P1250176
次はPalazzo del Podestaです。もう午後6時過ぎなので、閉まっていると思ったのですが・・・・・


P1250179
どうやら未だ開いているようです。


P1240743
1292年、ピアチェンツァの貴族で銀行家、政治家でもあったアルベルト・スコッティ(ピアチェンツァ、1270‐クレマ、1318)によって建設されました。


P1240605
現在、Palazzo del Podestaは村の所有になっており、会議室や展示室として使用されてます。


P1240600
ロッジャ


P1240602
ここに再び来たのは、部屋の壁に描かれたフレスコ画を見るためでした。


P1240601


P1240608
2階はもう入れないようでした。


P1250181
観光案内所は未だ開いていて、部屋のフレスコ画を見ることが出来ました。


P1250187
制作者情報不詳の「聖母子」


P1250191


P1250193
制作者情報不詳の「公正」


P1250194
Palazzo del Podestaは、フレスコ画で覆われた部屋が幾つかあるそうですが、会議や各種展示のため、部屋が開いているときに限って、観ることが出来るそうです。


P1250195
道を下りました。


P1250196
広場に上ってきた道とは違う道を下りました。


P1250197
この村に再訪することはないと思います。


P1250198
写真左の建物は旧病院です。


P1250199
入口扉上ルネッタに描かれたフレスコ画


P1250200


P1250203
この建物で現代アートの個展をやっていました。


P1250205
閑古鳥が鳴いて退屈だったのでしょう、色々と説明されて辟易しました。


P1250204
ちょっと覗いただけでしたが、こんなこともあるんだ、と思いました。


P1250206
現代アートは総じて苦手ですが、好きな分野もあります。しかし、幼稚園児が描き殴ったような抽象画には呆れました。


P1250208
来た時と同じ道に出ました。


P1250210
現代抽象画は、ルネサンス絵画のように500年後でも評価されるのでしょうか?


P1250211
他人、万人の理解を拒否するかのような作風にはついていけません。


P1250213
アーチを潜りました。


P1250215
次はサン・ピエトロ祈祷所です。


P1250220


P1250223
イタリアの旅のベストシーズンは6月でしょうね。


P1250231
ただ、アフリカからシロッコが吹くと猛暑になることを忘れてはいけません。


P1250232
サン・ピエトロ祈祷所が見えてきました。


P1250233
サン・ピエトロ祈祷所です。


P1250234
これを撮っておくと後で助かります。


P1250270
レパントの海戦などで活躍した地元出身のスフォルツァ・スフォルツァ・ディ・サンタ・フローラ(カステッラルクア―ト、1520‐1575)の死を悼んで1594年に建設されました。


P1250235
ファサードのルネッタに施された浮彫彫刻


P1250236
単廊式、ラテン十字形の内部です。


P1250238
左右の側壁に礼拝堂が設けられてます。


P1250237
右側壁


P1250239
祭壇


P1250257
祭壇の聖母子のイコン


P1250242
左翼廊


P1250241
右翼廊


P1250243
後陣にフレスコ画があった?


P1250244
詳細不明


P1250246
この祈祷所の唯一の見所です。


P1250248
ダーリオ・ヴァリターリ・イル・ヴェッキオ(ヴェローナ、1542/1543-パドヴァ、1596/1597)の「受胎告知」
ダーリオの作品がここにあるとは!!
パドヴァに彼の作品が幾つかありますが、私が直ぐに思い出せるのはパドヴァ市立美術館にある「男の肖像」だけです。
恐らく彼の父はアウグスブルクの人だったと思います。ダーリオは、パオロ・ヴェロネーゼに師事しました。しかし、師匠に似ずティツィアーノから影響を受けた画風でした。特に肖像画を得意にしたそうです。
ダーリオの息子アレッサンドロは、通称パドヴァニーノと呼ばれたように父を凌駕する画家となりました。パドヴァニーノの息子は、ダーリオと名付けられ、画家となりました。祖父と孫が同じ名前の画家だったので、しばしば混同されて紛らわしいので、祖父の方はイル・ヴェッキオ、孫の方をイル・ジョーヴァネを付け加えて区別するようになりました。


P1250251
ダーリオの作品以外に知られた作品はないようです。


P1250250


P1250259


P1250260


P1250258
外に出ます。


P1250268
結局、開いていたのはドゥオーモとココの2か所だけでした。


P1250272
殆どの見所は大体見たようでした。


P1250276
ホテルに戻ることにしました。


P1250278


P1250279
壁のフレスコを見なくては。


P1250280


P1250282
楽しい村でした。


P1250283


P1250286
(おわり)