P2240075
この先にあるサン・マルコ門に向かいました。


P2240076
13世紀に造られたサン・マルコ門です。


P2240077
門手前の壁に描かれた騙し絵


P2240080
門を潜って城壁外に出ました。


P2240081
城壁外の城壁沿いの道を進みます。


P2240083
市立美術館は城壁沿いも道に面して建ってます。


P2240084
この門の名前を知りません。


P2240085
Porta della Veritaです。道路を隔てた門の向かいに市立美術館があります。


P2240086
教会の隣が市立美術館です。


P2240441
サンタ・マリア・デッラ・ヴェリタ教会です。


P2240443
市立美術館になっている建物は旧修道院です。


P2240089
教会の扉が開いていたので拝観しました。修道院だった建物は美術館に転用されてますが、教会の方は宗教活動を行っている現役?の教会です。


P2240091
文書に残された記録がありませんが、12世紀後半にはこの地に教会があったと伝えられてます。


P2240092
現在の建物は1350年頃に建設されたものです。単廊式、ラテン十字形、ロマネスク様式の内部です。


P2240093
木組みの梁の天井


P2240094
14世紀頃の剥離フレスコ


P2240097
詳細不明


P2240098
ペルージャ?の無名画家の「大天使ミケーレ」(16世紀)


P2240100
マルコ・ザッパの「ピエタ」(2013)


P2240102
ペルージャの無名画家の「玉座の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖アントニオ・アバーテ」(1611)


P2240105
左翼廊


P2240106
右翼廊


P2240107
主祭壇


P2240109


P2240110
見分けがつかない古いフレスコ画


P2240112
パストゥーラ派画家によるフレスコ画(15世紀末‐16世紀初め)


P2240114
聖痕を受ける聖フランチェスコ


P2240116
三位一体


P2240118
「三聖人(聖セバスティアーノ、聖ファビアーノ教皇、聖ロッコ)」


P2240120
制作者不明の「聖母子」(16世紀)


P2240122
制作者不明の「司教と天使たち」(16世紀)


P2240128
右翼廊です。


P2240131
制作者不明の「聖母子」(1591)


P2240133


P2240140
ルドヴィーコ・マッツァンティの「無原罪の御宿リ」


P2240142
詳細不明の「聖母子」


P2240136
礼拝堂の天井


P2240144
主祭壇前から見た出入口方向


P2240145
サン・ジローラモ礼拝堂


P2240147
マッツァトスタ礼拝堂は施錠されていて中に入ることが出来ませんでした。


P2240149
ロレンツォ・ダ・ヴィテルボによって描かれたフレスコ画で礼拝堂が装飾されてます。


P2240151


P2240153
聖母の結婚


P2240155
金網の網の間のカメラを入れて何とか撮った写真です。


P2240157


P2240163


P2240158
サクロ・クオーレ礼拝堂


P2240160
14世紀のフレスコ画


P2240087
次は市立美術館です。


P2240165
前回、臨時休館だったので約5年振りです。


P2240219
市立美術館については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P2240216
何たることか! 一番の見どころの作品がロープが張られていたので、近づいてみることが出来ません。


P2240427
(つづく)