P1840999
ピサを流れるアルノ川です。


P1850336
アルノ川の堤防沿いの道、メディチェオ通りです。美術館はこの通りに面してます。


P1850339
Palazzo Mediciの後に美術館があります。


P1850340
サン・マッテオ教会です。


P1850348
1027年、ベネデット会によって建設されたサン・マッテオ教会です。12世紀に修道院が併設されました。


P1850345
ピサ・ロマネスク様式の身廊外壁です。


P1850341
サン・マッテオ修道院だった建物が国立美術館になってます。


P1850346
分かり易い場所にあるので、簡単に行くことが出来ます。


P1850349
現在は国立美術館ですが、20世紀末まではピサ市立美術館(Museo Civico)でした。


P1850350
切符売り場の入り口


P1850351
修道院のキオストロに向かう通路に置かれている、ローマ時代の石棺(3世紀)です。


P1850353
アルヴィーオ・ヴァリーニの「メレアグロス(ギリシャ神話に出てきます)」(1938‐40)


P1850355
アレッサンドロ・ランフレディーニの「ベノッツォ・ゴッツォーリ作品のコピー画」(19世紀後半)


P1850362
修道院の中庭


P1850359
キオストロ回廊を歩いて展示室に向かいます。


P1850360
中庭に置かれた彫刻


P1850365


P1850364
展示室に向かう入り口です。


P1850366
展示室は2階(日本の)です。


P1850369
エンリコ・ディ・テディーチェ(ピサで13世紀活動)の「十字架降下」(13世紀中頃)


P1850372
13世紀後半のピサの逸名画家作「彩色磔刑像」


P1850375
Maestro di San Martino (ピサで13世紀末活動)の「聖母子」


P1850377


P1850380
Maestro di San Martino の「祈るキリスト」(13世紀末)


P1850384
Maestro di San Martino の「玉座の聖アンナ」(13世紀末)
この画家の生涯については全く分かっておらず、残された作品があるだけです。


P1850389
Maestro di San Martino ?の「聖母子」(13世紀末)


P1850393
Maestro di San Martino の「授乳の聖母」(13世紀末)


P1850443
磔刑像が集められてます。


P1850444
部屋の壁上部に剥離フレスコが展示されてますが、観る側に対して配慮されていない展示法です。


P1850397
ラニエーリ・ディ・ウゴリーノ(ピサ、1280c‐1310c活動)の「彩色磔刑像」(13世紀末)


P1850400
12世紀初め頃のピサの逸名画家作「彩色磔刑像」(12世紀初頭)


P1850405
12世紀後半にローマとトスカーナで活動した逸名画家作「彩色磔刑像」


P1850409
13世紀前半にピサで活動したビザンチン様式逸名画家作「彩色磔刑像」(13世紀初頭)


P1850412
13世紀前半のトスカーナの逸名彫刻家作「司教聖人」
聖人は特定されてません。


P1850416
ジュンタ・ピサーノ(イタリア、1190/1200c-ピサ、1260c)に帰属する「彩色磔刑像」(13世紀前半)


P1850419
ジュンタ・ピサーノに帰属する「彩色磔刑像」(13世紀前半)


P1850424
ジュンタ・ピサーノの「彩色磔刑像」(13世紀)


P1850425
firmato(署名入り)と書かれてます。つまり、ジュンタ・ピサーノの真作です。


P1850427
ジュンタ・ピサーノの「彩色磔刑像」(13世紀中頃)


P1850432
ジュンタ・ピサーノの「彩色磔刑像」(13世紀中頃)


P1850436
ベリンギエーロ・べリンギエーリ(ヴォルテッラ、1175c‐ルッカ?、1235 o 1236)の「フチェッキオの磔刑」(1230‐35c)
この作品は有名です。


P1850440
ミケーレ・ディ・バルドゥイーノ(ピサ、1240‐1270c活動)の「彩色磔刑像」(13世紀後半)


P1850434
貴重な作品が沢山あります。


P1850445


P1850447
ジュンタ・ピサーノの「聖フランチェスコの祭壇前飾り」(13世紀中頃)


P1850452
カヴァリエール・ボルゲーゼ(ルッカ、1560‐ローマ、1629)の「四聖人の祭壇画」(1615‐17)
カヴァリエールの17世紀の作品が、13世紀の作品が並んでいる展示室に展示されているので戸惑います。


P1850455
カヴァリエールの作品内に挿入されているのは、ピサで活動した逸名画家、恐らくMaestro di Calci の作品と思われている「アレッサンドリアの聖カテリーナの物語」(13世紀)
これが13世紀の作品なので、カヴァリエールの作品がここ場所に展示されていると思います。


P1850458
13世紀のヴェネツィアの逸名画家とガラス工芸家による「磔刑像」(13世紀)


P1850463
Maestro di Santa Marta の「祈るキリストとアレッサンドリアの聖カテリーナと聖母マリアと洗礼者聖ジョヴァンニと聖シルヴェストロ」(13世紀後半)
(つづく)