P2240615
広場の面白いものの紹介です。


P2240628
この日は2017年6月7日でした。
この記事がアップされるのは、今の予定では2018年3月20日なので、ほぼ1年前のことを今頃アップしてケシカランと怒られそうです。
これを書くと身も蓋もありませんが、これを書いているのは2017年8月2日なんです。いつ何時書けなくなる時が来ると思うので、せっせせっせと書き貯めてます。


P2240629


P2240630


P2240657
監視カメラがあります。


P2240659
イタリアは監視カメラが多いと思いますが、スリなどの犯罪検挙には利用してないと思います。スリの被害話の多さから推察すれば、スリって警察公認?と思えます。


P2240661
サン・ロレンツォ通りを進みました。
全然話が違いますが、税制は人頭税が最良と思ってます。最も理想的な税制と思います。(人頭税を支持する多くの説が出されてます) 基本的に富の再分配は嫌いです。


P2240662
この道を真っすぐ進めば(途中、ちょっと右に折れますが)、サン・ロレンツォ大聖堂に突き当たります。


P2240664
中世の色濃い町並みです。


P2240665
このレストランは明らかに教会だった建物ですね。
調べたら、1142年に建設されたサン・ビアージョ教会でした。1927年に宗教活動を停止して建物を売りに出したそうです。


P2240667
塔がある建物は14世紀中頃に建設されたPalazzo Chigiです。


P2240670
ジェズ広場にやってきました。


P2240671
残念! ジェズ教会(またはサン・シルヴェストロ教会)はこの日も閉まっていました。


P2240672
この教会は興味深いので拝観したかった。


P2240677
その理由がファサードに掲げられた碑文に書かれてます。
1271年3月13日の朝、グイドとシモーネのモンフォルテ兄弟が、彼らの父と兄弟を殺したエンリコ・ディ・コルノヴァーリアを教会内で殺したのです。
父と兄弟の敵討ちをしたという訳です。エンリコはモンフォルテ兄弟の親戚だったそうです。


P2240676
この日もルネッタに描かれたフレスコ画を見ただけで教会を後にしました。


P2240673
ジェズ広場にあるフォンターナ


P2240674
塔を見に行きました。


P2240686
11世紀から13世紀に建設されたボルゴニョーネの塔です。


P2240687
塔の歴史などが記されてます。


P2240681
暑いので、ここで一服しました。(タバコは吸ったことがありません)


P2240684
外階段がある建物はより中世ぽく見えます。


P2240688
サン・ロレンツォ通りを進みました。


P2240690


P2240691
道草したかった道ですが過去の失敗を思い出して、我慢しました。


P2240694
右に折れました。


P2240695
道の突き当りにドゥオーモが見えます。


P2240696
写真右はファルネーゼ宮です。


P2240698
陸橋の上から撮りました。


P2240700
ファルネーゼ宮は以前、公開されていたと思いますが、近ごろは開いていたことがありません。


P2240701
この日も固く施錠されていました。おそらく非公開になったと思います。


P2240705


P2240706
入口上に紋章があります。


P2240707
これもファルネーゼ家の紋章のようですが、見慣れた紋章とはかなり違います。


P2240709
サン・ロレンツォ大聖堂です。


P2240711
大聖堂の隣にあるMuseoも開館してました。


P2240729
一時期、教皇庁が置かれ、初めてのコンクラーヴェが行われた聖堂として有名です。大聖堂については、改めて別個に取り上げる予定です。


P2240889
Museoについても改めて取り上げます。


P2250142


P2250155
Museoを出た後、適当にぶらぶら歩きました。


P2250157
開いていた教会に入りました。


P2250160
芸術作品と思われるものはありません。


P2250169
午後6時半を過ぎてます。


P2250171


P2250174
(おわり)