに格付けしました。


P1050693
ファサードの彫刻


P1050694
鐘楼


P1050695
左側壁


P1050691
ファサード前に小さな公園があります。


P1050692
小さな公園前から見たファサード


P1050697
イタリアが親米なのか分かりませんが、原爆を落とされた我が国が米国と同盟とは。


P1050699
咲き誇るブーゲンビリア


P1050700
城壁外の、城壁近くにもう一つ新しい教会があります。


P1050701
この辺は旧市街の北西、城壁外に当たります。


P1050702
Porta Nuovaの近くです。


P1050703
教会の鐘楼が見えてきました。


P1050704
この教会のファサードはローマ通りに面してます。ファサード側に回ります。


P1050705
Chiesa della Medaglia Miracolosa、奇跡のメダル教会とでも訳すのでしょうか?


P1050706
居住者が多くなった城壁外の住民のために、1936年から1937年に建設されたネオ・ロマネスク様式の教会です。


P1050707
入口扉上ルネッタの浮彫は、地元が生んだ彫刻家トロ―メオ・ファケンディ(グロッセート、1905-1970)の「聖母とベアータ・カテリーナ」(1937)です。


P1050708
美術的には、ファサードの浮彫を観れば十分と言えるでしょう。


P1050709
壮大な郵便局の建物


P1050710
昼寝ボケで眠かったので、ここで一服入れました。


P1050711
Villino Pastorelli


P1050712


P1050713
未だ城壁外です。


P1050714
この辺だけ城壁がありません。


P1050715
城壁内に入りました。


P1050716


P1050717


P1050718


P1050719


P1050719


P1050720


P1050732
ダンテ広場です。


P1050726


P1050729
ダンテ広場でチェスが行われるようです。


P1050735


P1050733
(つづく)

P1050576
次はサン・ミケーレ門です。


P1050578
パオルッチ通りを進みます。サン・ミケーレ門は旧市街の南西にあります。


P1050579
ドゥオーモの鐘楼が見えました。


P1050580
小雨が相変わらず降り続いてます。


P1050581
昼を過ぎて、閉まっている店が多くなっています。


P1050583
小さなジョヴァンニ・ヴァレーリ広場を通り過ぎます。


P1050584
マッツィーニ通りからサン・ミケーレ広場に入ります。


P1050585
サン・ミケーレ広場にある「木のオブジェ」です。遠くから見ると木ですが、よーく見ると金属製の木です。金属製の木ではなく、普通の木でも良いと思いました。


P1050586
1819年に建設されたTeatro degli Industriです。


P1050587
サン・ミケーレ門はもう直ぐです。


P1050588
サン・ミケーレ門が見えてきました。


P1050590
城壁の南西に設けられたサン・ミケーレ門です。


P1050591
城壁外に出ました。


P1050596


P1050597
城壁外には見所が乏しいので、城壁内に戻ります。


P1050595
Bastione Molino a Vento


P1050594
公園内の池にイノシシの噴水があります。


P1050592


P1050593


P1050646
ダンテ広場に戻りました。


P1050647
古い建物ですが映画館になってます。


P1050648
ドゥオーモ


P1050649
雨が強くなってきたので柱廊に逃げ込みました。


P1050651
昼食のビールが効いてきました。


P1050652
ここで一服して、トイレをお借りしました。


P1050653
Porta Vecchiaに向かいます。


P1050654
Via San Martino


P1050655
14世紀に遡るPorta Vecchiaです。


P1050658
城壁外に出ました。16世紀後半にメディチ家に拠って城壁の増強整備が行われましたが、その際、14世紀のPorta Vecchiaがそのまま新城壁に組み込まれました。


P1050659


P1050657
城壁外に広い駐車場があります。


P1050656
城壁内に戻りました。


P1050662
Via San Martino


P1050663
城壁が殆ど残されているのが確認出来ました。


P1050664


P1050665
Via dell Unione


P1050666
ドゥオーモ広場に出ます。


P1050667
狭い城壁内なので、どうしても同じ場所に何回も来てしまいます。


P1050670
ダンテ広場に立つローマ時代の柱 Colonna Romana e Monumennto a Canaponeです。


P1050671
雨の中をあちこち行くのが嫌になってきました。


P1050672
Corso Giosue Carducci


P1050673
ホテルに戻って昼寝をすることにしました。

P1050674
サン・ピエトロ教会を通り過ぎます。


P1050676
(つづく)

P1050566
Strada Ginoriです。


P1050567
古い建物が建ち並んでます。次はサン・フランチェスコ教会修道院ですが、Strada Ginoriの突き当りに教会があります。


P1050569
Piazza Indipendennzaに出ました。


P1050570
サン・フランチェスコ教会修道院の鐘楼です。


P1050571
グロッセート病院の井戸が広場にあります。


P1050758
1465年に造られたPozzo di Santa Maria della Scala di Sienaです。


P1050572
共和国広場は、以前、サン・フランチェスコ広場と呼ばれていました。


P1050573
サン・フランチェスコ教会を見ます。


P1050414
10世紀に建設されたサン・フォルトゥナート教会が前身です。


P1050446
1188年、時の教皇クレメンテ3世(第174代教皇)(ローマ、1121-1191 在位:1187-1191)は、サン・フォルトゥナート教会をグロッセート司教に寄贈しました。


P1050415
12世紀末に教会はベネデット会の所有となりましたが、1220年、ベネデット会修道士は教会を去ることになり、フランチェスコ会に建物を売却しました。売却を機に、教会名称がサン・フランチェスコ教会と改称されました。


P1050416
新たに所有者となったフランチェスコ会修道士は、教会修道院を再建することにし、1231年から1289年に再建された建物が現在の姿の原形となってます。


P1050574
1859年から1865年にかけてサン・ロレンツォ大聖堂の修復工事が行われましたが、その工事期間中、司教座がサン・フランチェスコ教会に臨時に置かれました。
1949年から教区教会 Parrocchiaになりました。


P1050575
ファサード横にある聖フランチェスコの記念碑


P1050759
13世紀に建設された、オリジナルの鐘楼は、17世紀頃、落雷によって倒壊してしまいました。現在の鐘楼は、1926年に再建されたものです。


P1050448
教会の入り口です。


P1050447
入口上ルネッタのフレスコ画は、ジュゼッペ・カスッチ(ロッカストラーダ、1877-アルゼンチン、1964)の「聖母子と聖フランチェスコと聖フォルトゥナート」(1927)です。


P1050417
中に入りました。


P1050443
見るに値する作品が幾つかあります。


P1050444
単廊式


P1050445
木組みの天井


P1050418
ピントゥリッキオ派のシエナの逸名画家の作品(1510c)です。


P1050419
14世紀のシエナ派逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」(14世紀)


P1050421
逸名画家作「聖クリストフォロ」(14世紀)


P1050420
後陣と主祭壇


P1050422
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(シエナ、1255c-1318/1319)の「彩色磔刑像」(1289c)
この磔刑像は歴史的にドゥッチョの作品と言われてきました。


P1050423
しかし、近年になってグイド・ディ・グラツィアーノ(シエナ、1278-1302記録)の作品であるとの別説が出されています。


P1050425
15世紀の逸名画家作「聖フランチェスコと聖ベルナルディーノ」


P1050426
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、?-1348c)の領域(Ambito di)の「聖母子」


P1050440
フランチェスコ・クゥッラディ(フィレンツェ、1570-1661)の「受胎告知」(1615)


P1050427
翼廊の礼拝堂


P1050428
かなり新しそうなフレスコ画です。


P1050429
フレスコ画の制作者や制作された時代等の詳細が分かりません。


P1050430
キオストロ回廊に出ました。


P1050432
修道院と教会を連絡する回廊の壁にフレスコ画があることが多いですが、ここにはないようです。


P1050433
1590年に造られたPozzo della Bufaraです。


P1050434
回廊にある作品を観ます。


P1050435
彩釉テラコッタの聖母子


P1050436
大天使聖ミケーレ


P1050437
キリストの鞭打ち


P1050431
教会経由で外に出ます。


P1050438
もう一度ドゥッチョの彩色磔刑像を見ました。


P1050439
主祭壇前から見た出入口方向


P1050755
外に出ました。
(つづく)

P1050522
Via D' Azeglioです。


P1050523
雨がしつこく降ってます。


P1050524
メンシーニ広場を通り過ぎます。


P1050525
次はミゼリコルディア教会です。


P1050526
Piazza Martiri d' Istriaに入りました。


P1050532
広場に建っているのがミゼリコルディア教会です。


P1050527
12世紀中頃に、現在地に建設された病院別館がありましたが、その別館に設けられたサン・ロレンツォ礼拝堂が前身です。
程なく、病院別館と小礼拝堂はテンプル騎士団に寄贈され、13世紀に同騎士団によってサン・ロレンツォ教会が建設されました。


P1050528
1312年、テンプル騎士団はサン・ロレンツォ教会を放棄しました。教会は衰退しましたが、ミゼリコルディ同信会によって細々と維持されました。1844年、経時劣化によって建物が危険になったので解体され、1854年に再建された建物が現在の姿となってます。


P1050529
ガリバルディ通りを城壁に向かって進みます。


P1050533
城壁前にいかめしい建物が建ってます。


P1050535
Casa Circondariale


P1050538
刑務所です。


P1050537
何か監視されている気がしましたが、刑務所なので当然です。観光客には不向きな刑務所ですが、城に行くには、この前を通るのが普通です。


P1050536
刑務所の警備員の屯所でしょうか?


P1050534
刑務所は城壁内に建ってます。


P1050539
Cassero Seneseに向かいます。


P1050540
Cassero Seneseです。14世紀にシエナ共和国によって建設された城です。


P1050541
1565年、トスカーナ大公コジモ1世・デ・メディチ(フィレンツェ、1519-1574)に拠って城壁の整備拡張が行われましたが、その際、城は城壁に囲まれた要塞の要塞として新城壁に組み込まれました。
Bastione Fortezzaと呼ばれてます。


P1050547
Cassero Seneseの入り口です。


P1050548
入口扉上のメディチ家の紋章


P1050546
Cassero Seneseに観光案内所が設けられてます。観光案内所で地図を頂戴するとともにMuseo、教会の開く時間を確認しました。


P1050543
城の中に入りました。


P1050542
城の中庭はコンサート会場になっていました。


P1050544
観光案内所と中庭以外には入ることが出来ないようになっていました。


P1050545
Cassero Seneseから外に出ます。


P1050549
Cassero Seneseの周囲を見て回ることにしました。


P1050550
高い壁のCassero Seneseです。


P1050551


P1050552
写真左がCassero Seneseの壁、写真右は市域の城壁です。


P1050553


P1050554


P1050555
城壁外に出ました。


P1050557
1565年から1593年に築かれた城壁です。


P1050558
Cassero Seneseです。


P1050560
城壁外から見たCassero Seneseです。


P1050556
城壁内に戻ります。


P1050561


P1050562
Cassero Seneseの入り口を通り過ぎます。


P1050563
Piazza Martiri d' Istriaに戻ります。


P1050565
ミゼリコルディア教会が見えます。


P1050564
このレストランで昼食を食べました。
(つづく)

引き続きドゥオーモです。
P1050628
クーポラです。


P1050627
クーポラの四隅に四福音書記者が描かれてます。


P1050629
聖マルコ


P1050630
アントニオ・ギーニ・ダ・パオロ(ルッカ?、?-シエナ、1478以前没)の洗礼盤(1470-1474)


P1050631
アントニオ・ギーニの傑作とされてます。


P1050632
グロッセートの紋章


P1050494
イラーリオ・カソラーニ(シエナ、1588-1661)の「天上の聖母子と聖人たち」(1630)


P1050635
ヴェントゥーラ・サリンベーニ(シエナ、1568-1613)の「キリストの勝利と聖ロレンツォと聖カルロ・ボッロメオ」(17世紀初頭)


P1050637
傑作とされている聖人たちのステンドグラス


P1050639


P1050609
「祈るキリスト」のイコン


P1050488
ジローラモ・ディ・べンヴェヌート(シエナ、1470-1524)の作品


P1050621
主祭壇前から見た出入口方向


P1050496
外に出る前に、もう一度聖堂内部を見回しました。


P1050497
外に出ました。


P1050507
1870年から1873年に建設されたPalazzo Comunaleです。


P1050521
市庁舎が建設される前には、この場所に古いサン・ジョヴァンニ・デコッラート教会の建物がありました。教会は18世紀末に機能を停止しましたが、建物は倉庫として使用されていました。市庁舎を建設するために旧教会の建物は解体されたのです。


P1050479
ドゥオーモ広場を後にしました。


P1050499
ドゥオーモ広場からダンテ広場に入りました。


P1050503
ダンテ広場中央に立つのは、ルイージ・マギ(アシャーノ、1804-フィレンツェ、1871)の「レオポルド2世の記念碑」(1846)です。


P1050476
「カナポーネの記念碑」とも呼ばれてます。


P1050477
ロレンツォ・ポルチャッティ(カナ、1864-グロッセート、1928)の設計によって、1900年から1903年に建設されたPalazzo Aldobrandeschiです。


P1050506
現在、県庁舎として使用されてます。


P1050475
Palazzo Aldobrandeschiが建っている場所には、Palazzo Pretorioがありました。1898年、グロッセート市民は劣化したPalazzo Pretorioの修復を行って県庁舎として使用することを求めました。しかし、その願いは叶わず、1899年に解体され、その跡地にPalazzo Aldobrandeschiが新築されたのです。


P1050500


P1050501
ダンテ広場の南側にある建物です。


P1050498
ダンテ広場には古い建物が建ち並んでます。これらと調和させるために、Palazzo Aldobrandeschiが古風な造りにされたと言われてます。


P1050508
ダンテ広場を後にして、マニン通りを進みます。


P1050509
ジョベルティ広場へと進みます。


P1050511
ジョベルティ広場から振り返るとドゥオーモが見えました。


P1050510
ジョベルティ広場から南門に向かいます。


P1050512
南門を潜って城壁外に出ます。


P1050513
グロッセートに最初の城壁は12世紀に完成しました。
現在の城壁は、市域の拡大と防御力向上のために、トスカーナ大公コジモ1世・デ・メディチ(フィレンツェ、1519-1574)の命によって、1565年から1593年に建造されました。


P1050516
城壁はほぼ完全な形で残されてます。


P1050514
城壁外に設けられたParco Giochiです。


P1050515
城壁内に戻ります。


P1050517
城壁内に泊まるなら、このホテルがお勧めです。


P1050518
マッツィーニ通り


P1050519
Piazza Maestri del Lavaroにレストラン併設のホテルがあります。


P1050520
(つづく)

P1050721
Corso Giosue Carducciから広場に差し掛かるとドゥオーモが見えてきます。


P1050792
ドゥオーモ広場に入りました。


P1050722
ドゥオーモ広場に建つ、グロッセート司教区の司教座教会 Cattedrale di San Lorenzoです。


P1050724
現在、ドゥオーモが建っている場所にローマ時代初期に建設された壮大な神殿がありました。392年、テオドシウス帝によってキリスト教会が国教として認められると、神殿はサンタ・マリア・アッスンタ教会と呼称される初期キリスト教会に改修転用されるようになりました。この初期キリスト教会が現在のドゥオーモの前身です。


P1050473
グロッセートが属していた司教区司教座は12世紀前半までグロッセートの北10kmにあるロッゼレにありましたが、1138年、第164代教皇インノチェンツォ2世(ローマ、?-1143 在位:1130-1143)はグロッセートに司教座を移して、ローマ時代の神殿を転用したサンタ・マリア・アッスンタ教会の建物を取り壊して、その上に新しい建物を建設して司教座教会にすることを決定しました。


P1050790
そうして、当時の一流建築家ソッツォ・ディ・ルスティキーノが起用され、ソッツォの設計、工事監督によって、1294年に創建され、1302年に完成した建物が現在の姿の原形となってます。
14世紀初めに奉献式が執り行われ、それを機に聖ロレンツォ司教座教会と改称されました。


P1050725
再建された建物のファサードは、1338年から1340年に建設されましたが、19世紀初めには経時劣化によって一部危険となったので、1840年から1845年にかけて、現在の赤と白の大理石を組み合わせて改修工事が行われました。
現在のファサードは、この改修後の姿であり、少し新しく見えます。


P1050600
バラ窓


P1050601
16世紀に追加されたランタン


P1050602
四福音書記者の彫刻は、アゴスティーノ・ディ・ジョヴァンニ(シエナ、1285c-1347c)とその息子ジョヴァンニ・ディ・アゴスティーノ(シエナ、1310-1348)によって1320年から1340年に制作されました。
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタの彫刻


P1050603
聖ルカ


P1050604
聖マルコ


P1050605
聖マッテオ


P1050502
ダンテ広場から見た右側外壁


P1050504
サイドポータル上ルネッタの「聖母子」の彫刻は、レオポルド・マッカリ(1850-1894?)によって制作されました。


P1050730
右側壁に描かれた日時計のフレスコ画は、アルナルド・マッザンティ(ミラノ、1939-)によって1983年に制作されました。


P1050668


P1050669


P1050505
グロッセートの紋章


P1050469
1402年に建設された鐘楼です。


P1050471
拝観します。


P1050483
聖堂内に入りました。


P1050485
三廊式、ラテン十字形の聖堂内部です。創建当時のロマネスク・ゴシック様式の構造を維持してますが、その後に行われた修復、改修を経ていて、創建時の姿を想像できません。
現在の姿は、1856年から1865年に行われた改修後のものです。


P1050484
身廊中央通路から見た右側廊方向


P1050481
聖堂の構造図


P1050495
左側廊


P1050487
右側廊


P1050620
主祭壇と後陣


P1050610
主祭壇は、ジョヴァンニ・アントニオ・マッゾ―リ(1639-1714)によって1692年に制作されました。


P1050493
彩色磔刑像が必見です。


P1050612
ロレンツォ・ディ・ピエトロ通称イル・ヴェッキエッタ(シエナ、1410-1480)に帰属する「彩色磔刑像」(15世紀後半)


P1050613
マドンナ・デッレ・グラツィエ礼拝堂です。


P1050615
マッテオ・ディ・ジョヴァンニ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1430-シエナ、1495)の「聖母と天使たち」(1470)


P1050616
サン・ロレンツォ礼拝堂です。


P1050617
詳細不知の「羊飼いの礼拝」


P1050623
かなり出来が良いと思います。


P1050624
詳細不知


P1050625
十字架の礼拝堂です。


P1050490
制作者情報不知の「木製磔刑像」(15世紀)


P1050491
詳細不知の礼拝堂
(つづく)

P1050998
グロッセート駅に到着しました。


P1050681
グロッセートは、人口82,378人(2019年12月31日現在)のトスカーナ州グロッセート県の県都です。マレンマ地方の中心都市です。


P1050677
グロッセート鉄道駅の駅舎です。


P1050679
駅近くのホテルにチェックインしました。
変わりやすい天気の日で、自室に10分ほどいるうちに雨が降ってきました。


P1050393
俄雨が上がったので、街歩きに出発しました。


P1050394
トリエステ通りを右折します。


P1050395
ローマ通りに入りました。


P1050396
駅から旧市街を囲む城壁まで徒歩5,6分ほどかかります。


P1050397
旧市街はもう直ぐです。


P1050398
Piazza Fratelli Rosselliに面して建つPalazzo del Governoです。


P1050399
Piazza Fratelli Rosselliに面して建つ郵便局の建物です。


P1050400
11月4日通りです。


P1050401
1908年から1913年に建設された、ネオ・ゴシック様式のVillino Pastorelliです。


P1050402
グロッセートで活躍した建築家ロレンツォ・ポルチャッティ(カナ、1864-グロッセート、1928)の傑作とされているVillino Pastorelliです。


P1050403
城壁が見えました。


P1050404
1925年から1939年に建設されたCasa del Fascioと時計塔です。マレンマ地方ファシズムの中心地でした。


P1050405
グロッセートの城壁は、殆ど無傷で残っている城壁の稀な例の一つです。


P1050406
城壁内に入りました。ここにあった城壁は、1939年から1941年に取り壊されました。


P1050407
1912年にBanca Monte dei Paschi di Sienaが建設したPalazzo del Monte dei Paschi di Sienaです。


P1050408
Corso Giosue Carducciを進みます。


P1050409
写真左の建物は、1911年に建設されたPalazzo del Genio Civileです。


P1050410
Corso Giosue Carducciに面して建つ、ロマネスク様式のサン・ピエトロ教会です。


P1050411
9世紀に遡るグロッセート最古の教会です。1188年に文書に、教会の存在が初めて記載されたそうです。


1
サン・ピエトロ教会の後陣です。


P1050412
P1050412
サン・ピエトロ教会の後方に建っているのは、1634年に建設されたルネサンス様式のサンタ・キアーラ教会です。現在はビギ教会と呼ばれることが多いようです。


P1050413
サンタ・キアーラ教会は、Via Vinzaglioに面して建ってます。


P1050454
サンタ・キアーラ教会から見たサン・ピエトロ教会の後陣です。


P1050414
サン・フランチェスコ教会です。拝観は後でゆっくりすることにしました。


P1050456
マレンマ博物館は午後に入館することに。


P1050460
街の中心ドゥオーモ広場に向かいます。


P1050461
Corso Giosue Carducciに戻りました。


P1050462
Palazzo del Genio Civileのフレスコ装飾を見ます。


P1050463


P1050464


P1050465
Corso Giosue Carducciを更に進みます。


P1050466
城壁内を縦貫するメイン通りです。


P1050467
写真左は市庁舎です。


P1050477
街の中心ドゥオーモ広場にやってきました。


P1050472
ドゥオーモです。
(つづく)

P1280831
カステッロ広場に向かいます。


P1280833
街角の聖母子を発見しました。


P1280834
カステッロ広場にやってきました。


P1280832
写真右奥の建物はTeatoro Municipaleです。


P1280835
17世紀初頭、カステッロの城壁に面する現在地に劇場が建設されました。


P1280858
しかし、最初の建物は構造的に運営上の問題が深刻となり、1697年に閉鎖されてしまいました。
最初の建物が取り壊され、木造で1703年に再建されました。


7
ところが、地元の貴族たちから木造ではみすぼらしい等の不満が沸騰したので、スポレートの修道院長で建築家のアゴスティーノ・ヴィットーリに劇場建設が委嘱され、アゴスティーノ・ヴィットーリの設計によって1780年から1786年に三代目となる建物が建設されました。
三代目の劇場で1791年に初演を迎えました。
1861年、劇場は地元の貴族から市当局に売却され、市有となりましたが、管理上の問題から上演出来ず、100年以上も閉鎖されたままでした。
大掛かりな修復工事が行われ、1990年に漸く再上演に漕ぎつけることが出来、現在に至ってます。


P1280841
カザーレ・モンフェッラート城、Castello dei  Paleologiです。


P1280843
この場所には、10世紀末の記録に、その存在が記された要塞がありました。要塞の建設時期はそれ以前と思われてますが、具体的には分かってません。


9
モンフェッラート侯爵ジョヴァンニ2世・パレオロゴ(カザーレ、1321-ヴォルピアノ、1372)は、1352年、要塞を増強拡大させ城にしました。


10
城の増強整備は、後継のモンフェッラート侯爵グリエルモ8世パレオロゴ(カザーレ・モンフェッラート、1420-1483)とモンフェッラート侯爵ボニファチョ4世パレオロゴ(カザーレ・モンフェッラート、1512-1530)に引き継がれ、15世紀中頃から16世紀前半にかけて工事が行われました。


P1280845
1559年、カザーレ・モンフェッラートは、マントヴァのゴンザーガ家領となりました。
ゴンザーガ家は、防衛上、この城の必要性はないとしながらも、塔と城壁を追加させるとともに、宮殿として整備させ、。マントヴァ公爵家の離宮として使用されるようになりました。


P1280847
ゴンザーガ家の衰退によって、1708年、カザーレ・モンフェッラートは、ゴンザーガ家からサヴォイア家領となりました。1710年から城はサヴォイア家の兵舎として使用されるようになりました。


P1280848
1856年、都市整備の一環から市場を新たに作るために、城の一部が取り壊されました。


P1280849
更にカステッロ広場を造るために、城の一部が取り壊されました。


P1280850
城はかなり荒廃しています。一般公開されていますが、この日はダメでした。


P1280859
本丸しか残されていないようです。


P1280836
カステッロの庭だった部分です。


P1280837
鐘楼はParrocchia di Sant' Ilarioのものです。


P1280842
広場に面して教会が建ってます。


P1280846
バロック様式の建物の教会です。


P1280852
写真左は市の塔です。


P1280854
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。


P1280856
サンタ・カテリーナ教会とも呼ばれてます。


P1280857
1718年から1726年に建設されたギリシャ十字形、バロック様式の教会です。
1726年に奉献されました。


P1280855
この教会ファサードの後方に教会に隣接する1700年に建設されたドメニコ会のシエナのサンタ・カテリーナ修道院があり、修道院修道女によって教会が一部運営されたので、別名サンタ・カテリーナ教会と呼ばれた所以です。


P1280844
カステッロ広場を後にします。


P1280838
広場から見えた市の塔


P1280861
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の横、Via Alessandriaに入りました。


P1280862
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に隣接して修道院だった建物が建ってます。


P1280863
ドメニコ会のサンタ・カテリーナ・ダ・シエナ修道院だった建物です。


P1280865
修道院は16世紀に建設されました。
旧修道院の先がサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。
修道院は、ナポレオンの抑圧令によって18世紀末に閉鎖され、1867年から修道院だった建物はEnte Municipale Convitto Trevisoが使用するようになりました。


P1280867
アレッサンドリア通りを更に進みます。


P1280868
写真右は、15世紀に建設されたPalazzo Vittaです。Natta d' Alfiano侯爵夫人の住居でした。


P1280870
観たいと思っていた観光先の殆どが閉まっていたし、午後にも開かないことが分かりました。


P1280871
臨時休館ならばHPに記載されるべきと思う私ですが、イタリアではHPの更新をしないことが多いのです。こんなことにめげてはイタリアの旅はやっていられません。


P1280873
6月28日でした。


P1280876
ローマ通りを進みます。


P1280880
通りの先はサンタ・クローチェ教会です。


P1280882
1344年に建設された後期ゴシック様式のサンタ・クローチェ教会です。


P1280883
未完成のファサードは、1748年にフランチェスコ・オッタヴィオ・マニョカヴァッリの設計によって一旦工事が開始されたものの、結局未完成に終わりました。


P1280887
1950年頃、宗教活動が停止され、その後の改造を工事を経て、1994年に教会だった建物はショッピングセンターに生まれ変わりました。


P1280889
左側壁に店舗が設けられてます。


P1280888
教会の建物は総じて地震に強くないのですが、大丈夫でしょうか?


P1280893
最後の望みは市立博物館ですが、日が悪いので、多分臨時休館だろうと諦めていました。


P1280895
19世紀に建設されたPalazzo Gaspardoneです。


P1280897
中庭に入ってみました。


P1280898
現在、Governatoreになってます。


P1280894
写真右の建物が市立博物館です。


P1280899
15世紀末に建設されたサンタ・クローチェ修道院だった建物です。


P1280900
旧修道院の建物が市立博物館になってます。


P1280901
この日は何故か休館でした。


P1280902
城、美術館、博物館などが全てダメでした。


P1280903
これでは何もやることがありません。


P1280906
夕方にも城。美術館、博物館、教会などに行きましたが、状況は変わらずでした。


P1280911
仕方がないので、ホテルで体を休めることにしました。
(おわり)

P1280778
サン・ドメニコ教会を横に見ながら、ジョヴァンニ・ランツァ通りを進みます。


P1280777
写真右は賃貸・分譲アパートです。


P1280776
塔がある建物が見えますが、後で行きます。


P1280779
サン・ドメニコ教会修道院の周りを巡ります。


P1280780
17世紀中頃に建設されたPalazzo Morelliです。


P1280787
先ほどの塔が見えました。


P1280788
塔がある建物はPalazzo Morelliであることが分かりました。


P1280789
P1280779
Palazzo Morelliにロッジャがあります。


P1280790
ロッジャに入ってみました。


P1280791


P1280792


P1280793
ランツァ通りに戻りました。


P1280783
Via Saletta


P1280786
Palazzo Morelliの塔が見えます。


P1280785


P1280794
同じ所を行ったり来たり。


P1280795
市の塔に行ってみる。


P1280796
昼食を食べた店が通りの突き当りに見えてます。


P1280798
次は市の塔です。


P1280799
市の塔です。


P1280801
高さが60mあります。


P1280803
11世紀に防御用の見張り塔として築かれました。16世紀初めにほぼ現在の姿の原形となりました。その後、経時劣化や修復のため、16世紀初めの姿と少し違う形になりましたが、1920年に行われた修復の際に16世紀初めの姿に復元されました。


P1280802
市の塔がサント・ステファノ教会の鐘楼と間違える人が少なからずいらっしゃいます。


P1280804
次は、そのサント・ステファノ教会です。


P1280805
サント・ステファノ広場にやってきました。
写真左がサント・ステファノ教会です。


P1280810
これを撮っておくと、後で行う写真整理に役立ちます。


P1280817
写真右の建物は、Palazzo Ricci di Cenesetoです。


P1280815
Palazzo Ricci di Cereseto前から見たサント・ステファノ広場です。


P1280809
サント・ステファノ教会です。


P1280807
市の塔が教会の鐘楼のように見えると思います。


P1280814
写真右の建物の上に顔を覗かせているのが、サント・ステファノ教会の鐘楼です。


P1280808
サント・ステファノ教会の最初の建物は11世紀に遡るとされてます。現在の建物は17世紀に再建された二代目となるもので、1661年に奉献されました。


P1280811
この時間は教会の扉が閉まってます。


P1280812
サント・ステファノ広場に面した、このお店はお勧めです。


P1280806
サント・ステファノ広場に立つのは、彫刻家ベネデット・カッチャトーリ(カッラーラ、1795-1871)の「ルイージ・カニーナのモニュメント」です。
ルイージ・カニーナ(カザーレ・モンフェッラート、1795-フィレンツェ、1856)は、地元出身の考古学者、建築家です。


P1280813
中にイル・モンカルヴォなどの祭壇画があります。


P1280816
サント・ステファノ広場を後にします。


P1280818
次はクリスティアーナ・エヴァンジェリカ教会です。次を右折して小道に入ります。


P1280819
Vicolo Giovanni Carottoです。


P1280820
ここから10mと出ています。


P1280821
写真左の建物が教会のような・・・・・


P1280822
如何にも教会の入り口のように見えましたが・・・・・


P1280824
アーチがありますが・・・・・


P1280825
アーチの上の装飾


P1280826
アーチに教会の入り口があります。


P1280828
クリスティアーナ・エヴァンジェリカ教会です。


P1280827
アーチを潜りました。


P1280829
鐘楼があります。教会の形がよく分かりません。


P1280830
(つづく)

P1280702
サン・ドメニコ教会の側面入り口に向かいます。


P1280701
写真右の建物がサン・ドメニコ教会の側面です。


P1280709
側面の扉も閉まっていました。


P1280744
結局、サン・ドメニコ教会に入れないことになりました。


P1280746
側面ファサードの丸窓


P1280747
側面ファサードの入り口


P1280748


P1280745



P1280755
サン・ドメニコ教会の後陣


P1280757


P1280759
鐘楼


P1280750
サン・ドメニコ教会の側面入り口向かいに教会があります。


P1280752
サン・ピエトロ・マルティーレ教会です。


P1280751
聖リータにも奉献しているので、サンタ・リータ教会とも呼ばれてます。


P1280760
鐘楼が見えます。
1503年の刻印がある煉瓦が建物に使用されているので、創建は1503年、またはそれ以前とされてます。
1515年のカザーレ・モンフェッラートの文書に、サン・ピエトロ・マルティーレ教会が初めて記載されてます。


P1280734
中に入りました。


P1280736
単廊式です。


P1280737
右側壁


P1280739
天井


P1280711
フレスコ画で一杯です。


P1280712
主祭壇


P1280727
フレスコ画のテーマは聖ピエトロ・マルティーレの物語です。


P1280729
後陣左のフレスコ画


P1280733
詳細不知の「磔刑像」


P1280740


P1280713
フレスコ画は18世紀に描かれたようですが、制作者などが分かりません。


P1280715


P1280717


P1280719


P1280721


P1280720
主祭壇前から見た出入口方向です。


P1280749
外に出ました。


P1280756
サン・ドメニコ界隈を後にしました。


P1280764
Via Giovanni Lanzaに出ました。


P1280766
かなりの賑わいを見せている通りです。


P1280767
前夜に大食いしたので、胃の調子があまり良くなかったけれど、昼食に何か食べないと夜まで持ちません。


P1280769
お手軽に済ませることに。


P1280770
食欲がなかったので、これで十分過ぎるほど。


P1280773
コッパ広場です。


P1280771
ジョヴァンニ・ランツァ通りに面して教会が建ってます。


P1280774
サン・ジュゼッペ教会です。


P1280775
(つづく)

P1280655
次はサン・ピエトロ教会です。写真の通りの突き当りに教会があります。


P1280656
サン・ピエトロ教会です。


P1280660
正式名はChiesa della Confraternita di San Pietro Apostoloと言います。


P1280659
サン・ピエトロ同信会が建築家フランチェスコ・ガッロ(モンド―ヴィ、1672-1750)に注文して、ガッロの設計によって1726年から1739年にかけて建設されました。


P1280658
フランチェスコ・ガッロは、教会建築が得意で、50以上の教会の設計を行ったことで知られてます。


P1280657
扉が閉まってましたが、それは予想通りでした。


P1280662
Via Paleologi


P1280661
次はサン・ドメニコ教会です。


P1280663
サン・ドメニコ教会は、次を右折します。ドゥオーモの西方にあります。


P1280664
通りの突き当りにあるのがサン・ドメニコ教会です。


P1280665
サン・ドメニコ広場に出ます。


P1280666
Confraternita dei Nobiliの本拠であり、カザーレ・モンフェッラートでは、ドゥオーモに次いで重要な教会とされてます。


P1280675
モンフェッラート侯爵グリエルモ8世・パレオロゴ(カザーレ・モンフェッラート、1420-1483)によって1472年に創建されました。グリエルモ8世の死後、建設工事はグリエルモ8世の弟ボニファチョ3世に引き継がれ、1506年に完成しました。


P1280704
1506年、併設の修道院が建設され、Padri Domenicaniに託されました。


P1280707
1513年、奉献式が執り行われました。


6
ファサードのポータルが見所です。


P1280670
バルトロメオ・スアルディ通称ブラマンティーノ(ミラノ、1456-1530)によって1510年に装飾されたファサード・ポータルです。


8
丸窓


P1280671


P1280672
バルトロメオ・スアルディ通称ブラマンティーノの「聖母子とボニファチョ・パレオロゴ一族」(1510c)


P1280673
入り口横の、バルトロメオ・スアルディ通称ブラマンティーノ(ミラノ、1456-1530)の「シエナの聖カテリーナ」(1510c)


P1280674
入り口横にある、バルトロメオ・スアルディ通称ブラマンティーノ(ミラノ、1456-1530)の「聖ドメニコ」(1510c)


P1280668
サン・ドメニコ教会の左横にミゼリコルディア教会がありますが、後で見ることにしました。


P1280679
サン・ドメニコ修道院回廊に入りました。


P1280692
1506年に建設されました。
Confraternita dei Nobiliの支援を受けて、非常に豊かな修道院でした。


P1280680
ナポレオンの抑圧令によって活動が停止された旧修道院となってます。


P1280681
修道院のキオストロ回廊に僅かにフレスコ画が残されてます。


P1280687
劣化が著しく、何が描かれていたのか、全く分かりません。


P1280688
回廊の壁ルネッタ上にフレスコ画があったとされてます。


P1280684
高さ40mの鐘楼


P1280691


P1280685


P1280686


P1280693


P1280677
今度はミゼリコルディア教会です。


P1280669
1527年3月25日、Compagnia della Misericordiaが設立されましたが、その活動拠点としてサンタ・マリア・ディ・ピアッツァ教会(マッツイーニ広場にあります)が選ばれました。


P1280699
その後、自前の教会を持ちたい、との希望から資金集めが行われ、ミラノの建築家フランチェスコ・マリア・リキーノ(リキーニ)(ミラノ、1584-1658)の設計によって1611年に建設されたミゼリコルディア教会です。


P1280696
ファサードの装飾は、ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスカルドの「慈悲の聖母」(1617)


P1280697
ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスカルドの作品


P1280698
ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスカルドの作品


P1280694
サン・ドメニコ広場


P1280705
活動を停止した旧教会です。


P1280700


P1280667


P1280703
(つづく)

ドゥオーモ付属美術館の続きです。
P1280578
司教杖(18世紀)


P1280579
大理石棺(18世紀第4四半世紀)


P1280582
17世紀のカザーレ・モンフェッラートの逸名画家作「合奏」


P1280585
ドゥオーモ本堂外にある礼拝堂です。


P1280586
礼拝堂天井


P1280587
礼拝堂の聖職者席と十字架


P1280588
聖職者席上方の彫刻


P1280589
ジョルジョ・アルベリーニ通称ジョルジョ・ダ・カザーレ(アレッさんソリア、1567-カザーレ・モンフェッラート、1626)の「聖母子と聖ベルナルディーノと聖カルロ・ボッロメオ」(1610)


P1280590
ジョルジョ・アルベリーニの作品が数点あります。尚、ジョルジョ・アルベリーニは、グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の協力者でした。


P1280592
ピエル・アントニオ・セッラの「キリストと大人たち」(17世紀)


P1280595


P1280597
ピエル・アントニオ・セッラの「キリストの証言」(18世紀前半)


P1280599
ピエル・アントニオ・セッラの「ゲッセマネ園のキリスト」(18世紀前半)


P1280601
聖具類


P1280602


P1280603
純銀製


P1280604
ガウデンツィオ・フェラーリ(ヴァルドゥッジャ、1475/1480-ミラノ、1546)の「キリストの洗礼」(1534)


P1280606
ジョルジョ・アルベリーニ通称ジョルジョ・ダ・カザーレ(アレッサンドリア、1567-カザーレ・モンフェッラート、1626)の「聖ルチア」


P1280607
ジョルジョ・アルベリーニ通称ジョルジョ・ダ・カザーレ(アレッサンドリア、1567-カザーレ・モンフェッラート、1626)の「聖エヴァージョ」(1615)


P1280608
ジョルジョ・アルベリーニ通称ジョルジョ・ダ・カザーレ(アレッサンドリア、1567-カザーレ・モンフェッラート、1626)の「聖ロレンツォ」(1615)


P1280609
ジョルジョ・アルベリーニ通称ジョルジョ・ダ・カザーレ(アレッサンドリア、1567-カザーレ・モンフェッラート、1626)の「聖バルトロメオ」(1615)


P1280610
ジョルジョ・アルベリーニ通称ジョルジョ・ダ・カザーレ(アレッサンドリア、1567-カザーレ・モンフェッラート、1626)の「聖プロイエント」(1615)


P1280611
ヴェネツィア製のピオ5世の式服(16世紀末)
第225代教皇ピオ5世(ボスコ・マレンゴ、1504-ローマ、1572 在位:1566-1572)


P1280613


P1280614


P1280615


P1280616


P1280620
ピエモンテの逸名画家作「聖母子と聖人たち」(1628)


P1280622
エヴァンジェリスタ・マルティノッティ(カザーレ・モンフェッラート、1634-1694)の「キリストの洗礼」(17世紀後半)
エヴァンジェリスタ・マルティノッティは、サルヴァトール・ローザの弟子です。


P1280625
ジョルジョ・アルベリーニ通称ジョルジョ・ダ・カザーレ(アレッサンドリア、1567-カザーレ・モンフェッラート、1626)の「聖オルソラ」


P1280629
驚きました。聖堂内から入ることが出来なかったCappella di Sant' Evasioに付属美術館から入れるようになっていました。


P1280632
18世紀のものです。


P1280633
聖エヴァージョ礼拝堂の装飾は、その殆どが18世紀のものです。


P1280634


P1280637
礼拝堂天井のフレスコ画


P1280640


P1280641


P1280642


P1280645


P1280646


P1280649
礼拝堂の祭壇


P1280650
外に出ました。


P1280654
(つづく)

今回はドゥオーモの続きとドゥオーモ付属美術館です。
P1280531
説教壇


P1280480
制作者情報不知の「Vergine della Consolata」(17世紀)


P1280482
聖ジュゼッペの祭壇です。


P1280484
18世紀の逸名画家作「聖エヴァーショに顕現する幼きキリストと聖ジュゼッペ」


P1280486
サン・ロレンツォ礼拝堂です。


P1280488
ステファノ・ボッティネッリ・ダ・ヴィッジュ―の「聖ロレンツォと聖エヴァーショと聖ナターレ」(18世紀)


P1280492
Cappella di Sant' Evasioは閉まっていました。


P1280493
グラツィエの聖母礼拝堂


5
アゴスティーノ・ブスティ通称イル・バンバイア(ブスト・アルシツィオ、1483c-ミラノ、1548)の「聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖ベルナルディーノ」


P1280494
グラツィエの聖母礼拝堂天井の装飾


P1280504
Narthexへの入り口


P1280515
Cappella di Sant' Agata e Sant Apollonia


P1280516
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の追随者作「聖アガタと聖アポッロニア」


P1280517
Cappella di Santa Lucia


P1280520
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の追随者作「聖ルチアと聖人たち」


P1280522
Cappella della Madonna di Fatima


P1280525


P1280532
Narthexに出ます。


P1280538
外に出ました。


P1280542
左側壁の後陣方向に向かいます。


P1280545
ドゥオーモ付属美術館の入り口です。


P1280652
写真左の建物が美術館になってます。


P1280546
司教館の一部が美術館になってます。


P1280547
ドゥオーモ内部はアゴスティーノ・ブスティ通称イル・バンバイアの彫刻を除いて見所が余りありません。美術ファンの不満を癒す一助になりそうなのが付属美術館と言えるかも知れません。


P1280651
入館無料です。土日は常時開館してますが、平日の開館は不定期と思っていた方が良いでしょう。原則は、夏場は月~金開館、冬季は平日閉館となってますが、夏季の平日に開館しているとは限りません。


P1280548
入館しました。
12世紀の逸名彫刻家作「聖人」
聖人は、聖エヴァーショの可能性があるとされてます。


P1280550
16世紀のフランスの逸名彫刻家作「ランゴバルド王リュートバルド像」
リュートバルド王(690c-744)は、8世紀中頃にカザーレ・モンフェッラート大聖堂の前身であるサン・ロレンツォ教会を建設しました。


P1280552
16世紀のフランスの逸名彫刻家作「テオドリンダ像」
テオドリンダもサン・ロレンツォ教会建立に尽力しました。


P1280554
14世紀前半のロンバルディアの逸名彫刻家作「アレッサンドリアの聖カテリーナ像」
14世紀前半から17世前半までカザーレ・モンフェッラート大聖堂のファサードに置かれていました。


P1280556
12世紀のモザイク
カザーレ・モンフェッラート大聖堂の内陣床にありました。


P1280558
12世紀のモザイク


P1280560
ロンバルドの逸名彫刻家作「磔刑像」(1450-60)


P1280562
12世紀のモザイク「魚屋」


P1280564
12世紀のモザイク


P1280566
12世紀のモザイク「男とイノシシ」


P1280568
創建時の床にあったモザイクです。


P1280570


P1280572


P1280574


P1280576
(つづく)

P1280460
写真左はPalazzo dei Credito Italianoです。


P1280455
マッツィーニ広場からドゥオーモに向かいます。


P1280461
Torre Civicaが見えてます。


P1280459
高さ60mのTorre Civicaの歴史は古く、11世紀に遡るそうです。現在の姿は、1731年と1780年に行われた修復後の姿ですが、その2回の修復後に改造されたので、1920年に2回の修復後の姿に復元されたそうです。


P1280462
ドゥオーモ通りに入った途端、その突き当りにドゥオーモが見えます。


P1280536
現在、ドゥオーモが建っている場所には紀元後1世紀に建設されたユーピテル神殿がありましたが、8世紀前半、ロンゴバルド王リュートプランド Liutprando(?、690c-パヴィア?、744)がユーピテル神殿の廃墟の上に建設した小さなサン・ロレンツォ教会が前身とされてます。


P1280463
11世紀になると建物が劣化したので、再建されることになり、11世紀後半に創建され、12世紀初頭に完成したロマネスク様式の建物が現在の姿の原形となってます。


P1280464
1107年、第160代教皇パスクゥアーレ2世(ブレーダ、1050c-ローマ、1118 在位:1099-1118)によって献堂式が執り行われ、その際、聖エヴァーショ(アスティ司教)に奉献されました。


1
1215年、所謂ヴェルチェッリ戦争で、ミラノ・アスティ、アレッサンドリア、ヴェルチェッリの同盟軍の攻撃によって、カザーレ・モンフェッラートの街は大きな被害を受けましたが、その際、この教会の後陣が破壊され、13世紀中頃に元の後陣の近い形に復元されました。


2
非対称の、高さの異なる二本の鐘楼が特徴です。
1474年、カザーレ・モンフェッラートは単独の独立した司教区に昇格しましたが、それに伴い、本教会に司教座が置かれました。司教座教会への昇格後、ロマネスク様式で増築され現在の規模になりました。


3
15世紀に増築されたロマネスク様式の建物は、17世紀にバロック様式に改造されました。
また、1857年から1861年に行われた修復工事によって、現在のネオ・ロマネスク様式に改修されました。


4
現在のファサードは、1857年から1861年にかけて再建されました。


P1280541
外側壁


P1280542


P1280543
側壁側入り口扉上ルネッタの彫刻


P1280544
ファサード側の入り口から中に入ります。


P1280465
ファーサード側入り口扉上ルネッタの彫刻


P1280535
中に入ると、Narthex(アトリウム)に出ます。


P1280534
6、7世紀のバジリカ様式の教会ではNarthexが良く見られますが、11世紀以降に建造された教会ではNarthexは非常に珍しい。


P1280533
Narthexが新しく見えるのは、1995年から2007年に行われた改装工事の際、オリジナルの形に新造復元されたからです。Narthexを経由して聖堂内に入ります。


P1280537
Narthexから聖堂内部への入り口


P1280527
聖堂内部に入りました。


P1280470
五廊式、ラテン十字形、ロマネスク様式(ロマネスク・リバイバル)の内部です。


P1280469
左右にそれぞれ2つの側廊があります。


P1280466
かなり複雑な形をしています。


P1280473
増築、改造、改修、復元されたので、中を一見しただけではオリジナルの構造が想像できません。


P1280475
右側廊


P1280476


P1280495
左側廊


P1280496


P1280497


P1280513


P1280514


P1280471
中央身廊天井


P1280528


P1280529
クーポラの装飾


P1280530


P1280498
Presbiterioの磔刑像(12世紀)
この磔刑像はアレッサンドリア大聖堂にありましたが、傭兵隊長ボニファチョ・カーネ通称ファチーノ・カ―ネ・ダ・カザーレ(カザーレ・モンフェッラート、1360-パヴィア、1412)が1403年にアレッサンドリア大聖堂から取り外して、この聖堂に持ち込んだものです。


P1280499
19世紀のステンドグラス


P1280501
Presbiterioのネオ・ゴシック様式のフレスコ画とモザイクは、コンスタンティーノ・セレーノ(カザーレ・モンフェッラート、1829-トリノ、1893)の作品です。


P1280502


P1280503


P1280505


P1280506


P1280509
コンスタンティーノ・セレーノ(カザーレ・モンフェッラート、1829-トリノ、1893)の「エマオの晩餐」(1884)
(つづく)

P1280412
道を挟んで、市庁舎の向かいに教会があります。


P1280400
サン・パオロ・デイ・バルナビティ教会です。


P1280413
ミラノの建築家ロレンツォ・ビナゴ(ミラノ、1554-1629)の設計、工事監督によって1568年創建、1595年に完成しました。1594年に奉献されました。


P1280415
ウンベルト・コッポによって18世紀後半に改造されました。


P1280420



P1280416
ファサードの彫刻


P1280417
中にグリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォの祭壇画があります。


P1280418
日曜日の午前中だったので、日曜朝のミサが終わってゆっくり拝見できることを期待していました。


P1280419
ところが扉が閉まっていました。


P1280421
カヴール通りを進みます。


P1280423
市庁舎の一部として使用されている建物です。


P1280425
市庁舎なので、日曜日には扉が固く閉じられてます。


P1280426
18世紀に建設されたPalazzo Magnocavalliです。


P1280427
これがあると助かります。


P1280422
Palazzo Magnocavalliの向かいにある、18世紀後半に建設されたCasa Alleanzaです。


P1280424
使用されてない部屋が多い?


P1280428
18世紀に建設された貴族の館、Palazzo Trevilleです。


P1280429
Palazzo Trevilleは、現在高級アパートになってます。


P1280431
高級アパートになっている、19世紀前半に建設されたPalazzo Arditiです。


P1280433
Via Mameli


P1280434
次はサン・ミケーレ教会です。


P1280435
街角の聖母子を発見しました。


P1280436
これです。


P1280437
Via San Evasioに面して建っているサン・ミケーレ教会です。


P1280438
Confraternita dei Nobiliによって16世紀初めに建設されたサン・ミケーレ教会です。


P1280440
ファサードに3大天使の彫刻が置かれてます。


P1280441
大大天使聖ミケーレ


P1280442
大天使ラッファエーレとトビオーロ


P1280443
大天使ガブリエーレ


P1280444
写真左はサン・ミケーレ修道院だった建物です。


P1280439
中にイル・モンカルヴォの祭壇画が6点あるのですが、扉が閉まっていました。仕方がないので、外部サイトから拝借した祭壇画を載せておきます。


2
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の「竜を退治する聖ミケーレ」


3
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の「ご誕生」


4
ジョヴァンニ・アントニオ・カッサーノ(パヴィア、16世紀後半-17世紀初め活動)のクーポラのフレスコ画(1597)


P1280445
ベルノッティ広場です。
広場に立つのは、ウルバーノ・ラッタッツィ(アレッサンドリア、1808-フロジノーネ、1873)像です。
ウルバーノ・ラッタッツィはイタリア統一で活躍した政治家です。


P1280446
旧裁判所の建物です。


P1280447
ベルノッティ広場は都市開発の対象になっているので、今後、姿が大幅に変わりそうです。


P1280448
一見教会風の建物がありますが、詳細不明です。


P1280449
ラッタッツィ広場を通り過ぎます。


P1280450
街の中心の広場に向かいます。


P1280451
マッツィーニ広場にやってきました。


P1280452
マッツィーニ広場がカザーレ・モンフェッラートの中心です。


P1280453市の塔 Torre Civicaが見えてます。


P1280457
広場の中心に立つのは、カルロ・アルベルト・ディ・サヴォイア(トリノ、1798-ポルトガル、ポルト、1849)のモニュメントです。
カルロ・アルベルトはヴィットリオ・エマヌエーレ2世の父です。


P1280456


P1280454
(つづく)

カザーレ・モンフェッラートは、人口33,637人(2019年12月31日現在)のピエモンテ州アレッサンドリア県にあるコムーネです。
P1280368
アレッサンドリア駅始発の普通列車に乗ってカザーレ・モンフェッラート駅に向かいました。


P1280369
ほぼ定時にカザーレ・モンフェッラート駅に到着しました。


P1280370
ポー川南岸のモンフェッラート丘陵に位置し、古くからワイン醸造で有名です。美術的に見所が多い街と言えるでしょう。


P1280371
広い駅前広場


P1280372
カザーレ・モンフェッラート駅の駅舎です。


P1280373
駅前広場の噴水


P1280374
この日のお宿に向かいました。


P1280375
翌朝の出発が早いので、駅前のホテルに予約していましたが、この旅の出発前に工事のため休業するので、他のホテルに予約を振り替えたいとの連絡があったので、旧市街にあるホテルに泊まることになりました。


P1280376
鉄道駅から旧市街に通じる道です。


P1280377
Viale Bistolfi


P1280378
ジョヴァンニ・ランツァ(カザーレ・モンフェッラート、1810-ローマ、1882)像です。
ジョヴァンニ・ランツァは、カヴールやガリバルディほど知られてませんが、イタリア統一戦争で活躍した地元出身の英雄です。統一後、文部大臣を務め、イタリアの教育行政確立に尽力しました。


P1280379
カヴール通りに入りました。この日のお宿は、この通りにあります。


P1280395
写真左が、この日のお宿です。


P1280380
チェックインを済ませて外出しました。ホテルに向かう途中、余り写真を撮っていなかったので。駅方向に少し戻って、ビストルフィ通りとカヴール通りの交差点から街歩きを開始しました。


P1280381
城壁が残ってませんが、この辺から旧市街になるのでしょう。


P1280382
写真左は修道院だった建物です。


P1280384
中に入ってみます。


P1280385
非常に荒廃した建物です。


P1280387
警察署です。


P1280386
修道院は17世紀中頃に閉鎖されました。


P1280388
サンタゴスティーノ教会修道院だった建物です。


P1280389
フレスコ画の痕跡


P1280391
サンタゴスティーノ教会修道院の建物は、その後取り壊されたようです。


P1280392
修復費用が膨大なので、取り壊して新築した方が経費がかからない?


P1280390
警察署の外に出ます。


P1280393
カヴール通りです。


P1280394
この日のお宿が見えてます。


P1280396
ホテルを通り過ぎます。


P1280397
更に進んで、市立博物館に行きます。


P1280398
市立博物館は市庁舎内にあります。


P1280399
旗が掲げられている建物が市庁舎です。


P1280410
18世紀に建設されたPalazzo Gozani di San Giorgioです。


P1280414


P1280401
中に入りました。


P1280402
この日は日曜日だったので、市庁舎は閉まってます。


P1280403
しかし、博物館は日曜日開館、の筈でした。


P1280404
Palazzoの中庭


P1280405
博物館は閉まっていました。何故?


P1280407
ガックリ。何時ものイタリア流をやられてしまいました。


P1280406
フレスコで装飾されてます。


P1280409
折角来たのに、突発的休館には困りました。この辺の所は、イタリアではよくあることで、どうにもなりません。


P1280408
外に出ます。


P1280411
この当時、市立博物館は、金土日の週末だけの開館でした。開館日に合わせて旅程を組んだのが無駄になりました。トホホ
(つづく)

P1200146
森、畑などを見ても旅行記になりません。


P1200147
あちこち歩き回っても見どころが限定されているので時間が経ちません。


P1200148
まだ11時35分です。


P1200149
昼食を食べることしか用事がありませんが、昼食には少し早すぎます。


P1200150
べンティヴォーリア広場を囲むロッジャです。


P1200151
男だけの老人のグループ。女性が加わることは極めて稀のようです。


P1200152
やることがないので、一度ホテルに戻ります。


P1200153
一泊だけでも十分過ぎるほどと後悔しきり。でも修正が効きません。


P1200154
Palazzo Bentivoglia


P1200155
黒い雲が出てきました。


P1200156
小雨が降ってきたので、ホテルに戻る良い口実が出来ました。


P1200157
1時間ほどホテルで休憩してから再び外に出ました。雨は数分で上がりました。先ず昼食を食べます。


002
食べるものは何処でも大体同じです。


003
ワインとビールを少々嗜みました。


P1200160
食後の散歩に出ました。


P1200161
べンティヴォーリア広場から200mも離れると家並みが途絶えて緑が深くなります。


P1200163
日陰で一休み。


P1200164
グアルティエーリに来たのは後にも先にも、この時が初めてでしたが、こんなに見所が少ないとは全くの予想外です。


P1200162
それでも折角来たからには、と思い、無駄な努力を続けました。


P1200261
写真左はサンタンドレア教会です。


P1200262
「最も美しい村」を即断してはダメです。


P1200263


P1200264


P1200265


P1200266


P1200267
結論としては、この村の見所はべンティヴォーリア広場と広場に面した建物、それにサンタンドレア教会に尽きます。


P1200268
トラックが走っているのはポー川堤防沿いの道です。


P1200269


P1200270


P1200808
ポー川の支流です。


P1200814
村の外は農地が広がってます。


P1200816
村の外に出ても見どころは何もなし。


P1200818
村の入り口


P1200821


P1200822
Palazzo Bentivogliaに出ました。


P1200293
夕方になりました。


P1200295
夕食はホテル併設のレストラン以外、選択肢がありません。


P1200296
人出がありません。


P1200297


P1200298
被写体が同じです。


P1200300


P1200301


P1200303


P1200318


P1200319


P1200308


P1200309


P1200311


P1200312


P1200313


P1200315
この辺で終わりにしましょう。


P1200317
(おわり)

P1200104
この村には城壁がありません。


P1200105
ワイン醸造所ですが、多分廃業した?と思います。


P1200106
参事会教区教会の鐘楼です。


P1200108
横道には、さしたる見どころが無さそうです。


P1200109
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りに戻りました。


P1200110
写真左横に小さな広場があり、広場に面して教会があります。


P1200111
Chiesa della Confraternita della Immacolata Concezioneです。


P1200113
1547年の文書に、この教会の存在が記されてます。


P1200112
開いているかも知れない、との淡い期待を抱いていましたが、予想違わず扉が閉まっていました。


1
中の見どころは、ボローニャの逸名画家によって天井に描かれたフレスコ画です。(外部サイトから作品画像を拝借しました)


P1200114
横道は直ぐに家並みが途絶えて緑深くなってます。


P1200115
振り向くと時計塔が見えます。


P1200116
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りを進みます。


P1200117
写真左に教会があります。


P1200118
Piazza Bentivogliaとその広場に面して建つ建物がなかった時代、村の中心地はこの辺でした。


P1200119
カヴァッロッティ広場です。


P1200122
広いカヴァロッティ広場に修道院がありました。


P1200121
カヴァッロッティ広場の真ん中に並木道があります。


P1200123
カヴァッロッティ広場に面して建つサンタンドレア教会です。宗教活動を停止した旧教会です。


P1200126
現在地に9世紀に建てられた小さな礼拝堂が前身です。


P1200127
12世紀に礼拝堂が取り壊され、サンタンドレア教会が建設されました。1542年、グアルティ―エリ教区が出来るとともに教区教会になりました。


P1200132
1547年、この教会を拠点とするConfraternita della Concezioneが設立され、教会は同信会の所有となりました。


P1200125
1566年、グアルティエーリは、コルネリオ1世・べンティヴォーリオ侯爵(フェッラーラ、1519-1585)の領地となりました。
1571年、コルネリオ1世は鐘楼を新建造するとともに、教会の建物を修復させました。


P1200137
1585年、コルネリオ1世が没すると、グアルティ―エリは、コルネリオ1世の息子イッポリート・べンティヴォーリオ(フェッラーラ、?-モデナ、1619)の領地となりました。
1600年、サンタ・マリア・デッラ・ネーヴェ教会が完成するのを待って、イッポリートは、教区教会をサンタンドレア教会からサンタ・マリア・デッラ・ネーヴェ教会にするとともに、サンタンドレア教会をFrati Francescini(フランチェスコ兄弟修道会の所有にしました。
建物が経時劣化したので、モデナ公爵でレッジョ・エミリア公爵でもあったリナルド・デステ(モデナ、1655-1737)は、デステ家のお抱え建築家ジョヴァンニ・マリア・フェッラローニ(レッジョ・エミリア、1662-1755)に命じて、サンタンドレア教会修道院の再建を決め、デステ家の資金によって1713年から1738年に建設された建物が現在の姿です。


P1200120
1795年、ナポレオンの抑圧令によって教会修道院は閉鎖され、建物は民有となりました。イタリア統一後はコムーネの所有となりました。
第一次世界大戦中、軍事病院に転用されましたが、1919年に現在の姿に復元されました。


P1200128
特別な時を除いて、建物が開くことはありません。


P1200130
サンタンドレア教会前のカヴァッロッティ広場と広場の並木道


P1200131
Pozzo di Piazza Nuova


P1200129
18世紀に造られました。


P1200133


P1200134
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通り


P1200135


P1200138


P1200139


P1200140


P1200141
Villaに行きます。


P1200142
やはりVillaは閉まってました。


P1200143
Villa Torello Malaspinaです。
ローマ時代の遺跡の上に建てられたパルマ司教の別荘です。


P1200144
コルネリオ1世・べンティヴォーリオがPalazzo Bentivogliaの建設中に住んでいました。
1841年にフランチェスコ・マラスピーナ侯爵とローラ・トッレッロ伯爵夫人が住んだのでVilla Torello Malaspinaと呼ばれてます。


P1200145
(つづく)

サンタ・マリア・デッラ・ネーヴェ参事会教区教会の続きです。
P1200041
サンタンドレア礼拝堂です。


P1200040
カルロ・ザッティ(ブレシェッロ、1810-1899)の「聖アンドレアと聖人たち」(1844)


P1200042


P1200043
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂です。


P1200045
逸名画家作「パドヴァの聖アントニオ」


P1200082
ファサード裏にオルガンがあります。


P1200046
1784年に制作されたオルガン


P1200047
制作者、制作時期等詳細不知の「聖クララ」


P1200049
制作者、制作時期等詳細不知の「聖ルチア」


P1200051
マドンナ・デル・カルミネ礼拝堂です。


P1200052
ルドヴィーコ・カッラッチの影響を受けた逸名画家作「カルミネの聖母と聖シモーネと聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1200054
祝福された秘跡礼拝堂です。


P1200057
エミリアの逸名画家作「祝福された秘跡を崇める聖人たち」


P1200060
トレリ伯爵の礼拝堂です。


P1200063
カミッロ・リッチ(フェッラーラ、1580/1590c-1618/1626)の「磔刑」(1600-26)


P1200065
制作者、制作時期等詳細不知の「聖アポッロニア」


P1200064
制作者、制作時期等詳細不知の「聖アガタ」


P1200066
この礼拝堂を通り過ぎて別室にある礼拝堂に向かいます。


P1200067


P1200068
受胎告知の礼拝堂です。


P1200069
礼拝堂上部


P1200070
受胎告知礼拝堂天井のフレスコ画


P1200071
カルロ・ボノーニ(フェッラーラ、1569-1632)の「受胎告知」


P1200074
この作品が本教会の最大の見所です。


P1200075
クリプタに行きます。


P1200076
クリプタの経緯等、詳しいことが分かりません。


P1200077
クリプタ天井のフレスコ画


P1200078
詳細不知の「キリストの復活」


P1200081


P1200080


P1200082
主祭壇前から見た出入口方向


P1200083
中央礼拝堂をもう一度見てから外に出ます。


P1200088
外に出ました。


P1200089
ジョヴァンニ・バッティスタ・アレオッティ通称アルジェンタ(アルジェンタ、1546-フェッラーラ、1636)のデザインによって造られた広場です。


P1200090
時計塔と時計塔左右の建物もジョヴァンニ・バッティスタ・アレオッティ通称アルジェンタ(アルジェンタ、1546-フェッラーラ、1636)の設計です。


P1200091


P1200092


P1200093


P1200094


P1200096
広場に面して建つすべての建物はジョヴァンニ・バッティスタ・アレオッティ通称アルジェンタの設計によります。


P1200099


P1200100


P1200097
時計塔を潜ります。


P1200101
時計塔を潜ってヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りに出ました。


P1200102
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りから見た時計塔


P1200103
時計の下に村の紋章が描かれてます。
(つづく)

P1190984
スッザーラ駅です。


P1190985
スッザーラ始発パルマ行き普通列車に乗ってグアルティエーリ駅に向かいました。


P1190994
乗車約15分でグアルティエーリ駅に到着しました。


P1190995
グアルティエーリ駅の駅舎です。


P1190996
グアルティエーリは、「最も美しい村」にリストアップされている、人口6,366人(2019年12月31日現在)のエミリア・ロマーニャ州レッジョ・エミリア県にあるコムーネで、村の北にポー川が流れてます。


P1190997
この村に3泊して、近くにある町村を巡ります。


P1190998
駅から村の中心地に向かうSS63です。


P1190999
SS63の先に鐘楼が見えますが、鐘楼がある所が村の中心地になります。


P1200001
この辺から道路の名称がガリバルディ通りに変わります。


P1200003
村の中心、べンティヴォーリア広場です。


P1200002
グアルティエーリ侯爵べンティヴォーリア家の邸宅Palazzo Bentivogliaです。


P1200005
べンティヴォーリア広場に隣接する11月4日広場です。この旅のお宿は11月4日広場に面してます。


P1200006
この旅のお宿です。グアルティエーリの宿泊設備は限られますが、真面なホテルはここだけです。レストランを併設しているホテルです。


P1200007
チェックインを済ませてから外に出ました。


P1200004
Palazzo Bentivogliaの裏側です。


P1200008
先ず村役場内にある観光案内所に向かいます。写真右の柱廊に観光案内所があります。


P1200009
ここでエスプレッソを一杯


P1200014
村役場 Palazzo Comunaleです。


P1200010
Palazzo Comunaleのポルティコから見た広場


P1200011
Palazzo Comunaleのポルティコから見た参事会教会です。


P1200013
写真左はPalazzo Bentivogliaです。


P1200015
先ずドゥオーモ、サンタ・マリア・デッラ・ネーヴェ参事会教区教会の拝観です。


P1200016
16世紀中頃、グアルティエーリ侯爵コルネリオ1世・べンティヴォーリオ(フェッラーラ、1519-1585)はPalazzo Bentivogliaの建設を始めましたが、それと同時にPlazzoの隣に小さな礼拝堂を1547年に建てました。その小さな礼拝堂が現在の教会の前身です。


P1200084
やがてコルネリオ1世・べンティヴォーリオは、礼拝堂ではなく教会建設を考えるようになり、建築家ジョヴァンニ・バッティスタ・アレオッティ通称アルジェンタ(アルジェンタ、1546-フェッラーラ、1636)を起用し、アルジェンタの設計によって教会の建設が開始されました。
コルネリオ1世の死後、教会建設は息子のイッポリート・べンティヴォーリオ(フェッラーラ、?-モデナ、1619)に引き継がれ、1600年に完成しました。


P1200098
しかし、ポー川の洪水によってグアルティエーリは度々被害を受けました。この教会も被害を免れることはありませんでした。


P1200285
1679年に完成した鐘楼です。


P1200095
1765年のポー川の大洪水によって、教会の建物は、その一部が流失、外部分が水没、流れてきた土砂に埋まってしましました。
以前の建物のごく一部を利用して、建物が再建されることになり、1773年創建、1783年に完成した建物が現在の姿となってます。


P1200017
ファサードの装飾


P1200018
1608年、第233代教皇パオロ5世(ローマ、1550-1621 教皇在位:1577-1621)によってCollegiataに格付けされたこと記す碑文です。


P1200085
ファサード下に柱廊があります。


P1200087


P1200086
教会の入り口


P1200019
教会の中に入りました。


P1200021
単廊式、ルネサンス様式の内部です。


P1200020
右側壁


P1200024
天井装飾は殆どありません。


P1200025
中央通路


P1200028
主祭壇を見ます。


P1200029
主祭壇と後陣(中央礼拝堂)


P1200035
主祭壇画


P1200036
クーポラ


P1200039
パルマの逸名画家作「ロザリオの聖母」(16世紀)
(つづく)

P1480716
街一番の目抜き通り、エミリア通りです。


P1480717
写真左は、19世紀に建設されたPalazzo Vacchiです。


P1480719
13世紀後半に建設されたPalazzo Pighiniです。イーモラで残る唯一の中世貴族の邸宅です。


P1480720
この一帯は古い建物が残ってます。


P1480721
お馴染みの時計塔


P1480724
Piazza Caduti Per Liberta


P1480725
時計塔を潜ります。


P1480726
写真左はEx-Casa del Fascioです。


P1480728
エミリア通り


P1480731



P1480735
イーモラ市民はカテリーナ・スフォルツァが大嫌いでした。


P1480736
写真右は市立図書館です。


P1480737
旧サン・フランチェスコ修道院の建物


P1480738
旧サン・フランチェスコ教会の後陣


P1480739


P1480741
ドゥオーモにやってきました。


P1480748
Via Don Bughetti


P1480749
15世紀に建設されたCasa della Volpe


P1480751
エミリア通りに戻りました。


P1480753
大人しくホテルに戻ります。


P1480754
この日はこれで終わりです。


172
この日は良い天気になりました。


173
アッピア門


175
市立美術館に入館しました。


179
サン・ドメニコ教会の入り口扉上ルネッタの装飾


181
サン・ジャコモ・マッジョーレ・デル・カルミネ教会


183
Rocca Sforzesca


184
この日も中に入れません。


187


188


191
100年後でも多分同じと思われる通りです。


199
ドゥオーモ


203


204


205


P1480755
イーモラを離れる朝を迎えました。
サンタ・カテリーナ祈祷所です。


P1480756
駅に向かいます。


P1480757
Instituto Santa Caterina


P1480759
サント・ステファノ・デッレ・クラリッセ教会です。


P1480760
写真左は、サンタ・キアーラ修道院、またはサント・ステファノ修道院です。


P1480761
次の目的地はピアチェンツァでした。


P1480762
何度も入館した市立美術館です。


P1480764
再訪したいと思うイーモラですが、その望みは叶いそうもありません。


P1480766
サン・ドメニコ教会の鐘楼


P1480767


P1480768
(イーモラの項 おわり)

P1480385
サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会から時計塔に向けて進みます。


P1480384
エミリア通りです。エミリア街道に築かれた街で、エミリア通りと称している街は少数派でしょう。


P1480387
サンタゴスティーノ教会の横を通り抜けます。


P1480388
この時の旅では、とうとう拝観出来ないで終わりました。


P1480389
聖職者が幾つかの教会を掛け持ちしているので、開ける教会が限られるそうです。


P1480390
右折します。


P1480392


P1480391


P1480393
Piazza Giovanni Codronchi Angeliを通り過ぎます。


P1480394


P1480395
カヴール通りに出ました。


P1480396
Collegio delle Donzelle


P1480398


P1480399
建物の下のトンネルを潜ります。


P1480400
一旦、エミリア通りに戻りました。


P1480401
午後2時前です。ルーゴ行列車に十分間に合う時間です。


P1480402
時計塔前を右折してVia Appiaに入りました。


P1480403
Via Appiaを直進すれば、突き当りがイーモラ駅です。


P1480404
19世紀に建設されたPalazzo Vacchiです。


P1480406
下校時間と重なったので、大勢の学生と一緒に駅に向かいました。


P1480409


P1480412
Piazza Megaglie d' Oroです。


P1480413
イーモラの城壁の北に設けられたアッピア門です。


P1480414
門の大部分が破壊されて、一部しか残されていません。
1047年の文書に初めてアッピア門が言及されてます。


P1480416
門はサントウルスラ修道院に隣接していたので、ウルスリーナ門とも呼ばれていたそうです。


P1480709
門は1449年から1460年にかけて再建されました。


P1480710
イーモラ領主ジローラモ・リア―リオ(サヴォーナ、1443-フォルリ、1488)は、再建されたアッピア門では防御力が弱いと判断して、もう一度門を再建することに決め、トスカーナの建築家ジャン・ロドヴィーコ・メンギを起用してアッピア門を再建させました。その1482年に完成した門の一部が現存しています。


P1480418
旧城壁外に出ました。


P1480417
突き当りにイーモラ駅が見えてます。


P1480420
通りの名称がViale Andrea Costaに変わってます。


P1480421
下校時間には列車の本数が結構多く設定されてます。


P1480422
イーモラ駅に到着しました。この後、ルーゴへの日帰り遠足をしました。


P1480698
ルーゴから戻ってきました。


P1480700
この日はこれで終わり、ホテルに戻ります。


P1480702
Viale Andrea Costa


P1480703
アッピア門が見えてます。


P1480704
19世紀に建設されたCasa Paola


P1480706
Viale de Amicisを渡ります。


P1480708


P1480711
アッピア通り


P1480713
午前中の大雨がウソのように思えました。


P1480714
(つづく)

P1480338
サンタゴスティーノ教会です。


P1480339
サンタゴスティーノ教会前の、エミリア通りを右折してVia Cosimo Morelliに入ります。


P1480340
サンタ・マリア・イン・レゴーラ教会です。


P1480341
現在の教会内には美術的な見所があまりないようです。


P1480342
この日は、キオストロの入り口が閉まっていました。


P1480343
1780年から1786年にかけて再建された新古典様式の建物です。


P1480344
Via Cosimo Morelliです。


P1480345
エミリア通りとの交差点にサンタゴスティーノ教会があります。


P1480346
一旦エミリア通りに戻り、有名な鐘楼に向かいます。


P1480347
目的の鐘楼です。


P1480348
1080年3月23日の文書に言及されているサンタ・マリア・イン・レゴーラ教会修道院の鐘楼です。


P1480349
旧サンタ・マリア・イン・レゴーラ修道院のキオストロです。


P1480350
ローマ時代のアレーナ、または劇場の遺跡上に教会修道院が建設されました。


P1480351
遺跡の一部が転用されているそうです。


P1480352


P1480353
高さ約23mの鐘楼です。


P1480354


P1480355
サンタ・マリア・イン・レゴーラ教会は、998年9月16日付の文書に初めて記載があるそうです。


P1480356
エミリア通りに戻ります。


P1480357
さらに東に向かって進みます。


P1480358
通りの先にある教会を目指します。


P1480359


P1480360
リミニ方向に向かっていることになります。


P1480361


P1480362
これからルーゴに行く予定ですが、列車の発車時間まで間があるので、ぶらぶら歩きしました。


P1480363
ローマ時代に敷設されたエミリア街道とほぼ同じです。


P1480364
次はサンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会です。


P1480365
教会はもう直ぐです。


P1480366
サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会です。


P1480367
Padri Servitiによって14世紀後半に建設されたサンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会です。


P1480369
美術的には見るべき作品が2点あると思います。残念ながら扉が閉まっていました。


P1480368
ファサード前のロッジャは16世紀に追加されました。


P1480374
サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会のすぐ横にオラトリオがあります。


P1480373
サン・マカリオ祈祷所です。


P1480375
1506年に建設されました。


P1480372
現在の外観は18世紀に再建されたものです。


P1480370
サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会とサン・マカリオ祈祷所が建っているミッリ広場です。


P1480371
ミッリ広場の噴水は、現代芸術家アンドレア・マウロの作品です。


P1480377


P1480376
この先は見どころが無さそうです。


P1480378
エミリア通りを時計塔の方に戻ることにしました。


P1480380


P1480382
(つづく)

P1470842
イーモラに行く人は、行く前に15世紀から17世紀頃の歴史を予め調べておくと、より一層楽しい旅となると思います。


P1470843
何度もお世話になった観光案内所。


P1470844
そろそろホテルに戻る潮時です。


P1470845
お馴染みのエミリア通りです。


P1470847
市立図書館となっているサン・フランチェスコ修道院だった建物です。


P1470849
秋の夕暮は早いです。


P1470852
この日はこれで終わりです。


P1480284
翌日は雨になりました。


P1480285
朝から大雨で、とても傘を差して徒歩で出かける状態ではありませんでした。


P1480286
エミリア通りとVia Fratelli Bandieraの交差点に建つ建物に塔がありますが、この辺の詳細が分かりません。


P1480287
依然として雨が降り続いてます。


P1480288
この後、市立美術館に入館しました。


P1480290
サン・ジャコモ(聖ヤコブ)教会だった建物です。


P1480291
写真左は旧サン・フランチェスコ修道院です。


P1480292
前日に大体見てしまったので、見残したところを重点に行くことにしました。


P1480294
Ex-Casa del Fascioが見えてます。


P1480295
取り敢えずの目的は、写真左先の店で昼食を食べることです。


P1480296
写真左のレストランで食べました。


P1480310
お腹一杯で外に出ました。


P1480311
午後の一応の予定は、列車に乗ってイーモラ近くのルーゴに行くことでした。


P1480313
雨が降り続いていたので、ルーゴに行くことを止めてイーモラに留まろうかと考えていました。


P1480315
ところが雨が弱くなってきたので、ルーゴに行くべきか迷いました。


P1480316
Ex-Casa del Fascioの柱の浮彫です。


P1480317
ボローニャのファシスト連盟専属の彫刻家Amleto Beghelliの作品です。この彫刻家は意識的に忘れ去られたようです。


P1480319
時計塔が旧市街の中間のようです。


P1480321
Piazza Caduti Per Liberta


P1480327
青空市は大雨中止のようです。


P1480323


P1480325
グラムシ広場です。


P1480326
雨が小降りになってきました。


P1480322
時計塔を潜ります。


P1480324
塔の下から道幅が狭くなります。


P1480328
次はマッテオッティ広場です。


P1480329
ポルティコは雨天の時に有難いと思います。


P1480330
マッテオッティ広場です。


P1480331
私以外の観光客はいなかったと思います。


P1480332


P1480333
雨が止みました。


P1480334
市庁舎


P1480335
ルーゴに行くことにしました。


P1480336
フレスコ画がある建物


P1480337
(つづく)

P1470791
マッテオッティ広場の続きです。


P1470792
エミリア通りの写真左奥の柱廊がある建物にフレスコ装飾があります。


P1470793
これです。


P1470794
暫く見てましたが、テーマがよく分かりません。


P1470795
柱廊ルネッタ上のフレスコ


P1470797
マッテオッティ広場に戻ります。


P1470798
Palazzo Sersantiの説明板


P1470801
Palazzo Sersantiの柱廊


P1470799
低い塔がある建物を見ます。


P1470802
「サソリの塔」と呼ばれているようです。


P1470804
広場に面して教会が建ってます。


P1470783
ピオ・スッフラージョ教会です。


P1470805
建築家ロレンツォ・マット―ニの設計によって1687年に建設されました。


P1470806
1882年にピエトロ・ミッリの設計によって建設されたファサードです。


P1470830
扉が開いていたので拝観しました。


P1470807
教会内に入りました。


P1470809
単廊式、ラテン十字形、新古典様式の内部です。


P1470808
美術的に見るべき作品が数点あります。


P1470810
壁の装飾は殆ど施されてません。


P1470811
主祭壇


P1470812
後陣天井


P1470814
ベアータ・ヴェルジネ礼拝堂


P1470816
17世紀後半の逸名画家作「聖母とキリストの物語」


P1470817


P1470819
詳細不知


P1470822
ジョヴァンニ・ジョゼッフォ・ダル・ソーレ(ボローニャ、1654-1719)の「三位一体」


P1470823
サンタ・リータ礼拝堂


P1470824
詳細不知


P1470826
カルロ・チニャ―リ(ボローニャ、1628-1719)の「聖母子と聖フェリーチェ」


P1470828
主祭壇前から見た出入口方向


P1470829
外に出ました。


P1470800
午後4時半でした。


P1470831
エミリア通りを進みました。


P1470832
エミリア通りに面して教会が建ってます。


P1470833
サンタゴスティーノ教会です。


P1470835
12世紀に創建され、14世紀完成したサンタゴスティーノ教会です。
残念ながら扉が閉まっていました。見たい作品が1点ありました。


2
これが観たかった作品です。
マルカントニオ・フランチェスキーニ(ボローニャ、1648-1729)の「磔刑」


P1470836
サンタゴスティーノ教会至近にもう一つ教会があります。


P1470834
サンタ・マリア・イン・レゴーラ教会です。


3
998年の文書に本教会の存在が記されてます。現在の新古典様式の建物は1780年から1786年にかけて建設されました。


6
サンタ・マリア・イン・レゴーラ教会の見所は教会内部よりもキオストロです。


7
キオストロの柱頭


5
キオストロ回廊のフレスコ画


4


P1470837
エミリア通りに戻りました。


P1470838
少し暗くなってきました。


P1470839


P1470840
時計塔を潜ります。


P1470841
(つづく)

P1470467
日陰になっているエミリア通りは、夕立の雨が乾いていなかった。


P1470468
イタリア・ファシズムを担った建物が見えてきました。


P1470471
近代的塔がある建物は、1933年から1936年に建設されたCasa del Fascioです。


P1470473
Casa del Fascioの柱に施された浮彫です。


P1470474
ボローニャのファシスト連盟専属の彫刻家Amleto Beghelliの浮彫です。


P1470475
Ex-Casa del Fascioに観光案内所があります。


P1470472
Via Speri


P1470476
Vicolo Inferno


P1470753
Chiesa Cattolica Parrocchiale San Cassiano


P1470754
Piazza della Conciliazone


P1470755
Piazza della Conciliazone


P1470756
Vicolo Infernoに戻りました。


P1470757
エミリア通りに戻ります。


P1470758
Ex-Casa del Fascioです。


P1470759
グラムシ広場です。


P1470762
以前はエルベ広場と呼ばれていました。現グラムシ広場は、中世の頃、サン・バルナルド修道院とサン・パオロ修道院によって所有されていましたが、14世紀から、肉の処置所、肉市場として繁栄していました。


P1470760
グラムシ広場にある教会だった建物です。


P1470761
15世紀に建設されたサン・ベルナルド教会だった建物です。


P1470763
エミリア通りの東の方は後から見ます。


P1470764
エミリア通りに時計塔があります。


P1470765
ナポレオンに従ってイーモラに進駐してきたフランス軍将校によって、19世紀初めに贈られた時計です。


P1470766
時計塔の下を潜ります。


P1470767
時計塔の西側に出ました。


P1470768
潜ってきた時計塔を振り返って撮った写真です。


P1470770


P1470771


P1470772
再び時計塔の下を潜って、時計塔の東方に出ます。


P1470773


P1470774
ポルティコが続きます。


P1470775


P1470776
時計塔を越え、エミリア通りの右側にマッテオッティ広場があります。


P1470777
教皇シスト4世の計らいによって、1474年、イーモラ領主となったジローラモ・リア―リオ(サヴォーナ、1443-フォルリ、1488)(シスト4世の息子)が現在の姿に拡張整備したマッテオッティ広場です。


P1470778
ジローラモ・リア―リオが自分の宮殿として1480年に建設させたPalazzo della Signoria、現称Palazzo Sersantiです。


P1470780
中世の頃、マッテオッティ広場はイーモラ商業の中心地でした。


P1470779


P1470781
Palazzo Comunaleです。


P1470782
1213年に建設されたPalazzo Comunaleです。現在の外観は、18世紀後半に行われた大修復工事の後のものです。


P1470785
Palazzo Comunaleのファサードです。


P1470786


P1470788
ファサードのフレスコ画はシスト4世です。


P1470789
Palazzo Comunaleの入り口です。


P1470790
(つづく)

↑このページのトップヘ