お腹一杯になったので腹ごなしに歩きました。
P2240543
イタリア大通りを進みました。


P2240547
振り返ると正面にヴェルディ劇場が見えます。


P2240544
サン・エジーディオ教会の後陣です。


P2240545
教会の入り口は裏通りにありますが、この時間は開いてません。


P2240546
途中で寄り道しますが、ドゥオーモに向かって歩きました。


P2240549
戦没者慰霊堂のようです。


P2240548
1510年、時の教皇レオ10世の命によって建設されたサン・ジョヴァンニ・バッティスタ・デリ・アマルディア―ニ教会です。


P2240550
現在は宗教活動を停止した旧教会で、市立美術館の一部になっている他に様々な展示場として使用されているようです。


P2240552
バスターミナルになっているカドゥーティ広場


P2240556
ローマ通りをプレビシート広場の方に進みました。


P2240557
午後3時過ぎですが、夏至近くの日差しがまだまだ強烈でした。


P2240558
観光案内所で地図を買いました。€3.5


P2240560
ユニークな形をした、1320年に建設されたサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会です。


P2240561
美術好きにとって必見だそうですが、開いていることがありません。


P2240563


P2240564
プレビシート広場に入ります。


P2240566
この広場が街の中心です。


P2240617
プリオーリ宮


P2240615
ポデスタ邸


P2240619
ポデスタ邸に時計塔があります。


P2240622


P2240632
プリオーリ宮の庭園に行くことにしました。


P2240635
プリオーリ宮ロッジャの壁に描かれたフレスコ画


P2240636


P2240637
庭園です。


P2240638
庭園にもフォンターナがあります。


P2240639


P2240641
プリオーリ宮は低い丘の上に建ってます。


P2240640
谷の向こうに見えるのはトリニータ教会です。


P2240643
庭園から見たプリオーリ宮の内側


P2240644
壁の紋章


P2240645


P2240646
庭園にもう一つフォンターナがありました。


P2240649



P2240650
次はサンタンジェロ・イン・スパータ教会です。


P2240654
850年の文書に記録されている古い教会です。現在の建物は1078年に建設され、1145年に奉献式が執り行われたロマネスク様式のスパータ家所有だった教会が原形だそうです。


P2240565
その後、幾度となく修復され、18世紀に行われた全面改装の結果、ほぼ現在の姿になりました。しかし、1944年に爆撃され大きな被害を受けてしまい、戦後に大修復されました。


P2240574


P2240572
ファサード横にあるベッラ・ガリア―ナの墓です。


P2240573
ベッラ・ガリア―ナはローマ時代の人でヴィテルボに縁があったので墓がここに置かれてますが、石棺は複製です。


P2240575
拝観しました。


P2240576
左右の側壁にそれぞれ3つの礼拝堂が設けられてます。


P2240578
第二次世界大戦後に大修復されたので新しく見える内部です。


P2240580
美術的には数点の見どころがあります。


P2240582
左第1礼拝堂


P2240583
左第2礼拝堂


P2240585
左第3礼拝堂


P2240587
詳細不明の「キリスト」


P2240588
礼拝堂アーチのフレスコ


P2240589
主祭壇


P2240590
後陣


P2240595
主祭壇画は、フィリッポ・カッパロッツィ通称ロ・スパーニョレットの「聖母子と聖人たち」(17世紀前半)


P2240596
左翼廊


P2240597
右翼廊


P2240600
「大天使ミケーレ」


P2240602
14世紀に制作された「磔刑像」


P2240604
ヴィテルボの無名画家の作品(17世紀)


P2240611
アンドレア・ディ・ジョヴァンニ(オルヴィエート、1378‐1424活動記録)の「聖母子」(14世紀末)


P2240598
外に出ます。


P2240613
(つづく)