P1880688
ストラーダ・ヌオーヴァ美術館は3館あるので、流石に疲れました。


P1880690
1559年から1565年に建設されたポデスタ宮、別名Palazzo Nicolosio Lomellinoです。


P1880692
ポデスタ宮でルチアーノ・ボルツォーネ(ジェノヴァ、1570‐1645)の特別展が開催中でしたが、ストラーダ・ヌオーヴァ美術館で目が疲れたのでパスしました。
肖像画が得意だったルチアーノですが、75歳の老齢ながらジェノヴァの受胎告知教会マドンナ・デリ・アンジェリ礼拝堂のフレスコ画制作に注力しました。あと数筆を入れれば完成と言うときに、梯子から転落して死去してしまいました。


P1880693
ポデスタ宮天井の装飾です。


P1880694
外壁の装飾にマッチしてしています。


P1880695
Palazzoを一つ一つ見て行くと時間がいくらあっても足りません。
内部のフレスコ画やスタッコ彫刻など見所が沢山ありますが、非公開のPalazzoが多いので、その辺には注意が必要です。


P1880691
この時間では遅いと思いましたが、ダメもとで国立美術館に行ってみることにしました。


P1880702
ガリバルディ通りから一本奥の道に入りました。


P1880704
目立たない場所に建つスピノーラ宮です。


P1880706
1593年、フランチェスコ・グリマルディによって建設されたスピノーラ宮です。


P1880707
この建物に国立美術館Galleria Nazionale di Palazzo Spinolaがあります。


P1880708
開館中!


P1880709
入館しようと思いましたが時間切れでした。
国立美術館はガイド付きの決められた時間の入館制を採っており、この日の最終回受付は既に終了したとのことでした。閉館まで2時間あったので、ガイドなんかいらない、勝手に見たい、ガイドよりも俺の方が知っていると粘ったのですが、駄目の一点張りでした。


P1880710
切符売り場にあった、この墓碑だけはしっかり見ました。
15世紀後半のロンバルドの逸名彫刻家作「フランチェスコ・マリア・スピノーラの墓碑」


800px-Antonello_da_Messina_003
国立美術館で見たかった作品はこれでした。
アントネッロ・ダ・メッシーナの「この人を見よ」


P1880715
イタリアで係員とやり取りしても、こちらの思う通りには絶対になりません。徒労に終わるだけです。
ダメなものはダメ、絶対にダメ。


P1880716
Palazzo Gentile


P1880717
相変わらずだのう。


P1880711
国立美術館の向かいにある建物です。


P1880712
16世紀に建設されたPalazzo di Pietro Spinola di San Luca


P1880718
小雨が降り続いてました。


P1880719
赤の宮殿はジェノヴァ市立図書館になってますが、図書館の入り口は裏通りにあります。


P1880720
この場所で街娼に声をかけられたのでビックリ仰天。


P1880721
危険を察知してガリバルディ通りに戻りました。


P1880725
1562年に建設されたPalazzo Baldassarre Lomellini


P1880728
1583年に建設されたPalazzo Giacomo e Lazzaro Spinola


P1880729
この建物には入ったことがありません。


P1880730
「Rolli」に掲載された邸宅が続きます。
1576年、ジェノヴァでは貴族の邸宅を賓客をもてなすために利用することが法制化されましたが、その対象となる邸宅リストをRolliと呼んだのです。


P1880731
1558年‐1576年に建設されたPalazzo Angelo Giovanni Spinola


P1880732
以前はドイツ銀行でしたが、今はアメリカン銀行となってます。


P1880734
中々先に進みません。


P1880735
Palazzo Franco Lercari(16世紀)


P1880736
Palazzo Tobia Pallavicini(16世紀)


P1880737
ガリバルディ通りの端に来ました。


P1880738
Palazzo Pantaleo Spinola(15世紀)


P1880740
Piazza delle Fontane Marone


P1880739



P1880741
Palazzo Ayrolo Negrone(16世紀)


P1880743
突き当りを右折します。


P1880745
Palazzo Giacomo Spinola(15世紀)


P1880746
4月25日通りに入りました。


P1880747
(つづく)