P2470762
次の部屋です。


P2470763
ジャンピエトロ・シルヴィオ(?、1495c‐ヴェネツィア、1591)の「十字架降下」


P2470765
ジャンピエトロ・シルヴィオの「玉座の聖母子と聖ベネデットと聖ジュスティーナ」


P2470767
ドメニコ・カンパニョーラ(ヴェネツィア、1500?‐パドヴァ、1564)の「玉座の聖母子と聖人たち」


P2470769
アレッサンドロ・ヴィットリア(トレント、1525c‐ヴェネツィア、1608)の「オルサート・ジュスティアーニの彫像」


P2470771
ドメニコ・カンパニョーラの「本を手にする女の肖像と幸運の寓意」


P2470774
ロッコ・マルコーニ(トレヴィーゾ、1470/1475-ヴェネツィア、1529以前没)の「祈るキリスト」


P2470776
セバスティアーノ・フローリジュリオ(コネリアーノ、1500/1505-チヴィダーレ?、1550最終記録)の「聖セバスティアーノ」


P2470778
セバスティアーノ・フローリジュリオの「聖ロッコ」


P2470780
次の部屋です。


P2470781
ブリュッセルのタペストリ製造工房作『ダヴィデのエピソード』(16世紀第1四半世紀)


P2470784
16世紀のフランドルの逸名画家作「寺院への出現」


P2470787
16世紀のフランドルの逸名画家作「マギの礼拝」


P2470789
フランチェスコ・セガーラ(パドヴァ、1535c‐1592)の「寓意の彫像」


P2470791
Maestro delle Mezza Figureのサークルの逸名画家作「祈る聖母」(1530‐50c)


P2470793
Maestro delle Mezza Figureのサークルの逸名画家作「祈るキリスト」(1530‐50c)


P2470795
Maestro degli Anni "40" ?の「女の肖像」(1540c)


P2470797
ヴェネトの逸名画家作「磔刑」(15世紀後半)


P2470800
アルブレヒト・アルトドルファーのサークルの逸名画家作「洗礼者聖ジョヴァンニの斬首」


P2470803
制作者不明の「ロヒール・ファン・デア・ウエイデン作『十字架降下』のコピー画」(1500‐10c)


P2470805
次の部屋です。


P2470806
ドメニコ・カンパニョーラの「永遠なる父」


P2470809
ステファノ・ダッラルツェーレ(パドヴァ、1540‐1575存在確認)の「羊飼いの礼拝」


P2470812
ステファノ・ダッラルツェーレの「天上の聖母子と3聖人(聖アントニオ・アバーテ、聖バルバラ、洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2470814
ルドヴィーコ・フィウミチェッリ(1527から存在確認‐トレヴィーゾ、1581)の「玉座の聖母子と聖人たち(聖プロスドチーモ、聖ジュスティーナ、聖アントニオ、聖ダニエーレ)と音楽天使たち」


P2470817
ジローラモ・ダ・ロマーノ通称ロマニーノ(ブレーシャ、1484/1487-1560)の「玉座の聖母子と聖人たち」


P2470820
ジローラモ・ダ・ロマーノ通称ロマニーノの「最後の晩餐」


P2470823
ステファノ・ダッラルツェーレの「聖ピエトロ」、「聖パオロ」


P2470827
ジローラモ・テッサーリ通称ダル・サント(パドヴァ、1509‐1561存在確認)の「十字架降下と聖人たち」


P2470833
ティントレット(ヴェネツィア、1519‐1594)の「磔刑」


P2470835
ティントレットの「シモーネ邸の晩餐」


P2470839
パオロ・ヴェロネーゼ(ヴェローナ、1528‐ヴェネツィア、1588)の「聖プリモと聖フェリチャーノの殉教」


P2470842
パオロ・ヴェロネーゼの「聖ジュスティアーナの殉教」


P2470844
パオロ・ヴェロネーゼと工房の「最後の晩餐」


P2470849
パオロ・ヴェロネーゼの「磔刑」


P2470852
ヤコポ・ダ・ポンテ通称バッサーノ(バッサーノ、1512c‐1592)の「聖パオロの説教」


P2470854
レアンドロ・ダ・ポンテ通称バッサーノ(バッサーノ、1557‐ヴェネツィア、1622)の「羊飼いの知らせ」


P2470858
ドメニコ・カンパニョーラの「洗礼者聖ジョヴァンニの斬首と永遠なる父」


P2470861
ティントレット工房の「聖霊降臨」


P2470863
ティントレットの「男の肖像」


P2470867
ルーカ・ロンギ(ラヴェンナ、1507‐1580)の「聖ジュスティーナ」


P2470870
ランベルト・スストリス(アムステルダム、1515‐ヴェネツィア、1595c)の「磔刑」


P2470873
ランベルト・スストリスの「カルヴァリオへの途」
(つづく)