ジェノヴァは、人口578,924人(2018年3月31日現在)のリグーリア州の州都であり、ジェノヴァ県の県都です。
P1890573
ジェノヴァPP駅に到着しました。


191
ジェノヴァPP駅の駅舎


P1880840
先ず、この日のお宿に向かいます。


P1880841
駅前広場に立つコロンブス像
ジェノヴァ出身ながらポルトガル、スペインのために働き、現地人を虐殺、虐待など悪行の限りを尽くしたコロンブスを称えるジェノヴァの人々に合点がいきません。


P1880814
この日のお宿です。
ジェノヴァに来れば、満室でない限り必ずここに泊まります。駅前にあり、何かと便利です。値段も手ごろでしょう。


P1870397
チェックインを済ませて、外に出たら雨模様。傘を取りに自室に戻りました。


P1870398
駅前から続くバルビ通りには、見どころが沢山あります。


P1870399
バルビ通りの左側は高台になってます。


P1870400
高台の入り口サンタ・ブリジーダ門


P1870401
バルビ通りに戻ると、直ぐに王宮が見えてきます。


P1870402
この日はMuseo Palazzo Realeに入館しませんでした。
この建物は、ジェノヴァの大貴族バルビ家の大邸宅でしたが、1830年頃にサヴォイア王室の住居として使用されたので王宮と呼ばれてます。


P1870403
王宮の向かいに教会があります。


P1870404
17世紀に建設されたサンティ・ヴィットーレ・エ・カルロ教会です。
美術的には駄作凡作しかないので、素通りしました。


P1870405
通称大学宮殿と言われている建物です。


P1870406
この日は扉が閉まっていました。


P1870407
この通りも面白いですが、道草は禁物です。


P1870408
最上階のロッジャが目立ちます。


P1870409
教会も併設しています。


P1870410
17世紀に建設されたPalazzo Gio Agostino Balbi


P1870411


P1870413
Palazzo Gio Agostino Balbiの先に教会が見えてきました。


P1870415
サンティッシマ・アンヌンツィアータ・デル・ヴァスタート教会です。


P1870418
美術的には見所が多い教会と言えると思います。


P1870419
拝観を後回しにして先を急ぎました。


P1870416
教会前の広場です。「アンヌンツィアータ広場」と思っていたら、ヌンツィアータ広場なんですね。


P1870417


P1870420
交通が激しい場所です。


P1870421
ナポリの船会社Flotta Lauroが所有していた建物なので、Palazzo Flotta Lauroと呼ばれていました。第二次世界大戦の爆撃によって完全に破壊されてしまい、戦後に元の形を忠実に再現する形で再建されました。
現在、Palazzo Nicolo Lomelliniと呼ばれてます。


P1870422
この日の目的はストラーダ・ヌオーヴァ美術館に入館することでした。


P1870423
パオロ・エミリオ・ベンサ通り


P1870426
雨の中、傘を差しながら写真を撮るのに難儀しました。


P1870427
右折します。


P1870428
Via Cairoli


P1870430
通りの名称が途中で変わりますが、この道を進めば美術館に出ます。


P1870432
ストラーダ・ヌオーヴァ美術館は、赤の宮殿、白の宮殿、トゥルシ宮の3つから成ってます。


P1870413
それら3つを一日で全部見ようとしています。尤も、この日は展示作品の写真を撮るのが目的で、鑑賞はこの日の2日後にやりました。


P1870433
展示作品の写真を撮ることと鑑賞は両立しません。


P1870434
美術館があるガリバルディ通りの入り口にやってきました。


P1870435
1536年から1554年に建設されたPalazzo Gerolamo Grimaldi


P1870436
1671年に建設されたPalazzo Gio Carlo Brignole


P1870437
ガリバルディ通りがジェノヴァ観光の中心でしょう。


P1870438
何度来ても飽きません。


P1870439
白の宮殿


P1870440
切符売り場はここにはありません。


P1870441
赤の宮殿


P1870442
道幅が狭いので、宮殿の全景がうまく撮れません。


P1870443
ストラーダ・ヌオーヴァ美術館の切符売り場
美術館については、後程詳しく触れます。
(つづく)