P2290484
次の部屋です。


P2290485
第3室になります。


P2290493
銀製の聖具類が展示の中心です。


P2290486
Museo Diocesanoの定番展示ですね。


P2290487
金で出来た部分もあるようです。


P2290488
「10分の1税」の成果?


P2290489


P2290491


P2290496


P2290497


P2290498


P2290499


P2290492
次は絵画部門です。


P2290501
この美術館で最も重要な作品が展示されてます。


P2290502


P2290503
重厚な木製天井


P2290504


P2290507
チェンニ・ディ・フランチェスコ(1369‐1415c活動)の「聖母子」(1405‐10c)


P2290511
チェンニ・ディ・フランチェスコの「聖マルティーノとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2290514
Maestro del Bigallo (フィレンツェで1220‐1250c活動)の「玉座の聖母子と二聖人」


P2290518
ウゴリーノ・ディ・ネーリオ(1310‐1340c活動)の「聖母子と聖人たち」


P2290520
聖母子


P2290521
祈るキリスト


P2290524
聖フランチェスコ


P2290526
マッダレーナ・マリア


P2290528
聖ピエトロ


P2290530
聖ロモーロ


P2290532
裾絵は欠落のようです。


P2290534
メリオーレ(フィレンツェで1260‐1280c活動)の「玉座の聖母子と2天使」(1270‐75c)


P2290537
チェンニ・ディ・フランチェスコの「磔刑と聖ミニアート?とアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1385‐90c)


P2290541
プッチョ・ディ・シモーネ(フィレンツェ、1343/1346-1562c活動)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(1357?)


P2290542


P2290544


P2290547
(つづく)