P1240575
人の気配が感じられません。


P1240580
「最も美しい村」の中では見所が多い方と思いますが、6月下旬にも拘らず観光客がいません。


P1240581
バールに行ったら流石に人がいました。暫し休憩しました。


P1240582
要塞博物館とドゥオーモ付属美術館が開かないので、時間潰しをしていると、バールの女性に行ったら、何と今日は午後4時からの開館との事。
観光案内所で午後3時開館と聞いたけど、と申したら、毎日午後4時開館で、観光客がいれば午後3時に開ける場合もあるとの事。
その辺は例のイタリア流なので、気にしても詮無きこと。
あと20分ほどの時間つぶしが必要と分かりました。


P1240583
村役場


P1240586



P1240588
カステッラルクア―トの紋章


P1240590
Piazza Mucipioに留まっていても、後でゆっくり要塞博物館を見るので時間潰しに不適です。


P1240591
広場の周りを歩き回ることにしました。


P1240592


P1240593
最も高い場所にPiazza Municipioがあるので、広場からの道は全て下るようになってます。


P1240594
人の姿を見ることが出来ました。


P1240609


P1240610
人の話し声が聞こえませんが、鳥の鳴き声だけは煩い程でした。


P1240611



P1240619
この村の住民の生業が気になります。


P1240622


P1240623


P1240624
村外れに出てしまったので、家並みがある通りに戻ることにしました。


P1240626
最も賑わいを見せるメイン通りです。


P1240629
日本のように電子柱と電線だらけだったとすれば、この村が台無しでしょうね。


P1240632
聖母子のテラコッタ


P1240633


P1240636
小さな村と思っていましたが、あちこち歩き回ってみると意外にも村のチェントロが広いことが分かりました。


P1240637
道の先は城壁沿いの道にぶつかります。


P1240638
城壁沿いの道に出ました。


P1240639


P1240640
道から見下ろした景観


P1240641


P1240667
村の下を流れるアルダ川


P1240649
14世紀に建設されたサッソ門


P1240651
門を潜りました。


P1240654
城壁外に出ました。


P1240652
この先には何もなさそうでしたが、しばらく歩いてみることにしました。


P1240667


P1240672


P1240673
村の共同墓地です。


P1240677
門外を暫く進むと共同墓地がある町や村が多いと思います。


P1240678


P1240682
城壁内に戻ることにしました。


P1240691


P1240669
(つづく)